キーワード『人間模様』が含まれているエントリー

対象エントリー数: 22件
  1. 予告編:『人生タクシー』/4月15日公開/2015年ベルリン国際映画祭金熊賞受賞/監督自身がタクシー運転手に扮して乗客達の人生模様を浮き彫りにした人生讃歌 Posted at 2017/04/01/19:39
    イランの名匠ジャファル・パナヒ監督の最新作で、2015年ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞した本作は、政府から“映画監督禁止令”を受けている監督がタクシー運転手に扮し、テヘランで暮らす乗客達の人生模様をリアルに描き出した人生讃歌だ。
  2. 新作情報:小泉今日子×二階堂ふみW主演作『ふきげんな過去』/6月25日公開/死んだはずの伯母と同居することになった女子高生が経験する「ひと夏」の物語 Posted at 2016/06/10/21:15
    異才の劇作家・前田司郎監督最新作で、小泉今日子×二階堂ふみW主演で贈る本作は、死んだはずの伯母と同居することになった女子高生が経験する「ひと夏」の物語だ。
  3. 作品情報:「モーターズ」/11月14日(土)公開/PFFアワード2014 審査員特別賞受賞作/冴えない男たちと一組のカップルが織り成す、一瞬の出会いと別れの物語。 Posted at 2015/09/18/22:23
    俳優としても高い評価を得る渡辺大知の第1回監督作品で、PFFアワード2014 審査員特別賞を受賞した本作は、田舎の整備工場で働く冴えない男をとりまく人々と、彼らの前に現れた一組のカップルが織り成す、束の間の出会いと別れを描いた物語だ。/2015年11月14日(土)~11月27日(金)新宿武蔵野館レイトショー上映!
  4. 鈴木聖史監督インタビュー:映画『ホコリと幻想』について【4/4】/9月26日より、ヒューマントラストシネマ渋谷(レイト)ほか全国順次公開 Posted at 2015/09/12/16:24
    北海道の旭川を拠点に、医療系サラリーマンをしながら映画作りを続けている鈴木聖史監督の最新作『ホコリと幻想』の公開に合わせ、本作の製作経緯やキャスティング、映画作りへの思いなど詳しいお話をうかがった。【Page4/4】
  5. レビュー:『雪の轍』 (ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督)/第67回カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞/6月27日公開/ネタバレあり Posted at 2015/06/06/18:43
    『冬のカッパドキアで。』Text By 岸 豊 / 人間模様を描いた作品の多くは、人々が育む愛情や絆、喜びといった要素に主眼が置かれる。しかし、そういった作品は果たしてリアルだと言えるだろうか。むしろ、憎しみや悲しみを抱えた人々が憂鬱に苛まれる姿を描いた人間模様こそ...
  6. ラピュタ阿佐ヶ谷特集『松竹×下町×ラブコメディ 花嫁さんがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!』5月24日より開催 Posted at 2015/05/12/19:44
    岡田茉莉子、有馬稲子、倍賞千恵子ら松竹の看板女優たちを主演に迎えて、様々な下町を舞台にしたホームコメディを描いて人気を博した“花嫁シリーズ”精選7作品を一挙に上映する特集上映が開催される。 / 2015年5月24日(日)~7月11日(土)まで、ラピュタ阿佐ケ谷にて開催
  7. レビュー:バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督)/4月10日公開/ネタバレあり Posted at 2015/02/15/22:10
    『堕ちたヒーローが手にした自由の翼』Text By 岸 豊 / 『アモーレス・ペロス』(00)、『21グラム』(03)、『バベル』(06)などのシリアスな群像劇で知られるアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の最新作、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』は、主...
  8. レビュー:はじまりのうた (ジョン・カーニー監督)/2月7日公開/ネタバレあり/岸豊評 Posted at 2015/01/26/19:47
    『ニューヨークに映し出される、自由な創作精神の尊さ』Text By 岸 豊 / 『ONCE ダブリンの街角で』(07)でお馴染みのジョン・カーニーの最新作『はじまりのうた』(14)は、ニューヨークの街角の何気ない風景とキャッチーな音楽が溶け合った、最高にフィール・グッドなサクセス...
  9. 作品情報:『東京戯曲』(3月22日公開)/東京で生活・活動している演劇人たちの恋愛模様を、現実と虚構を織り交ぜて多重的に描いた群像劇 Posted at 2014/03/08/18:25
    PFF出身で、これまで多彩なジャンルの作品を発表してきた平波亘監督の満を持しての単独公開作となる本作は、東京を舞台に、そこで生活・活動している演劇人たちの恋愛模様や人間模様を、現実と虚構を織り交ぜて多重的に描いた意欲的な群像劇だ。/2014年3月22日(土)より、新宿K’s cinemaにてレイトショー以降、全国順次公開予定
  10. 『神聖ローマ、運命の日~オスマン帝国の進撃~』(4月19日公開)特別試写会にご招待!/第二次ウィーン包囲戦を総製作費約16億円をかけて描き出したスペクタクル歴史超大作 Posted at 2014/03/04/14:45
    キリスト教勢力とイスラム教勢力が争っていた17世紀後半のヨーロッパ。その歴史的転換点とも言える第二次ウィーン包囲戦を描いたスペクタクル歴史超大作『神聖ローマ、運命の日~オスマン帝国の進撃~』の特別試写会に5組10名様をご招待します。 応募締め切り:3月26日(水) /2014年4月19日(土)、有楽町スバル座他全国順次ロードショー
  11. 作品情報:『神奈川芸術大学映像科研究室』(1月25日公開)/不条理な人間模様をシニカルな視点で描くオフビート・ブラック・コメディ Posted at 2013/12/31/13:29
    東京藝術大学大学院映像研究科の第7期修了制作作品ながらSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2013長編部門で審査員特別賞を受賞した本作は、架空の大学を舞台に社会人ならば誰もが思い当たる“組織の理不尽”を描いたオフビート・ブラック・コメディだ。 2014年1月25日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国順次公開!!
  12. 『ペーパーボーイ 真夏の引力』(7月27日公開)一般試写会にご招待!/アカデミー賞Ⓡ受賞『プレシャス』のリー・ダニエルズ監督最新作 Posted at 2013/06/09/20:01
    1960年代末のフロリダを舞台に、ある殺人事件の真相調査に関わることになった孤独な青年が体験する、生涯忘れえぬひと夏の出来事を描いた衝撃作。本作『ペーパーボーイ 真夏の引力』の一般試写会に5組10名様をご招待します。 応募締め切り:7月10日(水)  2013年7月27日(土)より新宿武蔵野館、 ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー!
  13. 『フレンチ・フィーメイル・ニューウェーブ』3月30日より渋谷シアター・イメージフォーラムにて開催中/フランスで注目を集める女性監督作品を上映 Posted at 2013/03/31/18:35
    近年フランスで活躍が目覚ましい女性監督を取り上げた特集上映が開催中だ。多くの女性監督の中からミア・ハンセン=ラブ監督、ジュリー・デルピー監督、エリーズ・ジラール監督の作品を限定上映、フランスで巻き起こっている”新しい波”を是非感じて欲しい。 2013年3月30日(土)より、渋谷シアター・イメージフォーラムにて6週間限定ロードショー!後、全国順次公開
  14. 作品情報:『ル・アーヴルの靴みがき』4月28日公開/アキ・カウリスマキ監督最新作 Posted at 2012/04/10/22:05
    アキ・カウリスマキ監督の5年ぶりの新作で、“港町3部作”の始まりと言われる本作は、北フランスの港町ル・アーヴルを舞台に、そこで暮らす人々の姿を優しく見つめながら謳い上げられる至福の人間賛歌だ。
  15. 3月17日公開『種まく旅人~みのりの茶~』試写会にご招待! Posted at 2012/02/09/19:22
    美しい大分の茶畑を背景に描かれるおおらかな人間模様に笑い、美しい夕日に感動し、観賞後はいまの自分の足元を見つめ直したくなる。そんな観る者を元気にしてくれるオーガニック・シネマ『種まく旅人~みのりの茶~』の試写会に10組20名様をご招待します。
  16. 7月16日公開『大鹿村騒動記』試写会にご招待! Posted at 2011/05/30/14:31
    名優・原田芳雄を魅了した伝統芸能を題材に、監督・阪本順治が人生のおかしみを込めて描く、村民たちの物語『大鹿村騒動記』試写会に20組40名様をご招待します。 応募締め切り 6月10日(金)
  17. 作品情報:『世界のどこにでもある、場所』 Posted at 2011/02/11/21:33
    『ヒポクラテスたち』など医療をテーマにした作品で知られる大森一樹監督と、三宅裕司率いる劇団SETの俳優達がコラボした本作は、心に傷を抱えた老若男女のちょっとシュールで可笑しな人間模様を描いた群像劇だ。 2011年2月26日(土)より、シネマート新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷にてロードショー全国順次公開
  18. 12月11日公開ウディ・アレン監督最新作『人生万歳!』一般試写会にご招待! Posted at 2010/11/18/15:02
    ファン待望のウディ・アレン監督の最新作『人生万歳!』が12月11日(土)から公開される。近年、ヨーロッパを舞台にした作品が多かったウディ・アレン。彼のホームとも言えるニューヨークに久しぶりに戻ってきた今作では、チャイナタウンを舞台に、シニカルな中年男と南部からの家出娘が出会い、周囲の人々を巻き込んだ行き当たりばったりの人生ゲームを繰り広げる。本作『人生万歳!』の一般試写に5組10名様をご招待します。応募締切:11月28日(日)
  19. 8月21日より神保町シアターにて開催『太田和彦編 映画と酒場と男と女』 Posted at 2010/08/15/19:57
    グラフィックデザイナーで居酒屋探訪家としても知られる太田和彦氏の編による酒場を舞台にした人間模様を描いた作品を特集する。8月21日(土)、9月4日(土)、9月10日(金)の『泡立つ青春』(ビール会社PR映画/マキノ正博監督/1934年/出演=保瀬薫、室町歌江、衣笠八重子/サッポロビール㈱提供)上映時に、ビールを無料プレゼントする特別イベントも!  2010年8月21日(土)~9月10日(金)まで、神保町シアターにて開催!
  20. 作品情報『Lost&Found』 Posted at 2010/02/05/07:44
    オースティン映画祭2008でグランプリを受賞後、数々の映画祭でも入賞を果たすなど、北米を中心に評価されている気鋭の三宅伸行監督の作品が劇場公開される。 2月27日(土)~3月19日(金)シネマート六本木にて日替わりレイトショー
  21. レビュー:カティンの森 Posted at 2009/11/29/03:37
    『歴史と向き合う覚悟が問われる、アンジェイ・ワイダ渾身の作品』 / 『地下水道』(56)、『灰とダイヤモンド』(58)などで知られる巨匠アンジェイ・ワイダ監督の新作『カティンの森』(07)がいよいよ日本で公開される。本作に関して、ワイダ監督へのロングインタビューや映画の撮影の様子をNHKのETV特集で取り上げていたので、それを見て本作の日本公開を心待ちにしていた人も多いことだろう。ワイダ監督の母国ポーランドは苦難の歴史を歩んでき...
  22. 作品紹介:『人生ごっこ!?』 Posted at 2008/01/20/18:15
    武蔵野美大、地域NPO、そして“映画で街を元気にしたい”という趣旨に賛同した東京都東大和市の住民の協力によって制作された本作は、『市民参加型の映画』という新しい試みの作品。死後の世界を舞台に、様々な人間模様が交差する群像劇を通して『人生で本当に大切なものとは何か?』を問いかける。2008年2月9日(土)~29日(金)、シネマアートン下北沢にてレイトショー公開
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO