キーワード『ホラー』が含まれているエントリー

対象エントリー数: 46件
  1. 予告編:『ドント・ブリーズ』/12月16日公開/20年に一本の<アメリカ発>恐怖の作品と絶賛された必見のショッキング・スリラー!! Posted at 2016/12/11/20:09
    リメイク版『死霊のはらわた』で世界を驚かせたフェデ・アルバレス監督が、オリジナル版『死霊のはらわた』のサム・ライミ監督製作で贈る本作は、盲目の老人宅に強盗に入った3人の男女が体験する恐怖と脱出劇を描き、20年に一本と絶賛されたショッキング・スリラーだ。
  2. 第29回東京国際映画祭 Japan Now部門『ダゲレオタイプの女』黒沢清監督Q&Aレポート【1/4】/12月3日(土)より渋谷アップリンク他全国公開中 Posted at 2016/12/04/18:41
    第29回東京国際映画祭《Japan Now》部門で上映された『ダゲレオタイプの女』は、黒沢清監督がオール仏ロケ、外国人キャスト、全編仏語で挑んだ初海外進出作品。本作の上映時に行われた黒沢清監督によるQ&Aの模様をお伝えする。【page1/4】
  3. 『闇刻の宴』監督陣インタビュー最終回:国沢実監督『岩』について/4月8日より下北沢トリウッドにて1週間、連日19:00より上映 Posted at 2016/04/07/18:10
    『心中エレジー』で知られる亀井亨監督が中心となって製作されたオムニバスホラー映画『闇刻の宴』公開を控える監督陣にお話をうかがった。最終回は『岩』を撮った国沢実監督のインタビューをお届けする。
  4. 『闇刻の宴』監督陣インタビュー第3回:亀井亨監督『幽閉confinement』について/4月8日より下北沢トリウッドにて1週間、連日19:00より上映 Posted at 2016/04/03/18:09
    『心中エレジー』で知られる亀井亨監督が中心となって製作されたオムニバスホラー映画『闇刻の宴』公開を控える監督陣にお話をうかがった。第3回は『幽閉confinement』を撮った亀井亨監督のインタビューをお届けする。
  5. 『闇刻の宴』監督陣インタビュー第2回:三宮英子監督『36℃の視線』について/4月8日より下北沢トリウッドにて1週間、連日19:00より上映 Posted at 2016/03/29/19:58
    『心中エレジー』で知られる亀井亨監督が中心となって製作されたオムニバスホラー映画『闇刻の宴』公開を控える監督陣にお話をうかがった。第2回は『36℃の視線』を撮った三宮英子監督のインタビューをお届けする。
  6. 内藤瑛亮監督インタビュー:映画『ドロメ【男子篇】』『ドロメ【女子篇】』について【2/6】/3月26日(土)よりシネマート新宿ほかにて2作品同時公開 Posted at 2016/03/27/13:32
    男子高と女子高の演劇部員が山奥の合宿先で遭遇する怪異を描いた青春コミカルホラー『ドロメ【男子篇】【女子篇】』を撮った内藤瑛亮監督に、企画の経緯や撮影秘話、作品に込めた想いなど詳しいお話をうかがった。【Page2/6】
  7. 内藤瑛亮監督インタビュー:映画『ドロメ【男子篇】』『ドロメ【女子篇】』について【1/6】/3月26日(土)よりシネマート新宿ほかにて2作品同時公開 Posted at 2016/03/27/13:31
    男子高と女子高の演劇部員が山奥の合宿先で遭遇する怪異を描いた青春コミカルホラー『ドロメ【男子篇】【女子篇】』を撮った内藤瑛亮監督に、企画の経緯や撮影秘話、作品に込めた想いなど詳しいお話をうかがった。【Page1/6】
  8. 『闇刻の宴』監督陣インタビュー第1回:坂元啓二監督『うつしえ』と『ひなげし』について/4月8日より下北沢トリウッドにて1週間、連日19:00より上映 Posted at 2016/03/25/20:53
    『心中エレジー』で知られる亀井亨監督が中心となって製作されたオムニバスホラー映画『闇刻の宴』公開を控える監督陣にお話をうかがった。第1回は『うつしえ』と『ひなげし』を撮った坂元啓二監督のインタビューをお届けする。
  9. 朝倉加葉子監督インタビュー:映画『女の子よ死体と踊れ』について【4/6】/10月31日(土)よりシネマート新宿にて公開中、ほか全国順次公開 Posted at 2015/11/08/18:44
    アイドルグループ「ゆるめるモ!」初主演の映画『女の子よ死体と踊れ』は、死体をめぐるホラー・ファンタジーを土台に、少女たちの日常に対する鬱屈感や肯定感を描いた青春ガーリー映画だ。本作の朝倉加葉子監督に、作品の製作経緯や撮影秘話など詳しいお話をうかがった。【Page4/6】/2015年10月31日(土)よりシネマート新宿、11月14日(土)よりシネマート心斎橋、名古屋シネマスコーレ、12月5日(土)より仙台・桜井薬局セントラルホール、12月12日(土)より広島・横川シネマ、12月19日(土)より福岡・中洲大洋映画劇場ほか全国順次公開!
  10. 映像作家・佐々木友輔 新作上映会『Epoch』/2015年11月21日(土)・22日(日)、新宿眼科画廊にて開催 Posted at 2015/11/05/19:15
    現代美術的アプローチで〈場所映画〉と呼ぶほかない独自な作品世界を構築してきた映像作家の佐々木友輔監督の新作の上映会が開かれる。また、佐々木監督が脚本を担当したホラー短編映画『チェーンブレイカー』(ワタナベカズキ監督)も、11月7日から一週間限定で渋谷UPLINKで上映される。
  11. 東京スクリーム・クイーン映画祭2015:10月14日(土)~10月31日(土)まで、渋谷アップリンクにて開催 Posted at 2015/10/20/19:40
    世界中から集められた女性監督によるホラー&ダーク・ファンタジー短編を上映する映画祭『東京スクリーム・クイーン映画祭2015』が今年もハロウィンに合わせて開催される。今回は短編作品に加え、世界のホラー映画祭で高く評価されたカナダの新鋭女性監督による長編ホラー作品も上映。
  12. 作品情報:「ムカデ人間3」/8月22日(土)公開/人間の口と肛門をつなげる異常なアイデアで全世界が絶句した<ホンモノの問題作>堂々完結 Posted at 2015/08/09/23:02
    人間の口と肛門をつなげるという異常なアイデアで全世界を絶句させた『ムカデ人間』シリーズの完結編が遂に日本上陸。3人、12人と連結人数を増やしてきた同シリーズだが、今作では驚愕の500人連結を実現。まさに狂気としか言いようのない形にスケールアップした本作の全貌を劇場で見届けて欲しい。 / 2015年8月22日(土)、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
  13. 作品情報:「お化け屋敷列伝/戦慄迷宮MAX」/5月23日(金)公開/史上初、お化け屋敷体感型ムービー誕生!! Posted at 2015/03/03/16:58
    「怖いお化け屋敷ランキング」で1位を記録するなど圧倒的な人気と恐怖を誇る富士急ハイランドの「戦慄迷宮」が、体感型ムービーとしてまさかの映画化。手加減無しの最恐演出を施したという本作で、実際のお化け屋敷以上の恐怖をぜひ体験してみてほしい。 / 2015年5月23日(土)シネマサンシャイン池袋ほか絶叫体感
  14. 劇場発信の新しい映画祭『未体験ゾーンの映画たち2015』1月3日(土)~2月27日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催 Posted at 2014/12/19/21:39
    海外で注目や話題を呼んだ作品ながら日本では劇場公開される機会がなかった作品を一挙に上映する、劇場発信の新しい映画祭『未体験ゾーンの映画たち』が今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催される。いずれもこの機会を逃すと二度と劇場ではお目にかかれない作品ばかりなので、ピンとくるものがあったら迷わず劇場に足を運んで欲しい。 / 2015年1月3日(土)~2月27日(金)、ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催
  15. 吉川久岳(監督)×宮崎大祐(脚本)インタビュー:映画『ひ・き・こ 降臨』(11月29日~12月4日公開)について【7/7】 Posted at 2014/11/28/17:27
    「ひきこさん」という都市伝説がもたらす恐怖を描いた前作『ひきこさんの惨劇』から1年、再び「ひきこさん」を題材にタッグを組んだ吉川久岳監督と脚本の宮崎大祐氏に、B級ホラーという体裁の作品の中に込めた狙いや意図など、詳しいお話をうかがった。【Page7/7】 / 2014年11月29日(土)~12月4日(木)、シネ・リーブル池袋にて6日間限定レイトショー!
  16. 吉川久岳(監督)×宮崎大祐(脚本)インタビュー:映画『ひ・き・こ 降臨』(11月29日~12月4日公開)について【1/7】 Posted at 2014/11/28/17:21
    「ひきこさん」という都市伝説がもたらす恐怖を描いた前作『ひきこさんの惨劇』から1年、再び「ひきこさん」を題材にタッグを組んだ吉川久岳監督と脚本の宮崎大祐氏に、B級ホラーという体裁の作品の中に込めた狙いや意図など、詳しいお話をうかがった。【Page1/7】 / 2014年11月29日(土)~12月4日(木)、シネ・リーブル池袋にて6日間限定レイトショー!
  17. 作品情報:「ザ・ゲスト」11月8日(土)より、シネマサンシャイン池袋他にて公開! Posted at 2014/10/23/22:57
    ある家族のもとに現れた一人の訪問者。彼は瞬く間に家族の中に溶け込んでいくが、同時に周囲に不可解な事件も起こり始める――。驚愕の正体を隠した<アンノウン・スリラー>と呼ばれる本作は、アメリカのレビューサイトで軒並み絶賛評を獲得している注目作だ。/ 2014年11月8日(土)より、シネマサンシャイン池袋他にて公開!
  18. 『キャリー』(11月8日公開)一般試写会にご招待!/ホラーの帝王スティーブン・キングの同名小説が、『キック・アス』のクロエ・グレース・モレッツ×ジュリアン・ムーアで再映画化! Posted at 2013/10/02/22:33
    ホラーの帝王スティーブン・キングの同名小説を、『ボーイズ・ドント・クライ』のキンバリー・ピアース監督が37年の時を経て再映画化!出演は『キック・アス』のクロエ・グレース・モレッツ×ジュリアン・ムーア。本作『キャリー』の一般試写会に5組10名様をご招待します。 応募締め切り:10月20日(日) /2013年11月8日(金)、新宿ピカデリーほか全国ロードショー!
  19. 『スクリーム・フェスト スペイン2013』9月7日より、スパニッシュホラー&スリラーの完全新作4本を上映 Posted at 2013/08/17/16:54
    ハリウッドでリメイクされることも多いなど、魅力的なホラー&スリラー映画の宝庫として知られるスペイン。サイコ、パニック、世紀末……あらゆるジャンルを網羅した選りすぐりの完全新作4本を上映し、スパニッシュな恐怖を存分に味わうための企画上映が開催される。 2013年9月7日(土)より、4週間限定!ヒューマントラストシネマ渋谷にて公開
  20. 吉川久岳監督、脚本・宮崎大祐インタビュー:映画「ひきこさんの惨劇」(8月2日21:10~オーディトリウム渋谷にて1日限定レイトショー)について【3/5】 Posted at 2013/07/20/22:43
    Jホラーに新風を吹き込んだ『Not Found』シリーズの仕掛け人である気鋭、吉川久岳監督の新作『ひきこさんの惨劇』が、今夏一日限定で公開される。脚本を担当した宮崎大祐氏と共に作品についてお話を伺った。【Page3/5】 2013年8月2日(金)21:10~オーディトリウム渋谷にて1日限定レイトショー
  21. 朝倉加葉子監督インタビュー:映画『クソすばらしいこの世界』(6月8日公開)について【1/4】 Posted at 2013/06/08/06:06
    日本では珍しいスラッシャー・ムービー(突然現れた殺人鬼が人を殺しまくる映画)『クソすばらしいこの世界』を、アメリカで撮影・完成させた朝倉加葉子監督に作品や映画作りについてお話を伺った。【Page1/4】2013年6月8日(土)より、ポレポレ東中野にて3週間限定レイトショー!
  22. レビュー:フッテージ(5月11日公開) Posted at 2013/05/10/15:59
    今作「フッテージ」(原題:Sinister)を観ようと思ったきっかけは海外の雑誌で話題になっていたこともあるが、友人でもあるダンカン(・ジョーンズ)が見ることをツイートしていたのもあった。ダンカンは忙しいので観る映画も割と選んでいるので「なぜ今作を?」と強く興味を持...
  23. 北村龍平監督インタビュー:映画「NO ONE LIVESノー・ワン・リヴズ」(4月27日公開)について【1/3】 Posted at 2013/04/24/23:08
    ハリウッドでの監督第2作目にあたるホラー映画「NO ONE LIVESノー・ワン・リヴス」の日本公開を間近に控える北村龍平監督に、作品とアメリカでの映画作りに関するお話を伺った。【Page1/3】
  24. 『フッテージ』(5月11日公開)一般試写会にご招待!/イーサン・ホーク主演の本格ホラー Posted at 2013/04/13/17:32
    イーサン・ホーク主演作。時代も場所も異なる様々な家族の凄惨な殺害現場が写された8mmフィルム(フッテージ)に秘められた<謎>と<呪い>を描く本格ホラー『フッテージ』の一般試写会に5組10名様をご招待します。 応募締め切り:4月29日(月)
  25. 濱口竜介監督インタビュー:レトロスペクティヴ『ハマグチ、ハマグチ、ハマグチ!』(7月28日より開催)について【2/5】 Posted at 2012/07/26/19:42
    正式な商業公開作が1本もないながらも精力的に活動を続け、遂に回顧上映会の開催にこぎつけた濱口竜介監督に、これまでの監督生活や4時間を超える長篇の新作『親密さ』などについてお話を伺った。【Page2/5】
  26. 3月10日公開『へんげ』一般試写会にご招待! Posted at 2012/02/04/15:13
    『大拳銃』でゆうばり国際ファンタスティック映画祭2009、第31回ぴあフィルムフェスティバルの審査員特別賞をダブル受賞した、大畑創監督が手がける不条理ドラマ。観る者の予想を覆しながら進むストーリー、前代未聞のショックと奇妙な興奮が入り混じる感動的なクライマックスは、ライムスター宇多丸氏も絶賛した本作『へんげ』の一般試写会に10組20名様をご招待します。
  27. 10月8日公開『ラスト・エクソシズム』オリジナルTシャツをプレゼント! Posted at 2011/10/16/19:06
    『ホステル』シリーズの鬼才イーライ・ロスと『ドーン・オブ・ザ・デッド』の製作チームがプロデュースした映画『ラスト・エクソシズム』公開を記念してオリジナルTシャツを1名様にプレゼントします。
  28. 8月27日公開『インシディアス』一般試写会にご招待! Posted at 2011/07/27/22:28
    8月27日(土)から公開される『インシディアス』は、『ソウ』のジェームズ・ワン監督と『パラノーマル・アクティビティ』のオーレン・ペリ監督がタッグを組んだ、新世代感覚のホラー作品。150万ドルという低予算ながら、トロント国際映画祭、シッチェス国際映画祭にて「『ソウ』以来の傑作ホラー誕生!」と大絶賛された超話題作だ。本作『インシディアス』の一般試写会に5組10名様をご招待します。応募締め切り 8月11日(木)
  29. 作品情報:『死ね!死ね!シネマ』 Posted at 2011/07/07/21:34
    映画美学校の実習として作られた短編を土台に、篠崎誠監督が度重なる追加撮影を行い完成させた本作は、映画を作るという狂気をダイレクトに映像化してみせた異色作だ。2011年7月23日(土)~8月5日(金)、オーディトリウム渋谷にてイブニング&レイトショー公開!
  30. 作品情報:『富江 アンリミテッド』 Posted at 2011/04/21/12:38
    伊藤潤二の傑作コミック「富江」が再び映画化された。シリーズとしては八作目となる本作のメガホンを取ったのは、残酷描写が海外で注目された井口昇監督。原作の世界観をどこまで再現しているのか、期待が高まっている。 2011年5月14日(土)より、新宿バルト9ほか全国ロードショー
  31. 作品情報:『TENBATSU』 Posted at 2010/08/18/01:20
    嫉妬心から学校に伝わるある噂を実行した女子高生の周囲で起こる惨劇を描いた戦慄の“愕怨”ホラー。 2010年9月4日(土)より、渋谷UP LINK X にてレイトショー!
  32. 作品情報:『ぼくのエリ 200歳の少女』 Posted at 2010/07/01/20:48
    ヴァンパイアの少女に恋をした孤独な少年の姿を、リリカルな映像で描き出した本作は、既にハリウッドでリメイクが決定するなど、世界中で注目を集めている北欧産ダーク・ファンタジーだ。 7月10日(土)より、銀座テアトルシネマ他全国順次公開!
  33. 新春特別プレゼント!全米が恐怖した映画『パラノーマル・アクティビティ』の試写にご招待! Posted at 2010/01/01/01:27
    1月30日から公開される映画『パラノーマル・アクティビティ』は、超低予算作ながら2009年のアメリカ映画市場を席巻した話題のホラー映画だ。スティーヴン・スピルバーグも認めたこの『パラノーマル・アクティビティ』の試写に20組40名様をご招待します。応募締め切り:2010年1月13日(水)
  34. ブリリアショートショートシアター・真夏のイベント『稲川淳二&明和電機』 Posted at 2009/08/04/17:24
    ブリリアショートショートシアターでは、怪談と工作という夏ならではのテーマによる特別イベントが開催される。 また、8月のホラー特集のイメージである“赤”をテーマにしたカフェメニューや、シアターでは明和電機グッズを販売! 8月16日(日)『稲川淳二と過ごす、サマー“ホラー”ナイト!』 8月23日(日)『明和電機 A4 SIZE BRAIN ~A4サイズの脳~』
  35. 『フィースト2&3』連続公開決定! Posted at 2009/06/15/00:33
    マット・デイモンとベン・アフレック主宰の新人発掘オーディションでグランプリを受賞した企画を映画化した『フィースト』。モンスター・パニック映画としてホラー・ファンのハートを鷲掴みにしたこの作品の続編が連続公開される。 『フィースト2:怪物復活』6月27日(土)より、『フィースト3:最終決戦』7月4日(土)より、新宿バルト9、シアターN渋谷にてロードショー!
  36. 真夜中の新東宝~オールナイトの5夜~ Posted at 2008/12/30/19:22
    2009年1月31日(土)よりシネマート六本木で開催される「新東宝大全集」は、新東宝時代の代表作全74本一挙上映し、戦後を駆け抜けた映画会社の全貌に迫る特集企画だ。この上映期間中のイベントとして、新東宝の世界を凝縮した5分野の代表作品を5回に分けて上映するオールナイト上映会が行われる。  09年2/6(金)、2/20(金)、3/6(金)、4/3(金)シネマート新宿、3/20(金)のみシネマート六本木にて開催
  37. 『1408号室』 Posted at 2008/11/13/19:17
    スティーヴン・キング原作映画の新作は、ホテルの一室という閉鎖空間に一人残った男が遭遇する恐怖を描いたパニック・スリラーだ。この古典的とも言えるプロットに命を吹き込んだ、主演のジョン・キューザックの演技に注目したい。 11月22日(土)、サロンパスルーブル丸の内他全国ロードショー
  38. 古澤健監督インタビュー:映画『トワイライトシンドローム デッドクルーズ』について Posted at 2008/07/30/20:09
    人気ホラーアドベンチャーゲーム『トワイライトシンドローム』シリーズを題材に、独自の解釈でホラー/スラッシャー映画に仕立てた古澤健監督に話を聞いた。『トワイライトシンドローム デッドクルーズ』8月2日(土)より、シアターN渋谷他全国順次ロードショー
  39. 哀憑歌~CHI-MANAKO~ Posted at 2008/03/19/07:31
    『ウサギたちの霊歌』 / 化粧品が開発される過程で、その安全性を確認するために動物実験を行う会社がある(そうでない会社もある)。商品成分の刺激性を調べるために実験用ウサギやモルモットの眼窩に点眼したり、炎症の有無を調べるために皮膚に試験薬を塗ってそのカブレ具合を診たりするわけだ。なんでも...
  40. 『哀憑歌~CHI-MANAKO』 Posted at 2008/02/29/20:04
    日本映画に「アニマル・パニック・ホラー」という新分野を切り拓く意欲作の登場だ。「血と骨」での「階段落ち」が記憶に新しい演技派女優・田畑智子が、これまでのイメージを覆す新境地に挑んでいるのも注目したい。 3月22日~4月11日、シネマアートン下北沢にてレイトショー公開!
  41. 超立体映画ゾンビ3D Posted at 2007/11/12/17:16
    看板に一部不適切な表現がありますが仕様です。/ 2007年秋の封切り映画のトレンドは、ずばり「ゾンビ」だそうです。確かにアクション系ゾンビはハリウッドの大ヒットシリーズ「バイオ・ハザード3」(07)が、また、コメディ系ゾンビという新境地を開拓して話題の「ゾンビーノ」(06)が同時期に公開され、今秋は...
  42. マーク・バーグ(プロデューサー)インタビュー:映画『カタコンベ』について Posted at 2007/10/05/21:06
    「SAW」のプロデューサーで知られるマーク・バーグ氏が新作ホラー「カタコンベ」のプロモーションで来日したので話しを聞いた。
  43. すずきじゅんいち監督インタビュー:映画『ホーンテッド・ハイウェイ』について Posted at 2007/04/27/14:36
    西村昭五郎や曾根中生の助監督からにっかつロマンポルノの監督として『お姉さんの太股』などの作品で知られる、すずきじゅんいち監督がアメリカで撮った『ホーンテッド・ハイウェイ』が、『デスライド』と改題されてDVD化される。吉川ひなのの出演も話題のホラー映画である。現在はアメリカを拠点に活動する、すずきじゅんいち監督に話しを聞いた。
  44. 『プレスリーVSミイラ男』 Posted at 2006/11/12/07:36
    ラフ・ミー・テンダー! プレスリーVSミイラ男 公式HPhttp://www.presley-miira.com ブルース・キャンベルの後世に残るパフォーマンス! 爆笑の中にも感動がある ――デビット・ハンター/Hollywood Reporter 星4つ!素晴らしいコンセプト…それにものすごく面白...
  45. 『ウェス・クレイヴン'sカースド』特別試写イベント Posted at 2006/03/19/20:28
    映画『ウェス・クレイヴン's カースド』 特別試写会 3月15日に、スペースFS汐留にて『ウェス・クレイヴン'sカースド』の特別試写会が行われた。現在公開中の本作は、あの『スクリーム』で世界中を絶叫させたウェス・クレイヴン監督×脚本家ケヴィン・ウィリアムソンのコンビによる絶叫系ホラー・ムービー。本邦...
  46. 田尻裕司監督インタビュー/映画「孕み~白い恐怖」について Posted at 2005/11/18/23:47
    最新作『孕み~白い恐怖』についてのお話を中心にお伺いした前回に続き、今回はピンク映画業界に入るきっかけ、前作『SEXマシーン 卑猥な季節』や傑作『OLの愛汁 ラブジュース』などピンク映画の脚本作りやいわゆる「濡れ場」の演出について、さらには最近の作品について語っていただきました。全映画ファン必読!
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO