キーワード『役者』が含まれているエントリー

対象エントリー数: 19件
  1. 榎本憲男(監督・脚本・プロデュース)インタビュー:映画『森のカフェ』について【4/6】/2015年12月12日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷他にて上映中 Posted at 2015/12/26/17:34
    劇場支配人やプロデューサーなど、様々な形で日本の映画界に携わってきた榎本憲男監督。現在公開されている長編第2作となる『森のカフェ』の撮影秘話や自主映画への想いなど、映画作りや映画業界全般に関するお話を詳しくうかがった。【Page4/6】
  2. 入江甚儀(俳優)インタビュー:映画『流れ星が消えないうちに』について【4/4】/2015年11月21日(土)より角川シネマ新宿ほか全国ロードショー Posted at 2015/11/18/10:54
    橋本紡のベストセラー小説『流れ星が消えないうちに』が映画化され、恋人と死別した過去に縛られて生きる主人公の新しい恋人として、主人公と向き合う難しい役どころを演じ切った入江甚儀さんに、作品への想いなど詳しいお話をうかがった。【Page4/4】
  3. 入江甚儀(俳優)インタビュー:映画『流れ星が消えないうちに』について【3/4】/2015年11月21日(土)より角川シネマ新宿ほか全国ロードショー Posted at 2015/11/18/10:53
    橋本紡のベストセラー小説『流れ星が消えないうちに』が映画化され、恋人と死別した過去に縛られて生きる主人公の新しい恋人として、主人公と向き合う難しい役どころを演じ切った入江甚儀さんに、作品への想いなど詳しいお話をうかがった。【Page3/4】
  4. 映画『ぼっちゃん』トークイベントレポート/ゲスト:大西信満×水澤紳吾×大森立嗣監督【3/3】 Posted at 2013/04/22/20:23
    秋葉原無差別殺傷事件をモチーフにした映画『ぼっちゃん』が上映中の渋谷・ユーロスペースで、大森立嗣監督と主演の水澤紳吾さん、そして監督の次回作『さよなら渓谷』で主演を務める大西信満さんによるトークイベントが行われた。その模様をレポートする。【Page3/3】
  5. 大森立嗣監督インタビュー:映画『ぼっちゃん』(3月16日公開)について【1/3】 Posted at 2013/03/13/19:28
    これまでにも人気小説を独自の世界観で映像化してきた大森立嗣監督が、最新作『ぼっちゃん』では秋葉原無差別殺傷事件を題材にした異色の青春映画を撮り上げた。公開を控える大森立嗣監督にお話を伺った。【Page1/3】 2013 年3月16日(土)より、ユーロスペースほか全国順次ロードショー!
  6. ヤン・ヨンヒ監督インタビュー:映画「かぞくのくに」について【1/3】 Posted at 2012/08/10/19:58
    『ディア・ピョンヤン』『愛しきソナ』といったドキュメンタリー映画で、在日コリアンという出自と家族への想いを綴ってきたヤン・ヨンヒ監督に、初のフィクション作品となった新作『かぞくのくに』のことや映画への想いなどお話を伺った。【Page1/3】
  7. 濱口竜介監督インタビュー:レトロスペクティヴ『ハマグチ、ハマグチ、ハマグチ!』(7月28日より開催)について【5/5】 Posted at 2012/07/26/19:45
    正式な商業公開作が1本もないながらも精力的に活動を続け、遂に回顧上映会の開催にこぎつけた濱口竜介監督に、これまでの監督生活や4時間を超える長篇の新作『親密さ』などについてお話を伺った。【Page5/5】
  8. 井浦新インタビュー:映画「11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち」について【4/4】 Posted at 2012/06/01/20:50
    先日閉幕となったカンヌ国際映画祭「ある視点」部門で上映され、話題を呼んだ若松孝二監督の新作『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』。本作で三島由紀夫役を演じ、新しい解釈の三島像を打ち出した井浦新さんにお話を伺った。【page4/4】
  9. 富田克也監督×高野貴子さん(撮影・編集)インタビュー:映画『サウダーヂ』について【2/4】 Posted at 2011/10/24/20:11
    作品を発表する度に注目度を高めている映画製作集団「空族(くぞく)」。本年度のロカルノ映画祭メイン・コンペティションにも招待された最新作『サウダーヂ』の公開を控えて意気上がる富田克也監督と、高野貴子さん(撮影・編集)にお話をうかがった。【4/2page】
  10. 内田伸輝監督インタビュー:映画「ふゆの獣」について【1/2】 Posted at 2011/06/26/18:59
    映画『ふゆの獣』は110万円の低予算映画ながら、昨年の東京フィルメックス・コンペティションで最優秀作品賞を獲得した注目作だ。劇場公開を間近に控えた内田伸輝監督にお話をうかがった。【page1】 2011年7月2日(土)より緊急レイトショー! テアトル新宿 他順次全国
  11. 榎本憲男(脚本・監督)インタビュー:
    映画「見えないほどの遠くの空を」について【1/2】
    Posted at 2011/04/30/20:18

    劇場支配人、プロデューサー、脚本家と、様々な形で日本の映画界に携わってきた特異な経歴を持ち、本作で監督デビューを果たした榎本憲男監督にお話をうかがった。( page1 ) 2011年6月11日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー予定
  12. 園子温監督インタビュー:映画「愛のむきだし」について Posted at 2009/02/21/14:47
    「愛のむきだし」は必見の大傑作である。4時間近くあって園子温監督の集大成的作品でもあるが、篭められた熱量が尋常でない。作品ごとにインタビューしてきた園監督だが、今後の活躍も当然ながら期待できることが今回のインタビューでも分かった。
  13. 竹洞哲也(監督)×小松公典(脚本)×サーモン鮭山(俳優)ロングインタビュー Posted at 2007/06/19/23:09
    これまで優れたピンク映画を紹介してきた「R18 LOVE CINEMA SHOWCASE」シリーズ待望の第三弾は、“プログラムピクチャーとしてのピンク映画”を年数本単位のハイペースで放つ俊英、竹洞哲也監督の大特集である。
  14. 聴かれた女 Posted at 2007/02/13/02:45
    全世界の男が叫んだ、「いいから早くやれよ!」 /Text By 膳場 岳人  男(大野慶太)が引越してきたアパートは、壁がひどく薄かった。隣に住む若い女(蒼井そら)の生活音や電話の会話が響き、彼氏(加藤裕人)が部屋を訪ねてきた夜は、当然ながら情事の声が漏れ聞こえてくる。男は自室の壁に盗聴器を仕掛...
  15. 松江哲明監督インタビューpart2/映画作りと好きな映画について Posted at 2006/06/13/17:05
    好評上映中の『セキ★ララ』についてのお話を伺った前回に引き続き、今回は映画作りの方法論やフィクションへの考え方、好きな映画などについてざっくばらんに語っていただいた。
  16. 『オペレッタ狸御殿』チャン・ツィイー来日記者会見 Posted at 2005/05/21/03:03
    去る3月29日、鈴木清順監督の新作「オペレッタ狸御殿」に主演するチャン・ツィイーが来日、監督と競演者のオダギリジョーと共にパークハイアット東京ボールルームにて記者会見を行った。  「狸御殿シリーズ」とは、1939年から59年にかけて美空ひばりや市川雷蔵など、当時の大スター達がこぞって出演して大ヒット...
  17. 血と骨 Posted at 2005/05/01/12:49
    『豊饒な役者陣が彩る、路地裏のクロニクル』 / 大正期、済州島から新天地を求めて大阪に渡った金俊平は、強欲で酒乱、女好きで人殺しだが、それなりの成功を収める実業家として、異国のちっぽけな路地に王国を築く――。俊平の息子の視点から語られるこの物語は、俊平を中心とする家族史、...
  18. 血と骨 Posted at 2005/05/01/12:47
    『客席ごと飲み込んでしまいそうな人物たち』 / えー、今回は一人だけ遅れてしまいまして大変申し訳ありませんでした。皆様三者三様のレビューをすでにお読みになっていることと思われます。筆者も読みました。しかも書く前に。なので遅出しの利みたいなものがあるかと思ったのですが、そ...
  19. クロード・ガニオン監督インタビュー/映画「リバイバル・ブルース」について Posted at 2005/04/24/08:53
    映画『Keiko』('79)の開放的な性描写や即興演出の斬新さで、当時大変な話題を読んだクロード・ガニオン監督。即興、という俳優に負担を強いる演出法を用いながらも、俳優たちに絶大な信頼を得るガニオン流演出術の秘密に迫った。
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO