村本 天志/PROFILE

年齢不詳、神奈川県生まれ。CFディレクター。

東北新社SPS部入社。横浜博、名古屋デザイン博などイベント展示映像の制作に関わり、 1989年『海と島の博覧会ひろしまJT館『F-3000/CABIN SPIRIT』 (12分/35ミリ)』で初演出。

1990年よりCM本部に移籍。以降、CMディレクターとして企画・演出。
1996年より東北新社退社後、フリーランスに。
1997年『ポッキー坂恋物語』 第1話『かわいいひと』演出。
1998年10月同作品、六本木シネヴィバンにて劇場公開。
2004年8月、監督作品、映画『MASK DE 41』公開。

好きな映画: いっぱいありすぎて難しいが、あえて言えば『STING』『明日に向かって撃て』『ブレードランナー』『裸足で散歩』『ウルトラQ~星の伝説』
好きな監督:たくさんいるが、コーエン兄弟、ロバート・アルトマン
好きな俳優: これもまたたくさんいるが、アンディ・マクドゥエル、チョウ・ユンファ、ロバート・レッドフォード、ポール・ニューマン、田口トモロヲ

過去記事一覧

「刮目せよと友はいった!」編

すごい映画を観てしまった……。 田口トモロヲ主演、足立正生監督作品『幽閉者』。 足立監督35年ぶりの新作である。 監督のプロフィールは公式HPを参考にしてもらうとして、いやぁ、とにかくすごい。 覚悟も熱意も。 ほんまもん、である。 かなわない、のである。 圧倒的、である。 2007年にこの映画が公開... 続きを読む

2007/02/07/16:02 | トラックバック (0)

「夢物語2007」編

ジーンズ好きなら、いつか思い通りに自分自身でジーンズを作ってみたいと思うものである。かくいうオレもその一人。……であった。過去系ということは……踏み出してみることにしたのである。つまり自分自身でプロデュースするジーンズ・ブランドの立ち... 続きを読む

2007/01/16/12:05 | トラックバック (0)

~新春特別企画~2006年度マイ・ベストムービー

~新春特別企画~2006年度マイ・ベストムービー(佐藤洋笑・佐野亨・鮫島サメ子・朱雀しじま・仙道勇人・膳場岳人・とくしん九郎・高野雲・村本天志・百恵紳之助) 続きを読む

2007/01/06/21:21 | トラックバック (0)

「謹賀新年2007」編

年が明けたら何か変わるわけではないのだが、 今年はがんがん攻めこみたいもんである。 色々とガタが来たところを直すための部品を買いに東急ハンズに出かけた。 何故か3Cのフロアの片隅に『卵かけご飯専用の醤油』が三種類もあり驚いた。 関東用・関西用、そしてもう一種類。 熟慮の末、関東用をひとつ買う。 ナチ... 続きを読む

2007/01/04/17:13 | トラックバック (0)

『昔のマッチ』編

納戸から出てきた多分25年位前のマッチ。 当時通ってたジャズ喫茶の。 初めて入ったジャズ喫茶は『BLAKEY』渋谷は道玄坂の奥にあった。 高野雲さんなら行ってたかな? う~ん、懐かしい! 火を付けたら付いたんだ。ちょっと感激でした。 続きを読む

2006/12/26/13:44 | トラックバック (0)

「蛎の生姜煮」編

時々書き込みをしてくれる、 てふさんから引きがあったので、あえて店を紹介すると 蛎の専門店『白梅』の極旨メニューのひとつが蛎の生姜煮である。 もし、ご飯を食べていいと言われたら三杯はいける代物である。 新橋に立ち寄る際には是非行ってください。 蛎料理のメニューがほとんどというすごくピンポイントな店で... 続きを読む

2006/12/19/18:35 | トラックバック (0)

「怒涛の10 年分」編

こんな気分で迎える師走は初めてなんで なんだかざわざわするが巡り合わせと思うようにしている。 家の大掃除をしている……大型ごみも粗大ごみも本も服も。 まず大量に処分したのが服。 これは菱沼くんと茂木くんの演出部チームに 大型段ボールに無理矢理摘め数箱送りつけてしまう。 本や漫画はドラマに売りに行く。... 続きを読む

2006/12/14/11:22 | トラックバック (0)

「花冷えの頃」編

きっと、たぶん今時分の季節を こうは言わないのは分かるが、 花冷えの頃……という 季節のある時期を表す日本語は美しいと思う。 石油ストーブに赤々と火が映ると、冬だな……と実感し 猫額の庭の草木が落ち葉になりカサカサと音を立てるなか 縁側でのくわえ煙草も段々寒くてできなくなる。 冬の寒さについて思えば... 続きを読む

2006/12/05/11:53 | トラックバック (0)

「星の伝説」編

晩秋の凍てつくように寒い夜……真夜中の一時半から オレは「ウルトラQ・星の伝説」をワンシーンづつ……いや舐めるようにワンカットづつを見ていた。 光と影に包まれた日本の最高級の映像美を。 今から17年前の作品。 何度見直しても発見のある快作だ。 監督・実相寺昭雄……。 異端でありながら鬼才であり、そし... 続きを読む

2006/12/01/11:56 | トラックバック (0)

「不滅のM★A ★S★H」編

またも……訃報。 敬愛するR.アルトマン監督が亡くなった。 映画監督と呼ばれるにふさわしい監督だった。 メジャーに背を向けているようでバランス感覚に優れた 俳優にスタッフに愛された監督であったという。 「クッキー・フォーチュン」という映画がある。 この作品は日本人撮影監督・栗田豊通氏が撮影している。... 続きを読む

2006/11/24/13:11 | トラックバック (0)

前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次の10件 INTRO TOP

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright © 2004-2018 INTRO