高野 雲/PROFILE

神奈川県横浜市本牧元町生まれ
企画・編集人
乱読乱調マン
おもにジャズの『音聴き係』と共に『音書き係』
『パピヨンズ』『ボスタング』『サタデイ・ナイト・ジャズ・プロジェクト(SNJP)』ベーシスト

別冊宝島のJAZZシリーズ、ジャズ批評『ウエスト・コースト・ジャズ』、
『さわりで覚えるジャズの名曲25選』(中経出版)、
『200CD ジャズ入門』(学研)などの執筆に参加。
今年3月には、林家正蔵師匠との共著『知識ゼロからのジャズ入門(仮)』(幻冬舎)の発売を控える。

好きな映画: 『切腹』『ファイヤー・フォックス』『地下鉄のザジ』『ラウンド・ミッドナイト』『シェルブールの雨傘』『愛の神、エロス』『バベル』『ジェリーフィッシュ』『ラストコーション』
好きな監督:特に無し
好きな俳優: ペ・ドゥナ、イ・ヨウォン、カリーナ・ラム、ノラ・ミャオ、チャン・ツィイー、ジジ・リョン、成海璃子 他
個人HP: カフェ・モンマルトル
メルマガ: Jazz Magazine
ブログ: 快楽ジャズ人生』『趣味?ジャズと子育てです

<執筆参加>
200CDジャズ入門 (200音楽書シリーズ) ブルーノート決定盤100 JAZZ“名曲”入門!―100名曲を聴く名盤340枚



過去記事一覧

僕の彼女を紹介します

『僕の彼女を紹介します』(2004 / 韓国 / クァク・ジェヨン) Text By 高野 雲 “男までもが泣いている!83%が泣いた!” これ、新聞やTVのキャッチコピー。 本当に? 涙腺の緩い男ばかりが試写会場に集められたんじゃないの? おそらく多くの人は、後半の“あのへん”で涙したのだろうけど... 続きを読む

2005/04/30/06:55 | トラックバック (2)

サンダーバード

『サンダーバード』(2004 / アメリカ / ジョナサン・フレイクス) Text By 高野 雲 少し前に、息子と一緒に『サンダーバード《日本語吹き替え版》』を観てきた。 始め良ければすべて良し、 なのであれば、 実写版の『サンダーバード』は良い映画だ。 オープニングが良いのだ。 シンプルだけれど... 続きを読む

2005/04/30/06:45 | トラックバック (0)

MASK DE 41

『MASK DE 41』(2004 / 日本 / 村本天志) Text By 高野 雲 私はあまりプロレスには詳しくないので、パンフレットの受け売りを書くが、プロレスの本当の醍醐味、美学は「受け」にある、らしい。ま、ジャズも聴き込めば、フロントの管楽器よりも、地味で渋めなベースのほうに目と耳がゆくの... 続きを読む

2005/04/30/06:42 | トラックバック (1)

スウィングガールズ

TAKE THE "JAZZ" MOVIE/第六回 スウィングガールズ 2004 / 日本 / 矢口史靖 Text By 高野 雲 「世の中には2種類のギターがある。奏でるギターと、刻むギターだ」 奏でるギターとは、文字通りメロディ(ギターソロ)を奏でるギターのことで、 刻むギターとは、リズムを刻み... 続きを読む

2005/04/30/06:13 | トラックバック (5)

ターミナル

TAKE THE "JAZZ" MOVIE/第五回 ターミナル 2004 / アメリカ / スティーブン・スピルバーグ Text By 高野 雲  自殺した私のジャズの師匠は、ベニー・ゴルソンに惚れていたようだ。 師匠はジャズのトロンボーン奏者で、彼のプレイのスタイルは、ホットな肌触りとメカニカルで... 続きを読む

2005/04/30/06:10 | トラックバック (5)

死刑台のエレベーター

TAKE THE "JAZZ" MOVIE/第四回 クールな下駄職人、マイルス・デイビス 『死刑台のエレベーター』(1958 / フランス / ルイ・マル) Text By 高野 雲 私は、下駄の愛用者だ。 仕事の時はともかく、プライベートのときは、だいたい、下駄を履いている。下駄ばかりを履いて、ぶ... 続きを読む

2005/04/30/06:07 | トラックバック (1)

透光の樹

TAKE THE "JAZZ" MOVIE/第三回 日野皓正が誘う、絶望の深淵 『透光の樹』(2004 / 日本 / 根岸吉太郎) Text By 高野 雲 高樹のぶ子の小説を映画化した『透光の樹』。 主演は、秋吉久美子と永島敏行。 有り体に言えば、中年男女の不倫話でもあり、 永遠の愛(性愛?)がテ... 続きを読む

2005/04/30/06:06 | トラックバック (0)

13通目の手紙

TAKE THE "JAZZ" MOVIE/第二回 ガキは『13通目の手紙』を観んでいい! (2003 / 日本 / 亀田幸則『透光の樹』) Text By 高野 雲 “切腹”が好きだ。 もちろん晩年の三島由紀夫がはまったプレイ(?)ではない。 映画の『切腹』(監督:小林正樹/出演:仲代達矢、三國連... 続きを読む

2005/04/30/06:04 | トラックバック (1)

バード

TAKE THE "JAZZ" MOVIE/第一回 C・イーストウッドの『バード』は観んでいい! (1988 / アメリカ / クリント・イーストウッド) Text By 高野 雲 映画からパーカーに入門しようと思っている人は、『バード』、観んでいいです。 まずは、パーカーの音を聴きなさい。 「でも... 続きを読む

2005/04/30/05:59 | トラックバック (0)

リバイバルブルース

人生における、なんともいえない、沈うつで無常なブルー Text By 高野 雲 内藤剛志、奥田瑛二、桃井かおり。 3人の"大人たち"が繰り広げる人生模様。 映画の謳い文句には"中年期を迎えた男女の心の再生を描き…"とあるが、果たして本当に"再生"という言葉で括って良いものかどうか。 走り続けて、で、... 続きを読む

2005/04/30/05:40 | トラックバック (0)

前の10件 1 2 3 次の10件 INTRO TOP

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO