キーワード『日本映画』が含まれているエントリー

対象エントリー数: 17件
  1. 【受講無料】跡見学園女子大学公開講座 秋期教養コース『映画から考える文化表現 ―現代文化表現学として―』開講 Posted at 2016/11/22/19:23
    跡見学園女子大学で、三回に渡って『映画から考える文化表現 ―現代文化表現学として―』と題された公開講座が行われる。各講義はいずれも無料で受講できるとのことなので、映画ファンは気軽に参加してみてはいかがだろうか。
  2. ヴァンサン・ランドン(俳優)公式インタビュー:映画『ティエリー・トグルドーの憂鬱』について【2/2】/8月27日(土)公開 Posted at 2016/08/20/19:06
    フランスで社会派ドラマとしては驚異の観客動員数100万人を記録した『ティエリー・トグルドーの憂鬱』で、2015年カンヌ国際映画祭主演男優賞を受賞したヴァンサン・ランドンの公式インタビューをお届けする。【Page2/2】
  3. 矢崎仁司監督インタビュー:映画『無伴奏』について【4/5】/2016年3月26日(土)、新宿シネマカリテ他全国ロードショー Posted at 2016/03/23/21:54
    直木賞作家・小池真理子の半自叙伝的同名小説『無伴奏』の映画化に挑んだ矢崎仁司監督に、現場の様子や撮影秘話、作品に込めた想いなど詳しいお話をうかがった。【Page4/5】/2016年3月26日(土)、新宿シネマカリテ他全国ロードショー
  4. 榎本憲男(監督・脚本・プロデュース)インタビュー:映画『森のカフェ』について【5/6】/2015年12月12日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷他にて上映中 Posted at 2015/12/26/17:35
    劇場支配人やプロデューサーなど、様々な形で日本の映画界に携わってきた榎本憲男監督。現在公開されている長編第2作となる『森のカフェ』の撮影秘話や自主映画への想いなど、映画作りや映画業界全般に関するお話を詳しくうかがった。【Page5/6】
  5. 「第15回ミューズ シネマ・セレクション 世界が注目する日本映画たち」上映の『恋の渦』(大根仁監督舞台挨拶付)鑑賞券をプレゼント!/3月20日(金)上映 Posted at 2015/02/19/22:48
    『モテキ』を大ヒットさせた大根仁監督の第2作で、若者たちの「恋」にまつわる本音のリアルさなどが圧倒的支持を獲得し、 限定公開から全国に拡大上映となった『恋の渦』が、 「第15回ミューズ シネマ・セレクション 世界が注目する日本映画たち」で上映される。 大根仁監督もゲストとして来場するこの上映回に5組10名様をご招待します。 応募締め切り:3月10日(火) / 2015年3月20日(金)、所沢市民文化センター ミューズ マーキーホールにて上映
  6. 小劇場ザムザ阿佐谷にて上映イベント開催/「天願大介監督作品『魔王』上映&トーク」(6月29日)、「『戦前日本SF映画小回顧』前夜祭」(6月30日) Posted at 2014/06/14/16:52
    小劇場ザムザ阿佐谷では、「世界で一番美しい夜」「デンデラ」の天願大介監督の20年ぶりの自主映画となる『魔王』の上映とトークイベント、8月10日よりラピュタ阿佐ヶ谷にて開催される特集上映「戦前日本SF映画小回顧」の前夜祭が開催される。/ 2014年6月29日 (日)天願大介監督「魔王」上映イベント、6月30日 (月)「戦前日本SF映画小回顧」前夜祭 小劇場ザムザ阿佐谷にて上映
  7. 第66回カンヌ国際映画祭/深谷レポート【2/5】 Posted at 2013/07/27/14:42
    5月15日から11日間に渡って開催された第66回カンヌ国際映画祭。昨年に引き続きこの世界最大の映画の祭典に参加した深谷直子が、現地の模様をお届けする。【Page2/5】
  8. 『第34回ぴあフィルムフェスティバル』9月18日より開催! Posted at 2012/09/13/19:38
    今年も日本映画の未来を担う若手監督たちの祭典『ぴあフィルムフェスティバル』の季節がやってきた。34回目となる今年は、イギリスの巨匠監督マイケル・パウエルの特集上映や森田芳光監督の追悼特集など、コンペティション以外にも映画志望者にとって魅力的なプログラムが用意されている。2012年9月18日(火)~28日(金)(月曜休館)まで、東京国立近代美術館フィルムセンターにて開催
  9. カンヌ国際映画祭2012/深谷レポート【4/4】 Posted at 2012/07/15/19:58
    5月16日から11日に渡って開催されたカンヌ国際映画祭は今年で65回目を迎える。この世界最大の映画の祭典に初参加した深谷直子が、現地の模様をお届けする。【Page4/4】
  10. カンヌ国際映画祭2012/深谷レポート【3/4】 Posted at 2012/07/15/19:57
    5月16日から11日に渡って開催されたカンヌ国際映画祭は今年で65回目を迎える。この世界最大の映画の祭典に初参加した深谷直子が、現地の模様をお届けする。【Page3/4】
  11. 吉田光希監督インタビュー:映画「家族X」について【1/3】 Posted at 2011/09/15/22:31
    2008年ぴあフィルムフェスティバルで審査員特別賞を獲得して注目された吉田光希監督に、公開を控えた商業映画デビュー作『家族X』についてお話を伺った。【page1】 2011年9月24日(土)、ユーロスペース他にて全国順次ロードショー!
  12. 『第33回ぴあフィルムフェスティバル』開催! Posted at 2011/09/03/18:38
    若手監督の自主制作作品を上映する「PFF ぴあフィルムフェスティバル」の季節がやって来た。今年は602本もの応募作品から17作品を厳選、充実した俳優陣とシリアスな題材への挑戦が際立つラインナップとなっている。 2011年9月20日(火)~30日(金)(毎週月曜休館)まで、東京国立近代美術館 フィルムセンター大ホールにて開催
  13. 天願大介監督インタビュー:映画『デンデラ』について Posted at 2011/07/08/11:41
    姥捨て山を題材にした今村昌平監督の「楢山節考」の後日談的内容や、ベテラン女優陣が夢の競演を果たしたことでも話題の映画『デンデラ』を撮った天願大介監督にお話をうかがった。 2011年6月25日(土)より、全国ロードショー中
  14. 特別上映『世界のなかの日本映画――国際交流基金所蔵フィルムから』 Posted at 2010/02/19/13:55
    海外の映画研究者が選んだ日本映画9作品を英語字幕付きフィルムで上映する。また、期間中には特別企画として、河瀨直美監督とフランスの映画批評家でシネマテーク・フランセーズの元ディレクターでもあるドミニク・パイーニ氏を迎え、河瀬監督が昨年のカンヌ国際映画祭で発表した『火垂 2009version』も英語字幕付で上映される。2月27日(土)~3月6日(土)(6日間/日曜休館)@アテネ・フランセ文化センター
  15. 脚本家・向井康介×わたなべりんたろう対談:映画『ダウト』について&ヒップホップに関して【3/3】 Posted at 2009/11/05/11:58
    脚本家と一つの映画に関して対談するシリーズの第二回は、『リアリズムの宿』『リンダリンダリンダ』『色即ぜねれいしょん』の脚本家・向井康介氏を招き、メリル・ストリープ×フィリップ・シーモア・ホフマンの『ダウト』について語り合われた。/第三部:日本映画に関してなど  (文:わたなべりんたろう)
  16. ATG映画特集上映開催に寄せて Posted at 2007/10/31/16:10
    11月3日から11月いっぱいにかけて、六本木シネマートでATG映画の特集上映が行われる。この特集上映に関わっている者としての依頼をうけたので、序文になるようなものを書いておきたい。まず、今回の上映は日本映画の貴重な財産でもあるATG映画をスクリーンで観る機会を提供するのが大きな目的である。...
  17. 『オペレッタ狸御殿』チャン・ツィイー来日記者会見 Posted at 2005/05/21/03:03
    去る3月29日、鈴木清順監督の新作「オペレッタ狸御殿」に主演するチャン・ツィイーが来日、監督と競演者のオダギリジョーと共にパークハイアット東京ボールルームにて記者会見を行った。  「狸御殿シリーズ」とは、1939年から59年にかけて美空ひばりや市川雷蔵など、当時の大スター達がこぞって出演して大ヒット...
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO