インタビュー
クレール・ドゥニ監督『ハイ・ライフ』

クレール・ドゥニ (監督) 映画『ハイ・ライフ』について【2/3】

2019年4月19日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、ユナイテッド・シネマ豊洲ほか全国順次公開!

公式サイト 公式twitter 公式Facebook (取材:わたなべりんたろう)

「ハイ・ライフ」場面画像1 「ハイ・ライフ」場面画像2
――他のインタビューにおいて「この映画はセックスを描いているのではなくて液体を描いている」と言っていました。血、精液、汗などを描いていて裸は重要視していない、と。そのことについてどう思いますか?

ドゥニ この映画では裸を描いていません。あのような閉ざされた場所において裸を見せることは可能でありましたが。それからセクシュアリティの問題についてですが、私はセクシュアリティについて多大な関心があって、すべての映画でセクシュアリティを語っています。しかしこの映画では流動性に興味があるのです。また、映画におけるセックスとは何なのか、という問題もあります。映画においてセックスすることを観ることなのか、それとも欲望がセクシュアリティなのかです。映画におけるセクシュアリティとポルノグラフィに関して、あなたはそれについてどう思いますか?

――表層的に言えばポルノグラフィを観ることはポルノグラフィの目的ですよね。

ドゥニ でもセックスシーンを観てもポルノグラフィーにならない場合もある。セクシュアリティとポルノグラフィーの問題は別です。

――映画におけるセクシュアリティは官能だと思います。ドゥニ監督の映画は官能的で、強い強烈なセクシュアリティが襲ってきますね。その強さが魅力だと思います。この映画は長年の企画だったということでしたが、やはり映画監督はSF作品を撮りたいと思うものなのでしょうか。

ドゥニ 脚本を書いたのは随分前です。私にとって今回の作品はまったくもってチャレンジでも何でもなく個人的なSF映画を撮り始めた、というものです。長い時間がかかったのは、最初にプロデューサーが来て、そこから共同出資者を集めて、俳優を集めてという過程を経て映画を撮ったからです。その過程に長くかかっただけで、チャレンジングではありません。この映画はとてもシンプルな映画です。自分にとってチャレンジングな仕事はジブチで行った『美しき仕事』の撮影でした。外国人部隊でジブチで撮影するのはほとんど不可能なことです。『ハイ・ライフ』は全くチャレンジングなものではなくシンプルなストーリーをスタジオで撮影しただけのシンプルな仕事でした。

――この映画はどこで撮影されたのですか?

ドゥニ スタジオはドイツのケルン、外の風景はポーランドです。ケルンのスタジオの傍に巨大な欧州宇宙センターがあって、国際宇宙ステーションに行くアメリカ人、イギリス人、フランス人の宇宙飛行士たちが訓練に行っていました。

――この作品では囚人も含めて日常生活を描いていますね。そこが良かったです。

ドゥニ 地球からそう遠くないところにあることもあり、国際宇宙ステーション内部での生活を私たちは見ることができますが、普通に食事をして眠ってトイレに行っています。Tシャツにトレーナー姿でいて極めて普通ですね。

――そうですね。ちなみに、ソラリス、ストーカー、外の風景などから、『ハイライフ』にはタルコフスキーを感じました。

ドゥニ タルコフスキーの『ストーカー』との共通点は、とても自分が好きなところなのですが、娘との関係においても主人公自体が純粋な一種の騎士のような存在であることです。しかしながら、『ストーカー』は森のシーンはあまり出て来ません。『ソラリス』の方が近いかもしれません。

1 2 3

ハイ・ライフ』(2018年 /ドイツ、フランス、イギリス、ポーランド、アメリカ合作 / 英語 / 113分 / カラー / 5.1ch / ビスタ / 原題:High Life / PG-12 )
監督・脚本:クレール・ドゥニ
製作:アンドリュー・ローレン、D.J.グーゲンハイム 共同脚本:ジャン=ポール・ファルジョー
撮影:ヨリック・ル・ソー 音楽:スチュアートA・ステイプルズ 編集:ギ・ルコルヌ
美術:バートラム・シュトラウス 美術監修:オラファー・エリアソン
プロダクションデザイン:フランソワ=ルノー・ラバルト
コスチュームデザイン:ジュディ・シュルーズベリー 特殊効果:ザビエル・アラルド
天体物理コンサルタント:オーレリアン・バロー
出演:ロバート・パティンソン、ジュリエット・ビノシュ、ミア・ゴス、アンドレ・ベンジャミン
日本語字幕:岩辺いずみ 配給:トランスフォーマー © 2018 PANDORA FILM - ALCATRAZ FILMS
公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2019年4月19日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、
ユナイテッド・シネマ豊洲ほか全国順次公開!

2019/04/09/19:12 | トラックバック (0)
インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright © 2004-2019 INTRO