特集上映案内
シネマアートン下北沢
今月の特集上映
  • ドイツ時代のエルンスト・ルビッチ (6/5~8) ▶ 公式ページ
  • アルゼンチン映画の秘宮(第2回) (6/16) ▶ 公式ページ 映画批評家・赤坂太輔氏が、映画大国アルゼンチンの秘宝を掘り起こすシリーズ企画。第2回目は、マヌエル・アンティン監督の代表作と言われている「敬われるべき全ての人々」を上映
  • モーリス・エンゲル=ルース・オーキン特集 (6/29~7/5) ▶ 公式ページ アメリカ・インディペンデント映画の先駆者であり、トリュフォー、ゴダール、カサヴェテスなど後の映画人に広く影響を与えたエンゲル=オーキンの全作品を特集
  • 特集 ポルトガル映画の巨匠たち (7/13~19) ▶ 公式ページ オリヴェイラ、モンテイロ、レイスなどポルトガル映画の巨匠たちの作品を特集。ゴメス監督の長編デビュー作「自分に見合った顔」も国内初上映
過去記事一覧

ふるえるほどの愛シネマ

映画のジャンルとして『愛』をテーマにしたものは古くから定番です。ただ、時代とともに人々の恋愛観も変化していますので、当然映画における恋愛も変化しています。一方で、人を愛する胸の苦しさやつきまとう様々な困難など、普遍的な部分も多いと思います。コワイ話から、サスペンス、青春モノまで幅広くセレクトしたラインナップをお楽しみ下さい。2008年5/31(土)~6/27(金)まで上映@シネマ アートン下北沢 続きを読む

2008/06/01/14:35 | トラックバック (0) | シネマアートン下北沢

「OKACINEMA(おかしな監督映画祭5) in CINEMA ARTONE」開催!

面白い、可笑しい、一風変わっている…そんな「おかしな」ショートフイルムの映画祭、「おかしな監督映画祭5」参加16作品の中からシネマアートン下北沢が選出した6作品を一挙上映!期間中、監督や出演者によるトークショーも開催!6月7日(土)~13日(金)、シネマアートン下北沢にて連日レイトショー!! 続きを読む

2008/05/10/16:06 | トラックバック (0) | シネマアートン下北沢 ,NEWs

ショーケンが好きだ!

俳優・萩原健一をどう形容すればいいのだろうか。言葉が見つからない。やはり一俳優としてもくくれない。彼が出演している映画を観た者がそれぞれに感じ、影響を受ければいいのかもしれない。 今、言えることは 「ショーケンが好きだ」 ということだけだろう。4月26日(土)~5月30日(金)まで上映@シネマ アートン下北沢 続きを読む

2008/04/26/14:05 | トラックバック (0) | シネマアートン下北沢

その男の職業、刑事

刑事――犯罪の捜査を主任務とする警察官の通称。人間の裏の顔、裏の社会……今日も欲望がうごめく街で事件が起き、刑事たちの執念のドラマが始まる。2008年4月5日(土)~4月25日(金)まで上映@シネマ アートン下北沢 続きを読む

2008/03/31/22:10 | トラックバック (0) | シネマアートン下北沢

喜劇特急第9幕・七人の名脇役

これまで上映してきた作品の中でもひときわ印象に残る七人(有島一郎、伊藤雄之助、桂小金治、加東大介、清川虹子、浪花千栄子、三井弘次)をピックアップ。喜劇のみならず文芸やシリアスドラマでも代表作の多い名優ぞろい。日本映画の黄金時代は彼らなしにはありえません。彼らの競演が見られるよりすぐりの12本!どうぞお楽しみに!3月8日(土)~4月4日(金)まで上映@シネマ アートン下北沢 続きを読む

2008/03/06/23:57 | トラックバック (0) | シネマアートン下北沢

原作・大藪春彦

ハードボイルドワールド―砂塵と硝煙の果てに~場内の明かりが消えていき、映写機から一筋の光がスクリーンに到達する瞬間、ハードボイルドワールドが広がる。 愛、友情、裏切り、復讐……原作から抜け出した主人公たちに脈々と獣の血が流れ始める。砂塵と硝煙の果てにあなたは何を見るのか。2008年2月16日(土)~3月7日(金)まで上映@シネマ アートン下北沢 続きを読む

2008/02/15/20:43 | トラックバック (0) | シネマアートン下北沢

野獣刑事

『「やらかしてしまった」後も、人生は続く』 / かつてのプログラムピクチャー、特に70年代東映のそれは、基本的にブルーカラー男性のために作られていた。だから、エライ人や立派な人の成功や幸福といったものは、ほとんど描かれない。勧善懲悪、或いはそれが裏返った露悪的な本音やヤケクソの暴発、下品な... 続きを読む

2008/02/03/16:19 | トラックバック (0) | シネマアートン下北沢 ,河田拓也 ,「や」行作品

特集上映<映像の刺客>工藤栄一-光と影のダイナミズム-

集団アクションから孤高の獣まで描き出すそのシャープな映像。スピード、破壊力、そして冷ややかな沈黙。常識を打ち破る野心的な作品を創り続けた映画監督。その名は工藤栄一。2008年1月26日(土)~2月15日(金)まで上映@シネマ アートン下北沢 続きを読む

2008/01/27/19:00 | トラックバック (0) | シネマアートン下北沢

美術監督特集2007

映画美術に焦点を当てた特集上映も今年で3回目を迎えます。映画美術の不思議さ、魔術、テクニック、嘘と真実にいつも引き込まれてしまいます。毎年、美術デザイナーのトークショーや通路でのデザイン画や図面の展示も好評です。今年は時代劇の美術の魅力や活躍している女性デザイナーの感性なども感じて頂きたいと思います。この機会に是非、スクリーンで映画美術をご堪能下さい。2007年12月1日(土)~12月28日(金)まで上映@シネマ アートン下北沢 続きを読む

2007/11/29/21:30 | トラックバック (0) | シネマアートン下北沢

はじまりの時-12監督厳選 劇場デビュー作特集-

撮影所時代から現在にいたるまで、劇場デビュー作はその監督の原点とも言え、その後の素晴らしい作品群につながる多くの煌きが散りばめられています。みずみずしく新鮮味あふれる作品から、デビュー作とは思えない重厚感ある作品まで、今も映画ファンに根強い人気をもつ12監督のデビュー作を厳選して上映します。2007年11月3日(土)~11月30日(金)まで上映@シネマ アートン下北沢 続きを読む

2007/11/03/23:18 | トラックバック (0) | シネマアートン下北沢

2 次の10件 INTRO TOP

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO