キーワード『自然』が含まれているエントリー

対象エントリー数: 19件
  1. 『ハイジ アルプスの物語』全国劇場招待券(親子ペア券)をプレゼント!/8月26日公開/世界中で愛されている児童文学の名作が本国スイス製作で映画化 Posted at 2017/07/22/20:35
    世界中で愛されている児童文学の名作「ハイジ」が、本国スイス製作で映画化。ハイジに扮するのは、500 ⼈の候補の中から選ばれたアヌーク・シュテフェン。アルムおんじ役には、『ヒトラー〜最期の 12 ⽇間〜』の名優 ブルーノ・ガンツ。本作の全国劇場招待券(親子ペア券)を3組6名様にプレゼントします。応募締切:8月13日(日)
  2. 映画を通して風光明媚な秩父地域の魅力を発信している『ちちぶ映画祭2016』9月18日(日)・19日(月・祝)、秩父市歴史文化伝承館にて開催 Posted at 2016/09/10/22:08
    映画を通して風光明媚な秩父地域の魅力を発信している<ちちぶ映画祭>が、今年も開催される。秩父ゆかりの作品を中心に9作品が上映されるほか、倍賞千恵子さんや樹木希林さんによる舞台挨拶、グルメコーナーなど、秩父の魅力をまるごと満喫できる2日間となりそうだ。
  3. 新作情報:『アルビノの木』/7月16日公開/害獣駆除に従事する若者の姿を通して自然と人間との関係を真摯に見つめる Posted at 2016/07/04/18:29
    本作は、山間の村で人々が大切に思ってきた白鹿の”駆除”を依頼された害獣駆除会社の青年の葛藤を通して、自然と人間との関係を真摯に見つめた作品だ。自然の美しさと厳しさ、人間の卑小さ、身勝手さなどが見事に凝縮された注目の一本。2016年7月16日(土)~29日(金) テアトル新宿にて緊急限定レイトショー
  4. 塚本晋也監督 & 森優作『野火』外国特派員協会記者会見レポート【2/3】/7月25日(土)公開 Posted at 2015/07/18/19:42
    7月14日に東京・有楽町にある日本外国特派員協会で、塚本晋也監督の新作『野火』の試写会が行われ、上映後には塚本監督と出演の森優作による記者会見が開かれた。その模様をお届けする。【Page2/3】
  5. 塚本晋也監督 & 森優作『野火』外国特派員協会記者会見レポート【1/3】/7月25日(土)公開 Posted at 2015/07/18/19:41
    7月14日に東京・有楽町にある日本外国特派員協会で、塚本晋也監督の新作『野火』の試写会が行われ、上映後には塚本監督と出演の森優作による記者会見が開かれた。その模様をお届けする。【Page1/3】
  6. 映画『祖谷物語 -おくのひと -』2015年8月4日DVD、Blu-ray発売、予約受付中 !! Posted at 2015/07/09/18:17
    徳島県「祖谷(いや)」を舞台に人間と自然の壮大な物語を描いた映画『祖谷物語』のDVD、Blu-rayが発売される。本作は、蔦哲一朗監督が日本三大秘境の一つである祖谷で、35mmフィルムによる長期撮影を行い完成させた圧倒的な映像美が各国で高く評価された意欲作だ。
  7. 逗子オーガニック映画祭 3月8日(日)、逗子シネマアミーゴにて一日限定開催 Posted at 2015/03/02/18:12
    “オーガニック”をテーマに国内外から厳選した4本の映画を上映する映画祭が開催される。当日は、トークイベントや有機野菜を使ったカレーライスの配布なども行われるとのことなので、自然豊かな逗子の街で人と食のつながりについて思いを馳せる一日してみてはいかがだろうか。 / 2015年3月8日(日)、逗子シネマアミーゴにて開催
  8. 蔦哲一朗監督インタビュー:映画『祖谷物語 -おくのひと-』(2月15日公開)について【2/5】 Posted at 2013/11/18/20:52
    初の劇場公開作品『祖谷物語 -おくのひと-』が第26回東京国際映画祭の新部門「アジアの未来」でスペシャル・メンションを受賞した蔦哲一朗監督に、映画作りやフィルム撮影への想いなどお話を伺った。【Page2/5】 第26回東京国際映画祭「アジアの未来」部門 スペシャル・メンション受賞/2014年2月15日公開(土)より、新宿K's cinemaにて公開決定
  9. 蔦哲一朗監督インタビュー:映画『祖谷物語 -おくのひと-』(2月15日公開)について【1/5】 Posted at 2013/11/18/20:51
    初の劇場公開作品『祖谷物語 -おくのひと-』が第26回東京国際映画祭の新部門「アジアの未来」でスペシャル・メンションを受賞した蔦哲一朗監督に、映画作りやフィルム撮影への想いなどお話を伺った。【Page1/5】 第26回東京国際映画祭「アジアの未来」部門 スペシャル・メンション受賞/2014年2月15日公開(土)より、新宿K's cinemaにて公開決定
  10. 今観たい!16のドキュメンタリー映画特集上映、渋谷アップリンクにて開催中 Posted at 2013/08/25/21:32
    「生まれる・食べる・暮らす・伝える・老いる・子ども・未来」今、考えたい7つのテーマについてヒントを与えてくれる新旧のドキュメンタリー映画16本を厳選して、連日2作品ずつ上映する特集上映が開催されている。 2013年9月6日(金)まで、渋谷アップリンクにて開催中!
  11. 3月17日公開『種まく旅人~みのりの茶~』試写会にご招待! Posted at 2012/02/09/19:22
    美しい大分の茶畑を背景に描かれるおおらかな人間模様に笑い、美しい夕日に感動し、観賞後はいまの自分の足元を見つめ直したくなる。そんな観る者を元気にしてくれるオーガニック・シネマ『種まく旅人~みのりの茶~』の試写会に10組20名様をご招待します。
  12. 9月1日公開のネイチャードキュメンタリー『ライフ―いのちをつなぐ物語―』特別試写会にご招待! Posted at 2011/07/22/16:11
    9月1日(土)から公開される『ライフ―いのちをつなぐ物語―』は、陸・海・空の動物を世界で初めて“動物と同じ目線”にこだわった映像で捉え、動物たちの「いのち」のドラマを浮き彫りにした驚異のネイチャードキュメンタリーだ。本作『ライフ―いのちをつなぐ物語―』の特別試写会に5組10名様をご招待します。 応募締め切り 8月14日(日)
  13. 70年代アメリカ映画伝説『ZIGGY FILMS ’70s vol.2』開催! Posted at 2011/07/09/16:25
    昨年の開催された「70年代アメリカ映画伝説」第2弾として、ロバート・アルトマン監督の『ナッシュビル』とテレンス・マリック監督の『天国の日々』が、字幕を新たにニュープリントで連続公開される。 2011年8月6日より『ナッシュビル』、8月27日より『天国の日々』新宿武蔵野館にて連続公開
  14. 第11回東京フィルメックス/深谷レポート【1/2】『老人たちの夢』 Posted at 2010/12/31/15:23
    閉会式、コンペティション審査委員長のウルリッヒ・グレゴール氏は、受賞作発表に先がけてのスピーチで「作品同士が呼応しあうような、語り合うような構成になっていた」とラインナップを称賛した。個々の作品を見ると監督自身のパーソナルな世界を描くものが目立ち、例年以上に個性的で手強いラインナップだったと思う。その一方で鑑賞を重ねるうちに既視感のような不思議な感覚を何度も覚え、映画祭全体がひとつの環を形作るような気がしていたのでその言葉には多いに頷いた。映画というのは異なる才能のコラボレーションで作られる芸術だが、完成した作...
  15. ベルマ・バシュ[監督]/シェイマ・ウズンラル[女優]インタビュー:映画「ゼフィール」について Posted at 2010/11/10/23:37
    初めて監督した短編作品が2006年のカンヌ国際映画祭で正式上映され、近年好調のトルコ映画界の中でも飛び抜けた存在感を放っていたベルマ・バシュ監督。待望の長編デビュー作は、山岳地帯の村を舞台に、母の愛を希求する少女の心理を繊細に描く美しい映像詩であった。独特の濃密な世界観を形作る要素のひとつとして、キャストに監督の家族や村の住人を起用していることが挙げられるだろう。主演のシェイマ・ウズンラルさんも監督とは親戚同士。東京国際映画祭に出品するために来日したおふたりに、映画の成り立ちから舞台裏までを伺った。
  16. レイモン・ドゥパルドン監督公式インタビュー:映画『モダン・ライフ』について Posted at 2010/06/24/19:35
    6月26日(土)より公開されるドキュメンタリー映画『モダン・ライフ』は、南仏・セヴェンヌ村で暮らす人々に密着し、彼らの暮らしや肉声を通して「人間本来の生活」を問いかける作品だ。仏ドキュメンタリー界でも巨匠として知られるレイモン・ドゥパルドン監督が、本作について特別インタビューに応じてくれた。 6月26日(土)より、渋谷シアター・イメージフォーラムほかロードショー
  17. 作品情報:『モダン・ライフ』 Posted at 2010/06/04/18:40
    仏ドキュメンタリー界の巨匠レイモン・ドゥパルドン監督作品としては、日本初公開となる本作は、南仏・セヴェンヌ村で暮らす人々の姿を通じて「人間本来の生活」を問いかけるドキュメンタリーだ。 6月26日(土)より、渋谷シアター・イメージフォーラムほかロードショー
  18. 滝沢乃南インタビュー/映画「AKIBA」について Posted at 2006/12/16/01:49
    『AKIBA』(小沼雄一監督)は、「メイド喫茶」「秋葉原」といった流行のモチーフを扱ったお手軽な娯楽作品に見えるが、その実、女性同士の友情とも恋情ともつかぬ微妙な関係を主題にした、辛口の人間ドラマである。ヒロインを務めた滝沢乃南に話を伺った。
  19. 『ココシリ』 Posted at 2006/05/26/19:05
    壮大な大自然の中で、 命をかけて"美しいもの"を守ろうとした男たちがいた。海抜4700メートルの山肌に、神聖なほど美しく、想像を絶するほど過酷な大自然が広がっているこの無人地帯は、人が神に最も近づくことのできる中国最後の秘境として知られている。そんなココシリの山中で、...
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO