キーワード『インタビュー』が含まれているエントリー

対象エントリー数: 13件
  1. レビュー:『ヒッチコック/トリュフォー』 (ケント・ジョーンズ監督)/新宿シネマカリテにて公開中、全国順次公開 Posted at 2017/01/18/21:04
    Text By わたなべりんたろう / ドキュメンタリー「ヒッチコック/トリュフォー」がまず素晴らしいのは本ではコマ割りの図版で解説されていたヒッチコックの映画シーンが解説付きで実際に見ることが出来ることである。今作のもとになった本であり名著の...
  2. マリオ・クジク監督&B.B.クラーク(脚本)インタビュー:映画『GARAGE ROCKIN’ CRAZE』について【2/4】/1月14日(土)公開 Posted at 2017/01/13/20:02
    ガレージ・パンクの伝説的イベントBack From The Graveと、その主宰者Daddy-O-Novに迫ったドキュメンタリー映画『GARAGE ROCKIN’ CRAZE』の公開を控えるマリオ・クジク監督と脚本担当のB.B.クラーク氏に、詳しいお話をうかがった。【Page2/4】
  3. チャン・ゴンジェ監督インタビュー:映画『ひと夏のファンタジア』について【2/5】/今冬公開予定 Posted at 2015/10/18/17:52
    奈良県五條市を舞台にした映画をめぐるファンタジー『ひと夏のファンタジア』は、自主製作作品ながら韓国で公開1カ月で3万人を超える動員を記録した注目作品だ。第37回PFFでの上映に合わせて来日したチャン・ゴンジェ監督にお話をうかがった。【Page2/5】/今冬公開予定
  4. 映画『アメイジング・スパイダーマン』公開記念イベント開催/劇場鑑賞券をプレゼント! Posted at 2012/06/02/19:07
    ファンの間で期待が高まっている映画「アメイジング・スパイダーマン」の公開に合わせ、東京・銀座 ソニービルにて公開記念イベントが開催される。今回のイベント開催を記念して、映画「アメイジング・スパイダーマン」の映画鑑賞券を5名様分にプレゼントします。 応募締め切り 6月17日(日)
  5. 増田久雄監督インタビュー:映画『E.YAZAWA ROCK』について Posted at 2009/11/23/19:44
    今年還暦を迎えた矢沢永吉。デビュー以来30年強、シーンの最前線にたち続ける前代未聞の〝全身ロッカー〟。そんな彼の1979年から30年間の軌跡を追うドキュメント映画が完成した。監督は、80年に公開されたドキュメント映画『矢沢永吉 RUN&RUN』のプロデュースも手がけた映画プロデューサー増田久雄氏。今作の製作経緯について話をうかがった。 2009年11月21日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー
  6. 市川崑監督の〈幻の名作〉「幸福」が日本映画専門チャンネルにてハイビジョン放送! Posted at 2009/11/10/16:24
    2008年2月に92歳で逝去された名匠・市川崑監督の『幸福』は、主演の水谷豊が幼い子供を抱えた刑事役に挑戦し、当時人気を博していたテレビドラマ(「熱中時代」ほか)とは一味違う、無為な日常を送る平凡な人間像を好演、市川作品の中でも後期名作として知られる一本だ。同時期の作品には『古都』(80年 主演:山口百恵)や『細雪』(83年 主演:岸恵子、吉永小百合)があり、『犬神家の一族』(76年)から続いた「第2期黄金時代」の...
  7. 9月19日公開「正義のゆくえI.C.E.特別捜査官」
    オリジナルグッズをプレゼント!
    Posted at 2009/09/06/16:28

    ハリソン・フォード主演最新作の「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」は、不法滞在者の取締りを任務とする移民局捜査官の葛藤を描いた社会派ヒューマンドラマだ。この「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」のオリジナルパスポートケースを5名様にプレゼントします。応募締め切り 9月19日(土)/作品情報として、監督とハリソンのインタビューも掲載。
  8. 『スワップ・スワップ』 Posted at 2009/09/04/10:36
    1977年、ニューヨーク。35$で誰もが極上のシアワセを味わえる夢のセックスクラブを実現させた男の生き様とスワッピング文化の栄華と衰退を赤裸々に描いたドキュメンタリー。 シネマート新宿にて10月17日(土)よりレイトショー
  9. KIKOE Posted at 2009/08/14/17:46
    『こんな国のこんな時代には陰鬱な夕べがあってはいけない』 / カヒミ・カリィや浜田真理子といったミュージシャンのプロデューサーとして、また『ウルトラミラクルラブストーリー』や『色即ぜねれいしょん』といった話題作の映画音楽を手掛けている音楽家大友良英の世界と人物に迫っていくドキュメンタリー『KIKOE』に関するレビュー。
  10. 竹洞哲也(監督)×小松公典(脚本)×サーモン鮭山(俳優)ロングインタビュー Posted at 2007/06/19/23:09
    これまで優れたピンク映画を紹介してきた「R18 LOVE CINEMA SHOWCASE」シリーズ待望の第三弾は、“プログラムピクチャーとしてのピンク映画”を年数本単位のハイペースで放つ俊英、竹洞哲也監督の大特集である。
  11. 映画は生きものの記録である 土本典昭の仕事 Posted at 2007/06/01/16:59
    ドキュメンタリー映画作家という「生きもの」がいる /TEXT By 佐野亨 喜ばしいことに、ここ数年、土本典昭の仕事に再びスポットが当たり始めた。ドキュメンタリー映画ブームといわれて久しいけれど、全体を俯瞰して見てみると、実態はそうポジティブに考えられることばかりではない。...
  12. 『悪魔とダニエル・ジョンストン』 Posted at 2006/09/10/11:34
    ジョニー・デップ、デヴィッド・ボウイ、カート・コバーン、トム・ウェイツといったアーティスト達を魅了してやまない伝説的なアーティスト、ダニエル・ジョンストン。彼のドラマティックで破天荒な生き様をフィルムに焼き付けた傑作ドキュメンタリーが本作「悪魔とダニエル・ジョンストン」だ。創作を志す全ての者は、彼の狂気と創造の現場を刮目して見よ!
  13. 松江哲明監督インタビューpart1/映画「セキ★ララ」について Posted at 2006/05/31/16:06
    『セキ★ララ』は、キムチを食べられない在日三世の松江哲明監督が、デビュー作『あんにょんキムチ』(99)以来、初めて「在日」をテーマにした快作ドキュメンタリーだ。カタそうな主題とは裏腹に、アダルト業界に棲息する男女の、ユーモラスで、エッチで、そこはかとなく切ない心もようがリリカルに描き出されている。特に「家族」に思い入れのある女性には是非見て欲しい一作である。
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO