キーワード『俳優』が含まれているエントリー

対象エントリー数: 17件
  1. 映画『さよならも出来ない』松野泉監督×遠藤ミチロウ(ミュージシャン・映画監督)トークイベントレポート【2/2】 Posted at 2017/09/17/21:02
    松野泉監督が講師を務める「シネマカレッジ京都」の俳優ワークショップ修了作品として制作した最新作『さよならも出来ない』が新宿ケイズシネマで上映され、ミュージシャンの遠藤ミチロウ氏をゲストにトークイベントを行った。その模様をお届けする。【Page2/2】
  2. 映画『さよならも出来ない』松野泉監督×遠藤ミチロウ(ミュージシャン・映画監督)トークイベントレポート【1/2】 Posted at 2017/09/17/21:01
    松野泉監督が講師を務める「シネマカレッジ京都」の俳優ワークショップ修了作品として制作した最新作『さよならも出来ない』が新宿ケイズシネマで上映され、ミュージシャンの遠藤ミチロウ氏をゲストにトークイベントを行った。その模様をお届けする。【Page1/2】
  3. 福永壮志監督インタビュー:映画『リベリアの白い血』について【6/7】/アップリンク渋谷にて公開中、ほか全国順次公開 Posted at 2017/08/09/21:46
    リベリア共和国とニューヨークを舞台に移民の苦悩を描いて、ベルリン国際映画祭などで高い評価を受けた『リベリアの白い血』が公開中の福永壮志監督に、ニューヨークを拠点にした映画作りやリベリアのこと、撮影中に亡くなった村上涼撮影監督のことなどくわしいお話をうかがった。【Page6/7】
  4. 井口昇監督インタビュー:映画『スレイブメン』について【1/6】/3月10日(金)より全国公開中 Posted at 2017/03/12/19:51
    『電人ザボーガー』『ヌイグルマーZ』に続く新たな変身ヒーロー映画『スレイブメン』を撮った井口昇監督に、映画作りやヒーローものへの思い、本作でのチャレンジなど詳しいお話をうかがった。【Page1/6】
  5. ジャン・デュジャルダン(俳優)公式インタビュー:映画『アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲(プレリュード)』について【2/2】/9月3日(土)公開 Posted at 2016/08/23/18:14
    恋愛映画の傑作『男と女』で知られるフランスの巨匠クロード・ルルーシュ監督の最新作『アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲』の公開に合わせ、ルルーシュ監督と主演のジャン・デュジャルダンの公式インタビューをお届けする。/ジャン・デュジャルダン インタビュー【Page1/2】
  6. 三浦誠己(俳優)インタビュー:映画『木屋町DARUMA』について【5/5】/10月3日(土)公開 Posted at 2015/10/04/17:25
    榊英雄監督の最新作で、四肢を失ったヤクザを軸に、裏社会の壮絶な人間模様を描いた映画『木屋町DARUMA』で、主人公の世話係役を熱演した三浦誠己さんに本作への思いや演技への情熱など詳しいお話をうかがった。【Page5/5】
  7. 映画『さよなら渓谷』(大森立嗣監督/6月22日公開)初日舞台挨拶レポート Posted at 2013/06/23/19:03
    吉田修一の同名小説を映画化した『さよなら渓谷』が6月22日に公開初日を迎え、有楽町スバル座では大森立嗣監督と出演者の真木よう子、大西信満、鈴木杏、鶴田真由が登壇する舞台挨拶が行われた。その模様をお伝えする。 2013年6月22日(土)より全国ロードショー
  8. 映画『ホーリー・モーターズ』(レオス・カラックス監督、13年ぶりの新作/4月公開)先行特別上映会&トークショーレポート【1/2】 Posted at 2013/02/10/19:10
    13年ぶりの新作となる『ホーリー・モーターズ』の日本公開を控えるレオス・カラックス監督が来日し、第16回カイエ・デュ・シネマ週間で開催された先行上映会でトーク・イベントを行った。その様子をレポートする。【Page1/2】 2013年4月、ユーロスペースほかにて公開 全国順次ロードショー
  9. 阪本順治監督インタビュー:映画「北のカナリアたち」について【1/2】 Posted at 2012/11/01/21:04
    「告白」の原作・湊かなえの短編を原案に、主演の吉永小百合ほか新旧を代表する実力派俳優達の競演が感動を呼ぶと話題の『北のカナリアたち』が公開される阪本順治監督にお話を伺った。【Page1/2】
  10. スコット・マクギー&デヴィッド・シーゲル監督インタビュー:映画「ハーフ・デイズ」について【1/2】 Posted at 2012/08/16/23:10
    注目の若手俳優ジョセフ・ゴードン=レヴィットがブレイク前に主演を務め、ほぼ全編を実際のNYの街中での即興演技で撮影された異色作『ハーフ・デイズ』が公開中のスコット・マクギー&デヴィッド・シーゲル監督に、撮影時の裏話や苦労などお話を伺った。【Page1/2】
  11. 作品情報:『シリアスマン』 Posted at 2011/02/04/19:49
    コーエン兄弟の最新作は、善良で無害な小心者が人生崩壊まっしぐらの一大パニックに陥る姿を描いた悲喜劇だ。 2011年2月26日(土)より、ヒューマントラスト渋谷ほか全国順次公開!
  12. シネブックナウ第二回『レスリー・チャンの香港』 Posted at 2008/05/22/18:46
    『“不世出の俳優”が生きた香港文化史』 / “不世出の俳優”という形容詞は、古今東西さまざまな俳優に冠せられてきたけれど、レスリー・チャン<張國榮>ほどその称号にふさわしい俳優もいないのではないだろうか。 いや、俳優としてだけでなく、表現者として(彼は、エンターテイナーと呼ぶには、あまりに悲痛すぎたが)、ひとりの人間として、レスリー・チャンは、唯一無二の輝きを放っていた。...
  13. 「蛎の生姜煮」編 Posted at 2006/12/19/18:35
    時々書き込みをしてくれる、 てふさんから引きがあったので、あえて店を紹介すると 蛎の専門店『白梅』の極旨メニューのひとつが蛎の生姜煮である。 もし、ご飯を食べていいと言われたら三杯はいける代物である。 新橋に立ち寄る際には是非行ってください。 蛎料理のメニューがほとんどというすごくピンポイントな店で...
  14. 「退屈な夏」編 Posted at 2006/08/16/19:29
    夏はかつて退屈ではなかった。 しかし今やオレは夏を持て余している。 扇風機の風を受けながら深夜にうろうろと。 久しぶりにホットヨガに出かけたら 久しぶりに会うVocalの女の子にばったり。 元気そうで安心。インストラクターを目指すとのこと。 いつか教わる日が来るのかな。 退屈しのぎに長年の課題、ソフ...
  15. 「SERENITY」/メインキャラクターの紹介 Posted at 2006/06/25/11:51
    メインキャラクターの紹介/設定は今から500年後の未来。宇宙旅行は日常的でありながらも、宇宙空間には未開拓の空間がまだ多く残されていた。「Firefly」(工業的なスペースシップ)クラスのセレニティ号は仕事とあれば、燃料と食料のためには合法だろうが非合法だろうが仕事を請け負う無法者...
  16. 『ダ・ヴィンチ・コード』キャスト来日記者会見 Posted at 2006/04/06/22:45
    映画『ダ・ヴィンチ・コード』 出演大物俳優二人が、初の来日記者会見揃い踏み!! 2006年4月6日(木)、新宿パークハイアット東京に隣接する、新宿パークタワー3F"パークタワーホール"にて、その内容の如く謎のベールに包まれ、これまでまとまった映像の露出がなかった、映画「ダ・ヴィンチ・コード」の、特別...
  17. 「 狂人関係」 編 Posted at 2004/12/17/09:37
    俳優の寺田農さんに誘われ 江戸川乱歩の短編を映画化している実相寺組を見学に行く。 オレの今や最も敬愛している監督の現場だけに心が踊った。 東宝ビルトのスタジオの中には寒い外とは違う張り詰めた空気… いやプロフェッショナルだけが参加することを許された独特な世界が広がっている。 相変わらず池谷仙克さんの...
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO