若木 康輔/PROFILE

大まかなプロフィールにつきましては、サイト「映画芸術DIARY」をご覧下さい。
http://eigageijutsu.com/category/2906121-1.html
(2008年に書いたものですが、大きな変化はしばらく無い予定)

好きな映画:
好きな監督:
好きな俳優:

な、なんと誘惑に満ちた設問! しかも好きなだけ挙げていいとか。
ここで偏愛するタイトルや名前を書き連ねていったら、どんなに夢のような時間が過ごせるか分かりません。しかしそういう快楽は、映画について書く人のなかに若木康輔がいると、世のみなさんに認知してもらうまでは我慢したいと思います。

なので、三つの設問を統合した答えを。
もしも無人島に一本だけソフトを持っていけるとしたら。2009年3月の段階でそんなに迷うことなく選ぶのは、『拝啓天皇陛下様』です。

フリーランスですが、こと映画評関連のお仕事に関しては、自分からは売り込まないと決めております(INTROさんにはアピールしちゃいましたが)。よく「押しが弱い」と叱られますけれど、実はそれだけ、オレの書くものはイイゾ、誰でもいいレベルをお求めならよそを当たってくれ、という自負を持っているのです。やせがまんして注文が来なければ、それまでです。
とはいえ新参ですから、実際のところはデータ入力、インタビューの文字起こし、無署名記事と、依頼を頂いた作業は何でも受けております。御用向きございましたら、下記アドレスまでお問い合わせください。

連絡先 : wakaki-52+jcom.home.ne.jp ウィルス対策の為、+を半角@に変えてご利用下さい。


過去記事一覧

地球はイデ隊員の星/連載第21回:放送第14話『真珠貝防衛指令』(前)

ウルトラシリーズ史上屈指の人気と評価を誇る、佐々木守脚本・実相寺昭雄演出のコンビ作品が、放送が2クール目に入ったところでついに登場です。順番に見るのを続けた自然の結果なのですが、『ウルトラマン』=初代ウルトラマンについてここまでの分量を費やして、実相寺の名前がまだ1度しか(しかも本の著者として)出てこなかった文章は、おそらくあまり無いだろうと思います。それだけのスター監督です。かつて... 続きを読む

2011/12/12/18:09 | トラックバック (2)

特集:ニューシネマの巨匠モンテ・ヘルマン監督21年振りの新作『果てなき路』

いやー、見ました、モンテ・ヘルマン。名前だけは知ってたモンテ・ヘルマン。しかも長編では21年振りという新作だけでなく、アメリカン・ニューシネマのシーンそのものの代表作まで。『果てなき路』(11)と、同時に上映される『断絶』(71)ニュープリント版をどちらも試写で拝見したのです。ありがたいことです。しかし監督作に初めて接したばかりで、まともな原稿にできるかどうかは心もとありません。それに、非専門ライター... 続きを読む

2011/12/08/22:30 | トラックバック (0)

地球はイデ隊員の星/連載第20回:放送第13話『オイルSOS』

国際科学警察中近東支部から油田やタンカーを襲ったと報告のあった怪獣ペスター(本編中では名前は明かされない)が、食糧である大量の油を求めて、大規模精油施設のある東京湾岸にやってくるお話です。「ウルトラマン新研究 その「戦争と平和」論概説」(グループK-76編/朝日ソノラマ)が端的にカテゴライズしている通り、ペスターは、人間との対立要因が経済的利益に分類される典型的な怪獣です。小さな... 続きを読む

2011/12/03/17:48 | トラックバック (1)

地球はイデ隊員の星/連載第19回:放送第12話『ミイラの叫び』(後)

イデ隊員が、新兵器発明家の顔を見せた話の続き。初めて披露し実戦に使ったものが、ドドンゴの怪光線から身を防ぐバリヤーだったのは、嬉しいところです。怪獣に致命傷を与える攻撃価値の高い兵器ではないあたりに、作り手の柔らかい優しさを見ます。そしてイデ隊員は、融通性の高い人物ゆえに作り手の思いが反映されやすい。『ウルトラマン』の楽天的ムードとイデ隊員の人格はシンクロしている、と改めて思い... 続きを読む

2011/11/22/21:29 | トラックバック (1)

地球はイデ隊員の星/連載第18回:放送第12話『ミイラの叫び』(中)

2010年の11月から休止していた「地球はイデ隊員の星」、連載を再開いたします。中断が長引き、申し訳ありませんでした。弁明にやや宣伝も入ってしまいますが、書籍「現代日本映画人名事典」(キネマ旬報社)の執筆に参加し、これが自分のスケジュール管理の失敗で、予想以上のマラソン作業になってしまっておりました。その間、「イデ隊員」の休止はずっとプレッシャーでした。それだけ多くの読者がいてくれたと... 続きを読む

2011/11/12/12:56 | トラックバック (1)

レビュー:『ゴーストライター』

『古戦場のポランスキーは昭和のHERO』 / 久しぶりに、INTROさんに原稿を書かせてもらいます(『無常素描』に関しては経緯が違うため個人的には別)。本サイトで休止中の連載があるのに、その主な理由である仕事がまだ終わっていないのに。基本的には、よくない、もうしわけないことです。6月に『ゴーストライター』という映画を試写で拝見したのです。通のみなさんの今夏の話題はこれで持ちきりだろう、僕などが何か言う必要は皆無と考えていま... 続きを読む

2011/08/04/14:03 | トラックバック (7)

特集:『無常素描』

僕は北海道の登別出身だ。「いい湯だな、ハハハン」とドリフも歌った登別温泉街が熱海と同じように大型観光地化して日本中の団体客を掻き込み、石油ショックのあと転げ落ちるように廃れる、その様子を間近に見ながら育ってきた。山のなかには丸ごと無人になったエリアがあり、生活品を残したまま棄てられ、台風であちこち崩れたホテルや家屋に土足で忍び込むのはものすごく面白かった。もう少し長じると、学校をサボッて煙草を吸い、エロ本を開く... 続きを読む

2011/06/15/11:39 | トラックバック (0)

特別企画・2010年マイベストムービー【3/3】

特別企画・2010年度マイ・ベストムービー【3/3】( 藤澤貞彦 若木康輔 ) 続きを読む

2011/01/16/13:45 | トラックバック (0)

地球はイデ隊員の星/連載第17回:放送第12話『ミイラの叫び』(前)

洞窟から発見された約7,000年前の人間のミイラが、電流を受けて息を吹き返した。暴れるミイラ人間をやむなくアラシ隊員が撃つと、洞窟の奥から怪獣・ドドンゴが現れる。第12話は、現代の発展が神話の地層から怪獣を呼び起こしてしまう『ウルトラマン』の基本パターンに忠実なストーリーです。が、さらに加えて怪獣ドドンゴには、おそらく主人であるミイラ人間を撃たれた怒りによって暴れる正当な理由があります。ひょっとしたら迷惑をかけたのは人間の... 続きを読む

2010/11/26/13:26 | トラックバック (1)

地球はイデ隊員の星/連載第16回:放送第11話『宇宙から来た暴れん坊』

ある日、空から落ちてきた七色に光る石。その石は人の願いどおりケーキやおもちゃ、なんにでも姿を変える不思議な力を持っていた。聞きつけた悪い男が石を奪い、怪獣ギャンゴを出現させてしまったことから大騒ぎに……。第11話はロッド・サーリングやフレドリック・ブラウンの短編を読むように、ポテトチップスかなんか食べながら気軽に楽しみたいユーモア・ファンタジーです。怪獣が出るといっても、世をすねた男の願望で石が姿を変えただけなので、実際の... 続きを読む

2010/11/19/11:37 | トラックバック (0)

前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 INTRO TOP

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO