インタビュー
三宅流監督×上原拓治(企画・プロデューサー)『がんになる前に知っておくこと』

三宅流 (監督) × 上原拓治 (企画・プロデューサー)
映画『がんになる前に知っておくこと』について【4/4】

2019年2月2日(土)~3月1日(金)、新宿K's cinemaほか全国順次公開

公式サイト 公式twitter 公式Facebook (取材:わたなべりんたろう)

三宅流監督2三宅流監督
――一般の方向けの試写での反響はどうですか?

三宅 思っていた以上に、ちゃんと伝わるんだっていうか、ちゃんと受け止めてくれるんだっていう。もちろんその中には否定的な意見もたまに聞かれるけど思ったより少ないなという感じですね。

上原 映画評論家の方とかもね。

――映画的に見てしまうんですかね。

上原 映画評論家の方の意見は二つに分かれてる感じがしますね。

――もうちょっとこう起承転結とか盛り上がるところが欲しいみたいだったりですか。

三宅 ドキュメンタリーとしてのいわゆる風味みたいなものは、そういう意味では乏しいかもしれない。

――でも今作の肝はそこではないでしょう。

上原 泣けるところとかないですしね。評論家の方でも褒めて頂ける方いますけどね。真面目で真摯なところがいいって。

三宅 逆にストレートすぎるとこがいいとか。

――それはあると思います。

上原 後はがん経験者の方とかで怒った方とかはいないですね。

三宅 そういうのは全然無い。いや、がん経験者の方からするとね、こういう情報ってもう本来ならすでにご存知だと思うので改めて言われることでもないんだろうなと思ったら、意外と心の整理ができたとか。

――やっぱり伝わってくるエモーションがいいんですよ。作り手の真摯な誠実さがいいですから。お二人の努力が報われたのだと思います。

三宅 いやいや、まだ公開がこれからですけどね。

――そうですね。公開中の反応も大事だと思います。今日は忙しい中をありがとうございました。

( 取材:わたなべりんたろう )

123 4

がんになる前に知っておくこと』(2018年/日本/DCP/108分)
監督・撮影・編集:三宅流  企画・プロデューサー:上原拓治 整音:吉方淳二  ピアノ演奏:鳴神綾香
製作・配給:株式会社上原商店  制作:究竟フィルム  配給協力・宣伝:リガード 宣伝美術:成瀬慧
出演:若尾文彦(がん情報研究者・放射線診断医)/勝俣範之(腫瘍内科医)/山内英子(乳腺外科医)/唐澤久美子(放射線腫瘍医)/有賀悦子(緩和医療医)/大野智(臨床研究)/近藤まゆみ(がん看護専門看護師)/橋本久美子(がん相談支援センター相談員)/山口ひとみ(ピアサポーター)/土井卓子(乳腺外科医)/秋山正子(マギーズ東京センター長)/岩城典子(看護師)/塩崎良子(がん経験者)/岸田徹(がん経験者)/鈴木美穂(がん経験者)/鳴神綾香[ナビゲーター]
配給:株式会社上原商店  © 2018 uehara-shouten 公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2019年2月2日(土)~3月1日(金)、新宿K's cinemaほか全国順次公開

2019/02/17/16:44 | トラックバック (0)
インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright © 2004-2019 INTRO