キーワード『密室劇』が含まれているエントリー

対象エントリー数: 5件
  1. 予告編:『THE GUILTY/ギルティ』/2月22日公開/電話からの声と音だけで誘拐事件の解決に挑む緊急通報司令室のオペレーターを描いた新感覚サスペンス Posted at 2019/02/09/18:51
    世界中の映画祭で観客賞を総なめにした本作は、電話からの声と音だけで誘拐事件の解決に挑む緊急通報司令室のオペレーターの姿を描き、観る者の想像力を極限まで刺激する新感覚のサスペンス映画だ。
  2. 塚本晋也監督インタビュー:映画『野火』について【2/5】/2015年7月25日より全国順次公開 Posted at 2014/12/09/22:22
    フィリピン・レイテ島での体験を元にした大岡昇平の戦争文学の傑作『野火』を映画化し、第15回東京フィルメックスのオープニング作品として上映された塚本晋也監督にお話をうかがった。【Page2/5】/ 2015年7月25日(土)より、ユーロスペースほか全国公開
  3. 山本政志プロデュースの映画塾『シネマ☆インパクト』第1期5作品、9月1日より公開! Posted at 2012/08/19/12:55
    山本政志プロデュースの「シネマ☆インパクト」は、選ばれた精鋭監督達の制作する短編映画に参加しながら実践的な映画体験を提供する映画塾。今回、第1期に制作した大森立嗣、瀬々敬久、鈴木卓爾、深作健太、山本政志各監督による作品が公開される運びになった。2012年9月1日(金)~14日(金)まで、オーディトリウム渋谷にて公開
  4. 大西信満インタビュー:映画「キャタピラー」について Posted at 2010/08/24/13:09
    反戦を描いた若松孝二監督の問題作『キャタピラー』で、四肢を失くした帰還兵・久蔵を演じた俳優・大西信満。だが、銃後の妻・シゲ子を演じ、ベルリン国際映画祭銀熊賞(最優秀女優賞)を受賞した寺島しのぶに比すると、彼への注目度がまだまだ少ないのも事実。しかし筆者は断言する。大西信満なくしては、寺島しのぶの栄光もない。東京での公開を翌日に控えて多忙な中、『キャタピラー』の主演俳優・大西信満にインタビューを行なった。(取材:「人の映画評<レビュー>を笑うな」編集部 文:青雪吉木) 8月14日より、東京・テアトル新宿ほかにて公開中。
  5. レビュー:エグザム Posted at 2010/06/27/20:17
    『この試験は地獄のように厳しい』 / 今年始めに公開されたイギリスでの映画雑誌での高い評価を見てから気になっていた作品。世界でも有数の新興企業の最終試験に8人の男女が残り(人種もアジア系、インド系などを含む)、1名のみが合格枠だと告げられる。ただし、試験会場は窓一つない密室で、武装した警官が一人いるのみで、机に置かれた試験用紙は、質問どころか文字一つ書いていない白紙。試験のルールは次の3つ。1.試験...
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright © 2004-2019 INTRO