キーワード『ヒューマン・ドラマ』が含まれているエントリー

対象エントリー数: 10件
  1. 新作情報:『人生はシネマティック!』/11月11日公開/執筆経験ゼロの女性脚本家とその仲間達が、ダンケルク戦の感動秘話の映画化に挑む姿を描いたヒューマン・ドラマ Posted at 2017/11/03/21:54
    第二次大戦中のロンドンで、戦争で疲弊した国民を勇気づけるため、ダンケルク戦の感動秘話の映画化に挑むことになった執筆経験ゼロの女性脚本家とその仲間達の奮闘を描いた映画愛あふれるヒューマン・ドラマ。
  2. 映画『ハロルドが笑う その日まで』一般試写会にご招待!/4月16日公開/小さな家具屋店主がIKEA創業者を誘拐したことで巻き起こる騒動を描いたヒューマン・ドラマ Posted at 2016/03/05/18:17
    小さな家具屋店主が世界最大の家具販売店IKEA創業者を誘拐したことで巻き起こる騒動を描いたヒューマン・ドラマ『ハロルドが笑う その日まで』の一般試写会に5組10名様をご招待します。 応募締め切り:4月4日(月)
  3. 作品情報:『汚れた心』7月21日より公開中/伊原剛志主演のブラジル映画、日系移民社会で封印された驚愕の事実を描く Posted at 2012/07/27/20:51
    ヴィゴ・モーテンセン主演の『善き人』でナチス台頭下のドイツの善良な一市民を描いたヴィセンテ・アモリン監督の最新作は、伊原剛志と常盤貴子の主演で、第二次大戦直後のブラジル日系移民社会で発生した移民同士の凄惨な抗争(「勝ち組・負け組」抗争)を描く。 2012年7月21日(土)よりユーロスペースにて公開中、以降全国順次公開
  4. 『ローマ法王の休日』(7月21日公開/ナンニ・モレッティ監督最新作)一般試写会にご招待! Posted at 2012/06/27/14:51
    『息子の部屋』のナンニ・モレッティ監督最新作は、次期法王のプレッシャーに耐えきれず、ヴァチカンから逃げ出してしまった新・ローマ法王が、ローマの街を小さな逃避行を繰り広げる姿を描いたユニークなヒューマン・ドラマだ。本作『ローマ法王の休日』の一般試写会に5組10名様をご招待します。応募締め切り 7月10日(火)
  5. 作品情報:『ル・アーヴルの靴みがき』4月28日公開/アキ・カウリスマキ監督最新作 Posted at 2012/04/10/22:05
    アキ・カウリスマキ監督の5年ぶりの新作で、“港町3部作”の始まりと言われる本作は、北フランスの港町ル・アーヴルを舞台に、そこで暮らす人々の姿を優しく見つめながら謳い上げられる至福の人間賛歌だ。
  6. 作品情報:『カンパニー・メン』 Posted at 2011/09/04/12:49
    ベン・アフレック、トミー・リー・ジョーンズ、クリス・クーパー、ケヴィン・コスナー。4人のアカデミー賞俳優の競演で贈る本作は、失業を契機にそれぞれの原点に回帰する男たちの姿を描いた人生再起の物語だ。 2011年9月23日(祝・金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開
  7. 作品情報:『フェアウェル/さらば、哀しみのスパイ』 Posted at 2010/07/08/22:51
    ソ連崩壊ののきっかけとなったと言われる〈フェアウェル事件〉。本作はこの実在のスパイが辿った数奇な運命を、クストリッツァ×ギヨーム・カネという二大監督をキャストに起用して描いた話題作だ。クリスチャン・カリオン監督インタビューも掲載! 7月31日(土)、シネマライズにて公開(全国順次) 9月、テアトル梅田にて公開!
  8. 作品情報:『クレイジー・ハート』 Posted at 2010/05/13/14:20
    本年度アカデミー賞で主演男優賞(ジェフ・ブリッジス)と主題歌賞の2冠を達成した本作は、音楽への愛情によって自らを救おうと努力するカントリー・シンガーの物語だ。カントリー・ミュージックに対する深い愛情と人間賛歌が観る者の感動を呼ぶ骨太なヒューマン・ドラマになっている。また、作中で披露されるジェフ・ブリッジスとコリン・ファレルのセッションも必見! 6月12日(土)より、TOHOシネマズシャンテほかにてロードショー
  9. 『地球が静止する日』 Posted at 2008/11/20/11:50
    巨匠ロバート・ワイズ監督による古典的SF映画の傑作として知られる『地球の静止する日』が、キアヌ・リーブス主演でリメイク!ウィル・スミスの息子ジェイデン・スミスが、ジェニファー・コネリーの息子役で出演しているのも要注目だ。 12月19日(金)、日劇1 他全国超拡大ロードショー
  10. 『わが教え子、ヒトラー』 Posted at 2008/08/29/16:21
    1930年代にヒトラーに演説指導をした人物がいたという知られざる史実を元に、ユダヤ人監督のダニー・レヴィが虚実を織り交ぜて映画化。センセーショナルな皮肉とユーモア、知的好奇心を刺激するヒューマン・ドラマに仕立てられている。なお、本作はドイツを代表する名優として知られる主演のウルリッヒ・ミューエの遺作でもある。  9月6日(土)、Bunkamuraル・シネマ他にて全国順次ロードショー
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO