キーワード『三角関係』が含まれているエントリー

対象エントリー数: 13件
  1. 予告編:『マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ』/1月21日公開 Posted at 2017/01/08/19:54
    NYに暮す男女3人の、ちょっと”こじれた”三角関係を描いたハートフル・コメディ。出演は『フランシス・ハ』のグレタ・ガーウィグと『ブルーに生まれついて』のイーサン・ホーク、助演に『アリスのままで』のジュリアン・ムーア。
  2. 新作情報:『私の少女時代-Our Times-』/11月26日公開/2015年台湾年間興行収入第1位/90年代へのノスタルジーを織り交ぜた懐かしくも新しい台湾青春ラブストーリーの決定版 Posted at 2016/11/21/19:51
    2015年の台湾年間興行収入で第1位を記録した本作は、仕事も恋愛も空回り気味の平凡なOLが、ある晩に偶然アンディ・ラウの歌を聴いたことで、輝かしくもほろ苦い“少女時代”を追想していく姿を描いたノスタルジックな青春ラブストーリーだ。
  3. 福間健二監督インタビュー:映画『秋の理由』について【1/5】/10月29日(土)より新宿K’s cinemaにて公開 Posted at 2016/10/27/19:51
    小さな出版社を営む編集者と声を失った作家、作家の妻、妖精のように現れた謎の若い女性、4人の男女を秋の景色の中に描いた新作『秋の理由』が公開される福間健二監督に、これまでとは違った境地となった本作品について詳しいお話をうかがった。【Page1/5】
  4. 新作情報:「蜜のあわれ」/4月1日(金)公開/室生犀星の幻想文学を石井岳龍監督が映画化。金魚と作家と幽霊が織りなす、艶やかで濃密な恋の物語 Posted at 2016/03/12/19:15
    金魚と作家と幽霊が織りなす艶やかな恋模様を描いた室生犀星の同名原作小説を、石井岳龍監督が映画化。金魚が変身する少女に二階堂ふみ、少女と暮らす老作家に大杉漣、老作家の過去の女である幽霊に真木よう子が扮し、怪しげな三角関係が繰り広げられる。
  5. 作品情報:「サイの季節」/7月11日(土)公開/騙されて30年監獄に収容されていた詩人の彷徨をダイナミックな映像世界で描いた人間ドラマ Posted at 2015/07/04/19:49
    数々の国際映画祭での上映と受賞を重ね、マーティン・スコセッシを心酔させた、イランの亡命監督・名匠バフマン・ゴバディの最新作は、イスラム革命時に不当に逮捕され、30年監獄に収容されていた詩人の彷徨を、監督自身の心象と重ね合わせるようにダイナミックな映像世界で描いた人間ドラマだ。 / 2015年7月11日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開
  6. 熊切和嘉監督インタビュー:映画『夏の終り』(8月31日公開)について【1/4】 Posted at 2013/08/28/00:31
    瀬戸内寂聴が実体験を元に、年上の男と年下の男との三角関係を描いて一大センセーションを巻き起こした小説『夏の終り』を、出版から50年を経て映画化した熊切和嘉監督にお話を伺った。【Page1/4】 2013年8月31日(土)有楽町スバル座ほか全国ロードショー
  7. 『レオス・カラックス特集上映』3月23日より渋谷・ユーロスペースにて開催/寡作な映画作家の珠玉の5作品と掌編2作を一挙上映 Posted at 2013/03/20/20:58
    『ポーラX』以来13年ぶりの長編となるレオス・カラックス監督『ホーリー・モーターズ』が公開されるのを記念して、ユーロスペースにてレオス・カラックス特集上映が行われる。寡作な映画作家の珠玉の5作品と掌編2作を一挙上映する貴重な機会をお見逃しなく! 2012年3月23日(土)~4月5日(金)、渋谷・ユーロスペースにて開催!
  8. 作品情報:『野蛮なやつら/SAVAGES』3月8日公開/オリバー・ストーン監督最新作 Posted at 2013/02/21/21:09
    ベストセラー作家ドン・ウィンズロウの原作をオリバー・ストーン監督が映画化。高品質なマリファナ栽培事業に成功した二人組が、麻薬組織に拉致された最愛の女を奪還すべく組織に戦いを挑む姿を疾走感あふれる語り口、大胆なバイオレンス描写、オフビートなユーモアを絡めて描いた話題作。 2013年3月8日(金)よりTOHOシネマズ みゆき座他ロードショー!
  9. 作品情報:『私の奴隷になりなさい』11月3日公開/シリーズ計40万部超ベストセラー、熱狂的支持を受け遂に映画化! Posted at 2012/10/20/23:30
    累計40万部を突破したサタミシュウの新官能小説シリーズを代表する「私の奴隷になりなさい」。調教の限りを尽くす奴隷ワールドが展開されるハード極まる描写から映像化が困難と云われてきたが、ついに待望の映画化。エロスだけでなく、「青春小説のような語り口」と評される原作を脚本の港岳彦がどう料理しているのかも注目して欲しい。2012年11月3日(祝)より、銀座シネパトスほかロードショー
  10. ラピュタ阿佐ヶ谷特集『ロマンポルノの時代』10月6日より開催 Posted at 2012/10/02/20:13
    ラピュタ阿佐ヶ谷では、映画評論家・寺脇研氏の著書『ロマンポルノの時代』刊行を記念して、80年代の作品を中心に寺脇研氏が特選した日活ロマンポルノ11作品の特集上映を行う。また、期間中には多彩なゲストを招いてトークショーも行われる。 2012年10月6日(日)〜12月21日(金)までラピュタ阿佐ケ谷にて開催
  11. 作品情報:『さんかく』 Posted at 2010/06/20/00:09
    『机のなかみ』『純喫茶 磯辺』の吉田恵輔監督の新作は、倦怠期の同棲カップルの前に現れた女子中学生が巻き起こす騒動を描いたトライアングル・ラブコメディーだ。 6月26日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、テアトルダイヤほか全国順次ロードショー
  12. レビュー:抱擁のかけら Posted at 2010/02/11/15:21
    『アルモドバルが見せる三つの「愛」』 / 「愛」という言葉を使うのが、私はどうも恥ずかしい。けれど困ったことに映画の宣伝や粗筋や批評には「愛」が大安売り状態で飛び交っていて、見かけるたび正直照れる。日常では滅多に使わないし、そもそも「愛」って言葉はやたらに使っていいものなのか?とはいえ、そんな私でも迷わず「愛」という言葉を使いたくなる時がある。ペドロ・アルモドバルの映画のことを思う時だ。エキセントリックな登場人物たち、倒錯...
  13. 作品紹介:『クララ・シューマン愛の協奏曲』 Posted at 2009/07/06/23:27
    19世紀ヨーロッパを代表する音楽家シューマンとブラームスには、シューマンの妻クララをめぐる葛藤に満ちた三角関係があった。このクララ・シューマンの生涯を、ブラームス家の末裔にあたる監督が映画化した。監督&主演女優のインタビューも掲載! 7月25日(土)より、Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー!
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO