若木 康輔/PROFILE

大まかなプロフィールにつきましては、サイト「映画芸術DIARY」をご覧下さい。
http://eigageijutsu.com/category/2906121-1.html
(2008年に書いたものですが、大きな変化はしばらく無い予定)

好きな映画:
好きな監督:
好きな俳優:

な、なんと誘惑に満ちた設問! しかも好きなだけ挙げていいとか。
ここで偏愛するタイトルや名前を書き連ねていったら、どんなに夢のような時間が過ごせるか分かりません。しかしそういう快楽は、映画について書く人のなかに若木康輔がいると、世のみなさんに認知してもらうまでは我慢したいと思います。

なので、三つの設問を統合した答えを。
もしも無人島に一本だけソフトを持っていけるとしたら。2009年3月の段階でそんなに迷うことなく選ぶのは、『拝啓天皇陛下様』です。

フリーランスですが、こと映画評関連のお仕事に関しては、自分からは売り込まないと決めております(INTROさんにはアピールしちゃいましたが)。よく「押しが弱い」と叱られますけれど、実はそれだけ、オレの書くものはイイゾ、誰でもいいレベルをお求めならよそを当たってくれ、という自負を持っているのです。やせがまんして注文が来なければ、それまでです。
とはいえ新参ですから、実際のところはデータ入力、インタビューの文字起こし、無署名記事と、依頼を頂いた作業は何でも受けております。御用向きございましたら、下記アドレスまでお問い合わせください。

連絡先 : wakaki-52+jcom.home.ne.jp ウィルス対策の為、+を半角@に変えてご利用下さい。


過去記事一覧

地球はイデ隊員の星/連載第15回:放送第10話『謎の恐竜基地』(後)

前回、ジラースのエリマキをウルトラマンがもぎ取って〈ゴジラ対ウルトラマン〉が実現化したのは一種のタブーに近かったのではないか、と書きました。僕の映画への興味は、そのタブーへの戦慄から始まっているので、どうもこだわりたくなるようです。1973年の夏休みに公開された〈東映まんがまつり〉の目玉であり、記憶に残るなかでは初めて映画館で見た映画、『マジンガーZ対デビルマン』。両者が結局は戦わず、協力して敵をやっつけるおはなしにどうにも... 続きを読む

2010/11/12/17:29 | トラックバック (0)

地球はイデ隊員の星/連載第14回:放送第10話『謎の恐竜基地』(中)

カジュアルな夜釣りデートを楽しんでいる途中で、〈モンスター博士〉こと中村博士の研究室に閉じ込められてしまうイデ隊員と女性記者・久保さん。中村博士は15年前、ネス湖で発見した恐竜をひそかに日本に持ち帰り、ジラースと名付けて湖中で巨大に育て上げていました。この後は、あいにくイデ隊員にほとんど見せ場はありません。しかし、研究室の扉をむなしく叩く久保さんに「無駄だ、やめてくれ」と言うのには、ドキンとなりました。こんな冷たい口... 続きを読む

2010/11/05/14:15 | トラックバック (0)

地球はイデ隊員の星/連載第13回:放送第10話『謎の恐竜基地』(前)

『ウルトラマン』を順に見ていると、まるっきり間延びしたエピソードが今まで無いことに改めて感心します。それほどの興趣が無いストーリーの場合でも毎回違う怪獣が登場、ウルトラマンとの対決スペクタクルが用意されているので、必ず一定以上の満足を約束してくれる。それにしても、このところ数回のテンションは高い。『ウルトラマン』という枠でやれることの幅は意外と広いぞ、とスタッフが早々に掴み、燃えている感じが伝わってきてドキドキします。そして... 続きを読む

2010/10/29/17:40 | トラックバック (0)

地球はイデ隊員の星/連載第12回:放送第9話『電光石火作戦』

『ウルトラマン』ならではの怪獣バトル篇「怪獣無法地帯」に続く第9話は、ふたたび、『ウルトラQ』の味わいに少し戻ったエピソードです。台風のためキャンプ地に孤立した山岳少年団。団長補佐を務める2人の少年ががんばるようすと、ハヤタ隊員がヘリコプターで怪獣の好物であるウランのカプセルを運び、怪獣を誘導して町から遠ざける作戦実行。2つのタテ筋が並行し、接触したところで危機的状況が生まれる展開からそう思いました。操縦するの... 続きを読む

2010/10/22/16:32 | トラックバック (1)

地球はイデ隊員の星/連載第11回:放送第8話『怪獣無法地帯』

「火山噴火のために無人島になっていた多々良島に、2年半ぶりに定点観測所を再開することになり、4人の先発隊が島に向かうことになった。……それから1週間が過ぎた。だが先発隊からは何の連絡も無かった」「さらに3日が過ぎた。やはりなんの連絡も無かった。4人のことを心配した気象庁では、島になんらかの事故が起こったものとみて、ついに科学特捜隊に測候所員の救出を要請した」以上、冒頭のナレーション。「定点観測所」と「測候所」が... 続きを読む

2010/10/15/12:18 | トラックバック (1)

地球はイデ隊員の星/連載第10回:放送第7話『バラージの青い石』(後)

怪獣アントラーが現れる街、バラージ。科学特捜隊の調査に同行するパリ本部の連絡員・ジムが、「地図にも載っていない幻の街」と何度か強調します。が、地理上は特定が難しい場所にあるわけではありません。現在のトルコ共和国の東端にあり、アルメニア、イラン各国境に近いアララト山のふもとです。アララト山は、アラシ隊員のセリフにもある通り、ノアの箱舟が流れ着いたと言われている有名な山ですから。ただバラージの女性神官・チャータムの... 続きを読む

2010/10/08/15:39 | トラックバック (0)

地球はイデ隊員の星/連載第9回:放送第7話『バラージの青い石』(中)

ウルトラマンの先祖は大昔、中近東の地に現れた。つまりM78星雲の宇宙人には初代ウルトラマン以前にも地球で活動した歴史があった、と重要な事実が開示される第7話。ムラマツキャップが「我々人類にとって、ウルトラマンは平和のための大切な神なのかもしれん」と、ウルトラマンの存在の解釈についてひとつの美しい見解を示し、それをウルトラマンと「一心同体」状態のハヤタ隊員が黙って聞いている場面の続きです。ムラマツキャップが思わず呟い... 続きを読む

2010/10/01/12:53 | トラックバック (0)

地球はイデ隊員の星/連載第8回:放送第7話『バラージの青い石』(前)

本連載のテキストにしている〈ウルトラ1800〉シリーズのDVDは、1巻につき4話分収録です。つまり僕は現在、第5~8話を収録した2巻目を購入し、第6話までについて書き、第7話を見たところです。毎回を書ききらないうちは次回を見ないルールにしているものの、DVDのパッケージでおおよその内容は先に分かります。パッケージの第7話のあらすじには「中近東の砂漠に、相次いで隕石が落下した。調査に向かった科特隊だが、……」と書かれている... 続きを読む

2010/09/24/13:48 | トラックバック (0)

地球はイデ隊員の星/連載第7回:放送第6話『沿岸警備命令』

このところ、今度のイデ隊員は序盤に比べて脇に引っ込んでいる、道化に徹している、と毎回のように書きつつ、よく吟味すれば存在感はたっぷり。そう撤回することの繰り返しでした。すっかりそのペースに慣れて、さあ、今度はイデ隊員のどんな魅力が見つかるかな、と期待しながら見てみた第6話です。……セリフが数えるほどしかなくて、しかも全て平凡なリアクション。だから見せ場もゼロ。いいところを見せないのはいつものこととして、おどけたり失敗したりすら、しない。まさかと思って、もう1度DVDを見てみましたが、印象に変わりはありませんでした。ついに、来た。第6話に... 続きを読む

2010/09/17/12:54 | トラックバック (0)

地球はイデ隊員の星/連載第6回:放送第5話『ミロガンダの秘密』

今回のイデ隊員は、すごい。いいところ、全く無し!第4話まではコミカルな三枚目でありつつ、さりげない形で貢献する、シリーズの路線を固める大事なセリフを言う、といった役割でキーマンとなってきたイデ隊員です。この連載の趣旨的には、満足すぎるぐらいの〈男らしさのヒント〉を与えてきてくれました。ところが、この第5話では……。任務中に子どもみたいにはしゃぐ。アラシ隊員の馬鹿力にひっくり返され、大げさに痛がる。ねちっこくイヤミを言う。謎の犯... 続きを読む

2010/09/10/11:25 | トラックバック (0)

前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 INTRO TOP

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO