キーワード『未来』が含まれているエントリー

対象エントリー数: 12件
  1. ニコラス・ウィンディング・レフン監督インタビュー:映画『ネオン・デーモン』について【1/4】/TOHOシネマズ六本木ヒルズにて公開中 Posted at 2017/01/15/13:01
    最新作の映画『ネオン・デーモン』公開に合わせて来日したニコラス・ウィンディング・レフン監督に、映画作りや音楽、キャスティングについてなど詳しいお話をうかがった。【Page1/4】
  2. “長尺映画”に光を当てたアートプロジェクト「ロングフィルム・シアター」、ユナイテッド・シネマ浦和にて開催 Posted at 2016/09/24/19:56
    9月24日(土)よりさいたま市で開催されている国際芸術祭「さいたまトリエンナーレ2016」で、上映される機会が少ない“長尺映画”を取り上げるアートプロジェクト「ロングフィルム・シアター」が催される。2016年10月7日(金)・8日(土)・11月4日(金)・5日(土)・12月2日(金)・3日(土)、ユナイテッド・シネマ浦和にて開催
  3. 新作情報:小泉今日子×二階堂ふみW主演作『ふきげんな過去』/6月25日公開/死んだはずの伯母と同居することになった女子高生が経験する「ひと夏」の物語 Posted at 2016/06/10/21:15
    異才の劇作家・前田司郎監督最新作で、小泉今日子×二階堂ふみW主演で贈る本作は、死んだはずの伯母と同居することになった女子高生が経験する「ひと夏」の物語だ。
  4. 内田伸輝監督&杉野希妃(プロデューサー、女優)インタビュー:映画『おだやかな日常』について【4/4】 Posted at 2012/12/22/00:44
    これまでの震災映画とは異なる切り口で「震災後の世界に生きる人」の姿を真摯に見つめた『おだやかな日常』が公開される内田伸輝監督と、困難な企画に賛同しプロデューサーと主演を務めた杉野希妃さんに、東京フィルメックスの会期中にインタビューを行った。【Page4/4】
  5. 地球はイデ隊員の星/連載第25回:放送第15話『恐怖の宇宙線』(中) Posted at 2012/01/18/18:58
    前回は、怪獣と児童画の関係について考えることに熱心になり、イデ隊員のイの字も出て来ませんでした。もうしばらく、寄り道させてもらいます。ユーミンの話が急にしたくなったのです。『ウルトラマン』の話からユーミンって……。ねえ。脱線もいいところなんですが、こういう連想のつながりこそ大事な気がするので、ちょっとお付き合いください。第11話(連載第16回)で僕は、子どもたちが遊び場・社交場にすることができた空き地は高度経済成長期下の産物だったことを書きました。「やがて宅地になるか施設が建築され...
  6. SKIPシティDシネマプロジェクト第一弾支援作『未来の記録』がバリアフリー/英仏字幕対応でリバイバル上映 Posted at 2011/12/18/14:35
    今年、SKIPシティDシネマプロジェクト第一弾支援作として選出、劇場公開された後、デンバー国際映画祭正式招待やトリノ国際映画祭出品など海外でも評価されている岸建太朗監督の『未来の記録』が、バリアフリー/英仏字幕対応でリバイバル上映されることになった。
  7. 作品情報:『サラエボ、希望の街角』 Posted at 2011/02/15/12:44
    前作『サラエボの花』で06年ベルリン国際映画祭金熊賞を獲得したヤスミラ・ジュバニッチ監督の第二作となる本作は、サラエボの現在を見据えながら未来への希望と祈りが込められた感動作だ。 監督の公式インタビューも掲載! 2011年2月19日(土)より、岩波ホールほか全国順次ロードショー!
  8. 地球はイデ隊員の星/連載第4回:第3話『科特隊出撃せよ』 Posted at 2010/08/27/13:07
    第1話、特に第2話と、イデ隊員度の高いエピソードが続き、さァ、これは大変なものに手を付けたようだぞ、とドキドキしていましたが。第3話はとうとうというか、ようやくというか、イデ隊員の見せ場がほとんど無いエピソードです。ちょっとホッとする気持ちも、正直あったりして。しかし、イデ隊員が脇役に徹しているエピソードこそ、本連載のがんばりどころであります。もともと、コミカルな三枚目のなかに隠されたイデ隊員の普遍的な魅力を引き出すことが目的でしたから。ここまでのイデ隊員が、いささかフィーチャーされ過ぎだったのです。...
  9. 第10回東京フィルメックス開催! Posted at 2009/11/03/22:08
    11月21日(土)から開催される東京フィルメックスは、今年で10回目を数える。今回は「映画の未来へ」をテーマに、アジアの注目作10本を紹介する「コンペティション」や世界中から選りすぐった気鋭の監督たちの新作10本を紹介する「特別招待作品」以外にも、特集上映、10周年記念イベントなど、盛りだくさんの8日間になっている。 11月21日(土)~11月29日(日)まで、 有楽町朝日ホール、東劇他にて開催!
  10. 人気アニメ「電脳コイル」DVD第1巻発売決定! Posted at 2007/08/02/09:21
    今よりちよっと未来の202X年!フシギ都市で起こるヤサコとイサコのひと夏の冒険!――現在、NHKで放映中の話題のアニメ「電脳コイル」が、9月25日についにDVDで登場!限定版&通常版2タイトルが同時発売!!レンタルも同時スタート!
  11. トゥモロー・ワールド Posted at 2006/11/14/16:50
    「トゥモロー・ワールド」評/絶望的な未来を貫く現代への祈り  現在の社会に見え隠れしているネガティブな要素を抽出し、それを徹底的に推し進めた社会を描いた作品を、一般に「ディストピアもの」と呼ぶ。「天国の口、終わりの楽園」(01)、「ハリー・...
  12. またの日の知華 Posted at 2005/05/01/12:57
    「またの日の知華」評/真正直に『未来』を求め続けた女の肖像  体操選手として将来を嘱望されていたが、出場した大会で平均台の着地に失敗したことを契機に、体操の道を断念した知華。本作はそんな知華がその後歩むこととなる流転の生涯を描いた作品で、「極私的エロス・1974」('74)「...
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO