映画祭情報&レポート

傑作?珍作?大珍作!!
コメディ映画文化祭

『傑作?珍作?大珍作!! コメディ映画文化祭』

公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2018年12月15日(土)、16日(日)座・高円寺2にて開催!

2018年12月15日(土)・16日(日)の2日間に渡って、座・高円寺2にてAfter School Cinema Club + Gucchi ’s Free Schoolによる映画祭『傑作?珍作?大珍作!! コメディ映画文化祭』 が開催される。グッチーズ・フリースクールが開催する映画祭は、2016年の『青春映画学園祭』、2017年の『ほぼ丸ごと未公開! 傑作だらけの合同上映会』に続き3回目。今回はコメディ映画特集として、未公開作品やソフトの入手が困難な作品を中心にバラエティーに富んだ作品が並んでいる。

上映されるのは、ロバート・アルトマン監督による幻のコメディ映画『突撃!O・Cとスティッグス/お笑い黙示録』(85)を筆頭に、80年代を代表するカルト的ラブコメ映画『マネキン』(87)、そしてポール・トーマス・アンダーソン監督の傑作『パンチドランク・ラブ 』(02) 。また、日本初上映作としては、ライアン・レイノルズの若き日の主演作『ヴァン・ワイルダー』(02)、アメリカの新進気鋭のイラストレーター、ダッシュ・ショウによる長編アニメーション映画デビュー作『ボクの高校、海に沈む(My Entire High School Sinking Into the Sea)』(16)、黒人版『アメリカン・グラフィティ』とも称される、青春映画の隠れたマスターピース『クーリー・ハイ(Cooley High)』(75)、そして『マイティ・ソー バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティ監督の傑作『BOY(Boy)』(10)の4作品をラインナップ。
期間中には、 長谷川町蔵氏、山崎まどか氏、加藤るみ氏などをゲストに迎えてのトークショーが予定されているほか、パンフレット兼雑誌「ムービーマヨネーズ2」も発売される。ライムスター宇多丸氏による『タイニー・ファニチャー』トーク採録をはじめ、加藤るみ氏、黒岩幹子氏、小柳帝氏、門間雄介氏、長谷川町蔵氏など、豪華執筆陣が寄稿し、コメディ映画の魅力に迫る一冊に仕上がっているとのこと。会場に足を運ぶ人はこちらも併せてチェックしてみてはいかがだろうか。

上映会詳細
日時:2018年12月15日(土)、16日(日) 場所:座・高円寺2
主催:After School Cinema Club + Gucchi ’s Free School 公式サイト

タイムテーブル
12月15日(土)
11:00『ボクの高校、海に沈む』
~昼食休憩(約1時間)~
13:30『ヴァン・ワイルダー』+徳利氏&鍵和田啓介氏トークショー
16:10『突撃! O・ Cとスティッグス/お笑い黙示録』
18:25『クーリー・ハイ』+長谷川町蔵氏&山崎まどか氏トークショー
12月16日(日)
11:00『パンチドランク・ラブ』
13:00『BOY』
14:55『マネキン』+加藤るみ氏トークショー

チケット:全日券:8,000円、15日券:5,000円、16日券:4,000円|各回前売り券:1,500円(『突撃! O・ Cとスティッグス』のみ1,000円)|当日券:1800円(『突撃! O・ Cとスティッグス』のみ1,000円)前売りチケット購入
上映タイトル一覧

『突撃!O・Cとスティッグス/お笑い黙示録』突撃!O・Cとスティッグス/お笑い黙示録(1985/110分/アメリカ)
監督:ロバート・アルトマン 出演:ダニエル・H・ジェンキンス、ニール・バリー、ジェーン・カーティン、ポール・ドゥーリー、デニス・ホッパー

「ナショナル・ランプーン」原案の幻の青春コメディ。O・Cとスティッグスは保険会社を営むシュワブー家にとんでもない悪戯を企てる……。アメリカ社会と若者映画をとことん皮肉ったアルトマンの最高傑作!SD画質なのが悔やまれる!

マネキン(1987/91分/アメリカ)
監督:マイケル・ゴットリーブ 出演:アンドリュー・マッカーシー、キム・キャトラル、G・W・ベイリー、ジェームズ・スペイダー、エステル・ゲティ

『マネキン』マネキンに恋する芸術家志望の恋を描いた一風変わった大ヒットロマンティック・コメディ。芸術家志望の青年ジョナサンが作ったマネキンに古代エジプトの女性エミーが転生し……。今やカルト的な人気を誇る本作だが、残念ながらソフト廃盤で値段高騰中。見るなら今がチャンス!

日本初公開ヴァン・ワイルダー(2002/92分/アメリカ)
監督:ウォルト・ベッカー 出演:ライアン・レイノルズ、タラ・リード、カル・ペン、ダニエル・コスグローヴ、ポール・グリーソン

『ヴァン・ワイルダー』「ナショナル・ランプーン」が放った21世紀のカレッジムービー。大学7年生のヴァンは、インドの交換留学生タジとともにパーティーを企画して生活資金を集めようとするが……。R・レイノルズによる『デッドプール』以前のお調子コメディの本作は、そのあまりの下品さにいまだ未公開!

パンチドランク・ラブ(2002/95分/アメリカ)
『パンチドランク・ラブ』監督:ポール・トーマス・アンダーソン 出演:アダム・サンドラー、エミリー・ワトソン、フィリップ・シーモア・ホフマン、ルイス・ガスマン、メアリー・リン・ライスカブ

鬼才PTA監督によるロマンティック・コメディ。トイレの吸引棒のセールスマンのバリーは、寂しさから利用したテレフォンセックスサービスから脅迫を受け……。デジタル・アーティストのジェレミー・ブレイクが手がけたアートワークも大注目。

日本初公開ボクの高校、海に沈む(2016年/75分/アメリカ| Blu-ray上映※日本初上映
監督:ダッシュ・ショウ 声の出演:ジェイソン・シュワルツマン、レナ・ダナム、レジー・ワッツ、スーザン・サランドン

『ボクの高校、海に沈む』新進気鋭のイラストレーター、ダッシュ・ショウの奇想天外学園サバイバル・コメディ!ジェイソン・シュワルツマンやレナ・ダナムなど声優陣も何気に豪華だ。果たして傑作か珍作か、ぜひご賞味あれ!

日本初公開クーリー・ハイ(1975年/107分/アメリカ| Blu-ray上映※日本初上映
監督:マイケル・シュルツ 出演:グリン・ターマン、ローレンス・ヒルトン・ジェイ、シンシア・デイビス、コリン・ロジャース
『クーリー・ハイ』
1964年のシカゴ。クーリー高校に通うプリーチと、親友コーチーズは、不良仲間とドライブに出かけたことからトラブルに巻き込まれ……。黒人版『アメリカン・グラフィティ』とも評され、全編モータウン・サウンドが響き渡る青春映画の決定版!

日本初公開BOY(2010年/87分/ニュージーランド| Blu-ray上映※日本初上映
監督:タイカ・ワイティティ 出演:ジェームズ・ロールストン、テ・アホ・エトケネ・フィツ、タイカ・ワイティティ
『BOY』
1984年のニュージーランド・マイケル・ジャクソンに憧れる少年”ボーイ”のもとに、出所した父がある秘密を抱えて帰ってきた――。『マイティ・ソー バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティ監督が、母国の豊かな自然を舞台に少年の成長を描いたジュブナイル・コメディの傑作!

公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2018年12月15日(土)、16日(日)座・高円寺2にて開催!

2018/12/08/20:00 | トラックバック (0)
NEWs ,映画祭情報
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
記事内容で関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright © 2004-2018 INTRO