キーワード『貧困』が含まれているエントリー

対象エントリー数: 8件
  1. 新作情報:『ウインド・リバー』/7月27日公開/ジェレミー・レナー×エリザベス・オルセン共演/ネイティブアメリカンの保留地を舞台に、アメリカの闇を描いた極上のクライムサスペンス Posted at 2018/07/23/21:35
    ネイティブアメリカンの保留地を舞台に、未だに色濃い差別や偏見が渦巻く閉ざされたアメリカの闇を描いた極上のクライムサスペンス。『アベンジャーズ』シリーズのホークアイ役ジェレミー・レナーと、同シリーズのスカーレット・ウィッチ役エリザベス・オルセンの共演も話題。
  2. 新作情報:『パティ・ケイク$』/4月27日公開/人生どん詰まりの小太り系女子が得意のラップで成功をつかもうと奮闘する姿を描いた青春音楽映画 Posted at 2018/04/24/18:38
    サンダンス映画祭で注目を集めて配給会社間で争奪戦となった本作は、⾦ナシ職ナシ祖母の介護アリで人生どん詰まりの小太り系女子が、家庭問題や貧困、差別といった自身を取り巻く問題を乗り越えてラップで成功をつかもうと奮闘する姿を描いた青春音楽映画だ。
  3. 予告編:『ティエリー・トグルドーの憂鬱』/8月27日公開/小市民の中年男が転落していく姿を描いてカンヌと仏セザール賞で主演男優賞をW受賞した社会派人間ドラマ Posted at 2016/07/26/18:56
    穏やかに生きることを望む小市民の中年男が社会の矛盾を一身に受けて転落していく姿を描いた本作は、主演のヴァンサン・ランドンがカンヌ国際映画祭と仏セザール賞で主演男優賞をW受賞した社会派人間ドラマだ。
  4. ニッポン・マイノリティ映画祭:12月19日(土)よりユーロスペースにて開催/「目に見えないものを見せる」映画が描き出してきたマイノリティと差別 Posted at 2015/12/05/21:43
    日本大学藝術学部映画学科の学生が企画・運営する映画祭が今年も開催される。5回目となる今回は“日本のマイノリティ”をテーマに、日本におけるマイノリティの存在と日本映画の歴史を照らし合わせることで、現在と未来の日本のあり方を考える契機にして欲しいと意気込む。/2015年12月19日(土)~25日(金)まで、ユーロスペースにて開催
  5. 作品情報:『ビラルの世界』10月6日公開/盲目の両親とインドで暮らす3歳児ビラルの日常を映したドキュメンタリーの秀作 Posted at 2012/09/13/00:12
    盲目の両親とインドのコルカタ(カルカッタ)で暮らす3歳の男児ビラルの日常を映し出したドキュメンタリーの秀作が公開される。本作は、各地の国際映画祭で数々の賞を獲得しているほか、山形国際ドキュメンタリー映画祭2009でも『アジア千波万波奨励賞』と『コミュニティシネマ賞』のダブル受賞を果たしている。2012年10月6日(土)より、オーディトリウム渋谷ほか、全国順次公開
  6. カンヌ国際映画祭2012/深谷レポート【3/4】 Posted at 2012/07/15/19:57
    5月16日から11日に渡って開催されたカンヌ国際映画祭は今年で65回目を迎える。この世界最大の映画の祭典に初参加した深谷直子が、現地の模様をお届けする。【Page3/4】
  7. 作品情報:ドキュメンタリー映画『ヴィダル・サスーン』5月26日公開 Posted at 2012/05/05/15:49
    ヘアケア用品などで日本でも絶大な知名度を誇るブランド「VIDAL SASSOON」。本作は、60年代のロンドン・ファッション・シーンを牽引して、現在の美容界に多大なる影響を及ぼした不世出のヘア・スタイリスト、ヴィダル・サスーンの足跡を描いたドキュメンタリーだ。
  8. レビュー:プレシャス Posted at 2010/06/20/11:02
    『アメリカ貧困家庭が抱える問題の根源とは?』 / (結末に関する言及あり!)ニューヨークのハーレム、母子ふたり、父親はとうに家を出てしまっている貧しい家庭で暮らす16歳の少女の過酷な人生。そんな中でも彼女が未来に向かって歩きだしていく姿を力強く描いた作品である。また、人間ドラマのその向こうに、アメリカの抱えるさまざまな問題を浮かびあがらせ、さらには、その問題の根源や解決への道までをも模索した意欲作で、サンダンス映画祭...
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright © 2004-2018 INTRO