キーワード『浅野忠信』が含まれているエントリー

対象エントリー数: 6件
  1. 上映会『Re;build-生き還る建物と心-』11月23日(水・祝)開催! Posted at 2011/11/14/20:57
    バンタンデザイン研究所映画配給宣伝/ライターコースの学生有志が、東日本大震災後の今、私たちに出来ることがあるのではという想いから、生き還る建築の姿を描いたドキュメンタリー4作品を上映する上映会を開催する。当日はトークショーイベントも行われる。
  2. ダンカン・ジョーンズ監督インタビュー:映画『ミッション:8ミニッツ』について Posted at 2011/10/26/16:43
    観る者の想像を完璧なまでに裏切る鮮やかなプロットで全米の映画ファンを熱狂させた『ミッション:8ミニッツ』(原題:Source Code)。日本公開に合わせて初来日していたダンカン・ジョーンズ監督に、お話をうかがう時間を特別にいただいた。
  3. 東京ゾンビ Posted at 2005/12/02/18:03
    必見!これが噂の脱力系ゾンビ映画だ!/Text By 針部ろっく 脚本家として「殺し屋1」('01)や「極道恐怖劇場牛頭」('03)など、唯我独尊といった風情のある怪作を手がけてきた佐藤佐吉が、ついに待望の長編デビューを果たした。しかも、素材はゾンビ
  4. ヴィタール Posted at 2005/05/01/12:54
    『ヴィタール』(2004 / 日本 / 塚本晋也 ) Text By 膳場 岳人  塚本晋也監督と浅野忠信がタッグを組んで、世にも感動的な映画を作り上げた。この映画は人間の「生死」というものを、真っ向から描こうとしている。それから「霊」なるものの重みを完全に把握している。何より、誰かへの愛がすべての...
  5. ヴィタール Posted at 2005/05/01/12:53
    Text By 仙道 勇人  「肉体と記憶を巡る壮大な愛の物語」「主人公のモデルは、14世紀のイタリアの天才、レオナルド・ダ・ヴィンチである」いずれも本作のキャッチコピーであるが、どうしてこういう的外れなことを思いっ切り前面に押し出すのだろうか、...
  6. 珈琲時光 Posted at 2005/04/30/09:07
    4月29日「珈琲時光」(03、日、侯考賢)を観る  どうも一青窈的な女の子と仲良く出来ないので、彼女の出ている、とても彼女らしい、こういう映画にはどこか畜生感がぬぐえません。  「そんなに突っかかんなよぉ」と言われる事は承知で、私のような上っ面と照らし合わせてしか映画を見られない女の感想しか出て来ま...
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO