キーワード『カンヌ国際映画祭』が含まれているエントリー

対象エントリー数: 15件
  1. アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016:1月9日(土)よりシアター・イメージフォーラムにて開催/タイの天才監督の全劇場長編作と中編・短編の傑作選を一挙上映 Posted at 2015/12/31/15:08
    タイの天才アピチャッポン・ウィーラセタクン監督の全劇場長編作と中編・短編の傑作選を一挙上映する国内初の特集上映が開催される。また、日本未公開の幻の傑作『世紀の光』も同時上映されるので、この貴重な機会を見逃すことなく劇場に足を運んで欲しい。
  2. 見逃した映画特集2015:12月19日(土)より渋谷アップリンクにて開催/2015年に公開された話題作を一挙上映 Posted at 2015/12/16/23:53
    気になっていたのに様々な事情で観に行くことができなかった映画たちを、もう一度スクリーンで観ることができる特集上映が、今年も今週末の12月19日(土)から渋谷アップリンクで開催される。年末年始には2015年の話題作を振り返ってみてはいかがだろうか。/2015年12月19日(土)~2016年1月29日(金)まで、渋谷アップリンクにて開催
  3. レビュー:『雪の轍』 (ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督)/第67回カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞/6月27日公開/ネタバレあり Posted at 2015/06/06/18:43
    『冬のカッパドキアで。』Text By 岸 豊 / 人間模様を描いた作品の多くは、人々が育む愛情や絆、喜びといった要素に主眼が置かれる。しかし、そういった作品は果たしてリアルだと言えるだろうか。むしろ、憎しみや悲しみを抱えた人々が憂鬱に苛まれる姿を描いた人間模様こそ...
  4. ヤナ・ノヴィコヴァ(女優)インタビュー:映画『ザ・トライブ』について【1/3】 Posted at 2015/04/08/21:26
    寄宿学校の若者たちの生態を全編手話だけで描くという前代未聞の無声映画として、カンヌで批評家週間グランプリほか各国の映画祭で高い評価を受けた映画『ザ・トライブ』の日本公開に合わせて来日した主演女優ヤナ・ノヴィコヴァさんに作品や演技について詳しいお話をうかがった。【Page1/3】 2015年4月18日(土)よりユーロスペース、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー
  5. アリ・フォルマン監督×山村浩二氏マスタークラス:映画『コングレス未来学会議』について【1/4】 Posted at 2015/04/06/19:21
    東京アニメアワードフェスティバル2014で長編コンペティションのグランプリを獲得した『コングレス未来学会議』のアリ・フォルマン監督が、今年開催の同フェスの短編コンペ部門の審査員として来日したのを受けて、アニメーション作家の山村浩二氏と同作に関する公開対談を行った。その模様をお届けする。【Page1/4】 2015年6月、新宿シネマカリテ他全国順次公開
  6. 作品情報:「さらば、愛の言葉よ」/ジャン=リュック・ゴダール監督最新作/2015年1月31日(土)公開 Posted at 2015/01/21/19:46
    ヌーヴェルヴァーグの巨匠ジャン=リュック・ゴダール監督の最新作にして初の3D長編となる本作は、人妻と独身男との出逢いと別れ、そして再会を描いて第67回カンヌ国際映画祭 審査員特別賞を受賞した野心作だ。/ 2015年1月31日(土)より、シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー!
  7. オーランド・ブルーム×フォレスト・ウィテカー『ケープタウン』(8月30日公開)一般試写会にご招待! Posted at 2014/08/01/07:28
    南アフリカを舞台に、オーランド・ブルームとフォレスト・ウィテカー扮する対称的な刑事が、少女殺人事件の真相を追いかける姿を描いた骨太なサスペンス・アクション『ケープタウン』の一般試写会に10組20名様をご招待します。 応募締め切り:8月13日(水) /2014年8月30日(土)より新宿バルト9他にてロードショー
  8. 作品情報:『アデル、ブルーは熱い色』(4月5日公開)/2013年カンヌ国際映画祭 最高賞パルムドール・国際批評家連盟賞受賞した美しい愛の衝撃作 Posted at 2014/03/15/15:39
    2013年カンヌ国際映画祭でパルムドール<最高賞>を受賞した本作は、生涯一度きりの運命の出会いを描いたラブ&ライフストーリー。特に本作のラブシーンは絵画のように美しいと大絶賛された。/2014年4月5日(土)より、新宿バルト9、Bunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー
  9. 井浦新インタビュー:映画「11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち」について【4/4】 Posted at 2012/06/01/20:50
    先日閉幕となったカンヌ国際映画祭「ある視点」部門で上映され、話題を呼んだ若松孝二監督の新作『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』。本作で三島由紀夫役を演じ、新しい解釈の三島像を打ち出した井浦新さんにお話を伺った。【page4/4】
  10. ニコラス・ウィンディング・レフン監督インタビュー:映画「ドライヴ」について【2/2】 Posted at 2012/03/27/20:46
    第64回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞して注目を集めたクライム・サスペンス「ドライヴ」が、3月31日より日本で公開される。新作の撮影中の合間に来日したニコラス・ウィンディング・レフン監督にお話を伺った。【2/2】
  11. ニコラス・ウィンディング・レフン監督インタビュー:映画「ドライヴ」について【1/2】 Posted at 2012/03/27/20:45
    第64回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞して注目を集めたクライム・サスペンス「ドライヴ」が、3月31日より日本で公開される。新作の撮影中の合間に来日したニコラス・ウィンディング・レフン監督にお話を伺った。【1/2】
  12. キム・ギドク一日限りの世界三大映画祭、3月30日に開催! Posted at 2012/03/26/12:54
    韓国の鬼才、キム・ギドク監督の最新作『アリラン』公開を記念して、ギドク監督作品の中からカンヌ、ベルリン、ヴェネチアの世界三大映画祭を受賞した作品を一日限定で上映する。
  13. 作品情報:『風にそよぐ草』 Posted at 2011/12/11/17:46
    フランスの巨匠アラン・レネ監督の最新作は、フランス現代文学を代表する作家クリスチャン・ガイイのベストセラー小説を映画化した大人のための恋愛映画だ。
  14. 第一回『映画太郎』開催! Posted at 2011/06/21/16:53
    なかなか上映される機会のないインディーズ映画の秀作・話題作を一挙に上映する映画祭『映画太郎』が今年も開催される。 2011年6月23日(木)~27日(月)、シネマート六本木にて開催
  15. 第11回東京フィルメックス/深谷レポート【1/2】『老人たちの夢』 Posted at 2010/12/31/15:23
    閉会式、コンペティション審査委員長のウルリッヒ・グレゴール氏は、受賞作発表に先がけてのスピーチで「作品同士が呼応しあうような、語り合うような構成になっていた」とラインナップを称賛した。個々の作品を見ると監督自身のパーソナルな世界を描くものが目立ち、例年以上に個性的で手強いラインナップだったと思う。その一方で鑑賞を重ねるうちに既視感のような不思議な感覚を何度も覚え、映画祭全体がひとつの環を形作るような気がしていたのでその言葉には多いに頷いた。映画というのは異なる才能のコラボレーションで作られる芸術だが、完成した作...
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO