キーワード『喪失』が含まれているエントリー

対象エントリー数: 26件
  1. 映画『怪物はささやく』特別試写試写会にご招待!/6月9日公開/スペインのアカデミー賞にあたるゴヤ賞で最多9部門を受賞した話題のダークファンタジー Posted at 2017/04/10/18:43
    孤独な少年と怪物の魂の駆け引きを通して喪失と浄化を描いたイギリスの同名ベストセラー小説を映画化して、スペインのアカデミー賞にあたるゴヤ賞で最多9部門を受賞した話題作『怪物はささやく』の特別試写会に15組30名様をご招待します。応募締め切り:5月17日(水)
  2. 予告編:『ラ・ラ・ランド』/2月24日公開/『セッション』のデイミアン・チャゼル監督が贈る全米大興奮の極上のミュージカル・エンターテイメント Posted at 2017/02/15/21:45
    『セッション』のデイミアン・チャゼル監督最新作となる本作は、ジャズピアニストと女優という夢を持つ男女の出会いとすれ違いを圧倒的音楽とダンスで描いたミュージカル映画だ。第74回ゴールデン・グローブ賞で史上最多7部門受賞!
  3. 予告編:『永い言い訳』/10月14日公開/西川美和監督最新作/本木雅弘主演/ひとを愛することの「素晴らしさと歯がゆさ」を描くラブストーリー Posted at 2016/10/02/21:52
    『ゆれる』『ディア・ドクター』『夢売るふたり』など重厚な人間ドラマに定評がある西川美和監督が、本木雅弘を主演に迎えて撮りあげた本作は、妻を亡くした男が母を亡くした子供たちと出会うことで始まる「あたらしい家族」の物語だ。
  4. 『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(8月31日公開)一般試写会にご招待! Posted at 2013/07/14/23:10
    事故死した幼馴染が幽霊となって戻ってきたことを契機に、彼女の友人達の葛藤と友情の再生を描き、大きな感動と熱狂的な支持を生んだオリジナルアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』本作『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の一般試写会に5組10名様をご招待します。 応募締め切り:8月8日(木) /2013年8月31日(土)より、新宿バルト9他にて全国ロードショー
  5. 作品情報:『熱波』(7月13日公開)/ポルトガルの俊英ミゲル・ゴメス監督最新作 Posted at 2013/07/06/11:19
    今ヨーロッパで最も注目されているポルトガルの俊英ミゲル・ゴメス監督の最新作は、ある老婆の現在の虚無感と過去の情熱的な記憶を辿る上質なメロドラマだ。7月13日~19日には、ユーロスペースで特集上映『ポルトガル映画の巨匠たち』も開催。 2013年7月13日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
  6. 阿部寛インタビュー:映画「メモリーズ・コーナー」(2月23日公開)について Posted at 2013/02/22/20:16
    映画「メモリーズ・コーナー」は、阪神大震災後の被災地を舞台にしたフランス映画。撮影直後に東日本大震災が発生し長く公開が見送られていたが、漸く劇場公開されることになった。公開を直前に控えた主演の阿部寛さんにお話を伺った。 2013年2月23日(土)よりシネマート六本木、シネマート心斎橋他、全国順次公開
  7. 作品情報:『カラカラ』1月19日公開/クロード・ガニオン監督最新作/沖縄を舞台にしたロードムービーで、2012年モントリオール世界映画祭にて世界に開かれた視点賞・観客賞をダブル受賞 Posted at 2013/01/14/18:23
    本作は第二の人生を模索するカナダ人男性(ガブリエル・アルカン)と夫の暴力に耐えかねて家出した主婦(工藤夕貴)が、沖縄を旅する中で自らの生き方を見つめ直すロードムービー。 2013年1月19日(土)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー!
  8. 佐藤浩市主演『草原の椅子』(2月23日公開)一般試写会にご招待!/芥川賞作家・宮本輝の傑作同名小説を成島出監督が映画化した人間賛歌 Posted at 2012/12/15/20:21
    芥川賞作家の宮本輝が、阪神大震災で自宅が全壊した半年後、シルクロード6700キロを旅した体験を基に喪失と再生をテーマに綴った同名小説を、『八日目の蟬』の成島出監督が名優・佐藤浩市と西村雅彦を迎えて映画化した。本作の一般試写会に15組30名様をご招待します。 応募締め切り:1月14日(火)
  9. 作品情報:『菖蒲』10月20日公開/アンジェイ・ワイダ監督最新作となるメタフィクショナルな文芸映画 Posted at 2012/10/10/16:37
    ポーランドの巨匠アンジェイ・ワイダ監督の最新作は、同名短篇小説を元に、原作の物語と主演女優による自身の夫が亡くなる最期の日までを語るモノローグ、そして本作におけるワイダ監督の演出風景を折り重ねるという、メタフイクショナルな手法を加えて映像化した特異な文芸映画だ。2012年10月20日(土)より、岩波ホールにてロードショー
  10. 松本准平監督インタビュー:映画「まだ、人間」について【2/2】 Posted at 2012/04/28/19:50
    悩み苦しみながら生きる3人の若者の姿を通して、都市生活者の孤独や時代の空気を鮮やかにすくい取ってみせた新鋭・松本准平監督。東京大学出身で、本作が劇場デビュー作となる監督に、作品に込めた思いをうかがった。2012年5月26日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開 【page2/2】
  11. 人気声優ユニット「スフィア」の寿美菜子主演の幻の実写映画『-×-(マイナス・カケル・マイナス)』再上映決定! Posted at 2012/01/22/19:26
    昨年の12月に、人気声優ユニット「スフィア」の寿美菜子主演の幻の実写映画として公開され、連日満員で立ち見が出るほど大盛況だった本作がリバイバル上映される運びとなった。上映期間中はゲストを招いてのトークショーも行われる。
  12. 人気声優ユニット「スフィア」の寿美菜子、幻の主演実写映画が2週間限定で劇場公開! Posted at 2011/11/29/13:19
    人気声優ユニット「スフィア」の寿美菜子、幻の主演実写映画である本作は、2003年の大阪郊外を舞台に、タクシー運転手と女子中学生の日常を軸に、痛みを抱えた人々の再生を描く群像劇だ。
  13. 上映会『Re;build-生き還る建物と心-』11月23日(水・祝)開催! Posted at 2011/11/14/20:57
    バンタンデザイン研究所映画配給宣伝/ライターコースの学生有志が、東日本大震災後の今、私たちに出来ることがあるのではという想いから、生き還る建築の姿を描いたドキュメンタリー4作品を上映する上映会を開催する。当日はトークショーイベントも行われる。
  14. 11月5日公開『ラビット・ホール』の一般試写会にご招待! Posted at 2011/09/17/18:10
    ニコール・キッドマンがピュリツァー賞受賞の原作に惚れ込み、初めてのプロデュースと主演を務めた『ラビット・ホール』(10月15日公開)の一般試写会に5組10名様をご招待します。 応募締め切り 10月18日(火)
  15. 作品情報:『監督失格』 Posted at 2011/07/11/17:44
    庵野秀明による実写映画初プロデュースで注目を集めている本作は、林由美香との北海道自転車旅行を記録した『由美香』が絶賛された平野勝之監督の11年ぶりの新作だ。急逝した林由美香をめぐる14年間に及ぶ日々を通して「喪失」と「再生」を描いたドキュメンタリーだ。 2011年9月3日(土)より、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて独占先行ロードショー
  16. 作品情報:『アンチクライスト』 Posted at 2011/01/31/21:51
    『ダンサー・イン・ザ・ダーク』、『奇跡の海』で愛と自己犠牲を描いてきた鬼才、ラース・フォン・トリアー監督の新作は、子供を失くした夫婦の悲しみと苦悩を、美しく、かつ残酷に描いたエロティック・サイコ・スリラーである。 2011年2月26日(土)より、新宿武蔵野館、シアターN渋谷、ヒューマントラストシネマ有楽町にて、奇跡と衝撃のロードショー!
  17. 作品情報:『名前のない少年、脚のない少女』 Posted at 2011/01/12/23:47
    ブラジルのYouTubeに発表したビデオ作品が一千万回以上再生される等で注目を集めるエズミール・フィーリョ監督の初長編となる本作は、インターネット時代に「喪失と共に生きる」十代の少年少女を繊細なタッチで描いた作品だ。 2011年3月上旬より渋谷イメージ・フォーラムほか、全国順次公開決定!
  18. 作品情報:『ばかもの』 Posted at 2010/11/25/23:05
    本作は、恋人に捨てられた過去を引きずる青年が10年後に衝撃の再会を果たす姿を通じて、忘れたくても忘れられなかった2人の10年にわたる「不器用な純愛」を描いたラブストーリーだ。 2010年12月18日(土)より、有楽町スバル座他全国ロードショー!!
  19. 10月2日公開『シングルマン』一般試写会にご招待! Posted at 2010/08/29/23:02
    今世紀最大のカリスマデザイナーとして知られるトム・フォードの初監督作品ながら、各国の映画賞を受賞するなど高い評価を得ている本作は、長年連れ添ったパートナーを失った大学教授の苦悩を通じて、愛する者を失った人生に意味はあるのか?というテーマを描いた愛と再生の物語だ。本作の試写会に5組10名様をご招待します。 応募締切:9月19日(日)
  20. 特集『世界が愛した才能・北米編』(『Lost&Found』『ロックアウト』) Posted at 2010/02/25/15:52
    『Lost&Found――この世界そのものであるような映画』『ロックアウト――観客を宙吊りにする映画』/映画は観られなければ話にならない。その意味では、映画は観客のため、誰かのためにあると言えるだろう。しかしスペクタル化で作成にかかる予算は他芸術とはかけ離れてしまい、結果、その映画を作った作家やスタッフの魂の結晶というよりは、興行成績=ペイするかどうかどうかというビジネスの部分が最重要事項になってしまっているという現実がある。その結果、「アラフォー女性向けの恋愛...
  21. 日本アナログ・デジタルギャルド、僻遠の二本立て興行! Posted at 2009/11/08/20:19
    最愛の婚約者を自殺で失くした北田直俊監督が、その喪失感や孤独をフィルムに焼き付けたという二本の映画『朝子』(主演・村井美波子)『デモーニッシュな街から遠く離れて』(主演・広末奈緒)が同時公開されている。 11月7日~20日まで横浜ジァック&ベティ、12月6日~12日まで埼玉深谷・東蔵大ホール、12月23日~29日まで横須賀・金星劇場、1月8日~10日まで静岡小劇場、1月29日~31日までアップリンクファクトリーにて順次巡回ロードショー
  22. 作品紹介:『クリーン』 Posted at 2009/08/14/11:24
    オリヴィエ・アサイヤス監督の最新作は、事故で夫を失い、息子とも離ればなれに暮らすことを余儀なくされた女性が、母として再生していく姿を描いた感動作だ。主演のマギー・チャンは、本作で第57回カンヌ国際映画祭の主演女優賞を獲得した。 8月29日(土)より、シアター・イメージフォーラムにてロードショー!
  23. 作品紹介:『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 Posted at 2008/12/20/14:39
    デビッド・フィンチャー待望の新作は、ブラッド・ピット×ケイト・ブランシェットで送る、老人から年を重ねる毎に若返っていく男の人生を描いた人間賛歌だ。ファンタジックなアプローチで「人はいかに生きるべきか」という骨太なテーマに真っ正面から取り組んだ感動巨編に仕上がっている。 2009年2月7日(土)より、丸の内ピカデリー他全国ロードショー
  24. 愛より強く Posted at 2006/05/09/08:56
    「愛より強く」評/愛ゆえに、人は。 トルコ系ドイツ人男女の偽装結婚から始まる数奇な愛の顛末を描いた本作で、2004年ベルリン映画祭金熊賞を受賞し、ドイツ映画としては実に18年ぶりの快挙を成し遂げたファティ・アキン監督は、当時弱冠30歳の俊英だ。...
  25. ヴィタール Posted at 2005/05/01/12:53
    Text By 仙道 勇人  「肉体と記憶を巡る壮大な愛の物語」「主人公のモデルは、14世紀のイタリアの天才、レオナルド・ダ・ヴィンチである」いずれも本作のキャッチコピーであるが、どうしてこういう的外れなことを思いっ切り前面に押し出すのだろうか、...
  26. エレファント Posted at 2005/05/01/12:05
    「エレファント」評/青春に秘せられた喪失の予感 本作はコロンバイン高校銃乱射事件を直接的に扱ってはいるが、なぜあの事件が起きたのか、とかあの事件はなんだったのか、といった事件の真相や本質に迫ることを目的にした作品ではない。実際、事件を起こす少年達の実行直前の様子――...
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO