キーワード『女性』が含まれているエントリー

対象エントリー数: 68件
  1. チュス・グティエレス監督インタビュー:映画『サクロモンテの丘~ロマの洞窟フラメンコ』について【3/3】/アップリンク渋谷にて公開中 Posted at 2017/03/02/20:33
    スペイン・アンダルシア地方の“洞窟フラメンコ”に関するドキュメンタリー『サクロモンテの丘~ロマの洞窟フラメンコ』の公開に合わせて来日したチュス・グティエレス監督に、フラメンコへの想いをうかがった。【Page3/3】
  2. アランクリター・シュリーワースタウ監督インタビュー:映画『ブルカの中の口紅』について【3/4】/第29回東京国際映画祭「アジアの未来」部門上映作品 Posted at 2016/11/17/19:33
    第29回東京国際映画祭の<アジアの未来>部門で上映され、国際交流基金アジアセンター特別賞を受賞したインド映画『ブルカの中の口紅』のアランクリター・シュリーワースタウ監督に、作品や映画作りなどについて詳しいお話をうかがった。【Page3/4】
  3. 福間健二監督インタビュー:映画『秋の理由』について【3/5】/10月29日(土)より新宿K’s cinemaにて公開 Posted at 2016/10/27/19:53
    小さな出版社を営む編集者と声を失った作家、作家の妻、妖精のように現れた謎の若い女性、4人の男女を秋の景色の中に描いた新作『秋の理由』が公開される福間健二監督に、これまでとは違った境地となった本作品について詳しいお話をうかがった。【Page3/5】
  4. 福間健二監督インタビュー:映画『秋の理由』について【1/5】/10月29日(土)より新宿K’s cinemaにて公開 Posted at 2016/10/27/19:51
    小さな出版社を営む編集者と声を失った作家、作家の妻、妖精のように現れた謎の若い女性、4人の男女を秋の景色の中に描いた新作『秋の理由』が公開される福間健二監督に、これまでとは違った境地となった本作品について詳しいお話をうかがった。【Page1/5】
  5. ≪ドイツ映画の現在と未来≫を提示するドイツ映画祭2016『HORIZONTE』、10月15日(土)~19日(水)、TOHOシネマズ 六本木ヒルズで開催 Posted at 2016/09/27/20:09
    最新ドイツ映画の中から選りすぐりの注目作を上映し、≪ドイツ映画の現在と未来≫を提示する『ドイツ映画祭』が今年も開催される。今回は、桃井かおりも出演している『フクシマ・モナムール』を含む全7作品を上映するほか、舞台挨拶とQ&Aが連日行われる。ドイツ映画に興味のある人は是非会場まで足を運んでみて欲しい。
  6. クロード・ルルーシュ監督公式インタビュー:映画『アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲(プレリュード)』について【1/2】/9月3日(土)公開 Posted at 2016/08/23/18:11
    恋愛映画の傑作『男と女』で知られるフランスの巨匠クロード・ルルーシュ監督の最新作『アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲』の公開に合わせ、ルルーシュ監督と主演のジャン・デュジャルダンの公式インタビューをお届けする。/クロード・ルルーシュ監督 インタビュー【Page1/2】
  7. 新作情報:『ジャニス:リトル・ガール・ブルー』/9月10日公開/伝説のロックシンガー ジャニス・ジョプリン伝記映画の決定版 Posted at 2016/08/21/19:15
    伝説のロックシンガー ジャニス・ジョプリンの伝記映画の決定版と言える本作は、関係者の全面協力のもと、ジャニスが生前書き綴っていた貴重な手紙の数々を開封しながら、彼女の実像に迫ったファン必見のドキュメンタリーだ。
  8. 『闇刻の宴』監督陣インタビュー最終回:国沢実監督『岩』について/4月8日より下北沢トリウッドにて1週間、連日19:00より上映 Posted at 2016/04/07/18:10
    『心中エレジー』で知られる亀井亨監督が中心となって製作されたオムニバスホラー映画『闇刻の宴』公開を控える監督陣にお話をうかがった。最終回は『岩』を撮った国沢実監督のインタビューをお届けする。
  9. 『闇刻の宴』監督陣インタビュー第3回:亀井亨監督『幽閉confinement』について/4月8日より下北沢トリウッドにて1週間、連日19:00より上映 Posted at 2016/04/03/18:09
    『心中エレジー』で知られる亀井亨監督が中心となって製作されたオムニバスホラー映画『闇刻の宴』公開を控える監督陣にお話をうかがった。第3回は『幽閉confinement』を撮った亀井亨監督のインタビューをお届けする。
  10. 『闇刻の宴』監督陣インタビュー第2回:三宮英子監督『36℃の視線』について/4月8日より下北沢トリウッドにて1週間、連日19:00より上映 Posted at 2016/03/29/19:58
    『心中エレジー』で知られる亀井亨監督が中心となって製作されたオムニバスホラー映画『闇刻の宴』公開を控える監督陣にお話をうかがった。第2回は『36℃の視線』を撮った三宮英子監督のインタビューをお届けする。
  11. 内藤瑛亮監督インタビュー:映画『ドロメ【男子篇】』『ドロメ【女子篇】』について【6/6】/3月26日(土)よりシネマート新宿ほかにて2作品同時公開 Posted at 2016/03/27/13:36
    男子高と女子高の演劇部員が山奥の合宿先で遭遇する怪異を描いた青春コミカルホラー『ドロメ【男子篇】【女子篇】』を撮った内藤瑛亮監督に、企画の経緯や撮影秘話、作品に込めた想いなど詳しいお話をうかがった。【Page6/6】
  12. 『闇刻の宴』監督陣インタビュー第1回:坂元啓二監督『うつしえ』と『ひなげし』について/4月8日より下北沢トリウッドにて1週間、連日19:00より上映 Posted at 2016/03/25/20:53
    『心中エレジー』で知られる亀井亨監督が中心となって製作されたオムニバスホラー映画『闇刻の宴』公開を控える監督陣にお話をうかがった。第1回は『うつしえ』と『ひなげし』を撮った坂元啓二監督のインタビューをお届けする。
  13. 作品情報:『Maiko ふたたびの白鳥』/2月20日(土)公開/世界的バレエダンサー西野麻衣子がキャリアと出産に揺れる姿を記録したドキュメンタリー Posted at 2015/12/21/18:45
    本作は、ノルウェーで知らぬ人はいないとまで言われる日本人バレエダンサー西野麻衣子の美と技術を極めたプリマの姿と、キャリアと出産に揺れる素顔を追いかけた感動のドキュメンタリーだ。/2016年2月20日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBIS GARDEN CINEMAほか全国順次ロードショー
  14. イスラーム映画祭2015:2015年12月12日(土)~18日(金)まで、渋谷ユーロスペースにて開催/国内初、イスラームの人々を描いた傑作・名作映画9本を一挙上映 Posted at 2015/11/21/17:18
    国内初となるイスラーム映画祭が開催される。今回上映されるのは、インドネシア、イラン、トルコ、マレーシア、パレスチナ、パキスタン、モロッコ、フランスなどで作られた、イスラームの人々の日常的な心情に寄り添った作品9本。日本では滅多に上映されることのない作品ばかりなので、この機会をお見逃しなく!
  15. 不二子(女優)インタビュー:映画『赤い玉、』について【1/6】/9月12日(土)公開 Posted at 2015/09/09/19:21
    高橋伴明監督が20年ぶりにエロス映画復活を果たしたことで話題を呼ぶ『赤い玉、』に、奥田瑛二演じる主人公に寄り添う女性の役を演じた不二子さんに撮影での苦労や女優業への思いなど詳しいお話をうかがった。【Page1/6】/2015年9月12日(土)よりテアトル新宿他にて全国ロードショー
  16. スジョイ・ゴーシュ監督公式インタビュー:映画「女神は二度微笑む」について/2月21日公開 Posted at 2015/02/16/17:03
    サスペンスやダンス要素なしという、これまでのインド映画のイメージを覆す作風が本国インドで高く評価された『女神は二度微笑む』でメガホンを取ったスジョイ・ゴーシュ監督の公式インタビューをお届けする。/ 2015年2月21日(土)より、渋谷ユーロスペースほかにて全国順次公開
  17. 女子学生が選んだピンクシネマ祭「PINK CINEMA DEBUT!!!」開催決定/2月28日(土)渋谷ユーロライブにて、トークライブ付き二本立て上映 Posted at 2015/02/10/20:15
    映画を学ぶ女子学生たちが中心に厳選したピンク映画の上映会が、渋谷ユーロライブで一日限定で行われる。女性専用シートも用意されるとのことなので、ピンク映画に興味のある女性は是非この機会に、気軽に劇場まで足を運んでみて欲しい。/ 2015年2月28日(土)渋谷ユーロライブにて開催
  18. レビュー:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー (ジェームズ・ガン監督)/ネタバレ有り Posted at 2014/10/17/21:07
    『最低で最高のヒーロー』Text By 岸 豊 / (ネタバレ有り) ジェームズ・ガンは、1970年にミズーリ州のセントルイスで生まれた。幼い頃から物語を書いたり、コミックを読むのが好きだった彼は、12歳の頃から兄と共に8ミリでスプラッター映画を撮り始める。大学を卒業したのち...
  19. 作品情報:「イーダ」8月2日(土)より渋谷シアター・イメージフォーラムにて公開/近年のポーランド映画でも屈指の傑作との呼び声が高い本作は、孤児のユダヤ人少女が自身の出生の秘密を知るために旅に出る姿を描く Posted at 2014/07/20/19:19
    母国ポーランドやアメリカで大絶賛され、近年のポーランド映画でも屈指の傑作との呼び声が高い本作は、ある日突然ユダヤ人であると告げられた孤児の少女が、自身の出生の秘密を知るため旅に出る姿を描く。映画好きなら見逃せない一本だ。 / 2014年8月2日(土)より、渋谷シアター・イメージフォーラムにて公開
  20. 『一分間だけ』(5月31日公開)イベント付試写会にご招待!/原田マハの同名ベストセラー小説を台湾のスタッフ&キャストで映画化した感動作 Posted at 2014/05/09/18:23
    仕事が生きがいの女性編集者と愛犬との生活、愛犬との別れを描いた原田マハの同名ベストセラー小説を台湾のスタッフ&キャストで映画化した『一分間だけ』のイベント付試写会に5組10名様をご招待します。 応募締め切り:5月18日(日) /2014年5月31日(土)より、新宿バルト9ほか全国公開
  21. 作品情報:『早熟のアイオワ』(2月22日公開)/ジェニファー・ローレンス&ロリ・ペティ監督 インタビュー(後半) Posted at 2014/02/08/13:00
    売春婦の母親と暮らす少女たちの衝撃的な暮らしを描いた本作は、監督で脚本を自ら手がけたハリウッド女優のロリ・ペティの自叙伝的映画だ。作品内容と共に、若き日のジェニファー・ローレンスとクロエ・グレース・モレッツが競演しているのも話題の一本。(Page2/2) 2014年2月22日(土)より、新宿シネマカリテほか全国順次公開
  22. 吉倉あおい(女優)インタビュー:映画「ゆるせない、逢いたい」(11月16日公開)について【5/5】 Posted at 2013/11/15/18:45
    デートレイプという難しいテーマに真っ正面から取り組んだ金井純一監督の『ゆるせない、逢いたい』で初主演を果たした吉倉あおいさんに、作品や撮影時に関するお話を伺った。【Page5/5】2013年11月16日公開(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館 にて全国ロードショー
  23. 映画『さよなら渓谷』(大森立嗣監督/6月22日公開)初日舞台挨拶レポート Posted at 2013/06/23/19:03
    吉田修一の同名小説を映画化した『さよなら渓谷』が6月22日に公開初日を迎え、有楽町スバル座では大森立嗣監督と出演者の真木よう子、大西信満、鈴木杏、鶴田真由が登壇する舞台挨拶が行われた。その模様をお伝えする。 2013年6月22日(土)より全国ロードショー
  24. ラシダ・ジョーンズ公式インタビュー:映画「セレステ∞ジェシー」(5月25日公開)について【2/2】 Posted at 2013/05/15/20:07
    男女間の友情と別れをリアルに描き、4館の限定公開から586館までの拡大公開を達成した話題の映画「セレステ∞ジェシー」で、主演と共同脚本、製作総指揮を務めたラシダ・ジョーンズの公式インタビューをお届けする。【Page2/2】 2013年5月25日(土)より、渋谷シネクイントほか全国ロードショー
  25. ラシダ・ジョーンズ公式インタビュー:映画「セレステ∞ジェシー」(5月25日公開)について【1/2】 Posted at 2013/05/15/20:06
    男女間の友情と別れをリアルに描き、4館の限定公開から586館までの拡大公開を達成した話題の映画「セレステ∞ジェシー」で、主演と共同脚本、製作総指揮を務めたラシダ・ジョーンズの公式インタビューをお届けする。【Page1/2】 2013年5月25日(土)より、渋谷シネクイントほか全国ロードショー
  26. ラピュタ阿佐ヶ谷モーニングショー『増村保造×白坂依志夫の仕事』3月17日より開催 Posted at 2013/03/10/19:28
    ラピュタ阿佐ヶ谷では、脚本家・白坂依志夫のエッセイ「不眠の森を駆け抜けて」発刊を記念して、白坂依志夫とタッグを組んで当時の映画界に一大旋風を巻き起こした増村保造監督とのコンビ作品全8本を一挙上映するモーニング特集を行う。 2013年3月17日(日)~5月11日(土)連日10:30より ラピュタ阿佐ケ谷にて開催
  27. 内田伸輝監督&杉野希妃(プロデューサー、女優)インタビュー:映画『おだやかな日常』について【3/4】 Posted at 2012/12/22/00:43
    これまでの震災映画とは異なる切り口で「震災後の世界に生きる人」の姿を真摯に見つめた『おだやかな日常』が公開される内田伸輝監督と、困難な企画に賛同しプロデューサーと主演を務めた杉野希妃さんに、東京フィルメックスの会期中にインタビューを行った。【Page3/4】
  28. 内田伸輝監督&杉野希妃(プロデューサー、女優)インタビュー:映画『おだやかな日常』について【2/4】 Posted at 2012/12/22/00:42
    これまでの震災映画とは異なる切り口で「震災後の世界に生きる人」の姿を真摯に見つめた『おだやかな日常』が公開される内田伸輝監督と、困難な企画に賛同しプロデューサーと主演を務めた杉野希妃さんに、東京フィルメックスの会期中にインタビューを行った。【Page2/4】
  29. 木村文洋監督インタビュー:映画『愛のゆくえ(仮)』について【4/4】 Posted at 2012/12/20/22:48
    前川麻子の同名戯曲をもとに、元オウム真理教の平田信と彼を隠匿した女をモデルにした『愛のゆくえ(仮)』が公開中だ。前作『へばの』から4年ぶりの新作を完成させた木村文洋監督にお話を伺った。【Page4/4】
  30. 木村文洋監督インタビュー:映画『愛のゆくえ(仮)』について【3/4】 Posted at 2012/12/20/22:47
    前川麻子の同名戯曲をもとに、元オウム真理教の平田信と彼を隠匿した女をモデルにした『愛のゆくえ(仮)』が公開中だ。前作『へばの』から4年ぶりの新作を完成させた木村文洋監督にお話を伺った。【Page3/4】
  31. 木村文洋監督インタビュー:映画『愛のゆくえ(仮)』について【1/4】 Posted at 2012/12/20/22:45
    前川麻子の同名戯曲をもとに、元オウム真理教の平田信と彼を隠匿した女をモデルにした『愛のゆくえ(仮)』が公開中だ。前作『へばの』から4年ぶりの新作を完成させた木村文洋監督にお話を伺った。【Page1/4】
  32. 作品情報:『おだやかな日常』12月22日公開/2010年東京フィルメックス・グランプリ『ふゆの獣』の内田伸輝監督最新作 Posted at 2012/12/02/23:08
    2010年東京フィルメックスでグランプリを受賞した『ふゆの獣』の内田伸輝監督待望の最新作は、東日本大震災後の首都圏のリアルを女性の視点で見つめながら、人間の可能性と希望のありかを真摯に探った意欲作だ。 2012年12月22日(土)、ユーロスペースほかにて公開
  33. 第13回東京フィルメックス、11月23日より有楽町朝日ホール他にて開催! Posted at 2012/11/13/19:11
    今年で13回目を迎える東京フィルメックスは、アジアの新進作家の注目作を上映するコンペティション、強烈な作家性が発揮されたバラエティ豊かな特別招待作品、特集上映「木下惠介生誕100年祭」「イスラエル映画傑作選」、サミュエル・フラー生誕百年記念上映など充実したプログラムとなっている。2012年11月23日(金・祝)~12月2日(日)、有楽町朝日ホール、東劇、TOHOシネマズ日劇にて開催
  34. 『ふがいない僕は空を見た』(11月17日公開)高校生限定試写会にご招待! Posted at 2012/10/25/17:12
    タナダユキ監督最新作『ふがいない僕は空を見た』は、過激な性描写が多く描かれているためR18指定を受けている。今回、特別に映倫の審査を経たR15バージョンを作成、高校生限定の試写会が開催されることになった。この特別試写会に5組10名様をご招待します。 応募締め切り 11月3日(土)
  35. 『ラブ・アンド・エロス・シネマ・コレクション2nd”Autumn”』9月15日より開催! Posted at 2012/08/20/14:41
    四季を通して「ラブ」と「エロス」に彩られた作品を取り上げる企画上映2ndシーズンの第二弾となる今回は、片岡修二監督が「ストリップ」、森岡利行監督が「遊廓」、いまおかしんじ監督が「ヴァンパイア」を題材に、独自の作品世界を展開している。2012年9月15日(土)より池袋・シネマロサにてレイトショー!
  36. ラピュタ阿佐ヶ谷特集『輝け!にっぽんのお仕事ガール』7月15日より開催 Posted at 2012/07/11/21:24
    ラピュタ阿佐ヶ谷では、社会の中を輝きながら逞しく生きぬくワーキングガールにスポットを当てた特集上映が行われる。コメディからシリアスな人間ドラマまで、働く全女性達に効く処世術満載なお仕事ガール作品全36本を上映。 2012年7月15日日(日)〜9月8日(土)までラピュタ阿佐ケ谷にて開催!
  37. 作品情報:『いわさきちひろ 27歳の旅立ち』7月14日公開/国民的絵本画家初のドキュメンタリー Posted at 2012/07/06/17:59
    本作は、国民的絵本画家・いわさきちひろの知られざる人生に迫った初のドキュメンタリー映画だ。夫との死別、戦争で家を失うという人生のドン底から絵で身を立てていく一方で、周囲の反対を押し切って恋に生きるなど、様々な角度からいわさきちひろの人生に光を当てていく。 2012年7月14日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町・テアトル新宿にてロードショー、他全国順次公開
  38. 作品情報:ドキュメンタリー映画『ヴィダル・サスーン』5月26日公開 Posted at 2012/05/05/15:49
    ヘアケア用品などで日本でも絶大な知名度を誇るブランド「VIDAL SASSOON」。本作は、60年代のロンドン・ファッション・シーンを牽引して、現在の美容界に多大なる影響を及ぼした不世出のヘア・スタイリスト、ヴィダル・サスーンの足跡を描いたドキュメンタリーだ。
  39. 内藤誠監督&汐見ゆかりインタビュー:映画『明日泣く』について【4/4】 Posted at 2011/11/23/17:18
    東映の『不良番長』シリーズやもはや伝説のカルト映画となった『番格ロック』、また『時の娘』『俗物図鑑』『スタア』など異色の自主映画で知られる内藤誠監督が25年ぶりに手がけた劇場映画は、監督自身も強い思い入れを持つ作家・色川武大の短篇小説の映画化である。この作品の公開にあわせて先頃、レトロスペクティヴや著書の刊行も実現し、いま再び映画ファンの注目を集める内藤監督と、主演のキッコこと定岡菊子を演じた汐見ゆかりさんにお話をうかがった。【4/4】
  40. 作品情報:『サルトルとボーヴォワール 哲学と愛』 Posted at 2011/11/16/23:04
    本作は、フランスの哲学者サルトルと「第二の性」の著者でフェミニズムの旗手として知られるシモーヌ・ド・ボーヴォワールとの運命的な出会いから、二人が時代の寵児となってゆく軌跡を描いた愛の物語だ。
  41. 大阪アジアン映画祭2011/萩野レポート『映画のあらたな〈アジア的状況〉へむけて』【1/2】 Posted at 2011/04/17/15:28
    『アジアから大阪へ/大阪からアジアへ』 アジアとは何だろうか。アジアとは、地理的にはユーラシア大陸の大部分を占める国と地域およびその周辺の島々からなるエリアを指すわけだが、そこに重なり合うようにして、状況としての〈アジア〉というものがあるように思う。それはさしあたり反=ヨーロッパ的なものだといってもよいかもしれない。広場ではなく、路地に。秩序ではなく、混沌を。沈思ではなく、哄笑が。アジアは、アジア映画は、西欧近代的な合理...
  42. パーシー・アドロン監督公式インタビュー:映画『マーラー 君に捧げるアダージョ』について Posted at 2011/04/05/02:26
    映画『マーラー 君に捧げるアダージョ』のプロモーションのために来日したパーシー・アドロン監督に、作品についてお話をうかがった。 2011年4月30日(土)より、ユーロスペースほか全国順次公開!
  43. 作品情報:『サラエボ、希望の街角』 Posted at 2011/02/15/12:44
    前作『サラエボの花』で06年ベルリン国際映画祭金熊賞を獲得したヤスミラ・ジュバニッチ監督の第二作となる本作は、サラエボの現在を見据えながら未来への希望と祈りが込められた感動作だ。 監督の公式インタビューも掲載! 2011年2月19日(土)より、岩波ホールほか全国順次ロードショー!
  44. 第11回東京フィルメックス/深谷レポート【2/2】『老人たちの夢』 Posted at 2010/12/31/15:24
    『ミスター・ノーバディ』( ジャコ・ヴァン・ドルマル監督 特別招待作品 2011年春よりヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国順次公開 ) 『トト・ザ・ヒーロー』、『八日目』のジャコ・ヴァン・ドルマル監督の13年ぶりの新作も、『ブンミおじさんの森』同様、死期の近付いた老人を主人公に描く独創的なファンタジーであった。この作品の舞台となるのは人類が永遠の命を手に入れた2092年の近未来で、主人公のニモはまもなく118歳になろうとする世界最高...
  45. 『さしさわりのある映画特集』 開催! Posted at 2010/12/16/11:35
    タブーや規制に触れかねないテーマに切り込んでいる問題作・過激な作品を『さしさわりのある映画』として一挙に上映する特集上映が開催される。 2011年1月22日(土)~2月4日(金)、渋谷アップリンクにて開催!
  46. 「アメリア 永遠の翼」特製ブレスレット&ポストカードをプレゼント! Posted at 2010/11/12/17:37
    11月27日(土)より公開される映画『アメリア 永遠の翼』は、世界で初めて大西洋を横断飛行した実在の女性飛行士アメリア・イヤハートの人生を描いた感動作だ。本作の公開を記念して、特製ブレスレット&ポストカードを3名様にプレゼントします。 応募締切:11月28日(日)
  47. ベルマ・バシュ[監督]/シェイマ・ウズンラル[女優]インタビュー:映画「ゼフィール」について Posted at 2010/11/10/23:37
    初めて監督した短編作品が2006年のカンヌ国際映画祭で正式上映され、近年好調のトルコ映画界の中でも飛び抜けた存在感を放っていたベルマ・バシュ監督。待望の長編デビュー作は、山岳地帯の村を舞台に、母の愛を希求する少女の心理を繊細に描く美しい映像詩であった。独特の濃密な世界観を形作る要素のひとつとして、キャストに監督の家族や村の住人を起用していることが挙げられるだろう。主演のシェイマ・ウズンラルさんも監督とは親戚同士。東京国際映画祭に出品するために来日したおふたりに、映画の成り立ちから舞台裏までを伺った。
  48. レビュー:わたしの可愛い人―シェリ Posted at 2010/10/21/13:42
    『「だめんず」を愛した女の自己責任』 / 恋を取るのか、プライドを守るのか――。ヒロインのレア(ミシェル・ファイファー)は、まさに究極の二者選択を迫られる。親子ほども歳の離れた恋人シェリ(ルパート・フレンド)との愛は、一生に一度きりの愛だと確信している。だからこそ、愛する人と生涯を共に過ごしたいと心から願う。でも、そうすることは、今までの自分の誇り高い人生を完全否定することになる。彼を愛しているのに、彼と一緒にいたら自分らしくいら...
  49. 『CO2inTOKYO'10』開催! Posted at 2010/06/02/18:30
    厳しい選考を勝ち抜いた若手監督たちを助成し、新作映画を作り続ける映画祭CO2=シネアスト・オーガニゼーション・大阪エキシビションが、今年も骨のある奴らを連れてきた!個性豊かなCO2監督5人による助成作品と、次期CO2有力候補監督2人、そしてCO2出身監督の最新短編を3本、さらに毎夜の豪華ゲストと盛り沢山の1週間!!さぁその目で事件を目撃せよ!6月12日(土)~18日(金)連日21:00より、池袋シネマロサにてレイトショー上映!上映期間中は連日トークショー開催!
  50. 三宅伸行監督インタビュー:映画「掌の小説」について Posted at 2010/03/29/13:45
    川端康成原作を映画化するという意欲的な企画に、気鋭の若手監督4人が挑んだのが映画『掌の小説』である。今回は、このオムニバス映画の第2話『有難う』の三宅伸行監督にお話を伺った。3月27日(土)より、ユーロスペースにてモーニング&レイトショー他全国順次公開
  51. 坪川拓史監督インタビュー:映画「掌の小説」について Posted at 2010/03/22/22:52
    川端康成原作を映画化するという意欲的な企画に、気鋭の若手監督4人が挑んだのが映画『掌の小説』である。今回は、このオムニバス映画の第3話『日本人アンナ』の監督であり、『掌の小説』プロデューサーでもある坪川拓史監督にお話を伺った。3月27日(土)より、ユーロスペースにてモーニング&レイトショー他全国順次公開
  52. 作品紹介:『17歳の肖像』 Posted at 2010/03/20/05:49
    未知の世界へ憧れ、自らの手で大人への道を切り拓いていく少女の姿を、『アバウト・ア・ボーイ』』『ハイ・フィデリティ』のニック・ホーンビィが描いた青春ドラマ。09年サンダンス映画祭観客賞を皮切りに、様々な映画賞を受賞している話題作だ。 4月17日(土)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国順次ロードショー
  53. Femmes@Tokyoフランス映画特別上映『女たちの記憶』チケットをプレゼント! Posted at 2010/02/16/01:59
    2/28(日)・3/1(月)に日経ホールで、女性をテーマにしたフランス映画の名作6本(新作含む)が特別上映される。期間中は新作のプレミア上映のために来日するカトリーヌ・ドヌーヴのトークショーなども開催。この特別上映会の各種鑑賞券(2月28日(日)10:00~『突然炎のごとく』<3組6名>/3月1日(月)12:30~『歴史は女で作られる』<3組6名> /全回鑑賞可能なパスポート券<1枚>)をプレゼントいたします。  2月22日(月)必着
  54. 2月6日公開の映画『抱擁のかけら』ポストカード&非売品プレスシートプレゼント! Posted at 2010/01/23/18:18
    2月6日(土)より全国公開されるペドロ・アルモドバル監督の最新作「抱擁のかけら」のポストカード&非売品プレスシートプレゼントいたします。また、作品の新情報として監督とペネロペ・クルスのオフィシャル・インタビューも掲載。 応募締め切り 2月6日(土)
  55. 作品情報『抱擁のかけら』 Posted at 2010/01/05/19:26
    『オール・アバウト・マイ・マザー』、『トーク・トゥ・ハー』、『ボルベール<帰郷>』の女性讃歌三部作が、世界中の女性から支持を得たペドロ・アルモドバル監督待望の最新作は、愛の誕生と崩壊、再生を通じて人生の価値を浮かび上がらせた人生讃歌だ。 2010年2月6日(土)新宿ピカデリー、TOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国ロードショー
  56. 亀井亨監督インタビュー:映画『ヘクトパスカル』について Posted at 2009/12/14/21:38
    亀井亨監督の最新作『ヘクトパスカル 疼く女』が、12/15(火)~12/17(木)、渋谷シアターTSUTAYAにて期間限定レイトショーされる。『ネコナデ』『幼獣マメシバ』に続く新作TVシリーズ『ねこタクシー』(出演:カンニング竹山、鶴田真由、他)撮影中の亀井監督に話をうかがった。 12月15日(火)~12月17日(木)、渋谷シアターTSUTAYAにてレイトショー
  57. 作品紹介:『クララ・シューマン愛の協奏曲』 Posted at 2009/07/06/23:27
    19世紀ヨーロッパを代表する音楽家シューマンとブラームスには、シューマンの妻クララをめぐる葛藤に満ちた三角関係があった。このクララ・シューマンの生涯を、ブラームス家の末裔にあたる監督が映画化した。監督&主演女優のインタビューも掲載! 7月25日(土)より、Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー!
  58. 『非女子図鑑』 Posted at 2009/05/01/05:31
    自分に正直に生きるがゆえに、「女」という規格から外れた生き方をする「非女子」達の生態を描いたショートムービー集が本作だ。清水崇監督を筆頭に気鋭の監督達や個性的なキャスティングだけでなく、映画プロデューサーコースの実習作品であることも注目されている。オープニング&エンディング作品を撮った清水崇監督のショートインタビューも掲載! 5月30日(土)より、渋谷シアターTSUTAYA他全国順次ロードショー!!
  59. いつか眠りにつく前に Posted at 2008/02/28/00:20
    『悲しみを呑み込んで、女は母になる』 / (ネタバレの可能性あり) 死の床にある老母が、うわごとで何度も口にする「ハリス」という謎の男の名前。そして「ハリスと私がバディを殺した……」という思いがけない言葉に戸惑いを隠せない二人の娘。次女は知られざる母親の素顔を知りたい一心で繰り返し母親に問いか...
  60. R18 LOVE CINEMA SHOWCASE VOL.4~ピンクに映る、オンナのトキメキ Posted at 2008/02/24/00:46
    「ピンクに映る、オンナのトキメキ」――大好評の「R18 LOVE CINEMA SHOWCASE」シリーズ第四弾は、今を生きる等身大の女たちの物語を五本上映する。希望なき世(夜)に幸福な夢を!2008.3.1(土)~3.7(金)連日21:00~限定レイトショー@ポレポレ東中野
  61. 「Lの世界」DVD発売! Posted at 2007/12/28/13:50
    スタイリッシュで刺激的な話題作!“世界”を挑発する、全く新しいジャンルのTVシリーズ!!★LA発!最高にスタイリッシュなLove&Life!★ゴージャスなロサンゼルス生活の中で描かれる女性の本音……個性的な登場人物たちの苦悩や葛藤…… 男に頼らない生活を楽しむセレブな女性たちのスタイリッシュな生活を赤裸々に...
  62. 石の微笑 Posted at 2007/06/26/12:29
    『石の微笑』評/C・シャブロル監督による今年ベストの一本 「沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇」(95)に続く、ルース・レンデル原作のクロード・シャブロル監督の04年作品。結論から先に書くと最高の部類の出来の作品で、今年のベストの1本に入る。1930年生まれなので、今年77歳の...
  63. スパイダーマン3 Posted at 2007/05/15/11:45
    あんなに愛し合ったのに /Text By 膳場 岳人  語りにくい映画だ。「面白い映画だった?」と問われれば「面白かった。しかし……」とその欠点をあげつらいたくなるし、「つまらなかっただろ?」と言われると、「そうでもない。いい部分がたくさんあった」と答えたくな...
  64. 『おじさん天国』公開記念・いまおかしんじ特集/R18 LOVE CINEMA SHOWCASE VOL.2 Posted at 2006/11/26/16:59
    最新作『おじさん天国』が12月8日からレイトショー公開されるいまおかしんじ監督。『たまもの』『かえるのうた』で、彼の映画世界に目覚めたファンも多いだろう。彼の過去の作品を探ろうにも、成人映画館には入りにくいし、ソフト化された作品もなかなか見つからない。「R18 LOVE CINEMA SHOWCASE VOL.2」は、そんな「さまよえる入門者」にうってつけの好企画だ。この秋、いまおかしんじを何度でも何度でも発見せよ!
  65. R18 LOVE CINEMA SHOWCASE 「ピンクでポレポレ」大特集 Posted at 2006/05/10/06:13
    「男の人が見るエッチな映画」「難解でチープな前衛映画」といった誤解&偏見(ちょっぴり事実)や、「興味はあるけど、成人映画館に入るのはちょっと……」という上映形態の問題から、何となく敬遠されがちなピンク映画。だがその内実は、「性」の諸相を、笑いに包んで描いたり、恋愛の要としてじっくり捉えたり、淋しい者同士の魂の交歓として生々しく活写する、懐の深い世界だ。 5月20日(土)から、ポレポレ東中野で上映される「R18 LOVE CINEMA SHOWCASE VOL.1」は、そんなピンク映画の秀作群を一般映画館で見られる絶好のチャンスだ!
  66. 結婚相談 Posted at 2005/12/28/13:36
    グッドモーニング!ラピュタ阿佐ヶ谷/第十五回 (結婚相談 1965年/日活) 結婚を焦った30歳間際の女性が、自分を見失ってまっとうな道から足を踏み外していくお話。なまじっか美人で知性の持ち主だから、自分に相手の品定めをしているうちに婚期を逃してしまう。
  67. エレニの旅 Posted at 2005/05/02/23:08
    『エレニの旅』評/涙の流れつく先は何処なりしや もう十年くらい前のことになるだろうか、今でも筆者の心の一角を占め続けている「映像体験」がある。それは、当時泥沼の内戦状態に陥っていたアフガニスタンの状況をレポートした比較的短いドキュメンタリーで、彼の地の風景と共に現地の人々のインタビューを...
  68. またの日の知華 Posted at 2005/04/30/09:08
    Text By 佐藤 洋笑  思えば10年近く前、この映画のコンセプトは監督本人から聞かされていたのだ。  主人公は〝知華〟という一人の女。体操選手として挫折し、70年代の混沌の時代の波にさらわれるように、流転していく〝知華〟の人生を彼女が関わ...
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO