キーワード『特集上映』が含まれているエントリー

対象エントリー数: 77件
  1. 特集上映『実相寺昭雄の光と闇』4月15日よりユーロスペースにて開催 Posted at 2017/03/25/21:11
    『ウルトラマン』『ウルトラセブン』などの特撮番組の監督として知られ、独自の演出スタイルが後の映像作家たちに大きな影響を与えた実相寺昭雄監督の没後10年を記念して、業績を振り返る大回顧展が開催される。
  2. 『新海誠監督作品 特集上映 2017』2月2日より下北沢トリウッドにて開催/新海誠監督商業デビュー作『ほしのこえ』初上映15周年記念 Posted at 2017/01/25/17:52
    『君の名は。』 が大ヒット中の新海誠監督の商業デビュー作『ほしのこえ』が、今年で初上映から15周年を迎えるのを記念して、初上映劇場だった下北沢トリウッドで『ほしのこえ』を含む同監督の特集上映が開催される。
  3. 『見逃した映画特集 2016』12月24日(土)~2017年2月3日(金)、アップリンク渋谷にて開催 Posted at 2016/12/18/21:06
    2016年に公開された話題作をまとめて上映する、アップリンク渋谷恒例の年の瀬・新春特集上映『見逃した映画特集2016』が、今年も12月24日(土)より開催される。洋画・邦画、メジャー・インディー問わずセレクトされた全40作品を一挙上映。
  4. 『スウェーデン映画祭2016』9月17日(土)~23日(金)、渋谷ユーロスペースにて開催 Posted at 2016/09/01/18:43
    新旧のスウェーデン映画を紹介しているスウェーデン映画祭が今年も開催される。今回は、国内外で話題を呼んだ新作スウェーデン映画5作品のほか、スウェーデンが誇る大女優イングリッド・バーグマンの特集上映、スウェーデンのアカデミー賞にあたるゴールデン・ビートル賞で作品賞を受賞した直近3作品を上映する。
  5. 『俳優・渥美清の軌跡―没後20年特集上映―』:6月11日(土)より東劇にて開催/渥美清が当たり役である『男はつらいよ』の寅さんを演じるまでの代表作8本を上映 Posted at 2016/05/25/18:08
    大人気シリーズ『男はつらいよ』の主人公の“寅さん”役で知られる俳優・渥美清の出演作を振り返る特集上映「俳優・渥美清の軌跡―没後20年特集上映―」が、6月11日(土)~24日(金)までの2週間にわたって、東京の東劇で開催される。
  6. 「ヴィスコンティと美しき男たち~アラン・ドロンとヘルムート・バーガー~」、5月14日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMA 他にて開催/『山猫 4K 修復版』と『ルートヴィヒ デジタル修復版』を上映 Posted at 2016/04/21/20:51
    イタリアの巨匠ルキーノ・ヴィスコンティ監督生誕110年&没後40年を記念して、現代最高の技術で甦った後期の代表作『山猫 4K 修復版』と『ルートヴィヒ デジタル修復版』を上映する特集が開催される。
  7. 若松孝二生誕80年祭!:3月26日(土)よりポレポレ東中野にて開催/故・若松孝二監督の未ソフト化作品を含む監督作とプロデュース作25作品を一挙に上映 Posted at 2016/03/19/20:56
    故若松孝二監督の生誕80年を記念して、未ソフト化作品を含む監督作とプロデュース作25作品を一挙に上映する特集上映が開催される。期間中は後期若松組の常連俳優である大西信満がホストを務めるトークイベントも行われる。/2016年3月26日(土)~4月8日(金)までポレポレ東中野にて開催
  8. 『窪田将治監督特集上映~バージンを奪われた男たち~』3月11日(金)、渋谷CBGKシブゲキ!!にて開催 Posted at 2016/03/01/19:27
    モントリオール世界映画祭に常連出品している窪田将治監督の映画監督生活10周年を記念して、窪田監督の代表作三本「CRAZY-ISM クレイジズム」(10)、「僕の中のオトコの娘」(12)、「野良犬はダンスを踊る」(15)を、渋谷のCBGKシブゲキ!!で一挙上映する特集上映が開催される。
  9. アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016:1月9日(土)よりシアター・イメージフォーラムにて開催/タイの天才監督の全劇場長編作と中編・短編の傑作選を一挙上映 Posted at 2015/12/31/15:08
    タイの天才アピチャッポン・ウィーラセタクン監督の全劇場長編作と中編・短編の傑作選を一挙上映する国内初の特集上映が開催される。また、日本未公開の幻の傑作『世紀の光』も同時上映されるので、この貴重な機会を見逃すことなく劇場に足を運んで欲しい。
  10. 見逃した映画特集2015:12月19日(土)より渋谷アップリンクにて開催/2015年に公開された話題作を一挙上映 Posted at 2015/12/16/23:53
    気になっていたのに様々な事情で観に行くことができなかった映画たちを、もう一度スクリーンで観ることができる特集上映が、今年も今週末の12月19日(土)から渋谷アップリンクで開催される。年末年始には2015年の話題作を振り返ってみてはいかがだろうか。/2015年12月19日(土)~2016年1月29日(金)まで、渋谷アップリンクにて開催
  11. 川崎市市民ミュージアム特集上映<ATG特集 役者の引力!>:11月1日(日)~11月29日(日)まで開催 Posted at 2015/10/30/20:02
    時代を象徴する青春映画の傑作群を送り出したATG(日本アート・シアター・ギルド)映画の世界を振り返る特集上映が開催される。今回は役者の魅力に注目した19本に加え、三宅唱監督の『PLAYBACK』が特別上映される。
  12. 『FOUJITA』公開記念 小栗康平全作品上映、11月7日(土)~13日(金)まで、早稲田松竹にて上映 Posted at 2015/10/24/16:05
    第28回東京国際映画祭コンペティション部門にも正式出品された最新作『FOUJITA』の公開を記念して、名匠・小栗康平監督の過去5作品(第43回カンヌ国際審査員特別グランプリ&国際批評家連盟賞をダブル受賞した『死の棘』を含む)が一挙上映される。
  13. 『脚本家・荒井晴彦が選ぶ戦争映画三選』8月8日(土)〜21日(金)、横浜シネマリンにて開催 Posted at 2015/07/24/19:30
    横浜シネマリンでは、8月8日(土)より戦後70周年記念作品・荒井晴彦脚本監督作『この国の空』を上映するのに合わせ、「脚本家・荒井晴彦が選ぶ戦争映画三選」と題する特集上映を開催する。
  14. ユジク阿佐ヶ谷特集『鎌仲ひとみ映画祭 いまを生きる私たちが、未来を考えるドキュメンタリー』6月20日より開催 Posted at 2015/06/17/16:38
    4月25日にラピュタ阿佐ヶ谷の姉妹館として、新しく阿佐ヶ谷にオープンしたミニシアター「 ユジク阿佐ヶ谷 」で、“原発”への問題意識を再度喚起することをテーマに、鎌仲ひとみ監督のドキュメンタリー映画4作品の特集上映が開催される。 / 2015年6月20日(土)~7月17日(金)まで、ユジク阿佐ヶ谷にて開催
  15. ラピュタ阿佐ヶ谷特集『風のように 映画俳優・池部良』5月17日より開催/昭和ダンディズム・池部良出演の33作品を一挙上映 Posted at 2015/05/05/18:55
    昭和のダンディ俳優として今も観る人を魅了してやまない池部良出演の33作品を一挙に上映する特集上映がラピュタ阿佐ヶ谷で開催される。 / 2015年5月17日(日)~7月11日(土)まで、ラピュタ阿佐ケ谷にて開催
  16. 下北沢に縁のある作品を一挙上映する特集上映『街と映画・下北沢』5月2日(土)~29日(金)まで、下北沢トリウッドにて開催 Posted at 2015/04/30/20:18
    小劇場演劇やサブカルチャーの発信地として多くの若者を惹きつけてきた下北沢。そんな下北沢に縁のある8作品を一挙に上映する特集上映が開催される。下北沢の魅力を発見、あるいは再発見することができるであろう一ヶ月間を見逃すことなく楽しんでいただきたい。 / 2015年5月2日(土)~29日(金)まで、下北沢トリウッドにて開催
  17. 特集上映:イエジー・スコリモフスキ「亡命」作家43年の軌跡、8月16日(土)より3週間限定、シネマート新宿にて開催 Posted at 2014/08/09/15:29
    ポーランドを代表する映画監督でありながら、祖国を離れて映画製作を続けてきたイエジー・スコリモフスキ監督が、「亡命」直前から祖国への回帰へと至る43年間に発表した5作品を特集上映。 / 2014年8月16日(土)より3週間限定、シネマート新宿にてロードショー
  18. 『ダニエル・シュミット映画祭2014』7月12日(土)~8月15日(金)まで、オーディトリウム渋谷にて開催 Posted at 2014/07/12/00:41
    80年代の日本でのミニシアターブームの火付け役である映画監督ダニエル・シュミットを追いかけたドキュメンタリー『ダニエル・シュミット―思考する猫』公開に合わせ、監督作を振り返るレトロスペクティヴ、監督に影響を与えた作品群を一挙上映する特集上映が一ヶ月に渡って開催される。 /2014年7月12日(土)~8月15日(金)まで、オーディトリウム渋谷にて開催
  19. ラピュタ阿佐ヶ谷特集『映画のすべてを記録する 白鳥あかねスクリプター人生』6月15日より開催 Posted at 2014/06/06/20:12
    スクリプター(現場情報記録・管理者)として、新藤兼人・斉藤武市・神代辰巳といった名だたる監督達の現場に参加し、日本映画・テレビスクリプター協会設立に関わるなど日本映画の発展に尽力してきた白鳥あかねさんが携わった代表作33本を特集上映。 /2014年6月15日(日)~8月9日(土)まで、ラピュタ阿佐ケ谷にて開催
  20. ラピュタ阿佐ヶ谷モーニング特集『昭和の銀幕に輝くヒロイン第73弾・吉永小百合』6月8日より開催 Posted at 2014/05/20/19:17
    昭和銀幕女優をフィーチャーしたラピュタ阿佐ヶ谷恒例のモーニング特集第73弾は、国民的スター女優・吉永小百合取り上げる。今回は純愛&青春路線の名作「さようならの季節」「風と樹と空と」「花の恋人たち」など全9本を上映。/2014年6月8日(日)~8月9日(土)まで、ラピュタ阿佐ケ谷にて連日10:30より1回のみ上映
  21. 「第36回PFFプレ・イヴェント ナイトトリップ in PFF」、5月17日よりテアトル新宿にて開催 Posted at 2014/05/13/18:50
    9月開催の第36回PFFに先駆け、半世紀以上に渡らんとする自主映画の歴史を一気に振り返る特集上映が開催される。活躍中の監督の未DVD化作品や、歴史的重要作品、最新のPFFアワード受賞作品まで観られるこの機会をお見逃しなく! /2014年5月17日(土)~23日(金)、テアトル新宿にて開催!「第36回PFFぴあフィルムフェスティバル」9月13日(土)~25日(木)東京国立近代美術館フィルムセンターにて開催!
  22. 作品情報:『不気味なものの肌に触れる』(3月1日公開)/濱口竜介監督最新作/父の死後、腹違いの兄に引き取られダンスに心の拠り所を見出す少年の周辺で起こる不穏な出来事を描く Posted at 2014/02/14/14:15
    予告編が公開後一年半で3万6千回を突破するなど、コアなファンの注目と期待を集めていた濱口竜介監督の最新作がいよいよ劇場公開される。構想中の長編の前日譚的な位置付けと言われる本作は、父を亡くして腹違いの兄に引き取られダンスに心の拠り所を見出す少年と、彼の住む街で起こる不穏な出来事を描く。/2014年3月1日(土)より、オーディトリウム渋谷にて2週間限定ロードショー!
  23. スクリーン・ビューティーズ Vol.1オードリー・へプバーン、9月28日より3週間限定、新宿ピカデリー他にて上映 Posted at 2013/09/14/22:21
    女優の美しさ、ファッションの素晴らしさを女性にスクリーンで体験してもらい、劇場で映画を見る楽しみ幸福感を味わってもらうための特別プログラム『スクリーン・ビューティーズ』。第一回はオードリー・へプバーンの人気作3本を高画質デジタル・リマスター版で上映。 2013年9月28日(土)より3週間限定、新宿ピカデリー他全国10劇場にて上映
  24. ラピュタ阿佐ヶ谷モーニング特集『昭和の銀幕に輝くヒロイン第70弾・有馬稲子』9月1日より開催 Posted at 2013/08/28/19:08
    ラピュタ阿佐ヶ谷の名物特集上映「昭和の銀幕に輝くヒロイン」第70弾となる今回は、宝塚から映画界に転身し、俳優自身による独立プロダクションを設立するなど様々な形で日本の映画界に女優・有馬稲子を特集する。 2013年9月1日(日)~11月9日(土)まで、ラピュタ阿佐ケ谷にて 連日10:30より1回のみ上映
  25. 香港映画の新世代監督パン・ホーチョン特集上映、8月24日よりシネマート六本木にて開催 Posted at 2013/08/20/22:15
    “香港のタランティーノ” “次世代のウォン・カーウァイ”と呼ばれ、熱狂的なファンが多くいるパン・ホーチョン監督の作品の中から、劇場初公開3本を含めた8作品を上映する特集上映が開催される。 2013年8月24日(土)より、シネマート六本木にて2週間限定公開!!
  26. 『PFFスカラシップのすべて』8月11日~16日まで、映画美学校エクランにて開催! Posted at 2013/08/04/18:04
    PFF がトータルプロデュースする映画製作プロジェクト「PFF スカラシップ」によって制作された全21作品をオリジナルフォーマットで一挙上映。最終日に3つの特別プログラムが実施されるほか、最終日翌日には8mmオールナイトイベントも行われる。 2013年8月11日(日)~16日(金)、映画美学校エクランにて開催!
  27. 『ヴェルディ名作オペラ映画祭』6月6日~9日、イタリア文化会館にて開催 Posted at 2013/05/29/20:43
    “歌劇王”ヴェルディの生誕200年を記念して、絶頂期のプラシド・ドミンゴが主演した『椿姫』と『オテロ』、ルチアーノ・パヴァロッティが出演した『リゴレット』の3作品が特集上映される。 2013年6月6日(土)~9日(日)まで、 イタリア文化会館アニェッリホールにて開催
  28. 群青いろ/高橋泉(監督・脚本)×廣末哲万(監督・俳優)インタビュー:第35回PFFプレ・イヴェント ルネッサンスPFF(4月6日より開催) 「『群青いろ』のすべて」について【5/5】 Posted at 2013/04/05/21:39
    今年で第35回を迎えるPFF(ぴあフィルムフェスティバル)のプレ・イヴェントで、ファン待望の映像ユニット「群青いろ」特集上映が行われることになった。今回の企画について、高橋泉監督と廣末哲万監督にお話を伺った。【Page5/5】2013年4月8日(月)~12日(金)/15日(月)~18日(木)、テアトル新宿にてレイトショー開催!
  29. 『ルネッサンスPFF~新たな映画の歴史に向かって~』(4月6日よりテアトル新宿にて連日上映)鑑賞券をプレゼント! Posted at 2013/03/22/23:06
    近年のPFF入選作の中から劇場未公開の話題作や過去のグランプリ作品の上映、映像ユニット「群青いろ」の特集上映などを行う第35回ぴあフィルムフェスティバルのプレイベントが開催される。本イベントで上映する作品の中から指定のプログラムを選んで鑑賞可能な鑑賞券を5組10名様にプレゼントします。応募締め切り:3月31日(日)
  30. 『レオス・カラックス特集上映』3月23日より渋谷・ユーロスペースにて開催/寡作な映画作家の珠玉の5作品と掌編2作を一挙上映 Posted at 2013/03/20/20:58
    『ポーラX』以来13年ぶりの長編となるレオス・カラックス監督『ホーリー・モーターズ』が公開されるのを記念して、ユーロスペースにてレオス・カラックス特集上映が行われる。寡作な映画作家の珠玉の5作品と掌編2作を一挙上映する貴重な機会をお見逃しなく! 2012年3月23日(土)~4月5日(金)、渋谷・ユーロスペースにて開催!
  31. 上映会『ロードショーとスクリーン ブームを呼んだ外国映画』7月11日より開催! Posted at 2012/07/02/00:05
    輸入映画の質的向上と輸入配給事業の健全な発達を図ることを目的にした社団法人外国映画輸入配給協会の発足50年目を記念して、70年代から90年代に日本で公開されブームを呼んだ外国映画17本を上映する上映会が開催される。 2012年7月11日(水)~29日(日)、東京国立近代美術館フィルムセンター(大ホール)にて上映!
  32. ラピュタ阿佐ヶ谷特集『世紀の大怪優Ⅱ 西村晃MAGIC』5月27日より開催 Posted at 2012/05/24/20:28
    ラピュタ阿佐ヶ谷では、2代目黄門様として長くお茶の間で親しまれた名優・西村晃の俳優としての軌跡を辿る特集上映を開催する。一癖も二癖もある人物を生き生きと演じ、悪役もハマる名バイプレイヤー西村晃の魅力をぜひスクリーンで堪能してほしい。
  33. ラピュタ阿佐ヶ谷レイトショー特集『殺し屋稼業 次は、お前だ!』5月26日より開催 Posted at 2012/05/09/22:35
    ラピュタ阿佐ヶ谷では、5月26日より殺し屋をフィーチャーした特集上映が開催される。スーパークールな腕利き暗殺者から、超個性派の強烈キャラクターまで、厳選された昭和の殺し屋映画9作品をこの機会にぜひスクリーンで堪能してほしい。
  34. 特集上映『おかえり カウリスマキ』4月21日より開催! Posted at 2012/04/10/22:03
    アキ・カウリスマキ監督の最新作『ル・アーヴルの靴みがき』の公開を記念して、長編デビュー作の『罪と罰』から、“労働者三部作”“敗者三部作”など全作品20作を一挙公開する特集上映をおこなわれる。新作『ル・アーヴルの靴みがき』の前日譚といわれる『ラヴィ・ド・ボエーム』も上映されるので、公開前にチェックしておきたい。
  35. 2月25日より『6memorials vol.2犬童一心×是枝裕和×西川美和の世界』開催! Posted at 2012/02/14/18:33
    今では貴重となってきた35mmフィルム上映による映画の味わいを存分に堪能できる特集上映企画の第二弾。今回は常に高い注目度を集める3監督の6作品を上映する。
  36. 現役日本大学芸術学部生による企画『映画祭1968』1月28日より開催! Posted at 2012/01/05/18:13
    映画『マイ・バック・ページ』に触発された日本大学芸術学部の学生達が、当時の学生達を熱狂させた「学生運動」をテーマにした映画祭を企画した。1968年の『日大闘争』の模様を記録した貴重なフィルムを修復、十数年ぶりに上映されるのも注目したい。
  37. 『キノ・トライブ2011』9月17日よりオーディトリウム渋谷にて開催! Posted at 2011/09/13/10:11
    日本のインディペンデント映画界で活躍している新進気鋭の21人の作家による、問題提起と新たな可能性を提示する27作品を一挙上映する特集上映が開催される。また、初日となる17日にはトークイベントも行われる。 2011年9月17日(土)~23日(金)、オーディトリウム渋谷にて開催!
  38. 『さしさわりのある映画特集』 開催! Posted at 2010/12/16/11:35
    タブーや規制に触れかねないテーマに切り込んでいる問題作・過激な作品を『さしさわりのある映画』として一挙に上映する特集上映が開催される。 2011年1月22日(土)~2月4日(金)、渋谷アップリンクにて開催!
  39. 8月29日より開催、ラピュタ阿佐ケ谷特集
    『孤高の名優 佐藤慶』招待券をプレゼント!
    Posted at 2010/08/14/21:02

    今年5月に惜しくも逝去した日本を代表する名バイプレーヤー・佐藤慶を偲ぶ特集上映が、8月29日(日)よりラピュタ阿佐ケ谷で開催される。今回のプログラムでは主演作を含む19本を上映、メジャー映画からインディペンデント系まで幅広く活躍した至高の名優・佐藤慶の軌跡を辿る。本特集上映の期間中利用可能な招待券を5組10名様にプレゼントします。 応募締切:8月26日(木)
  40. 『中国映画の全貌2010』 開催! Posted at 2010/07/09/19:23
    劇場未公開作品を含む新旧の中国映画の名作を一挙上映する「中国映画の全貌」が今年も開催される。開催を記念して上映される新作『北京の自転車』のワン・シャオシュアイ監督インタビューも掲載! 2010年7月24日(土)~8月27日(金)まで、新宿K’s cinemaにて開催!
  41. 特集:「イエジー・スコリモフスキ'60年代傑作選」によせて/1960年代ポーランドのスコリモフスキ Posted at 2010/05/25/11:45
    1960年代、ポーランド映画界のヌーヴェルヴァーグとして注目を浴びながら、日本ではその監督作品がじゅうぶんに紹介されず、なかば伝説的存在と化していたイエジー・スコリモフスキ。2009年、17年ぶりとなる新作『アンナと過ごした4日間』が公開され、世界中の映画ファンに衝撃を与えたのは記憶に新しい。そして、このたび、スコリモフスキのルーツともいうべき60年代の初期傑作群がようやく日本国内で陽の目を見ることとなった。加えて、大部の研究書の出版も控えており、日本における「スコリモフスキ熱」は、まだ当分おさまりそうにない。本サイトでは、中欧文化研究の分野ですぐれた業績をあげておられる森本等氏に、60年代スコリモフスキ作品の魅力とその背景について、ご紹介いただいた。未知の映画世界への入り口として、参照されたい。 5月29日(土)~6月11日(金)渋谷シアター・イメージフォーラムにて開催
  42. 特集上映『悪女礼讃~スクリーンの妖花たち』 Posted at 2010/03/11/19:17
    魔性の女、小悪魔ヒロイン、男を操る凄腕美女、破滅へ導く毒の徒花――。スクリーンの彼女たちは何故こんなにも我々を魅了するのでしょう。 2010年3月21日(日)~5月8日(土)まで上映@ラピュタ阿佐ヶ谷
  43. 特別上映『世界のなかの日本映画――国際交流基金所蔵フィルムから』 Posted at 2010/02/19/13:55
    海外の映画研究者が選んだ日本映画9作品を英語字幕付きフィルムで上映する。また、期間中には特別企画として、河瀨直美監督とフランスの映画批評家でシネマテーク・フランセーズの元ディレクターでもあるドミニク・パイーニ氏を迎え、河瀬監督が昨年のカンヌ国際映画祭で発表した『火垂 2009version』も英語字幕付で上映される。2月27日(土)~3月6日(土)(6日間/日曜休館)@アテネ・フランセ文化センター
  44. 特集上映『映画史上の名作3』 Posted at 2010/02/03/20:15
    プレストン・スタージェスの日本未公開作を含む怒涛の25作品をご堪能あれ!全て16mmフィルムでの上映となります。また、期間中にはヴェーラ古典クラブ『恋人を家に送って歩く道/Walking My Baby Back Home』も上映。2010年2月20日(土)~3月19日(金)まで開催@シネマヴェーラ渋谷
  45. 特集上映『70年代の青春:鬱屈と混沌と』 Posted at 2010/02/03/20:08
    赤軍派以降、学生運動が退潮していく中、若者の間にはシラケムードや刹那的な雰囲気が漂っていた。この頃作られた青春映画には、社会を浮遊する若者の痛ましさや切なさが描かれている。藤田敏八によって一躍時代のアイコンとなった秋吉久美子、単なるアイドル映画を超えて社会の底辺で苦悩する若者像を確立した郷ひろみ、原田芳雄や桃井かおりなど、時代を代表するスターも勢揃い。DVD化されていない作品も多い70年代青春映画を是非どうぞ! 2月9日(土)~2010年2月19日(金)まで開催@シネマヴェーラ渋谷
  46. 特集上映『百万人の作家・石坂洋次郎の映画アルバム』 Posted at 2010/01/14/12:15
    百万人の作家(ミリオン・ストーリー・テラー)国民的ベストセラーを連発し、「百万人の作家」とまで称された石坂洋次郎。彼の作品は次々と、また繰り返し映画化されてヒットを記録。日本映画全盛時代を盛りあげた原動力の一人でもあります。大衆から広く愛された石坂文学、どうぞスクリーンでご堪能ください。 2010年1月31日(日)~3月20日(土)まで上映@ラピュタ阿佐ヶ谷
  47. 特集上映『消えゆく曽根中生!?』 Posted at 2009/12/25/20:35
    あのかつての栄光の名称、ソネチューセイはどうなったのか?消えゆくプリントに抗っての渾身の特集!また、初日1月9日(土)17:55~よりトークショー開催 [ゲスト:中原昌也氏(作家・映画評論家)×真魚八重子氏(映画評論家)]2010年1月9日(土)~2010年1月29日(金)まで開催@シネマヴェーラ渋谷
  48. 特集上映『ヌーヴェルヴァーグの50年』 Posted at 2009/11/28/00:11
    恒例、年末年始はシネマヴェーラ渋谷でヌーヴェルヴァーグ映画を観よう! 2009年12月12日(土)~2010年1月8日(金)まで開催@シネマヴェーラ渋谷
  49. 特集上映「歌謡曲黄金時代」 Posted at 2009/11/27/09:44
    1960年代は歌謡映画が花ざかり……。人々の心をとらえた名ソング、時代を彩るヒットナンバー。映画と流行歌..大衆娯楽のエッセンスがギュッと詰まった魅力溢れる作品の数々をどうぞお楽しみください。12月6日(日)~2010年1月30日まで上映@ラピュタ阿佐ヶ谷
    【上映作品】『黒い花びら』『夢は夜ひらく』『高校三年生』『赤いグラス』『黄色いさくらんぼ』『二人の銀座』『さすらい』『今夜は踊ろう』『夜明けのうた』『見上げてごらん夜の星を』『こんにちは赤ちゃん』『骨まで愛して』『上を向いて歩こう』他、全30本
  50. 昭和の銀幕に輝くヒロイン第51弾「若尾文子」 Posted at 2009/11/25/23:00
    昭和の銀幕に輝くヒロインシリーズ第51弾は若尾文子を特集。『東京おにぎり娘』『その夜は忘れない』『お嬢さん』『爛』『やっちゃ場の女』『赤い天使』『処女受胎』『波影』の8作を通して、その魅力に迫る。12月7日(日)~2010年2月27日(土)まで、モーニングショー 朝10時30分より1回のみ上映@ラピュタ阿佐ヶ谷
  51. 田中絹代生誕100年記念『絹100%プロジェクト』発足! Posted at 2009/11/19/21:53
    今年2009年は、日本が世界に誇る女優・田中絹代の生誕100年にあたる。この特別な年を記念すべく、松竹株式会社が「絹100%プロジェクト」を発足させた。“最も日本的な美しさを備えた女性”“映画と結婚した女性”と称された田中絹代の魅力を改めて再確認する上映会をはじめ、DVD、放送、各種イベントなど、様々な企画が予定されている。/第10回東京フィルメックス特集上映(11月29日)にて、田中絹代主演8本を上映!/田中絹代と巨匠たちの名作、HDリマスターで初DVD化!
  52. 松本清張生誕100年記念・特集上映 Posted at 2009/11/09/17:24
    日本を代表する作家・松本清張氏の生誕100年を記念して、松竹では不朽の名作『砂の器』をはじめとする松本清張原作による映画14本を特集上映する。11月14日(土)~12月4日(金)まで、東劇にて開催!※11月28日(土)、29日(日)は除く
  53. 第10回東京フィルメックス出品作『堀川中立売』招待チケットをプレゼント! Posted at 2009/10/31/07:26
    10回目を迎える東京フィルメックス。今年は「映画の未来へ」を合言葉に、世界的に注目されているアジアの新鋭作家による最新作を集めたコンペティションや、カンヌ映画祭で大きな注目を集めた作品が特別招待作品として上映される。今回のコンペティションで唯一の邦画として上映される、柴田剛監督の『堀川中立売』招待チケット(11/26上映)を5組10名様にプレゼントします。 応募締め切り 11月12日(木)
  54. 特集上映『洞口依子映画祭』 Posted at 2009/10/25/19:49
    1985年、伝説のカルト・ムービー『ドレミファ娘の血は騒ぐ』で映画デビューし、一躍時代のアイコンとなった洞口依子。一時病気治療のため休業を余儀なくされるが、2006年には映画復帰を果たし、現在は女優業のみならず自らのウクレレユニット「Paititi(パイティティ)」のライブや文筆業にも活躍の場を広げています。今回の特集では洞口依子のデビュー25周年を記念し、代表的な出演作の上映に加えて、多彩なゲストのトーク、そしてライブ演奏など貴重なイヴェントが目白押しです。2009年11月7日(土)~11月20日(金)まで開催@シネマヴェーラ渋谷
  55. 特集上映「俳優・佐藤慶」 Posted at 2009/10/11/09:45
    独特の佇まい、深みのある魅力的な声……。重量級の名作あり、プログラム・ピクチュア的娯楽映画あり、役の大小、軽重を問わず、作品に厚みと陰影を与えるその演技者ぶりは、まさに唯一無二。2009年10月18日(日)~12月5日(土)まで上映@ラピュタ阿佐ヶ谷 【上映作品】『無理心中 日本の夏』『大悪党』『あかね雲』『関東破門状』『悪名幟』『白い南風』『御用牙 かみそり半蔵地獄責め』『集団奉行所破り』『わが命の唄 艶歌』『処刑の島』『銭のとれる男』『人間』『やくざ番外地』『祇園の暗殺者』『帰って来たヨッパライ』『悪人志願』『ギャング同盟』『東京裁判』『四谷怪談 お岩の亡霊』『女医の愛欲日記』『鬼婆』『無頼 人斬り五郎』『竜馬を斬った男』『白日夢』『鬼の棲む館』『日本の悪霊』『白昼の通り魔』
  56. 昭和の銀幕に輝くヒロイン第50弾「叶順子」 Posted at 2009/10/10/15:00
    昭和の銀幕に輝くヒロインシリーズ第50弾は叶順子を特集。『愛河』『鍵』『暴風圏』『貴族の階段』『總会屋錦城 勝負師とその娘』『痴人の愛』『誰よりも君を愛す』『黒の試走車』の8作を通して、その魅力に迫る。11月1日(日)~12月26日(土)まで、モーニングショー 朝10時30分より1回のみ上映@ラピュタ阿佐ヶ谷
  57. 第11回世田谷フィルムフェスティバル/特集「名優・森繁久彌」 Posted at 2009/09/29/16:23
    現在開催中の「世田谷フィルムフェスティバル」では、森繁久彌の業績を紹介している。その一環として、森繁久彌の代表作11本が特別上映される。 特集上映:10月6日(火)~12日(月・祝)まで 展示:9月15日(火)~12月6日(日)まで、世田谷文学館にて開催!
  58. 特集上映『東宝青春映画の輝き』 Posted at 2009/09/26/19:16
    酒井和歌子、内藤洋子に代表される、あの懐かしの東宝青春映画に、アナタは今再びめぐり合う!また、初日に恩地日出夫監督と映画評論家の野村正昭氏によるトークショー、期間中にはヴェーラ古典クラブ第7回『悪魔をやっつけろ Beat the Devil』も上映。 2009年10月17日(土)~11月6日(金)まで開催@シネマヴェーラ渋谷
  59. 特集上映『追悼、長谷部安春』 Posted at 2009/09/22/11:00
    惜しくも今年6月に亡くなったアクション映画の雄・長谷部安春監督を悼み、特集上映を開催いたします。最後まで現役だった長谷部監督の初脚本作、初監督作から最新作まで、傑作の数々を是非ご覧下さい。また、初日にハセベバクシンオー氏と磯田勉氏によるトークショー、期間中には2009年3月29日にシネマバー「ザ・グリソムギャング」で行われた長谷部安春監督のトークショーの模様を収めた記録映像、ヴェーラ古典クラブ第6回『謎のストレンジャー The Stranger』も上映。 2009年9月26日(土)~10月16日(金)まで開催@シネマヴェーラ渋谷
  60. ラピュタ阿佐ケ谷特集上映『CINEMA★忍法帖』
    パンフ&チケットをプレゼント!
    Posted at 2009/08/28/19:25

    超人的な体術や不思議な術を操り、時代の裏側で暗躍していた忍者達――その神秘なイメージは多くの映像作家達の想像力を刺激し、様々な映画が作られてきた。ラピュタ阿佐ヶ谷では、久々の時代劇アクション大作となる『カムイ外伝』の公開に先駆け、再び脚光を集めている忍者映画が特集上映される。9月6日(日)から始まる本特集上映のパンフレットとチケットをセットでプレゼントします。
  61. 昭和の銀幕に輝くヒロイン第49弾「雪村いづみ」 Posted at 2009/08/27/17:00
    昭和の銀幕に輝くヒロインシリーズ第49弾は、初代「3人娘」の一人である雪村いづみを特集。『娘十六ジャズ祭り』『東京シンデレラ娘』『月の光(トラン・ブーラン)』『制服の乙女たち』『お嬢さん登場』『山と川のある町』『結婚のすべて』『こだまは呼んでいる』の8作を通して、その魅力に迫る。9月6日(日)~10月31日(土)まで、モーニングショー 朝10時30分より1回のみ上映@ラピュタ阿佐ヶ谷
  62. 没後40年特別企画『大雷蔵祭』開催! Posted at 2009/08/23/18:40
    没後40年を記念して市川雷蔵が5,年ぶりにスクリーンに登場!上映本数は史上最大の100作品!戦後時代劇のスーパースター・市川雷蔵の全てをぜひスクリーンで堪能して欲しい。  2009年10月、角川シネマ新宿を皮切りに全国順次公開!!
  63. ヴィターリー・カネフスキー伝説の傑作3部作、リバイバル上映決定! Posted at 2009/08/16/13:33
    映画ファンの間で傑作の呼び声が高いにもかかわらず、これまで観る機会が殆どなかった『動くな、死ね、甦れ!』を含んだカネフスキーの伝説的3部作が、遂にスクリーンに甦ることになった。  11月7日(土)より、ユーロスペースほか全国順次ロードショー!!
  64. 特集上映『妄執、異形の人々 IV』 Posted at 2009/08/05/22:28
    お馴染みのカルト特集「妄執、異形の人々」の第4弾です。『散歩する霊柩車』『怪談せむし男』に続く西村晃主演『怪談片目の男』をニュープリントでお送りする他、伝説の学生映画『鎖陰』など、なかなか劇場上映されない作品を上映いたします。また、期間中 ヴェーラ古典クラブ第5回『ブロークン・ララバイ/Broken Lullaby』も上映。 2009年8月29日(土)~9月25日(金)まで開催@シネマヴェーラ渋谷
  65. 特集上映『映画史上の名作 2』 Posted at 2009/08/05/22:27
    シネマヴェーラ渋谷が進めております、16mmフィルムによるクラシック作品の特集上映の第二弾です。シュトロハイムやルビッチ、ルノワール、ホークス、ヒッチコックといった映画史上に燦然と輝く名監督たちの作品を是非スクリーンでご覧ください。また、マルクスブラザースやキートン、アボット&コステロなどの往年の喜劇映画もお楽しみに!なお、『新学期 操行ゼロ』『女だけの都』『大いなる幻影』の3作品は英語字幕での上映です。2009年8月1日(土)~8月28日(金)まで開催@シネマヴェーラ渋谷
  66. レイトショー特集『THE 恐怖女子高校』 Posted at 2009/08/05/09:40
    連合赤軍事件、沖縄本土復帰、日中国交正常化、ベトナム戦争終結……物情騒然の世の中を、池玲子&杉本美樹ら「女番長(スケバン)軍団」が疾走!百花繚乱の東映「不良性感度」に、新シリーズ『恐怖女子高』が誕生する。「ロック時代」の幕開けを告げた米国映画『暴力教室』の和製&女性版といわれ、学園に蔓延る暴力と巨悪に立ち向かう女子高生。セーラー服に身を包んだ、強くて可憐でワイルドな非行少女たち。それは、学園紛争の総括、校内暴力の先取りか?今、伝説を喰い破り、銀幕に復活する女番長軍団を見よ!2009年8月1日(土)~9月11日(金)まで、連日21:10よりレイトショー上映@ラピュタ阿佐ヶ谷
  67. 特集上映『武満徹の映画音楽』 Posted at 2009/08/05/09:36
    20世紀を代表する音楽家・武満徹にとって、映画は重要な創作フィールドのひとつでした。映像への鋭いアプローチと、多様な音楽表現――。映画をこよなく愛し、実に100本をこえる映画音楽を作曲した氏の業績の一端を紹介すべく、25作品を上映いたします。(『乾いた湖』『おとし穴』『不良少年』『顔役』『自動車泥棒』『最後の審判』『危険旅行』『異聞猿飛佐助』『砂の女』『青幻記 遠い日の母は美しく』『上意討ち 拝領妻始末』『儀式』『日本の青春』『他人の顔』『いのち・ぼうにふろう』『手をつなぐ子ら』『白と黒』『彼女と彼』『東京戦争戦後秘話』『二十一歳の父』『水俣の図・物語』『燃えつきた地図』『素晴らしい悪女』『乾いた花』)。2009年7月19日(日)~9月5日(土)@ラピュタ阿佐ケ谷
  68. 昭和の銀幕に輝くヒロイン第48弾「星由里子」 Posted at 2009/08/05/09:32
    昭和の銀幕に輝くヒロインシリーズ第48弾は、星由里子を特集。『B・G物語 二十才の設計』『若い狼』『娘と私』『箱根山』『がらくた』『父子草』『颱風とざくろ』『千曲川絶唱』の8作を通して、その魅力に迫る。7月12日(日)~9月5日(土)まで、モーニングショー 朝10時30分より1回のみ上映@ラピュタ阿佐ヶ谷
  69. 特集上映『劇画≒映画(げきがニアイコールえいが)』 Posted at 2009/07/03/06:51
    昨今の映画界では、世界的に劇画の実写化が花盛り。でも、昔からやってましたよ日本では。原作を超えた映画、ファンも納得の映画、そしてトホホの迷作まで、劇画原作ものを集めてみました。『0課の女 赤い手錠』『火の鳥』『プーサン』『サザエさん』『蛇娘と白髪魔』『サインはV』『銭ゲバ』『永井豪の新ハレンチ学園』『子連れ狼 三途の川の乳母車』『女囚701号 さそり』『ダメおやじ』『修羅雪姫 怨み恋歌』『ルパン三世 念力珍作戦』『瞳の中の訪問者』『ゴルゴ13 九竜の首』『サーキットの狼』『釣りバカ日誌スペシャル』『美味しんぼ』期間中『ヴェーラ古典クラブ第4回 ヒズ・ガール・フライデー – His Girl Friday』も上映。 2009年7月11日(土)~7月31日(金)まで開催@シネマヴェーラ渋谷
  70. 特集上映『神代辰巳レトロスペクティブ』 Posted at 2009/06/07/04:00
    神代監督のねちょねちょした魅力に、さあ、あなたもハマろう!久しく上映されなかった『もどり川』にも乞うご期待!『赫い髪の女』 『もどり川』『かぶりつき人生』 『濡れた唇』『一条さゆり 濡れた欲情』『恋人たちは濡れた』『四畳半襖の裏張り』『濡れた欲情 特出し21人』『青春の蹉跌』『赤線玉の井 ぬけられます』『宵待草』『櫛の火』『アフリカの光』『濡れた欲情 ひらけ! チューリップ』『地獄』『遠い明日』『少女娼婦 けものみち』『快楽学園 禁じられた遊び』『ミスター・ミセス・ミス・ロンリー』『嗚呼! おんなたち 猥歌』『美加マドカ 指を濡らす女』『離婚しない女』『噛む女』『棒の哀しみ』、期間中『ヴェーラ古典クラブ第3回 襤褸と宝石 - My Man Godfrey -』も上映。2009年6月13日(土)~7月10日(金)まで開催@シネマヴェーラ渋谷
  71. 『キェシロフスキ・プリズム』開催! Posted at 2009/05/22/19:58
    『トリコロール』三部作『デカローグ』で知られるクシシュトフ・キェシロフスキ監督の軌跡を追ったドキュメンタリーと日本初公開作品ほか美と愛と輝きの名作を一挙上映する特集上映が開催される。 6月20日(土)~7月17日(金)ユーロスペースにて開催!(他全国順次開催)
  72. ラピュタ阿佐ケ谷特集上映
    『昭和警察物語~』パンフ&チケットをプレゼント!
    Posted at 2009/05/20/19:54

    ラピュタ阿佐ヶ谷では5月31日(日)から『昭和警察物語 銀幕に吠えろ』と銘打った特集上映が開催される。今回の特集では「昭和」を彩った警察映画の中から厳選した33作品をピックアップ。日本の刑事ドラマの原点とも呼ばれる『警視庁物語』や、人情刑事モノのはしりと言える小杉勇監督の『刑事物語』シリーズ、そして推理映画の金字塔『点と線』など、大興奮必至のプログラムとなっている。本特集上映のパンフレット&チケットセットを5組10名様にプレゼントします。 応募締め切り 5月29日(金)まで
  73. 特集上映『緑魔子伝説』 Posted at 2009/05/02/01:35
    いま蘇える伝説の女優、緑魔子。ゴールデン・ウイークのシネマヴェーラ渋谷に降臨!『かも(ニュープリント)』 『盲獣』『二匹の牝犬』 『にっぽん泥棒物語』『非行少女ヨーコ』『吹けば飛ぶよな男だが』『大悪党』『カモとねぎ』『帰って来たヨッパライ』『日本一の断絶男』『喜劇 深夜族』『あらかじめ失われた恋人たちよ』『やさしいにっぽん人』『生まれかわった為五郎』『日本妖怪伝 サトリ』『御用牙 鬼の半蔵やわ肌小判』』、期間中『活弁上映会 パンドラの箱(DVD)』と『ヴェーラ古典クラブ第1回 トップハット(16mm,字幕なし)』も上映。(全22本)、2009年5月2日(土)~5月22日(金)まで開催@シネマヴェーラ渋谷 『吾輩は猫である』 『まむしと青大将』 『日本人のへそ』 『僕は天使ぢゃないよ』
  74. 昭和の銀幕に輝くヒロイン第47弾「吉永小百合」 Posted at 2009/04/07/18:00
    昭和の銀幕に輝くヒロインシリーズ第47弾は、吉永小百合を特集。『この若さある限り』『草を刈る娘』『こんにちわ、20才』『風と樹と空と』『明日は咲こう花咲こう』『青春のお通り』『青春のお通り 愛して泣いて突っ走れ!』『愛と死の記録』の8作を通して、その魅力に迫る。5月17日(日)~7月11日(土)まで、モーニングショー 朝10時30分より1回のみ上映@ラピュタ阿佐ヶ谷
  75. 特集上映『東宝アクション!2』 Posted at 2009/04/07/17:50
    昨年好評だった東宝アクション映画特集の第二弾。『野獣死すべし』『国際秘密警察 鍵の鍵』『恐怖の弾痕』『恐喝』『男対男』『「みな殺しの歌」より 拳銃よさらば!』『非情都市』『顔役暁に死す』『紅の海』『紅の空』『国際秘密警察 指令第8号』『国際秘密警察 虎の牙』『殺人狂時代』『白昼の襲撃』『野獣都市』『ザ・ゴキブリ』『野獣狩り』『野獣死すべし 復讐のメカニック』(全18本)2009年4月11日(土)~5月1日(金)まで開催@シネマヴェーラ渋谷
  76. 『韓国映画ショーケース2008』開催! Posted at 2008/11/29/02:48
    昨年好評を博した「韓国映画ショーケース」が今年も開かれる。今回も、韓国のベトナム戦争参戦を女性視点で描いた『あの人は遠くへ』やハードボイルド・アクション『目には目を』など、注目度の高い作品9本を一挙に上映する。 12月13日~19日、シネカノン有楽町1丁目にて開催!
  77. 特集上映「映画音楽家・林光の世界」 Posted at 2008/10/27/18:41
    昨年、好評を博したATG大特集」の外伝ともいうべき特集上映が開催される。今回はその第一弾として、数々の映画音楽を手がけてきた巨匠・林光を取り上げ、12作品のセレクト上映を通してその世界と魅力に触れる。  11月8日(土)~21日(金)まで、シネマート六本木で開催
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO