キーワード『妄想』が含まれているエントリー

対象エントリー数: 12件
  1. 『殺人者の記憶法』試写会にご招待!/1月26日公開/ソル・ギョング主演/アルツハイマーを患う元連続殺人犯が、新しい殺人犯の出現で過去の殺人習慣を思い出し、殺人犯と死闘を繰り広げる Posted at 2018/01/13/17:45
    ソル・ギョング主演の『殺人者の記憶法』は、アルツハイマーを患う元連続殺人犯が、新しい殺人犯の出現で過去の殺人習慣を思い出し、殺人犯と死闘を繰り広げるクライムスリラー。本作の試写会に10名様をご招待します。応募締切:1月17日(水)
  2. 『華魂 幻影』大西信満さん×川瀬陽太さん×佐藤寿保監督 トークイベントレポート【2/3】 Posted at 2016/05/22/19:12
    去る5月18日(水)、新宿ケイズシネマで映画『華魂 幻影』の佐藤寿保監督と主人公の映写技師・沢村役を演じた大西信満さん、劇中劇『激愛』主演男優役の川瀬陽太さんが登壇するトークイベントが行われた。その模様をお伝えする。【Page2/3】
  3. 松本人志監督最新作『R100』(10月5日公開)試写会にご招待! Posted at 2013/08/29/21:18
    1年の契約期間中は絶対に途中でやめることは出来ない謎のクラブに入会してしまった男が体験する、個性的な女達との妄想的で刺激的な日常を描く、ダウンタウン・松本人志の最新作『R100』の試写会に10組20名様をご招待します。 応募締め切り:9月18日(水) /2013年10月5日(土)より全国ロードショー
  4. 熊切和嘉監督インタビュー:映画「BUNGO~ささやかな欲望~」/『人妻』について【3/3】 Posted at 2012/09/25/20:20
    昭和の文豪の傑作短篇を、6人の気鋭監督と旬の俳優たちで映画化したオムニバス『BUNGO~ささやかな欲望~』で、永井荷風の『人妻』を大胆な脚色で映像化した熊切和嘉監督にお話を伺った。【Page3/3】
  5. 作品情報:『テイク・シェルター』3月24日公開、カンヌで三賞受賞の心理スリラー Posted at 2012/02/23/21:46
    本作は大災害発生の恐怖に囚われた男が、一心不乱に避難用シェルターを作る姿を描いた心理スリラーだ。第64回カンヌ国際映画祭で三賞を獲得した他、様々な映画賞で話題を呼んでいる。
  6. 2月18日公開『アフロ田中』一般試写会にご招待! Posted at 2012/01/11/20:19
    現在、週刊ビッグコミックスピリッツにて連載中の人気コミック「アフロ田中」シリーズがまさかの実写映画化。主人公・田中広には松田翔太、ヒロイン・亜矢に佐々木希をむかえて注目されている本作、『アフロ田中』の一般試写会に15組30名様をご招待します。応募締め切り 1月18日(水)
  7. 作品情報:『お姉ちゃん、弟といく』
    /吉田浩太監督インタビューも併載
    Posted at 2010/06/16/18:09

    08年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアター部門審査員特別賞受賞した本作は、弟に自分のパンツを盗まれたと疑い始めた姉が妄想を炸裂させる様を描いた異色作だ。吉田浩太監督のインタビューも掲載! 6月19日(土)より、池袋シネマ・ロサ他全国順次ロードショー!!吉田浩太監督の自主制作時代の作品『象のなみだ』も同時上映
  8. 『CO2inTOKYO'10』開催! Posted at 2010/06/02/18:30
    厳しい選考を勝ち抜いた若手監督たちを助成し、新作映画を作り続ける映画祭CO2=シネアスト・オーガニゼーション・大阪エキシビションが、今年も骨のある奴らを連れてきた!個性豊かなCO2監督5人による助成作品と、次期CO2有力候補監督2人、そしてCO2出身監督の最新短編を3本、さらに毎夜の豪華ゲストと盛り沢山の1週間!!さぁその目で事件を目撃せよ!6月12日(土)~18日(金)連日21:00より、池袋シネマロサにてレイトショー上映!上映期間中は連日トークショー開催!
  9. 愛の流刑地 Posted at 2007/02/23/15:40
    それはひょっとしてギャグでやっているのか? /Text By 鮫島 サメ子  あまり大きな声では言えないが、妄想は楽しい。大きな声で言えないのは、あらゆる妄想は精神的なマスターベーションだからだ。  だから、ベタなほど楽しい。ご都合主義なほど楽しい。趣味に走り、偏見に満ち満ちているほど楽しい。...
  10. 電車男 Posted at 2005/06/22/11:39
    「電車男」評/会えばがっかり…… カミングアウトってほどじゃないですが、以前ボクも「2ちゃんねる」に相談事のようなことをしたことがあります。「2ちゃんねる」というものの存在を知ったばかりのときで、面白くて面白くて五時間くらい見てました。で、「彼女がデブ...
  11. 真夜中の弥次さん喜多さん Posted at 2005/05/01/13:14
    「真夜中の弥次さん喜多さん」評/人間不在のお笑いを如何にして笑うか  恥を忍んで最初に断っておきたいのだが、筆者は本作の原作を読んだことがないし、連載当時に手塚治虫文化賞のマンガ優秀賞を獲得していたことも知らなかった。原作者のしりあがり寿の描く世界と言えば、現在朝日新聞夕...
  12. 世界の中心で、愛をさけぶ Posted at 2005/05/01/12:12
    「世界の中心で、愛をさけぶ」評/世界の果てまで逃げ延びろ! 見る者の人生/恋愛経験によって、かなり好き嫌いの分かれる映画ではなかろうか。高校時代、淡くも真剣な恋をしたことのある人にとっては、魅了される要素の多い作品かもしれない。心底好きだった相手を事故や病気で亡くした人な...
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright © 2004-2018 INTRO