キーワード『撮影秘話』が含まれているエントリー

対象エントリー数: 28件
  1. ジャン・デュジャルダン(俳優)公式インタビュー:映画『アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲(プレリュード)』について【2/2】/9月3日(土)公開 Posted at 2016/08/23/18:14
    恋愛映画の傑作『男と女』で知られるフランスの巨匠クロード・ルルーシュ監督の最新作『アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲』の公開に合わせ、ルルーシュ監督と主演のジャン・デュジャルダンの公式インタビューをお届けする。/ジャン・デュジャルダン インタビュー【Page1/2】
  2. 『ひと夏のファンタジア』初日舞台挨拶レポート【1/3】 Posted at 2016/06/29/18:01
    韓国の俊英チャン・ゴンジェ監督の『ひと夏のファンタジア』が公開初日を迎え、来日した監督と女優のキム・セビョクさん、日本人キャストの岩瀬亮さんと康すおんさんが舞台挨拶を行った。その模様をレポートする。【Page1/3】
  3. モーガン・フリーマン&ダイアン・キートン公式インタビュー:映画『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』について【1/2】/1月30日(土)公開 Posted at 2016/01/23/19:26
    『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』のリチャード・ロンクレイン監督に続き、本作で初共演を果たしたモーガン・フリーマンとダイアン・キートンの公式インタビューをお届けする。【Page1/2】/2016年1月30日(土)、シネスイッチ銀座、新宿シネマカリテ、109シネマズ二子玉川ほか全国順次公開
  4. 朝倉加葉子監督インタビュー:映画『女の子よ死体と踊れ』について【5/6】/10月31日(土)よりシネマート新宿にて公開中、ほか全国順次公開 Posted at 2015/11/08/18:45
    アイドルグループ「ゆるめるモ!」初主演の映画『女の子よ死体と踊れ』は、死体をめぐるホラー・ファンタジーを土台に、少女たちの日常に対する鬱屈感や肯定感を描いた青春ガーリー映画だ。本作の朝倉加葉子監督に、作品の製作経緯や撮影秘話など詳しいお話をうかがった。【Page5/6】/2015年10月31日(土)よりシネマート新宿、11月14日(土)よりシネマート心斎橋、名古屋シネマスコーレ、12月5日(土)より仙台・桜井薬局セントラルホール、12月12日(土)より広島・横川シネマ、12月19日(土)より福岡・中洲大洋映画劇場ほか全国順次公開!
  5. 映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』 トム・クルーズ&クリストファー・マッカリー監督来日記者会見レポート【2/3】 Posted at 2015/08/05/23:17
    大人気シリーズ『ミッション:インポッシブル』最新作の日本公開に合わせて、主演のトム・クルーズとクリストファー・マッカリー監督が来日し記者会見を行った。その模様をお届けする。【Page2/3】/2015年8月7日(金)より全国公開
  6. 中村達也(俳優・ドラマー)11000文字ロングインタビュー:映画『野火』について【5/8】/7月25日公開 Posted at 2015/06/28/17:25
    90年代の日本のロックを代表するバンド「ブランキー・ジェット・シティ」解散後もドラマーや俳優として独自の存在感を発揮し続けている中村達也さんに、久々の塚本監督作品への出演となる『野火』の話や俳優、ドラマーとしての思いなど詳しいお話をうかがった。【Page5/8】/ 2015年7月25日(土)より、ユーロスペースほか全国公開
  7. 中村達也(俳優・ドラマー)11000文字ロングインタビュー:映画『野火』について【4/8】/7月25日公開 Posted at 2015/06/28/17:24
    90年代の日本のロックを代表するバンド「ブランキー・ジェット・シティ」解散後もドラマーや俳優として独自の存在感を発揮し続けている中村達也さんに、久々の塚本監督作品への出演となる『野火』の話や俳優、ドラマーとしての思いなど詳しいお話をうかがった。【Page4/8】/ 2015年7月25日(土)より、ユーロスペースほか全国公開
  8. 中村達也(俳優・ドラマー)11000文字ロングインタビュー:映画『野火』について【3/8】/7月25日公開 Posted at 2015/06/28/17:23
    90年代の日本のロックを代表するバンド「ブランキー・ジェット・シティ」解散後もドラマーや俳優として独自の存在感を発揮し続けている中村達也さんに、久々の塚本監督作品への出演となる『野火』の話や俳優、ドラマーとしての思いなど詳しいお話をうかがった。【Page3/8】/ 2015年7月25日(土)より、ユーロスペースほか全国公開
  9. 特集:映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』ジョージ・ミラー監督記者会見&オルガ・ミラーのインタビュー【2/2】 Posted at 2015/06/19/22:37
    今年屈指の傑作「マッドマックス 怒りのデス・ロード」が6月20日より公開される。ジョージ・ミラー監督の記者会見とスタントで参加したオルガ・ミラーのインタビューをお届けする。【Page2/2】/ 2015年6月20日(土)全国ロードショー!
  10. 河井青葉(女優)インタビュー:映画『私の男』(6月14日公開)について【3/5】 Posted at 2014/06/13/16:13
    突然孤児になった少女と彼女を引き取った遠縁の男。北海道で親子として暮らすようになった二人の禁断の関係と愛を描いて直木賞を受賞した桜庭一樹の『私の男』を熊切和嘉監督が映画化した。本作で浅野忠信扮する男・淳悟の恋人役を演じた河井青葉さんにお話を伺った。【Page3/5】2014年6月14日(土)より、新宿ピカデリーほか全国公開!
  11. 榊英雄監督インタビュー:映画『捨てがたき人々』について(6月7日公開)【3/4】 Posted at 2014/06/03/23:43
    「人間の業と欲望」を見据えた作風で知られる鬼才漫画家ジョージ秋山の近年の代表作『捨てがたき人々』の映画化に挑んだ榊英雄監督に、今作に賭けた思いや作品についてお話を伺った。【Page3/4】2014年6月7日(土)より、テアトル新宿ほか全国順次ロードショー
  12. マリアンネ・ゼーゲブレヒトインタビュー:映画「バチカンで逢いましょう」について【2/2】 Posted at 2014/04/26/15:52
    『バグダット・カフェ』で知られる女優マリアンネ・ゼーゲブレヒトの久しぶりの主演映画が日本でも公開されるのに合わせ、来日したマリアンネ・ゼーゲブレヒトにお話を伺った。【Page2/2】2014年4月26日(土)より、新宿武蔵野館にてGWロードショー
  13. 映画『ほとりの朔子』(深田晃司監督/1月18日公開)初日舞台挨拶レポート Posted at 2014/01/23/21:12
    去る1月18日、映画「ほとりの朔子」が渋谷シアター・イメージフォーラムにて初日を迎え、深田晃司監督と主演の二階堂ふみほか主要キャスト陣による舞台挨拶が行われた。その模様をお届けする。 2014年1月18日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
  14. 吉倉あおい(女優)インタビュー:映画『ゆるせない、逢いたい』(11月16日公開)について【4/5】 Posted at 2013/11/15/18:44
    デートレイプという難しいテーマに真っ正面から取り組んだ金井純一監督の『ゆるせない、逢いたい』で初主演を果たした吉倉あおいさんに、作品や撮影時に関するお話を伺った。【Page4/5】2013年11月16日公開(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館 にて全国ロードショー
  15. 熊切和嘉監督インタビュー:映画『夏の終り』(8月31日公開)について【4/4】 Posted at 2013/08/28/00:34
    瀬戸内寂聴が実体験を元に、年上の男と年下の男との三角関係を描いて一大センセーションを巻き起こした小説『夏の終り』を、出版から50年を経て映画化した熊切和嘉監督にお話を伺った。【Page4/4】 2013年8月31日(土)有楽町スバル座ほか全国ロードショー
  16. 川口潤監督インタビュー:映画「kocorono」について Posted at 2011/01/30/19:32
    結成23年目を迎えるブラッドサースティ・ブッチャーズの内情を余すところなく記録した音楽ドキュメンタリーを完成させた川口潤監督に話をうかがった。 2011年2月5日(土)より、シアターN渋谷ほか全国順次ロードショー
  17. 熊切和嘉監督&脚本家・宇治田隆史氏インタビュー:映画『海炭市叙景』について Posted at 2010/12/29/17:28
    現在公開中の「海炭市叙景」は、佐藤泰志の同名小説を作家の同級生やファンが中心になって映画化した作品だ。本作のメガホンを取った熊切和嘉監督と脚本の宇治田隆史氏に話をうかがった。 渋谷ユーロスペース、横浜シネマ・ジャック&ベティ、川崎市アートセンターにて公開中、他全国順次公開
  18. 冨永昌敬監督インタビュー:映画『乱暴と待機』について Posted at 2010/11/17/12:02
    本谷有希子は演劇界と文学界の両方で注目を集める才能で、映画化作品に「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」があるが、「乱暴と待機」が映画化され公開中である。「覗くこと」と「覗かせること」というという歪んだ愛情表現でしか愛を表現できない男と女と、一組の夫婦の奇妙な関係を描き、浅野忠信、美波、小池栄子、山田孝之の4人が濃密なアンサンブルを見せてくれる。監督は「パビリオン山椒魚」「パンドラの匣」などの異才である冨永昌敬。その冨永監督に話しをうかがった。 テアトル新宿他全国にて絶賛公開中!!
  19. 『牙狼<GARO>~RED REQUIEM~』完成記者会見/質疑応答編 Posted at 2010/10/13/21:39
    間もなく公開される『牙狼<GARO>~RED REQUIEM~』は、世界的にもまだ珍しい「本物の3Dカメラ」による特撮アクション映画として話題になっている。本作の撮影秘話など披露された完成記者会見の模様をお届けする。  2010年10月30日(土)より、新宿バルト9ほか全国3Dロードショー!
  20. 『牙狼<GARO>~RED REQUIEM~』完成記者会見/紙上再現2 Posted at 2010/10/13/21:35
    間もなく公開される『牙狼<GARO>~RED REQUIEM~』は、世界的にもまだ珍しい「本物の3Dカメラ」による特撮アクション映画として話題になっている。本作の撮影秘話など披露された完成記者会見の模様をお届けする。  2010年10月30日(土)より、新宿バルト9ほか全国3Dロードショー!
  21. 『牙狼<GARO>~RED REQUIEM~』完成記者会見/紙上再現1 Posted at 2010/10/13/21:31
    間もなく公開される『牙狼<GARO>~RED REQUIEM~』は、世界的にもまだ珍しい「本物の3Dカメラ」による特撮アクション映画として話題になっている。本作の撮影秘話など披露された完成記者会見の模様をお届けする。TVシリーズ未見の人向けの簡易解説も掲載。  2010年10月30日(土)より、新宿バルト9ほか全国3Dロードショー!
  22. 辻智彦氏(撮影)インタビュー:映画「ロストパラダイス・イン・トーキョー」について Posted at 2010/09/18/17:22
    『ロストパラダイス・イン・トーキョー』は、社会の閉塞感にもがきながら、必死に居場所を探そうとする現代の若者を描いた白石和彌監督の渾身のデビュー作だ。3人の俳優たちのアンサンブルが見事であり、彼らの間の息苦しい空気感まで映し取るようなカメラは、ときに不穏に、ときに優しく、リアルな世界を形作る。この印象的な撮影は若松組での盟友・辻智彦氏によるもの。ドキュメンタリー出身ならではの「掴まえに行く」撮影術を伺った。2010年9月18日(土)より、ポレポレ東中野にてレイトショー!
  23. 篠崎誠インタビュー:映画「怪談新耳袋 怪奇」について Posted at 2010/09/07/18:52
    日本中から本当にあった実話怪談を収集し、現代怪談ブームを巻き起こした「新耳袋」。同著はBS-TBSでショート・オムニバス『怪談新耳袋』として映像化され、その新感覚の恐怖演出は瞬く間に熱狂的ファンを生んだ。続いて製作された劇場版シリーズ3作品もヒットを記録。世界を席巻したJホラーに大きなインスピレーションを与えたことは、今や伝説として語り継がれている。このロングシリーズの4年ぶりとなる新作でメガホンをとった篠崎誠監督にお話をうかがった。 9月4日(土)より、シアターN渋谷他全国順次公開!
  24. 大西信満インタビュー:映画「キャタピラー」について Posted at 2010/08/24/13:09
    反戦を描いた若松孝二監督の問題作『キャタピラー』で、四肢を失くした帰還兵・久蔵を演じた俳優・大西信満。だが、銃後の妻・シゲ子を演じ、ベルリン国際映画祭銀熊賞(最優秀女優賞)を受賞した寺島しのぶに比すると、彼への注目度がまだまだ少ないのも事実。しかし筆者は断言する。大西信満なくしては、寺島しのぶの栄光もない。東京での公開を翌日に控えて多忙な中、『キャタピラー』の主演俳優・大西信満にインタビューを行なった。(取材:「人の映画評<レビュー>を笑うな」編集部 文:青雪吉木) 8月14日より、東京・テアトル新宿ほかにて公開中。
  25. 佐々木昭一郎監督インタビュー:「佐々木昭一郎というジャンル」上映会によせて Posted at 2010/07/24/16:22
    NHKのディレクターとして、多数のTVドラマを手がけ、いまなお熱烈なリスぺクトを受ける佐々木昭一郎監督。既存のTV表現の枠を逸脱したその独創的な世界観は、ドラマや映画というジャンルの垣根をこえて、すでに「佐々木昭一郎」という一個のジャンルと呼ぶしかない。ワークショップの有志たちによって開催される今回の特集上映にあわせて、佐々木監督のお話をうかがった。 2010年7月24日(土)~7月30日(金)ユーロスペースにて開催
  26. 作品情報:『モダン・ライフ』 Posted at 2010/06/04/18:40
    仏ドキュメンタリー界の巨匠レイモン・ドゥパルドン監督作品としては、日本初公開となる本作は、南仏・セヴェンヌ村で暮らす人々の姿を通じて「人間本来の生活」を問いかけるドキュメンタリーだ。 6月26日(土)より、渋谷シアター・イメージフォーラムほかロードショー
  27. 『掌の小説』トークイベントレポート Posted at 2010/04/06/12:05
    映画『掌の小説』を上映しているユーロスペースでは、期間中の毎週金曜最終上映後にトークショーが開催されている。坪川監督、三宅監督、高橋監督が登壇した初回イベントの模様をお伝えする。 今後、4月9日(金)は三宅監督が、4月16日(金)は坪川監督が、4月23日は高橋監督と坪川監督、三宅監督の三人によるトークショーが予定されている。特に原作者川端康成の命日にあたる4月16日(金)は、特別料金1000円で鑑賞することができるので是非劇場に足を運んで欲しい。
  28. 園子温監督インタビュー:映画「愛のむきだし」について Posted at 2009/02/21/14:47
    「愛のむきだし」は必見の大傑作である。4時間近くあって園子温監督の集大成的作品でもあるが、篭められた熱量が尋常でない。作品ごとにインタビューしてきた園監督だが、今後の活躍も当然ながら期待できることが今回のインタビューでも分かった。
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO