キーワード『昭和』が含まれているエントリー

対象エントリー数: 15件
  1. ラピュタ阿佐ヶ谷特集『風のように 映画俳優・池部良』5月17日より開催/昭和ダンディズム・池部良出演の33作品を一挙上映 Posted at 2015/05/05/18:55
    昭和のダンディ俳優として今も観る人を魅了してやまない池部良出演の33作品を一挙に上映する特集上映がラピュタ阿佐ヶ谷で開催される。 / 2015年5月17日(日)~7月11日(土)まで、ラピュタ阿佐ケ谷にて開催
  2. neoneo web連載コラム『DIG!聴くメンタリー』が初のイベント化/2月13日(金)、新宿LiveWireにて開催 Posted at 2015/02/08/18:34
    アナログ時代にあった、各地の実況や著名人の肉声などのレコードを“聴くドキュメンタリー”と捉えて紹介するneoneo web連載のコラム『DIG!聴くメンタリー』が初のイベント化する。筆者のワカキコースケがゲストを招き、ニッチでディープなトークを行う。/ 2015年2月13日(金)、新宿LiveWireにて開催
  3. 「20世紀ノスタルジア」の原 將人監督最新作「あなたにゐてほしい」1月31日(土)より上映決定! Posted at 2015/01/09/22:12
    「20世紀ノスタルジア」の原 將人監督の最新作「あなたにゐてほしい」がポレポレ東中野で上映されることが決定した。本作は戦後のテレビ普及が始まった時代の小さな山村を舞台に、戦死した許婚者の帰りを待ちながら、村人と共にテレビ電波を届ける女性の姿を描いたラブストーリー。期間中は連日トークショウも開催。/ 2015年1月31日(土)~2月13日(金)、ポレポレ東中野にて公開 連日18:30上映スタート
  4. ラピュタ阿佐ヶ谷モーニング特集『昭和の銀幕に輝くヒロイン第74弾・越路吹雪』9月21日より開催 Posted at 2014/09/17/21:01
    夢の中に君がいる―越路吹雪メモリアル 単行本 ラピュタ阿佐ヶ谷恒例のモーニング特集『昭和の銀幕に輝くヒロイン』企画の第74弾は、宝塚から東宝の専属女優を経て日本シャンソン界の女王として昭和のショービズで活躍した越路吹雪を特集する。 / 2014年9月21日(日)~11月22日(土)まで、ラピュタ阿佐ケ谷にて連日10:30より1回のみ上映
  5. 書泉の大型フェア「映画百選~初笑い喜劇映画の巻~」1月1日~31日まで開催! Posted at 2013/12/27/18:57
    神田神保町にある書泉グランデ1階で、お正月を笑って迎えるのにぴったりな、おすすめ喜劇DVDや喜劇に関連する書籍を一挙展開する大型フェア「映画百選~初笑い喜劇映画の巻~」が開催される。 2014年1月1日(水)~1月31日(金)まで、神田神保町・書泉グランデ1階にて開催
  6. 『BUNGO~ささやかな欲望~』監督ティーチ・イン実施! Posted at 2012/10/05/17:55
    昭和を代表する文豪の傑作短編6作を、将来を担うキャストと気鋭の映像作家で描いたオムニバス『BUNGO~ささやかな欲望~』が公開中だ。今回、角川シネマ有楽町にて監督のティーチインが実施されることになった。また、9月29日に行われた初日舞台挨拶の模様もお届けする。
  7. 井浦新インタビュー:映画「11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち」について【4/4】 Posted at 2012/06/01/20:50
    先日閉幕となったカンヌ国際映画祭「ある視点」部門で上映され、話題を呼んだ若松孝二監督の新作『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』。本作で三島由紀夫役を演じ、新しい解釈の三島像を打ち出した井浦新さんにお話を伺った。【page4/4】
  8. 特集:明日泣く Posted at 2011/11/11/00:12
    『「嘘と夢」のジャズ映画』/特別寄稿:荻原 魚雷 色川武大、またの名は阿佐田哲也――。色川名義では純文学(映画やジャズに関するエッセイ集もある)、阿佐田名義では『麻雀放浪記』をはじめ、数々のギャンブル小説を残した作家で、他にも別のペンネームで時代小説などを書いていた)。「明日泣く」は“アイル・クライ・トゥモロウ”という小唄曲からきている。キッコ(定岡菊子)という「好きなことをして一生完遂...
  9. 作品情報:『ムーランルージュの青春』 Posted at 2011/08/28/11:16
    アイドルの元祖である明日待子を筆頭に数々の名優達を輩出して日本の演劇史にその名を残す「ムーランルージュ新宿座」。本作は当時の貴重な資料や関係者の証言をまとめた記録映画だ。 2011年9月17日(土)より、新宿K's cinemaにてロードショー
  10. 8月21日より神保町シアターにて開催『太田和彦編 映画と酒場と男と女』 Posted at 2010/08/15/19:57
    グラフィックデザイナーで居酒屋探訪家としても知られる太田和彦氏の編による酒場を舞台にした人間模様を描いた作品を特集する。8月21日(土)、9月4日(土)、9月10日(金)の『泡立つ青春』(ビール会社PR映画/マキノ正博監督/1934年/出演=保瀬薫、室町歌江、衣笠八重子/サッポロビール㈱提供)上映時に、ビールを無料プレゼントする特別イベントも!  2010年8月21日(土)~9月10日(金)まで、神保町シアターにて開催!
  11. 7月24日より開催、神保町シアター特集上映
    『昭和の子どもたち』&『化け猫の夜』招待券をプレゼント!
    Posted at 2010/07/17/14:06

    7月24日(土)から神保町シアターで開催される夏休み特別上映『昭和の子どもたち』&レイト特集『化け猫の夜』の期間中利用可能な招待券を各プログラム5組10名様にプレゼントします。 応募締切:7月29日(木)
  12. 日活シネマクラシックVol.1「ヒーロー・石原裕次郎―23回忌―」 Posted at 2009/07/03/08:58
    1956年、兄・慎太郎の芥川受賞作の映画化『太陽の季節』に脇役として出演。慶大を中退して日活に入社し、『狂った果実』で主演デビューし、またたくまに銀幕の大スターとなった石原裕次郎。歌手としても500曲以上を吹き込み、「銀座の恋の物語」「ブランデーグラス」などのヒット作を生み出し、正に昭和のヒーローであった。1987年7月17日、死去(享年52)、今年、23回忌を迎える。シネマート六本木では日活シネマクラシック第一弾として石原裕次郎出演作を上映し、良き時代の娯楽映画のムードに浸っていく。2009年7月11日(土)~8月7日(金)まで、シネマート六本木にて開催
  13. 『丘を越えて』 Posted at 2008/03/26/18:55
    菊池寛とその時代を描いた猪瀬直樹の原作を、「火火」で新境地を開拓した名匠高橋伴明が映画化。徹底的にこだわったという昭和初期の雰囲気がスクリーンに再現される。西田敏行扮する菊池寛もなかなか似てる。2008年5月、シネスイッチ銀座、新宿バルト9ほか全国ロードショー!!
  14. 「縁側で縫い物」編 Posted at 2006/06/27/11:45
    この前買ったRE-HUSH のジーンズの釦ホールが ルーズだったんでターコイズブルーの糸で補強した。 今日でようやく解放される……事を信じたい……。 高岡プロデューサーから今月号の新潮45に 下山事件の新事実がスクープされてますよ…… とメールもらい 慌てて買う。 ……がオレの知りたい事実ではなか...
  15. 「謀殺・下山事件」編 Posted at 2005/06/01/05:15
    何故か昭和24の夏に起きた殺人事件に惹かれてしまい、 ここ数か月映像を探したり文献を調べたりしている。 GHQ謀略説もあるが、 一筋縄ではいかないこの戦後の闇を解析するのは なかなかに好奇心を捉えて離さない。 何故急に、下山事件か……それは下北沢に道が出来るからである。 環七から下北沢を二つに分断し...
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO