NEWs

児童支援の為の映画上映イベント
特集上映:サム・フリークス Vol.6

公式サイト 劇場サイト

2019年10月20日(日)、渋谷ユーロライブにて開催!

オーストラリアの映画界における女性活躍の道を切り開いた記念碑的な作品『わが青春の輝き』の本国公開40周年を記念して、文芸フェミニスト映画の貴重な傑作を2本立てで上映!

『若草の祈り』 『若草の祈り』『わが青春の輝き』『わが青春の輝き』 2018年秋からスタートした「はみ出し者映画」の2本立て上映イベント「サム・フリークス」の第6回が、2019年10月20日(日)に渋谷ユーロライブでされる。

今回上映されるのは、イーディス・ネズビットの『鉄道きょうだい』を映像化した児童映画クラシック『若草の祈り』と、文芸映画版『マッドマックス 怒りのデス・ロード』というべき大傑作『わが青春の輝き』。両作品ともソフト化の予定がなく、今回を逃すとなかなか劇場では観ることができないであろう貴重な作品なので、ぜひ劇場まで足を運んでいただきたい。

なお、今回も有料入場者1名につき250円が、すべての子供達が社会から孤立することなく暮らしていけるようになることを目的に学習支援や自立支援を行っている「認定NPO法人 3keys」に寄付される。寄付の詳細に関しては本イベント主催者の岡俊彦氏が運営するブログ「マフスのはてな」で、後日報告されている。

<開催概要>
日時: 2019年10月20日(土)
会場:ユーロライブ(渋谷)
タイムテーブル
12:50~ 当日券販売開始 13:05~ 開場
13:20~『若草の祈り』上映 15:09~ 休憩
15:25~『わが青春の輝き』上映(17:05上映終了予定)

前売り券は、主催者の希死念慮を憂慮して 特別価格 1414( 自死必至)円Peatixにて販売中
当日券料金: 2本立て1500円 ※入れ替えなし ※全席自由席

上映作品紹介
若草の祈り ( 原題:The Railway Children|1970年|110分 )
監督:ライオネル・ジェフリーズ 出演:ジェニー・アガター(『美しき冒険旅行』)、 サリー・トムセット(『わらの犬』)、イアン・カスバートソン

ある日突然、父親が見知らぬ男達に連れ去られてしまった三人の子供たちは、父親が乗って帰ってくると信じる蒸気機関車を見に行くことを日課にしていた。子供たちは汽車の関係者と親しくなっていくが、女手一つで生活費を稼いでいた母親が倒れてしまい……。イギリスの児童文学の始祖イーディス・ネズビットの『鉄道きょうだい』を映画化。

1971年 英国アカデミー賞 助演男優賞、作曲賞、新人賞 ノミネート
『若草の祈り』場面画像1 『若草の祈り』場面画像2
わが青春の輝き ( 原題:My Brilliant Career|1979年|100分)
監督:ジリアン・アームストロング 出演:ジュディ・デイヴィス(『インドへの道』)、サム・ニール(『ジュラシック・パーク』)

1979年 オーストラリア・アカデミー賞 作品賞、監督賞、脚色賞、美術賞、衣裳デザイン 賞 、撮影賞 受賞/1979年 カンヌ国際映画祭 パルム・ドール ノミネート/1981年 ゴールデングローブ賞 外国映画賞 ノミネート/1981年 アカデミー賞 衣装デザイン賞 ノミネート

19世紀末のオーストラリア。貧しい開拓農家に生まれながらも、芸術を仕事にすることを夢見る少女シビラの波乱に満ちた生き様を描く。オーストラリア文学史上にその名を残す女性作家マイルズ・フランクリンの自伝的同名小説の映画化。

『わが青春の輝き』場面画像1 『わが青春の輝き』場面画像2

公式サイト 劇場サイト

2019年10月20日(土)、渋谷ユーロライブにて開催!

鉄道きょうだい 単行本 鉄道きょうだい 単行本
2019/10/07/19:05 | トラックバック (0)
NEWs
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright © 2004-2019 INTRO