キーワード『東日本大震災』が含まれているエントリー

対象エントリー数: 34件
  1. 予告編:『彼女の人生は間違いじゃない』/7月15日公開/廣木隆一監督最新作/帰る場所もなく未来も見えない者たちの魂の彷徨を描く Posted at 2017/07/06/21:34
    『さよなら歌舞伎町』の廣木隆一監督が自身の同名処女小説を映画化した本作は、震災後に福島と渋谷を行き来してデリヘルのバイトをする女性を通して、帰る場所もなく未来も見えない者たちの彷徨を描く人間ドラマだ。
  2. 遠藤ミチロウ(監督・ミュージシャン)インタビュー:映画『SHIDAMYOJIN』について【1/7】/5月27日より新宿ケイズシネマにてレイト上映 Posted at 2017/05/24/22:21
    震災をきっかけに出会った盆踊りと民謡の魅力を探りながら、お祭りの楽しさを各地に届ける様子を記録した監督2作目となる『SHIDAMYOJIN』の公開を控えるミュージシャンの遠藤ミチロウさんに、作品や音楽への思いなど詳しいお話をうかがった。【Page1/7】
  3. 新作情報:『ちかくてとおい』/4月29日上映/岩手県大槌町で生まれ育った映画作家が、未来の姪へ向けて作ったドキュメンタリー映画 Posted at 2017/03/28/20:12
    津波で大きな被害を受けた岩手県大槌町で生まれ育った映画作家が、未来の姪へ向けて作ったドキュメンタリー映画。インタビューもなければ、登場人物もいない、震災前後の大槌の風景だけで町の記憶を浮かび上がらせた映像詩。
  4. 新作情報:『SHIDAMYOJIN』/5月27日上映/福島原発事故後、民謡パンクバンドを率いて各地を巡るミュージシャン遠藤ミチロウを追いかけたドキュメンタリー Posted at 2017/03/14/21:07
    福島原発事故の4年後、アンプラグドパンク民謡バンド「羊歯明神」を率いて各地を巡り、盆踊りと民謡を甦らせる活動を続けているミュージシャン・遠藤ミチロウの姿を追いかけたドキュメンタリー。
  5. 尾関玄監督インタビュー:映画『ハルをさがして』について【6/6】/8月6日より下北沢トリウッドにてロードショー Posted at 2016/08/07/00:26
    震災後の福島を舞台に、いなくなった犬探しをする少年少女の姿を描いた青春映画『ハルをさがして』で長編デビューを果たした尾関玄監督に、映画作りの経緯や撮影秘話など詳しいお話をうかがった。【Page6/6】
  6. 尾関玄監督インタビュー:映画『ハルをさがして』について【5/6】/8月6日より下北沢トリウッドにてロードショー Posted at 2016/08/07/00:25
    震災後の福島を舞台に、いなくなった犬探しをする少年少女の姿を描いた青春映画『ハルをさがして』で長編デビューを果たした尾関玄監督に、映画作りの経緯や撮影秘話など詳しいお話をうかがった。【Page5/6】
  7. 尾関玄監督インタビュー:映画『ハルをさがして』について【1/6】/8月6日より下北沢トリウッドにてロードショー Posted at 2016/08/07/00:21
    震災後の福島を舞台に、いなくなった犬探しをする少年少女の姿を描いた青春映画『ハルをさがして』で長編デビューを果たした尾関玄監督に、映画作りの経緯や撮影秘話など詳しいお話をうかがった。【Page1/6】
  8. 遠藤ミチロウ(監督・ミュージシャン)12000字ロングインタビュー:映画『お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました』について【1/9】/1月23日(土)公開 Posted at 2016/01/21/19:11
    2011年に敢行した還暦ソロツアーの模様と行く先々での人々との対話を記録したドキュメンタリー『お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました』が間もなく公開される遠藤ミチロウ監督に、作品やご両親、故郷の福島への想いなど詳しくうかがった。【Page1/9】
  9. 作品情報:『お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました』/1月23日(土)公開/ミュージシャン遠藤ミチロウの還暦(60歳)ソロツアーの模様と各地での対話の記録 Posted at 2015/12/19/19:21
    本作は、過激なパフォーマンスと独自な歌詞世界で多くの人々を魅了し続ける唯一無二のミュージシャン・遠藤ミチロウ(ex.ザ・スターリン)が、2011年に還暦(60歳)ソロツアーを敢行した際の模様と行く先々での人々との対話を描いたロード・ドキュメンタリーだ。/2016年1月23日(土)より、新宿K's cinemaにて公開、以降全国劇場順次公開!
  10. 山田あかね監督インタビュー:映画『犬に名前をつける日』について【6/6】/シネスイッチ銀座ほか全国順次公開中 Posted at 2015/11/11/18:16
    年間12万8000頭以上が殺処分されている犬と猫を救うために奮闘する人々の活動を描いたドキュメンタリードラマ『犬に名前をつける日』が公開中の山田あかね監督に、製作の背景や作品に込めた想いなど詳しいお話をうかがった。【Page6/6】
  11. 山田あかね監督インタビュー:映画『犬に名前をつける日』について【2/6】/シネスイッチ銀座ほか全国順次公開中 Posted at 2015/11/11/18:12
    年間12万8000頭以上が殺処分されている犬と猫を救うために奮闘する人々の活動を描いたドキュメンタリードラマ『犬に名前をつける日』が公開中の山田あかね監督に、製作の背景や作品に込めた想いなど詳しいお話をうかがった。【Page2/6】
  12. 酒井耕・濱口竜介監督作品『東北記録映画三部作』上映会、10月10日(土)~13日(火)東京都千駄木・谷根千<記憶の蔵>にて開催 Posted at 2015/09/17/19:50
    大正時代に建てられた蔵・谷根千〈記憶の蔵〉で、東日本大震災の被災者へのインタビューで構成された『なみのこえ』『なみのおと 新地町編/気仙沼編』、東北地方の民話の記録『うたうひと』の全4編が上映される。期間中は講演やトークショー、みんわLIVEも行われる。
  13. 予告編:「ナオトひとりっきり Alone in Fukushima」/4月18日(土)公開/原発事故後、無人地帯となった町で暮らす男性を追ったドキュメンタリー Posted at 2015/03/25/11:22
    出演:松村直登,富岡町の動物たち他 監督・撮影・編集:中村真夕 音楽:寺尾紗穂 整音:古谷正志 / 2015年4月18日(土)、新宿K’s cinemaにてロードショー!
  14. レビュー:スーパーローカルヒーロー/田中トシノリ監督/3月21日公開 Posted at 2015/03/06/16:37
    『ちょっと不思議で、すごく素敵なおじさんの物語。』Text By 岸 豊 /3月21日より公開予定の『スーパーローカルヒーロー』は、ちょっと不思議なCDショップ「れいこう堂」を営む信恵(のぶえ)さんの日々を記録したドキュメンタリーだ。広島県尾道市のとある住宅街。地元の人々...
  15. 吉川久岳(監督)×宮崎大祐(脚本)インタビュー:映画『ひ・き・こ 降臨』(11月29日~12月4日公開)について【2/7】 Posted at 2014/11/28/17:22
    「ひきこさん」という都市伝説がもたらす恐怖を描いた前作『ひきこさんの惨劇』から1年、再び「ひきこさん」を題材にタッグを組んだ吉川久岳監督と脚本の宮崎大祐氏に、B級ホラーという体裁の作品の中に込めた狙いや意図など、詳しいお話をうかがった。【Page2/7】 / 2014年11月29日(土)~12月4日(木)、シネ・リーブル池袋にて6日間限定レイトショー!
  16. 佐々木昭一郎監督インタビュー:映画『ミンヨン 倍音の法則』公開によせて/創りつづけるということ【4/4】 Posted at 2014/10/12/10:24
    『四季・ユートピアノ』などのNHKドラマの演出家として国際的な評価を得ている佐々木昭一郎氏の、約20年ぶりの新作にして初の長編劇映画が公開された。佐々木氏に初監督の苦労などお話をうかがった。【Page4/4】/ 2014年10月11日(土)より岩波ホール他 全国順次ロードショー
  17. 作品情報:『今日子と修一の場合』(10月5日公開)/奥田瑛二監督最新作/安藤サクラ×柄本佑主演で、東日本大震災を背景に傷ついた人間の再生を描く Posted at 2013/09/17/23:39
    監督として世界的な評価を受ける奥田瑛二の6年ぶり5作目の長編となる本作は、東日本大震災を背景に、心の拠りどころを失くした若い男女を通じて、再び人生を生きようとする人間の姿を力強く謳ったヒューマン・ドラマだ。 2013年10月5日(土)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
  18. 小林政広監督インタビュー:映画「日本の悲劇」について【3/3】 Posted at 2013/09/12/19:25
    高齢者の所在不明問題が浮き彫りにした無縁社会化という日本の現実。東日本大震災の以前と以降の日常を老人の視点で描くことで、外部との接点をなくした極限状態の家族の崩壊を描いた映画『日本の悲劇』が公開中の小林政広監督にお話を伺った。 【Page3/3】 2013年8月31日よりユーロスペース、新宿武蔵野館他にて全国順次公開
  19. 吉川久岳監督、脚本・宮崎大祐インタビュー:映画「ひきこさんの惨劇」(8月2日21:10~オーディトリウム渋谷にて1日限定レイトショー)について【4/5】 Posted at 2013/07/20/22:44
    Jホラーに新風を吹き込んだ『Not Found』シリーズの仕掛け人である気鋭、吉川久岳監督の新作『ひきこさんの惨劇』が、今夏一日限定で公開される。脚本を担当した宮崎大祐氏と共に作品についてお話を伺った。【Page4/5】 2013年8月2日(金)21:10~オーディトリウム渋谷にて1日限定レイトショー
  20. 映画『3.11日常』3月16日~22日、キネカ大森にて『フタバから遠く離れて』と2本立て上映決定 Posted at 2013/03/03/19:49
    東日本大震災発生間もない頃にボランティアで被災地を訪れたわたなべりんたろう監督が、クラウドファンディングで資金を調達して完成させたドキュメンタリーが東京で1週間限定で再上映される。期間中はトークイベントも開催予定。 2013年3月16日(土)~22日(金)、キネカ大森にて1週間限定上映
  21. 作品情報:『おだやかな日常』12月22日公開/2010年東京フィルメックス・グランプリ『ふゆの獣』の内田伸輝監督最新作 Posted at 2012/12/02/23:08
    2010年東京フィルメックスでグランプリを受賞した『ふゆの獣』の内田伸輝監督待望の最新作は、東日本大震災後の首都圏のリアルを女性の視点で見つめながら、人間の可能性と希望のありかを真摯に探った意欲作だ。 2012年12月22日(土)、ユーロスペースほかにて公開
  22. 『前野健太を知る上映会 松江哲明監督のワンシーンワンカットを通して』11月10日、仙台市にて開催! Posted at 2012/11/06/13:33
    松江哲明監督作品「ライブテープ」の中で歌う前野健太の虜になったという主催者が、個人で『前野健太を知る会』と題した上映会を開催する。当日は「ライブテープ」と「トーキョードリフター」を上映するほか、松江監督によるアフタートークを開催予定。 2012年11月10日(土)、せんだいメディアテーク7F スタジオシアターにて開催!
  23. 第5回シューレ大学国際映画祭「生きたいように生きる」8月24日より開催! Posted at 2012/08/08/23:50
    人が出会える、繋がれる映画祭を作りたいという思いから生まれたシューレ大学国際映画祭。5周年を迎える今年は、原一男監督自選のサプライズドキュメンタリー映画や、海外作品、一般公募作品の上映と、本映画祭ならではのユニークなプログラムになっている。2012年8月24日(金)~26日(日)まで、シューレ大学特設シアターにて開催
  24. 作品情報:『希望の国』10月20日より公開/日本を代表する鬼才・園子温監督が、日本最大のタブー“原発”を描き出す Posted at 2012/08/05/17:05
    鬼才・園子温監督の最新作となる本作は、東日本大震災から数年を経た架空の被災地を舞台に、原発と放射能への恐怖にさらされる震災後の日常と懸命に格闘する家族の生き様と尊厳を描く。未曽有の事態に巻き込まれた3組の男女が辿る「絶望」「共生」「希望」が、詩情溢れる映像で浮き彫りにされている。 2012年10月20日(土)より、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー!
  25. レビュー:『なみのおと』(2011年/監督:濱口竜介、酒井耕) Posted at 2012/07/31/17:14
    「100年と人間』/ 東北地方の太平洋岸沿いをめぐって東日本大震災の経験者を取材した作品、と聞いて、まったく身構えずにいられるひとは、そう多くないだろう。重いかたまりを肩に載せられるような映画なのではないか、と。あるいは逆に、勉強や反省の材料、もしくはなにか役に立つ情報を求めて、積極的に足を運ぶひともいるかもしれない。居住まいを...
  26. Cocco初主演・塚本晋也監督最新作『KOTOKO』特別先行上映会レポート Posted at 2012/04/05/22:35
    第68回ベネチア国際映画祭で二冠を獲得して注目を集めているCocco初主演・塚本晋也監督最新作『KOTOKO』。公開を間際に控えた3月27日(火)に開催された特別先行上映会の模様をお伝えする。
  27. 311仙台短篇映画祭制作プロジェクト『明日』3月31日より終了未定で上映! Posted at 2012/03/11/12:33
    昨年の東日本大震災の影響で「ショートピース!仙台短篇映画祭」の開催が危ぶまれる中、過去参加監督達から「仙台のために何かできないか」という声が上がり、41人が3分11秒という制約の中で、3月11日以降の思いを形にしたオムニバス作品集が上映される。
  28. 女性監督集団桃まつりpresents『すき』3月17日より開催! Posted at 2012/02/28/22:30
    女性監督集団“桃まつり”の新作上映会が開催される。5回目を迎える今年は“すき”をのテーマに、初恋や郷土愛、家族愛、男女関係など各監督が女性ならではの感性で思い思いの作品を完成させた。
  29. 奥田庸介監督インタビュー:映画「東京プレイボーイクラブ」について【3/3】 Posted at 2012/02/02/19:27
    自主製作作品『青春墓場~明日と一緒に歩くのだ~』が高い評価を受けた奥田庸介監督の商業映画デビュー作『東京プレイボーイクラブ』がいよいよ公開される。撮影時24歳という若さで大森南朋、光石研、臼田あさ美ら個性派俳優が鮮烈に躍動するエンターテインメント活劇を撮り上げた奥田監督に、作品に込めた思いや撮影時のエピソードなどについて語っていただいた。【page3/3】
  30. わたなべりんたろう監督インタビュー:映画「3.11 日常」について【4/4】 Posted at 2011/12/20/16:38
    INTROでも執筆するライターのわたなべりんたろう氏が、東日本大震災を題材にしたドキュメンタリー映画『3.11 日常』を完成させた。この年末に緊急公開されるのに合わせ、制作の経緯など詳しいお話を伺った。【4/4】
  31. わたなべりんたろう監督インタビュー:映画「3.11 日常」について【3/4】 Posted at 2011/12/20/16:37
    INTROでも執筆するライターのわたなべりんたろう氏が、東日本大震災を題材にしたドキュメンタリー映画『3.11 日常』を完成させた。この年末に緊急公開されるのに合わせ、制作の経緯など詳しいお話を伺った。【3/4】
  32. わたなべりんたろう監督インタビュー:映画「3.11 日常」について【2/4】 Posted at 2011/12/20/16:36
    INTROでも執筆するライターのわたなべりんたろう氏が、東日本大震災を題材にしたドキュメンタリー映画『3.11 日常』を完成させた。この年末に緊急公開されるのに合わせ、制作の経緯など詳しいお話を伺った。【2/4】
  33. わたなべりんたろう監督インタビュー:映画「3.11 日常」について【1/4】 Posted at 2011/12/20/16:35
    INTROでも執筆するライターのわたなべりんたろう氏が、東日本大震災を題材にしたドキュメンタリー映画『3.11 日常』を完成させた。この年末に緊急公開されるのに合わせ、制作の経緯など詳しいお話を伺った。【1/4】
  34. 上映会『Re;build-生き還る建物と心-』11月23日(水・祝)開催! Posted at 2011/11/14/20:57
    バンタンデザイン研究所映画配給宣伝/ライターコースの学生有志が、東日本大震災後の今、私たちに出来ることがあるのではという想いから、生き還る建築の姿を描いたドキュメンタリー4作品を上映する上映会を開催する。当日はトークショーイベントも行われる。
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO