キーワード『イマジネーション』が含まれているエントリー

対象エントリー数: 5件
  1. アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016:1月9日(土)よりシアター・イメージフォーラムにて開催/タイの天才監督の全劇場長編作と中編・短編の傑作選を一挙上映 Posted at 2015/12/31/15:08
    タイの天才アピチャッポン・ウィーラセタクン監督の全劇場長編作と中編・短編の傑作選を一挙上映する国内初の特集上映が開催される。また、日本未公開の幻の傑作『世紀の光』も同時上映されるので、この貴重な機会を見逃すことなく劇場に足を運んで欲しい。
  2. エドガー・ライト監督&マイケル・セラインタビュー:
    映画『スコット・ピルグリムvs.邪悪な元カレ軍団』について【1/2】
    Posted at 2011/04/28/16:55

    『インタビュー:エドガー・ライト監督編』 日本公開が危ぶまれていた「スコット・ピルグリム vs. 邪悪な元カレ軍団」だが、わたなべりんたろうによる公開署名活動が結実し、いよいよ上映が始まる。先日の来日時にエドガー・ライト監督と主演のマイケル・セラにお話をうかがった。2011年4月29日(土)より、シネマライズ他にてロードショー!!
  3. レビュー:アバター Posted at 2010/01/04/22:18
    『映画の進化に巨星キャメロンあり』 / 構想14年、製作4年――。映画技術の英知を結集して製作された本作は、本年の東京国際映画祭<2009年10月17日~25日>で、完全招待制となる『アバター・スペシャル・プレゼンテーション』と銘打たれた27分間のフッテージ映像としていち早く御披露目され、一般のオーディエンスにとっては長らくベールに包まれていた期待の3D-SF超大作だったが、過日、ついに全世界公開となった。アカデミー賞11部門...
  4. 第10回東京フィルメックスレポート/2つの世界の間で【2/3】 Posted at 2009/12/06/11:38
    『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』レビュー……『ゲルマニウムの夜』の大森立嗣監督の新作であり、松田翔太、高良健吾、安藤サクラらが演じる若者たちのあてのない旅を追ったロードムービーである。孤児院で育ったケンタとジュンは.../『2つの世界の間で』レビュー……映画祭も中盤になり、フィルメックス常連のバフマン・ゴバディ監督もハナ・アフマルバフ監督もアモス・ギタイ監督も、それぞれに趣向を凝らしてはいるものの過去の傑作が頭にちらついたり...
  5. ブラザーズ・グリム Posted at 2005/11/20/17:12
    夢の外は悪夢の森?/Text By 朱雀 しじま  19世紀初頭、ドイツの言語学者であり文学者でもあったグリム兄弟は、出版依頼を受けて各地の民間伝承を収集。これを童話集として編纂したものが、有名な「グリム童話」である。日本人にも馴染みの深い物語だ。
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO