キーワード『』が含まれているエントリー

対象エントリー数: 90件
  1. イヴァーノ・デ・マッテオ監督インタビュー:映画『はじまりの街』について【2/4】/10月28日(土)より岩波ホールほか全国順次公開 Posted at 2017/10/18/19:42
    映画『はじまりの街』は家庭内暴力に晒された母子の再生を描いた人間ドラマだ。本作が第17回イタリア映画祭に上映されるのに合わせて来日したイヴァーノ・デ・マッテオ監督に、作品の狙いやテーマなど詳しいお話をうかがった。【Page2/4】
  2. 予告編:『あさがくるまえに』/9月16日公開/脳死心臓移植という“命のやりとり”に直面した家族、恋人たち、医者たちの葛藤を描いたヒューマンドラマ Posted at 2017/09/08/19:53
    フランスの新鋭カテル・キレヴェレ監督の最新作となる本作は、脳死心臓移植という“命のやりとり”に直面した家族、恋人たち、医者たちの葛藤を繊細な表現で描いたヒューマンドラマ。秦基博の『朝が来る前に』が公式イメージソングに起用されたことも話題を呼んでいる。
  3. 『第26回レインボー・リール東京(旧・東京国際レズビアン&ゲイ映画祭)』7月8日(土)~17日(⽉・祝)、シネマート新宿・スパイラルホールにて開催 Posted at 2017/06/30/22:07
    劇場公開される機会が少ないLGBT(セクシュアル・マイノリティ)をテーマにした国内外の話題作や注目作を一挙上映する国際映画祭『レインボー・リール東京』が今年も開催される。今年も⽇本初上映作品を多数含む全13プログラムを上映。
  4. 新作情報:『夏の娘たち~ひめごと~』/7月1日公開/久しぶりに再会した義弟と幼なじみの間で揺れる女の官能と禁忌を描く Posted at 2017/06/20/21:18
    ピンク映画でデビューし、ライトノベルやj漫画原作の青春映画で高く評価された後、ドキュメンタリー作品を連作するなど、ジャンルを横断した活動を展開する堀禎一監督待望の新作は、久しぶりに再会した義弟と幼なじみの間で揺れる女の官能と禁忌の物語だ。
  5. 映画『ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気』試写会にご招待!/11月26日公開/ジュリアン・ムーア主演最新作/病の婦人警官が同性パートナーのために遺族年金を遺そうと奮闘した実話を映画化 Posted at 2016/10/04/19:23
    ジュリアン・ムーア主演最新作となる本作は、病の婦人警官が同性パートナーのために遺族年金を遺そうと奮闘した実話を映画化。本作『ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気』の一般試写会に5組10名様をご招待します。応募締め切り:11月10日(月)
  6. 予告編:『永い言い訳』/10月14日公開/西川美和監督最新作/本木雅弘主演/ひとを愛することの「素晴らしさと歯がゆさ」を描くラブストーリー Posted at 2016/10/02/21:52
    『ゆれる』『ディア・ドクター』『夢売るふたり』など重厚な人間ドラマに定評がある西川美和監督が、本木雅弘を主演に迎えて撮りあげた本作は、妻を亡くした男が母を亡くした子供たちと出会うことで始まる「あたらしい家族」の物語だ。
  7. 映画『ある天文学者の恋文』試写会にご招待!/9月22日公開/ジュゼッペ・トルナトーレ監督最新作/ある天文学者が仕掛けた“謎”は、美しくも切ない愛の物語に生まれ変わる Posted at 2016/08/25/21:05
    ある天文学者が仕掛けた“謎”を解き明かした時、極上のミステリーは、美しくも切ない愛の物語に生まれ変わる──。『ニュー・シネマ・パラダイス』『鑑定士と顔のない依頼人』の名匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督待望の最新作となる『ある天文学者の恋文』の一般試写会に5組10名様をご招待します。応募締め切り:9月5日(月)
  8. クロード・ルルーシュ監督公式インタビュー:映画『アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲(プレリュード)』について【1/2】/9月3日(土)公開 Posted at 2016/08/23/18:11
    恋愛映画の傑作『男と女』で知られるフランスの巨匠クロード・ルルーシュ監督の最新作『アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲』の公開に合わせ、ルルーシュ監督と主演のジャン・デュジャルダンの公式インタビューをお届けする。/クロード・ルルーシュ監督 インタビュー【Page1/2】
  9. 万里紗(女優)インタビュー:映画『眼球の夢』について【5/5】/7月30日よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開 Posted at 2016/07/21/19:45
    ピンク四天王の1人・佐藤寿保監督が、ほぼ10年ぶりに脚本家・夢野史郎とのコンビを復活させて完成させた日米合作のビザール映画『眼球の夢』で、映画初主演を果たした万里紗さんに出演の経緯や撮影秘話など詳しいお話をうかがった。【Page5/5】
  10. 新作情報:小泉今日子×二階堂ふみW主演作『ふきげんな過去』/6月25日公開/死んだはずの伯母と同居することになった女子高生が経験する「ひと夏」の物語 Posted at 2016/06/10/21:15
    異才の劇作家・前田司郎監督最新作で、小泉今日子×二階堂ふみW主演で贈る本作は、死んだはずの伯母と同居することになった女子高生が経験する「ひと夏」の物語だ。
  11. 新作情報:『或る終焉』/5月28日公開/第68回カンヌ映画祭脚本賞受賞/安楽死の依頼をほのめかされた看護師の献身愛と葛藤を描いたサスペンスフルなヒューマンドラマ Posted at 2016/05/09/20:18
    名優ティム・ロス出演&製作総指揮で、第68回カンヌ映画祭脚本賞を受賞した本作は、終末期患者をケアする看護師の献身愛と、安楽死の依頼をほのめかされた彼の葛藤を描いたサスペンスフルなヒューマンドラマだ。
  12. アダム・トレル(プロデューサー)インタビュー:映画『下衆の愛』について【6/6】/4月2日(土)より テアトル新宿ほか全国順次公開 Posted at 2016/04/02/17:36
    2015年の東京国際映画祭で上映されてから話題になっている『下衆の愛』のプロデューサーのアダム・トレルさんに、日本の映画業界の内幕や製作事情、苦労や日本映画への思いなど詳しいお話をうかがった。【Page6/6】
  13. 『ビューティー・インサイド』一般試写会にご招待!/2016年1月22日公開/ハン・ヒョジュ&上野樹里主演のファンタジー・ラブロマンス Posted at 2015/11/28/17:52
    本作は、目を覚ます度に外見が変わってしまう主人公の恋愛を描いたファンタジー・ラブロマンス。ヒロイン役をハン・ヒョジュが演じるほか、上野樹里が主人公役の一人として出演しているのも話題となった。本作『ビューティー・インサイド』の一般試写会に10組20名様をご招待します。 応募締め切り:12月14日(月)/2016年1月22日(金)、TOHOシネマズ新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷 ほか全国順次公開!
  14. 作品情報:「アンジェリカの微笑み」/12月5日(土)公開/ポルトガルの世界的巨匠マノエル・ド・オリヴェイラ監督の日本未公開作品がついに公開 Posted at 2015/11/03/19:41
    今年4月に惜しまれつつも106歳で永眠した巨匠マノエル・ド・オリヴェイラ監督の日本未公開作品となる本作は、若くして死んだ娘の写真撮影を依頼され、その娘の美しすぎる微笑みに魅せられた青年の不思議な体験を描いた幻想譚だ。/2015年12月5日(土)より、Bunkamuraル・シネマ他全国順次ロードショー
  15. ピンク映画を一般劇場で公開する新プロジェクト「OP PICTURES+」始動!/第1弾8月22日(土)よりテアトル新宿にて限定レイトショー Posted at 2015/08/07/18:24
    ピンク映画の老舗映画会社・大蔵映画が、従来版とは別に濡れ場をコンパクトにしてドラマ部分をより充実させた「R15+」版を一般劇場で限定公開する。第一弾は、本年度のピンク大賞で最優秀作品賞を受賞した山内大輔監督最新作と、監督賞を受賞した竹洞哲也監督作品を上映。 / 2015年8月22日(土)~27日(木) 『犯る男』8月30日(日)~9月4日(金) 『誘惑遊女~ソラとシド~』テアトル新宿 限定レイトショー!
  16. 作品情報:「サイの季節」/7月11日(土)公開/騙されて30年監獄に収容されていた詩人の彷徨をダイナミックな映像世界で描いた人間ドラマ Posted at 2015/07/04/19:49
    数々の国際映画祭での上映と受賞を重ね、マーティン・スコセッシを心酔させた、イランの亡命監督・名匠バフマン・ゴバディの最新作は、イスラム革命時に不当に逮捕され、30年監獄に収容されていた詩人の彷徨を、監督自身の心象と重ね合わせるようにダイナミックな映像世界で描いた人間ドラマだ。 / 2015年7月11日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開
  17. 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』プレミア試写会にご招待!/4月10日公開/第87回アカデミー賞R作品賞他最多4部門受賞 Posted at 2015/03/21/23:45
    アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督の最新作にして、第87回アカデミー賞®作品賞他最多4部門受賞して今日本で最も公開が待たれている『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』の公開直前プレミア試写会に15組30名様をご招待します。応募締め切り:3月30日(月) / 2015年4月10日(金)、TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー
  18. 作品情報:「カフェ・ド・フロール」/3月28日(金)公開/アカデミー賞3冠のジャン=マルク・ヴァレ監督&ヴァネッサ・パラディ主演最新作 Posted at 2015/03/16/18:59
    『ダラス・バイヤーズクラブ』でアカデミー賞3冠を成し遂げたジャン=マルク・ヴァレ監督がヴァネッサ・パラディを主演に迎え、時を越えて惹かれ合う男女を描いた究極のラブストーリー。ハッピーともアンハッピーとも答えの出ない結末が、試写会で賛否を呼んでいる注目作だ。 / 2015年3月28日(土)より恵比寿ガーデンシネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開
  19. 『やさしい女』デジタル・リマスター版/巨匠ロベール・ブレッソンがドストエフスキーの短篇を映画化/4月4日より公開 Posted at 2015/03/15/20:05
    文豪ドストエフスキーの最高傑作短篇を巨匠ロベール・ブレッソンが映画化。日本では1986年の公開以来殆ど上映される機会がなく、ソフト化もされていない幻の作品が待望のデジタル・リマスターで復活、上映されることになった。ドミニク・サンダ17歳のデビュー作でもあり、彼女の瑞々しい美しさは必見! / 2015年4月4日(土)、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
  20. ロウ・イエ監督インタビュー:映画『二重生活』について【2/2】/新宿K's cinema、渋谷アップリンクほかにて公開中 Posted at 2015/02/05/17:02
    中国で5年間の映画製作を禁止されながらも、国外で資金調達して“愛と孤独に揺れる心”をテーマにした映画を撮り続けてきたロウ・イエ監督。最新作『二重生活』の日本公開に合わせて来日した監督にお話をうかがった。【Page2/2】/ 2015年1月24日(土)より、新宿K's cinema、渋谷アップリンクほかにて公開中、全国順次公開
  21. 作品情報:「さらば、愛の言葉よ」/ジャン=リュック・ゴダール監督最新作/2015年1月31日(土)公開 Posted at 2015/01/21/19:46
    ヌーヴェルヴァーグの巨匠ジャン=リュック・ゴダール監督の最新作にして初の3D長編となる本作は、人妻と独身男との出逢いと別れ、そして再会を描いて第67回カンヌ国際映画祭 審査員特別賞を受賞した野心作だ。/ 2015年1月31日(土)より、シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー!
  22. レビュー:博士と彼女のセオリー (ジェームズ・マーシュ監督)/3月13日公開/ネタバレあり Posted at 2015/01/18/20:38
    『美しき恋愛映画。』Text By 岸 豊 / 人類史上最高の叡智の一人としてだけでなく「車椅子の理論物理学者」として広く知られるスティーヴン・ホーキング博士の生涯を描いた伝記作品『博士と彼女のセオリー』が、来る3月に公開される。『マン・オン・ワイヤー』(08)や『プロジェクト・ニム』(11)などのドキュメンタリー作品を中心にキャリアを積んできたジェームズ・マ...
  23. 作品情報:フィリップ・ガレル監督最新作「ジェラシー」9月27日(土)より、渋谷シアター・イメージフォーラムにて公開 Posted at 2014/09/23/20:12
    「ポスト・ヌーベルバーグ」の一人として知られるフィリップ・ガレルの監督の最新作である本作は、監督の実父で俳優のモーリス・ガレルの若い頃の話を土台に、愛と嫉妬に囚われたカップルの姿をモノクロの美しい映像で描いた作品だ。/ 2014年9月27日(土)より、渋谷シアター・イメージフォーラムにて公開
  24. 作品情報:リチャード・カーティス監督最新作「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」9月27日(土)より全国ロードショー! Posted at 2014/09/19/22:46
    『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス監督の最新作にして最後の監督作となる本作は、タイムトラベル能力を持つ青年が送る人生を通して愛と幸せの本質を問いかけるハートフルコメディだ。 / 2014年9月27日(土)より全国ロードショー!
  25. 作品情報:『her/世界でひとつの彼女』(6月28日公開)/スパイク・ジョーンズ監督最新作/本年度アカデミー賞®オリジナル脚本賞受賞したラブストーリー Posted at 2014/05/28/22:05
    スパイク・ジョーンズ監督最新作で、本年度アカデミー賞®オリジナル脚本賞受賞した本作は、近未来を舞台に人工知能との恋を通して愛の本質をストレートに描いた珠玉のラブストーリーだ。 /2014年6月28日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
  26. 作品情報:『サード・パーソン』(6月20日公開)/ポール・ハギス監督最新作/NY、ローマ、パリの3つの街でつながる3組の男女を描いた究極の愛のミステリー Posted at 2014/05/24/19:27
    ポール・ハギス監督待望の最新作となる本作は、NY、ローマ、パリの3つの街を舞台に3組の男女が織りなす、愛、信頼、そして裏切りの物語を並行して描いた極上の愛のミステリー。一見、何の接点もない3つの物語が一つに重なり、思いがけない真実が浮かび上がるクライマックスは必見。 /2014年6月20日(金) TOHOシネマズ 日本橋ほか全国ロードショー
  27. 作品情報:『アデル、ブルーは熱い色』(4月5日公開)/2013年カンヌ国際映画祭 最高賞パルムドール・国際批評家連盟賞受賞した美しい愛の衝撃作 Posted at 2014/03/15/15:39
    2013年カンヌ国際映画祭でパルムドール<最高賞>を受賞した本作は、生涯一度きりの運命の出会いを描いたラブ&ライフストーリー。特に本作のラブシーンは絵画のように美しいと大絶賛された。/2014年4月5日(土)より、新宿バルト9、Bunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー
  28. 作品情報:『ランナウェイ・ブルース』(3月15日公開)/2012年ローマ国際映画祭で観客から最も称賛された、兄弟の絆を描いた感動作 Posted at 2014/03/05/18:25
    幼くして孤児となり互いを支え合って生きてきた兄弟の絆と人生の再生を描いた本作は、2012年ローマ国際映画祭で観客賞や最優秀脚本賞などを受賞した注目の人間ドラマ。出演はエミール・ハーシュ、スティーブン・ドーフ、ダコタ・ファニングほか。/2014年3月15日(土)より、シネマート新宿ほか全国順次ロードショー
  29. ウルリヒ・ザイドル監督インタビュー:映画『パラダイス3部作:愛/神/希望』(2月22日公開)について【2/2】 Posted at 2014/02/23/10:32
    カンヌ、ヴェネチア、ベルリンの三大映画祭でセンセーションを巻き起こした『パラダイス』3部作が公開中のウルリヒ・ザイドル監督にメール・インタビューを行い、リアリズム溢れる作品作りの背景などを伺った。【Page2/2】 /2014年2月22日(土)より、ユーロスペースほか、全国順次ロードショー
  30. 作品情報:『パラダイス3部作:愛/神/希望』(2月22日公開)/オーストリアの鬼才ウルリヒ・ザイドル監督/人間の本性をえぐり出す3つの物語 Posted at 2014/02/11/20:14
    オーストリアの鬼才ウルリヒ・ザイドル監督「パラダイス3部作」は、現実社会では手にできない理想的な愛に満ちた楽園(パラダイス)を求めてさまよう3人の女たちを描いた3作品。いずれも監督ならではのブラックな視線が強烈な印象を残す異色作。/2014年2月22日(土)より、ユーロスペースほか、全国順次ロードショー
  31. 作品情報:『メイジーの瞳』(1月31日公開)/6歳児メイジーの視線を通して、家族とは、愛とは何かを問いかける感動作 Posted at 2014/01/18/16:45
    ヘンリー・ジェームズの小説「メイジーの知ったこと」を現代に置き換えて映画化した本作は、6歳児メイジーの視線を通して、離婚した両親の姿や周囲の大人たちの姿を描き、家族とは、愛とは何かを問いかける感動作だ。 2014年1月31日(金)TOHOシネマズシャンテ、シネマライズほか全国順次ロードショー
  32. 最新作『パリ、ただよう花』公開記念『特集 ロウ・イエ、雑踏の中の愛と孤独』1月4日~10日、渋谷アップリンクにて開催 Posted at 2013/12/30/19:14
    渋谷アップリンクでは、最新作『パリ、ただよう花』の公開を記念して『ロウ・イエ、雑踏の中の愛と孤独』と題した特集上映を開催する。 2014年1月4日(土)~10日(金)まで、渋谷アップリンクにて開催
  33. 作品情報:『パリ、ただよう花』(12月21日公開)/『スプリング・フィーバー』のロウ・イエ監督最新作/様々なもののはざまで揺れ動くある女性の「愛の問題」を描く Posted at 2013/12/10/17:11
    『スプリング・フィーバー』のロウ・イエ監督最新作となる本作は、パリを舞台に異なる人種や文化、暴力と優しさ、愛とセックスのはざまで揺れ動くある女性の「愛の問題」を描いたロウ・イエ版『ラスト・タンゴ・イン・パリ』とも言える作品だ。 2013年12月21日(土)より、 渋谷アップリンク、新宿K’s シネマにて公開
  34. 作品情報:『いとしきエブリデイ』(11月9日公開)/マイケル・ウィンターボトム監督最新作/5年の歳月をかけて撮影したある家族を通して愛と時間の尊さを描いた感動作 Posted at 2013/11/02/19:18
    イギリスの名匠マイケル・ウィンターボトム監督の最新作となる本作は、投獄中の父の帰りを待ち続ける母子の姿を、5年の歳月をかけて撮影することで、当たり前に過ぎていく毎日のかけがえのなさを描き出した感動作だ。 /2013年11月9日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国公開
  35. 『母の身終い』(11月30日公開)一般試写会にご招待!/尊厳死を選んだ母との残り少ない時間を過ごす息子の姿を描いた荘厳な人間ドラマ Posted at 2013/11/01/18:25
    脳腫瘍に冒され尊厳死を選んだ母と、そんな母の選択に戸惑う息子。母が旅立つ日までに残されたわずかな時間を過ごす母子の姿を描いた荘厳な人間ドラマ『母の身終い』の一般試写会に10組20名様をご招待します。 応募締め切り:11月14日(木)  2013年12月、シネスイッチ銀座他全国ロードショー
  36. 作品情報:『父の秘密』(11月2日公開)/第65回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門グランプリ受賞/メキシコの新鋭監督が描く父娘の愛情の物語 Posted at 2013/10/29/18:58
    第65回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門でグランプリを受賞した本作は、母を亡くした父娘を通して、否応なく日常を侵食してくる暴力という問題を見つめながら、“家族だからこそ言い出せない秘密”を抱えた父娘が示す普遍的な愛情を浮き彫りにした心理ドラマだ。 2013年11月2日(土)より、ユーロスペース他 全国順次公開
  37. 『すべては君に逢えたから』(11月22日公開)一般試写会にご招待!/東京駅を舞台に10人の男女それぞれの“愛”を描いた和製『ラブ・アクチュアリー』 Posted at 2013/10/15/20:00
    本作は、東京駅を舞台に10人の男女それぞれの“愛”を描いたラブストーリー。玉木宏や木村文乃といった若手から、市川実和子や倍賞千恵子などのベテラン役者が顔を揃え、どの世代でも等身大で楽しめるクリスマス映画になっている。本作の一般試写会に20組40名様をご招待します。 応募締め切り:10月29日(火)  /2013年11月22日(金)新宿ピカデリー他 全国ロードショー
  38. 作品情報:『終わりゆく一日』(10月26日公開)/15年にわたり定点記録された風景や留守番電話の伝言、ボブ・ディランの歌などである男性の人生と愛を浮かび上がらせた叙情ドキュメンタリー Posted at 2013/10/14/21:03
    都市のパノラマ、別れを告げる留守番電話の伝言、 男の心を代弁するボブ・ディランの歌――スイス・チューリッヒのとある部屋で15年にわたって定点記録された人生の断片が、さまざまな愛について語り始める。 鮮烈な映像と赤裸々な音の奇跡的な連なりが、 観る者にあらゆるエモーションを追体験させる究極の叙情ドキュメンタリー。 2013年10月26日(土)より、ユーロスペース他 全国順次公開
  39. 作品情報:『眠れる美女』(10月19日公開)/イタリアの巨匠マルコ・ベロッキオ監督の最新作/イタリア全土を揺るがした尊厳死事件を題材に三つの愛の形を描く Posted at 2013/10/01/23:16
    イタリアの巨匠マルコ・ベロッキオ監督の最新作は、イタリア全土を揺るがした尊厳死事件をモティーフにした三つの物語を並行して描き、生と死を見つめる人間のまなざしを浮き彫りにしたヒューマン・ドラマだ。 2013年10月19日(土)より、シアター・イメージフォーラム他にて全国順次公開!
  40. ラピュタ阿佐ヶ谷モーニング特集『昭和の銀幕に輝くヒロイン第70弾・有馬稲子』9月1日より開催 Posted at 2013/08/28/19:08
    ラピュタ阿佐ヶ谷の名物特集上映「昭和の銀幕に輝くヒロイン」第70弾となる今回は、宝塚から映画界に転身し、俳優自身による独立プロダクションを設立するなど様々な形で日本の映画界に女優・有馬稲子を特集する。 2013年9月1日(日)~11月9日(土)まで、ラピュタ阿佐ケ谷にて 連日10:30より1回のみ上映
  41. 熊切和嘉監督インタビュー:映画『夏の終り』(8月31日公開)について【2/4】 Posted at 2013/08/28/00:32
    瀬戸内寂聴が実体験を元に、年上の男と年下の男との三角関係を描いて一大センセーションを巻き起こした小説『夏の終り』を、出版から50年を経て映画化した熊切和嘉監督にお話を伺った。【Page2/4】 2013年8月31日(土)有楽町スバル座ほか全国ロードショー
  42. 作品情報:『あかぼし』8月3日公開/人気声優、朴璐美(ぱくろみ)の実写初主演作 Posted at 2013/07/03/23:11
    『鋼の錬金術師』『∀ガンダム』の主演声優として絶大な人気を誇る朴璐美が初の実写映画主演に挑んだ本作は、夫の失踪により人間不信となり新興宗教にのめり込んでゆく母親と、そんな母親を見守り続ける息子の姿を描いた人間ドラマだ。 2013年8月3日(土)より、新宿K’s シネマにてレイトショー!!
  43. 『トゥ・ザ・ワンダー』(8月9日公開)一般試写会にご招待!/テレンス・マリック監督最新作/ベン・アフレック主演 Posted at 2013/07/02/21:24
    アメリカの巨匠・テレンス・マリック監督最新作となる本作は、4人の男女の姿を通じて愛が生まれ移ろう様を壮大で美しい映像美で描く意欲作。本作『トゥ・ザ・ワンダー』の一般試写会に5組10名様をご招待します。 応募締め切り:7月17日(水) 2013年8月9日(金)、TOHOシネマズシャンテ、 新宿武蔵野館ほか全国公開
  44. 大西信満インタビュー:映画『さよなら渓谷』(6月22日公開)について【1/4】 Posted at 2013/06/16/16:31
    映画『さよなら渓谷』は、レイプ事件の被害者と加害者でありながら現在は同居している男女の複雑な心理を描いた吉田修一の同名小説を、大森立嗣監督が映画化した。主演で映画化企画者の一人でもある大西信満さんに作品についてお話を伺った。 【Page1/4】2013年6月22日(土)より全国ロードショー
  45. 作品情報:『嘆きのピエタ』6月15日公開/キム・ギドク監督最新作/第69回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞のサスペンス・ドラマ Posted at 2013/05/05/22:40
    ファン待望のキム・ギドク監督最新作となる本作は、天涯孤独に生きてきた借金取りの男が、突然現れた母親を名乗る謎の女との関係を通して、生まれて初めて母の愛に触れていく姿を描いたサスペンス・ドラマだ。衝撃的な結末は、第69回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞ほか数々の賞を獲得するなど世界中で絶賛された。 2013年6月15日(土)より、Bunkamuraル・シネマ他にて全国順次公開
  46. 作品情報:『カルテット!人生のオペラハウス』4月19日公開/ダスティン・ホフマン初監督作/クラシックの名曲の数々と笑いと涙で彩る人生賛歌 Posted at 2013/03/30/20:28
    名優ダスティン・ホフマンの監督デビュー作となる本作は、引退した音楽家たちが暮らす老人ホームの存続をかけて、往年の四人のスターが起死回生のコンサートに挑む姿をクラシックの名曲の数々と笑いと涙で彩った人生賛歌だ。 2013年4月19日(金)より、 TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマ他全国順次ロードショー
  47. 阿部寛インタビュー:映画「メモリーズ・コーナー」(2月23日公開)について Posted at 2013/02/22/20:16
    映画「メモリーズ・コーナー」は、阪神大震災後の被災地を舞台にしたフランス映画。撮影直後に東日本大震災が発生し長く公開が見送られていたが、漸く劇場公開されることになった。公開を直前に控えた主演の阿部寛さんにお話を伺った。 2013年2月23日(土)よりシネマート六本木、シネマート心斎橋他、全国順次公開
  48. 作品情報:『ジャンゴ 繋がれざる者』3月1日公開/ファン待望のクエンティン・タランティーノ監督最新作 Posted at 2013/02/13/19:49
    ファン待望のクエンティン・タランティーノ監督最新作となる本作は、元奴隷の黒人ガンマンを主役にマカロニ・ウエスタンの枠組みで黒人奴隷制の真実を暴いてみせた痛快復讐劇。L・ディカプリオが初の本格的悪役を演じて注目を集めているほか、アメリカの映画賞レースでも高い評価を受け話題を呼んでいる。 2013年3月1日(金)より丸の内ピカデリー他全国ロードショー!
  49. 『ファスビンダーと美しきヒロインたち』12月15日より渋谷シアター・イメージフォーラムにて5週間限定公開! Posted at 2012/12/01/18:48
    ニュージャーマンシネマの旗手・ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー監督没後30年を記念して、女性の生き様をドラマティックに描き出した傑作「マリア・ブラウンの結婚」「ローラ」「マルタ」三作を上映する。 2012年12月15日(土)より渋谷シアター・イメージフォーラムにて5週間限定ロードショー!
  50. 作品情報:『ミロクローゼ』11月24日公開/ニューヨーク・アジア映画祭で主演:山田孝之が日本人初のライジング・スター・アワードを受賞した話題作 Posted at 2012/11/22/16:19
    独創的な作風で知られる気鋭の映像クリエイター石橋義正が、停滞気味の映画界に満を持して殴り込みを掛ける意欲作がいよいよ日本で公開される。本作は世界中の映画祭で絶賛され、主演の山田孝之がニューヨーク・アジア映画祭で日本人初のライジング・スター・アワードを受賞した。 2012年11月24日(土)、シネクイントほか全国順次ロードショー
  51. 『ラブ・アンド・エロス・シネマ・コレクション2nd”Autumn”』9月15日より開催! Posted at 2012/08/20/14:41
    四季を通して「ラブ」と「エロス」に彩られた作品を取り上げる企画上映2ndシーズンの第二弾となる今回は、片岡修二監督が「ストリップ」、森岡利行監督が「遊廓」、いまおかしんじ監督が「ヴァンパイア」を題材に、独自の作品世界を展開している。2012年9月15日(土)より池袋・シネマロサにてレイトショー!
  52. 山本政志プロデュースの映画塾『シネマ☆インパクト』第1期5作品、9月1日より公開! Posted at 2012/08/19/12:55
    山本政志プロデュースの「シネマ☆インパクト」は、選ばれた精鋭監督達の制作する短編映画に参加しながら実践的な映画体験を提供する映画塾。今回、第1期に制作した大森立嗣、瀬々敬久、鈴木卓爾、深作健太、山本政志各監督による作品が公開される運びになった。2012年9月1日(金)~14日(金)まで、オーディトリウム渋谷にて公開
  53. 作品情報:『夢売るふたり』9月8日公開/西川美和監督最新作、松たか子×阿部サダヲ主演 Posted at 2012/08/12/18:50
    『ゆれる』『ディア・ドクター』の西川美和監督の最新作となる本作は、火事ですべてを失ったことで結婚詐欺を企てる夫婦を通して、様々な男女の一筋縄でいかない関係性と男女の本性を炙り出す異色ラブストーリーだ。6月28日に実施された完成披露試写会の舞台挨拶の様子も掲載。 2012年9月8日(土)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー!
  54. カンヌ国際映画祭2012/深谷レポート【1/4】 Posted at 2012/07/15/19:55
    5月16日から11日に渡って開催されたカンヌ国際映画祭は今年で65回目を迎える。この世界最大の映画の祭典に初参加した深谷直子が、現地の模様をお届けする。【Page1/4】
  55. 作品情報:『ファウスト』6月2日公開/アレクサンドル・ソクーロフ監督最新作/第68回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞作 Posted at 2012/05/28/23:49
    大人気アニメ「魔法少女まどかマギカ」のイメージソースとしても注目を集めたドイツの文豪ゲーテの傑作「ファウスト」を、ロシアの巨匠アレクサンドル・ソクーロフ監督が映画化。第68回ヴェネチア国際映画祭では、審査員の満場一致で金獅子賞を獲得した話題作だ。
  56. 作品情報:『どんずまり便器』4月14日レイトショー上映 Posted at 2012/03/28/17:34
    「パンツの華」や「少年少女」などの短編作品で注目を集める若手女性映画監督・小栗はるひ監督の待望の劇場デビュー長編作品となる本作は、過去のトラウマから抜け出せない姉弟の歪んだ愛情を力強く描いた作品だ。
  57. 作品情報:『ルート・アイリッシュ』3月31日公開/ケン・ローチ監督最新作 Posted at 2012/03/06/19:43
    ケン・ローチ監督の最新作となる本作は、イラク戦争の知られざる闇を巡るスリリングなミステリーであると同時に、元民間兵や戦争で夫を亡くした妻など今なお戦争の後遺症に悩む人々の苦しみとそこからの脱却を描いた感動作だ。
  58. 3月17日公開『青い塩』一般試写会にご招待! Posted at 2012/02/15/21:25
    『イルマーレ』のイ・ヒョンスン監督の11年ぶりの最新作。『殺人の追憶』『グッド・バッド・ウィア―ド』『渇き』などで知られる実力派俳優ソン・ガンホ主演の異色ラブストーリー『青い塩』一般試写会に15組30名様をご招待します。
  59. 作品情報:『運命の子』 Posted at 2011/12/17/17:58
    中国の巨匠チェン・カイコー監督の最新作は、司馬遷の『史記』 に記され、古くから中国で親しまれている名作「趙氏孤児」を、現代にも通じる普遍的な人間ドラマとして再構築した感動作だ。11/4に行われた監督来日記者会見時のメッセージも掲載。
  60. 作品情報:『サルトルとボーヴォワール 哲学と愛』 Posted at 2011/11/16/23:04
    本作は、フランスの哲学者サルトルと「第二の性」の著者でフェミニズムの旗手として知られるシモーヌ・ド・ボーヴォワールとの運命的な出会いから、二人が時代の寵児となってゆく軌跡を描いた愛の物語だ。
  61. 1月7日公開『パーフェクト・センス』一般試写会にご招待! Posted at 2011/11/09/12:47
    『猟人日記』の異才デヴィッド・マッケンジー監督が、ユアン・マクレガー×エヴァ・グリーンで贈るSFパニックドラマ。徐々に五感を奪い去る奇病が蔓延した世界の片隅で出会った男女の愛を、斬新な映像世界で描き出した『パーフェクト・センス』の一般試写会に5組10名様をご招待!
  62. 作品情報:『カンパニー・メン』 Posted at 2011/09/04/12:49
    ベン・アフレック、トミー・リー・ジョーンズ、クリス・クーパー、ケヴィン・コスナー。4人のアカデミー賞俳優の競演で贈る本作は、失業を契機にそれぞれの原点に回帰する男たちの姿を描いた人生再起の物語だ。 2011年9月23日(祝・金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開
  63. 作品情報:『監督失格』 Posted at 2011/07/11/17:44
    庵野秀明による実写映画初プロデュースで注目を集めている本作は、林由美香との北海道自転車旅行を記録した『由美香』が絶賛された平野勝之監督の11年ぶりの新作だ。急逝した林由美香をめぐる14年間に及ぶ日々を通して「喪失」と「再生」を描いたドキュメンタリーだ。 2011年9月3日(土)より、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて独占先行ロードショー
  64. 作品情報:『赤い靴:デジタルリマスター・エディション』 Posted at 2011/06/18/01:26
    イギリスの巨匠マイケル・パウエル&エミリック・プレスバーガーの代表作で、バレエ映画の不朽の傑作『赤い靴』がマーティン・スコセッシ監修によるデジタルリマスターで甦った。 2011年7月2日(土)ユーロスペースほか全国順次公開
  65. 作品情報:『BIUTIFUL ビューティフル』 Posted at 2011/06/07/20:20
    ファン待望のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督最新作は、『ノーカントリー』の名優ハビエル・バルデムを迎え、末期がん宣告を受けたシングルファザーの苦悩を描いた人間ドラマだ。 2011年6月25日(土)より、TOHOシネマズ シャンテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー
  66. 作品情報:『クロエ』 Posted at 2011/04/07/19:36
    カナダの鬼才アトム・エゴヤン監督の最新作は、夫の愛を試すために妻が雇った娼婦によって平穏な家族が崩壊していく様を描いた官能サスペンスだ。 2011年5月28日(土)より、TOHOシネマズ シャンテ他全国順次公開!
  67. 作品情報:『トスカーナの贋作』 Posted at 2011/02/07/21:30
    イラン映画の巨匠アッバス・キアロスタミ監督の最新作となる本作は、ひょんなことから偽装夫婦を演じることになった男女が織りなす大人のラブストーリーだ。長篇劇映画としては約10年ぶり、イラン以外の土地を舞台にした初の作品として注目を集めている。 2011年2月19日(土)より、ユーロスペースにて公開!以降全国順次上映
  68. 作品情報:『ブローン・アパート』 Posted at 2011/01/23/02:56
    『ブリジット・ジョーンズの日記』で知られるシャロン・マグアイア監督の最新作は、恋人との情事の最中に爆破テロで幼い息子を失った若い母親がたどる愛と裏切りの物語だ。良き母でありながら欲望に翻弄され、絶望の中から真実に近づいていく女を体現するのは、『ブロークバック・マウンテン』『シャッター アイランド』のミシェル・ウィリアムズ。共演は、『天使と悪魔』のユアン・マクレガー。テロが蔓延する時代、その“真実”はあなたの心を粉々にする。2011年1月29日(土)より、シネパトス銀座他にて全国順次ロードショー
  69. 「アメリア 永遠の翼」特製ブレスレット&ポストカードをプレゼント! Posted at 2010/11/12/17:37
    11月27日(土)より公開される映画『アメリア 永遠の翼』は、世界で初めて大西洋を横断飛行した実在の女性飛行士アメリア・イヤハートの人生を描いた感動作だ。本作の公開を記念して、特製ブレスレット&ポストカードを3名様にプレゼントします。 応募締切:11月28日(日)
  70. レビュー:わたしの可愛い人―シェリ Posted at 2010/10/21/13:42
    『「だめんず」を愛した女の自己責任』 / 恋を取るのか、プライドを守るのか――。ヒロインのレア(ミシェル・ファイファー)は、まさに究極の二者選択を迫られる。親子ほども歳の離れた恋人シェリ(ルパート・フレンド)との愛は、一生に一度きりの愛だと確信している。だからこそ、愛する人と生涯を共に過ごしたいと心から願う。でも、そうすることは、今までの自分の誇り高い人生を完全否定することになる。彼を愛しているのに、彼と一緒にいたら自分らしくいら...
  71. 10月2日公開『ヘヴンズストーリー』非売品プレスシートをプレゼント! Posted at 2010/09/23/23:28
    10月2日(土)から公開される映画『ヘヴンズ ストーリー』は、全9章に渡って20名以上の登場人物を絡み合わせながら、憎しみと復讐の時代である現代における『再生』の意味に真っ正面から向き合った瀬々敬久監督の集大成的な作品である。本作の激レア非売品プレスシートを5名様にプレゼントします。  応募締切:10月9日(土)
  72. 10月2日公開『シングルマン』一般試写会にご招待! Posted at 2010/08/29/23:02
    今世紀最大のカリスマデザイナーとして知られるトム・フォードの初監督作品ながら、各国の映画賞を受賞するなど高い評価を得ている本作は、長年連れ添ったパートナーを失った大学教授の苦悩を通じて、愛する者を失った人生に意味はあるのか?というテーマを描いた愛と再生の物語だ。本作の試写会に5組10名様をご招待します。 応募締切:9月19日(日)
  73. 作品情報:『瞳の奥の秘密』 Posted at 2010/07/31/21:41
    本国アルゼンチンで歴史的な大ヒットを記録し、アカデミー賞外国語映画賞受賞した本作は、未解決事件の真相究明に仮託して描かれる、重厚な愛の物語だ。 2010年8月14日(土)より、TOHOシネマズ シャンテにてロードショー!
  74. レビュー:プレシャス Posted at 2010/06/20/11:02
    『アメリカ貧困家庭が抱える問題の根源とは?』 / (結末に関する言及あり!)ニューヨークのハーレム、母子ふたり、父親はとうに家を出てしまっている貧しい家庭で暮らす16歳の少女の過酷な人生。そんな中でも彼女が未来に向かって歩きだしていく姿を力強く描いた作品である。また、人間ドラマのその向こうに、アメリカの抱えるさまざまな問題を浮かびあがらせ、さらには、その問題の根源や解決への道までをも模索した意欲作で、サンダンス映画祭...
  75. 作品情報:『マイ・ブラザー』 Posted at 2010/04/28/23:39
    『マイ・レフトフット』のジム・シェリダン監督の最新作は、スザンネ・ビアの傑作映画『ある愛の風景』をアメリカ風に翻案した衝撃の感動作だ。戦争で死んだはずの兄が別人になって帰ってきたことで、波乱が生じる家族の姿を通じて愛の本質を問う。トビー・マグワイア×ジェイク・ギレンホール×ナタリー・ポートマンの三人による入魂の演技も見どころとなっている。 6月4日(金)より、TOHOシネマズみゆき座他全国ロードショー
  76. レビュー:抱擁のかけら Posted at 2010/02/11/15:21
    『アルモドバルが見せる三つの「愛」』 / 「愛」という言葉を使うのが、私はどうも恥ずかしい。けれど困ったことに映画の宣伝や粗筋や批評には「愛」が大安売り状態で飛び交っていて、見かけるたび正直照れる。日常では滅多に使わないし、そもそも「愛」って言葉はやたらに使っていいものなのか?とはいえ、そんな私でも迷わず「愛」という言葉を使いたくなる時がある。ペドロ・アルモドバルの映画のことを思う時だ。エキセントリックな登場人物たち、倒錯...
  77. 2月6日公開の映画『抱擁のかけら』ポストカード&非売品プレスシートプレゼント! Posted at 2010/01/23/18:18
    2月6日(土)より全国公開されるペドロ・アルモドバル監督の最新作「抱擁のかけら」のポストカード&非売品プレスシートプレゼントいたします。また、作品の新情報として監督とペネロペ・クルスのオフィシャル・インタビューも掲載。 応募締め切り 2月6日(土)
  78. 作品情報『抱擁のかけら』 Posted at 2010/01/05/19:26
    『オール・アバウト・マイ・マザー』、『トーク・トゥ・ハー』、『ボルベール<帰郷>』の女性讃歌三部作が、世界中の女性から支持を得たペドロ・アルモドバル監督待望の最新作は、愛の誕生と崩壊、再生を通じて人生の価値を浮かび上がらせた人生讃歌だ。 2010年2月6日(土)新宿ピカデリー、TOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国ロードショー
  79. レビュー:私の中のあなた Posted at 2009/11/15/14:17
    『それは愛情なのか、自分のエゴなのか』 / (結末のネタバレあり!) 長女が白血病を罹った家族の闘病の物語といえば、とても月並みな感じがしてしまうのだが、この映画の中の家族はちょっと特殊である。というのも、幼いころより闘病生活を余儀なくされた姉の命を救うために、ドナー提供者としての妹を、遺伝子操作により誕生させたというのである。赤ん坊の時から幾度も手術台に乗った妹アナもすでに11歳。姉のために腎臓を提供するという要求に...
  80. 井土紀州監督インタビュー:映画『行旅死亡人』について Posted at 2009/10/13/19:10
    日本ジャーナリスト専門学校が初めて製作・配給を手がける映画『行旅死亡人』。同校で講師をつとめる井土紀州監督による本作は、傑作『ラザロ-LAZARUS-』につづいて、エンタテインメント映画の本質を追求した驚くべき作品に仕上がっている。さらなる新作も待機中という井土監督にお話をうかがった。(取材/文:佐野 亨)
  81. レビュー:行旅死亡人 Posted at 2009/10/13/19:05
    『のけぞる映画』 / 井土紀州は、いまもっともスリリングに、エンタテインメント映画の本質を追求する映画作家である。『ラザロ-LAZARUS-』で各地の大学生を巻き込み、映画製作をおこなった井土が、今度は日本ジャーナリスト専門学校を製作母体として、本作『行旅死亡人』を完成させた。主人公・滝川ミサキ(藤堂海)は、ルポライターとして一角のものになることを夢見るフリーター。ある朝、彼女の携帯電話に、「滝川ミサキ」という女性が倒れ、...
  82. 作品紹介:『孫文-100年先を見た男-』 Posted at 2009/08/08/01:52
    辛亥革命の前年、9回目の武装蜂起に失敗し国外に逃亡していた孫文の実像と、革命実現まで孫文の傍らで彼を支え続けた一人の女性の姿を描いた歴史ドラマである。 9月5日(土)より、シネマート新宿、横浜シネマリンほか全国にてロードショー!
  83. 妻の貌/富田評 Posted at 2009/07/19/04:17
    『被爆者の妻の心に寄り添った、川本昭人監督の半世紀にわたる愛の記録』 / 2009年4月5日、オバマ米国大統領がチェコのプラハで行った演説のなかで「核兵器のない世界を目指す」と表明したことには驚かされた。世界で最も多くの核兵器を保持する米国のトップが随分と大胆な決断をしたものだ、と。しかもブッシュ前政権は包括的核実験禁止条約(CTBT)への批准を拒否していたというのに、思い切った政策転換だ。このプラハ演説は日本...
  84. 愛を読むひと Posted at 2009/06/30/20:00
    『愛とは?罪とは?赦しとは?――模範解答のない問いに挑んだ至高の作品』 / (結末に関する記述あり!) この日を待っていた。世界的なベストセラーとなったベルンハルト・シュリンクの著書『朗読者』の映画化『愛を読むひと』が公開される日を。そして見終わった後に心の底からこう感じた。――待っていた甲斐があった!そして、この映画に携わったスタッフ、キャストに「(映画をつくってくれて)ありがとうございました」と心のなかで深々と頭を下げた。...
  85. 『キェシロフスキ・プリズム』開催! Posted at 2009/05/22/19:58
    『トリコロール』三部作『デカローグ』で知られるクシシュトフ・キェシロフスキ監督の軌跡を追ったドキュメンタリーと日本初公開作品ほか美と愛と輝きの名作を一挙上映する特集上映が開催される。 6月20日(土)~7月17日(金)ユーロスペースにて開催!(他全国順次開催)
  86. 作品紹介:『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 Posted at 2008/12/20/14:39
    デビッド・フィンチャー待望の新作は、ブラッド・ピット×ケイト・ブランシェットで送る、老人から年を重ねる毎に若返っていく男の人生を描いた人間賛歌だ。ファンタジックなアプローチで「人はいかに生きるべきか」という骨太なテーマに真っ正面から取り組んだ感動巨編に仕上がっている。 2009年2月7日(土)より、丸の内ピカデリー他全国ロードショー
  87. 『1978年、冬。』 Posted at 2008/06/11/22:22
    02年のベルリン映画祭で、チャン・イーモウ以来の衝撃をもって迎えられた新人監督リー・チーシアン、待望の最新作が公開される。中国北部の田舎町に生きる兄弟の姿を静謐な映像美で描き出している。監督からのメッセージ、07年東京国際映画祭でのティーチ・イン&記者会見も掲載。6月14日(土)より、渋谷ユーロスペースにてロードショー全国順次公開
  88. 『トゥヤーの結婚』 Posted at 2008/01/27/22:14
    優しいユーモアと愛に満ち溢れた感動的なストーリー、厚みのある人物造形、そして過酷な草原生活を鮮烈に切り取った映像美が絶賛され、2007年ベルリン国際映画祭で《金熊賞》グランプリを獲得した話題作が公開される。2008年2月23日(土)よりBunkamuraル・シネマにてロードショー他全国順次公開
  89. 『Candyキャンディ』 Posted at 2007/09/21/18:15
    豪州の詩人・ルーク・デイヴィスが自身の実体験を基にして書き上げた同名小説を、豪演劇界の鬼才ニール・アームフィールドがルークと共同で映画化。原作の詩的感覚をそのままに、「真実の愛とは何か」を真っ正面から描いている。2007年9月22日よりシャンテシネ、渋谷シネ・アミューズ他にて公開
  90. 作品情報:『ジャケット』 Posted at 2006/05/14/12:02
    エイドリアン・ブロディ×キーラ・ナイトレイ ジャケット これは、映画界を震撼させる事件。 そして、ラスト10分。 この上なく切ないエモーションが滲み出す―― 2006年5月20日東劇ほか全国ロードショー
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO