キーワード『対立』が含まれているエントリー

対象エントリー数: 9件
  1. 映画『太陽』完成披露試写会にご招待!/4月23日公開/劇団イキウメの同名舞台を入江悠監督が神木隆之介&門脇麦主演で映画化 Posted at 2016/01/30/17:35
    劇団イキウメの同名傑作舞台を入江悠監督(『SR サイタマノラッパー』シリーズなど)が、神木隆之介と門脇麦を主演に迎えて映画化。SFであり、青春ドラマであり、ラブストーリーであり、究極の家族愛の物語である本作の完成披露試写会に10組20名様をご招待します。 応募締め切り:2月27日(土)
  2. レビュー:『007 スペクター』/2015年12月4日(金)TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー! Posted at 2015/11/24/19:32
    『集大成という位置づけが生んだ皮肉』Text By 岸 豊 / 50年以上にわたって製作され続けている007シリーズ。その主人公で英国の諜報機関MI6(秘密情報部)のエージェント「007」ことジェームズ・ボンドは、ショーン・コネリーやピアース・ブロスナンなどの名だたる俳優が演じ...
  3. 作品情報:「螺旋銀河」/9月26日(土)公開/SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2014 監督賞&SKIPシティアワードW受賞作 Posted at 2015/09/20/23:01
    ドイツの映画祭やSKIPシティ映画祭で賞を獲得した期待の女性新人監督・草野なつかの長編デビュー作品となる本作は、学校課題のラジオドラマに選ばれるも放送のために共同執筆者を立てることが条件と言われた脚本家志望の女性が、たまたま知り合った女性を共同執筆者に仕立てようと目論む姿を描く。
  4. 『K2~初登頂の真実~』(5月10日公開)一般試写会にご招待!/世界最難関の高峰「K2」初登攀の栄光の陰に隠された真実を実話に基づいて描いた本格山岳ドラマ Posted at 2014/04/13/23:02
    エベレストより登頂困難と言われる高峰「K2」。今から60年前に初登頂を果たしたイタリア隊の内幕を実話に基づいて描いた本格山岳ドラマ『K2~初登頂の真実~』の一般試写会に10組20名様をご招待します。 応募締め切り:4月29日(火) /2014年5月10日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町にてロードショー
  5. ウルリヒ・ザイドル監督インタビュー:映画『パラダイス3部作:愛/神/希望』(2月22日公開)について【2/2】 Posted at 2014/02/23/10:32
    カンヌ、ヴェネチア、ベルリンの三大映画祭でセンセーションを巻き起こした『パラダイス』3部作が公開中のウルリヒ・ザイドル監督にメール・インタビューを行い、リアリズム溢れる作品作りの背景などを伺った。【Page2/2】 /2014年2月22日(土)より、ユーロスペースほか、全国順次ロードショー
  6. 蔦哲一朗監督インタビュー:映画『祖谷物語 -おくのひと-』(2月15日公開)について【4/5】 Posted at 2013/11/18/20:54
    初の劇場公開作品『祖谷物語 -おくのひと-』が第26回東京国際映画祭の新部門「アジアの未来」でスペシャル・メンションを受賞した蔦哲一朗監督に、映画作りやフィルム撮影への想いなどお話を伺った。【Page4/5】 第26回東京国際映画祭「アジアの未来」部門 スペシャル・メンション受賞/2014年2月15日公開(土)より、新宿K's cinemaにて公開決定
  7. 作品情報:『アイ・ウェイウェイは謝らない』(11月30日公開)/北京“鳥の巣スタジアム”をつくった破天荒アーティスト、アイ・ウェイウェイを追いかけたドキュメンタリー Posted at 2013/11/09/20:05
    世界の美術館が展示を熱望する中国現代芸術家アイ・ウェイウェイ。本作は、中国政府に危険分子と見なされ常に監視されながらも政府に挑み、芸術を生み出し続ける彼の姿を追いかけたドキュメンタリー映画だ。 2013年11月30日(土)より、 シアター・イメージフォーラムほかにて全国ロードショー!
  8. レビュー:サバイバル・オブ・ザ・デッド Posted at 2010/06/13/22:33
    『ゾンビ映画という名の祈り』 / まずは質問。あなたがいちばん最近見た映画を思い出してください。ふむふむ。ジャンルはなんでしたか?恋愛?青春?コメディ?ミステリー?SF?社会派?人間ドラマ?アニメ?なるほど。ではそもそもそのジャンル、どうやって決められるものなのでしょうか。登場人物が恋愛のことぱかり考えていれば恋愛映画。主人公が悩める若者だったら青春映画。謎の解決に向かって進んでいくのがミステリー。などなど、あたかも...
  9. ゲド戦記 Posted at 2006/08/07/20:13
    「ゲド戦記」評/腐ってやがる…、早すぎたんだ! アーシュラ・K・ル=グウィンの『ゲド戦記』と言えば、『指輪物語』と並び称されるハイ・ファンタジーの傑作にして、エピック・ファンタジーの至宝とも言える作品である。尤も1968年の第一巻から1972年刊行の第三巻までを一つ...
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO