キーワード『青春』が含まれているエントリー

対象エントリー数: 115件
  1. 予告編:『スウィート17モンスター』/4月22日公開/17歳のこじらせ女子の日常と煩悶を切り取った等身大100%の珠玉の青春映画 Posted at 2017/04/15/20:41
    歌手としても人気の天才女優ヘイリー・スタインフェルドが17歳のこじらせ女子を演じ、思春期特有の痛すぎる日常と煩悶を鮮やかに切り取った等身大100%の珠玉の青春映画。
  2. 『新海誠監督作品 特集上映 2017』2月2日より下北沢トリウッドにて開催/新海誠監督商業デビュー作『ほしのこえ』初上映15周年記念 Posted at 2017/01/25/17:52
    『君の名は。』 が大ヒット中の新海誠監督の商業デビュー作『ほしのこえ』が、今年で初上映から15周年を迎えるのを記念して、初上映劇場だった下北沢トリウッドで『ほしのこえ』を含む同監督の特集上映が開催される。
  3. 予告編:『僕と世界の方程式』/1月28日公開/『リトル・ダンサー』の製作者が手がけた感動作 Posted at 2017/01/23/21:01
    イギリス映画の名作『リトル・ダンサー』の製作者が手がけた本作は、自閉症スペクトラムでありながら国際数学オリンピックのイギリス代表に選ばれた少年が、ライバルの中国チームの少女との出会いを通して成長していく姿を、実話を元に描いた感動作だ。
  4. 『イスラーム映画祭2』1月14日(土)~20日(金)渋谷ユーロスペースにて開催 Posted at 2017/01/10/20:29
    イスラーム的価値観や文化、市井で暮らす人々の素朴な姿など、普段ではなかなか触れることのできないイスラーム世界の等身大の姿を垣間見るれることができる第2回「イスラーム映画祭」が渋谷ユーロスペース・名古屋シネマテーク・神戸元町映画館で開催される。
  5. 映画『GARAGE ROCKIN’ CRAZE』W公開記念イベント、1月11日(水)/ 1月13日(金)連続開催 Posted at 2016/12/30/20:04
    1980年代後半より現在まで続く世界に誇る東京のガレージ・パンクのイベント“ Back From The Grave”の魅力と、その主催者たちの姿を追いかけたドキュメンタリー映画『 GARAGE ROCKIN’ CRAZE』の公開に合わせ、二つの公開記念イベントが開催される。
  6. 予告編:『14の夜』/12月24日公開/『百円の恋』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した足立紳監督デビュー作 Posted at 2016/12/14/18:13
    『百円の恋』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した足立紳監督デビュー作となる本作は、1980年代の田舎町を舞台に、AV女優がサイン会に来るという噂に色めき立つ中学生男子たちの悶々とする姿を描いた、情けなくも愛すべき“性春”映画だ。
  7. 予告編:『いたくても いたくても』/12月3日公開/第16回 TAMA NEW WAVE グランプリ・ベスト男優賞・ベスト女優賞受賞のプロレス×恋愛×活劇 Posted at 2016/11/29/20:08
    東京藝術大学大学院映像研究科出身の堀江貴大監督の初長編となる本作は、倒産寸前の通販会社が起死回生の為に通販番組でプロレス団体を設立、プロレスにのめり込んでいく社員たちが、女性社員を巡って恋の真剣勝負に挑む姿を描いた格闘青春映画だ。
  8. 新作情報:『私の少女時代-Our Times-』/11月26日公開/2015年台湾年間興行収入第1位/90年代へのノスタルジーを織り交ぜた懐かしくも新しい台湾青春ラブストーリーの決定版 Posted at 2016/11/21/19:51
    2015年の台湾年間興行収入で第1位を記録した本作は、仕事も恋愛も空回り気味の平凡なOLが、ある晩に偶然アンディ・ラウの歌を聴いたことで、輝かしくもほろ苦い“少女時代”を追想していく姿を描いたノスタルジックな青春ラブストーリーだ。
  9. 日本未公開のアメリカンインディーズの傑作⻘春映画『アメリカン・スリープオーバー』8月27日(土)より下北沢トリウッドにて日本初ロードショー! Posted at 2016/08/19/20:53
    1990年初頭のアメリカを舞台に、「お泊り会」に集まった少年少女の揺れ動く心情を瑞々しく描いた青春映画『アメリカン・スリープオーバー』。本作に惚れ込んだ下北沢トリウッドの代表が直接権利元と交渉して今回の上映を実現させた。他で上映される可能性がほぼない貴重な機会をお見逃しなく。
  10. 尾関玄監督インタビュー:映画『ハルをさがして』について【3/6】/8月6日より下北沢トリウッドにてロードショー Posted at 2016/08/07/00:23
    震災後の福島を舞台に、いなくなった犬探しをする少年少女の姿を描いた青春映画『ハルをさがして』で長編デビューを果たした尾関玄監督に、映画作りの経緯や撮影秘話など詳しいお話をうかがった。【Page3/6】
  11. 尾関玄監督インタビュー:映画『ハルをさがして』について【2/6】/8月6日より下北沢トリウッドにてロードショー Posted at 2016/08/07/00:22
    震災後の福島を舞台に、いなくなった犬探しをする少年少女の姿を描いた青春映画『ハルをさがして』で長編デビューを果たした尾関玄監督に、映画作りの経緯や撮影秘話など詳しいお話をうかがった。【Page2/6】
  12. 映画『聲の形』試写会にご招待!/9月17日公開/数々の賞に輝いた大今良時の同名ベストセラーコミックを、京都アニメーションの山田尚子監督が劇場アニメ化 Posted at 2016/08/04/20:32
    聴覚障害を理由にいじめられていた少女と、 いじめの中心人物だったために周囲から孤立していく少年の交流を描いた、大今良時のベストセラーコミック「聲の形」を、TVアニメ「けいおん!」などで知られる山田尚子監督が劇場アニメ化。本作の一般試写会に15組30名様をご招待します。応募締め切り:8月30日(火)
  13. 予告編:『DOPE/ドープ!!』/7月30日公開/サンダンス&カンヌで大絶賛された、90年代のHIPHOPオタク黒人高校生を主人公にした新感覚青春ブラックムービー Posted at 2016/07/19/20:37
    2015年のサンダンス映画祭&カンヌ国際映画祭監督週間で大絶賛された本作は、90年代のHIPHOPオタク黒人高校生を主人公にした新感覚青春ブラックムービーだ。ファレル・ウィリアムス提供による楽曲にも注目!
  14. 新作情報:ジョン・カーニー監督最新作『シング・ストリート 未来へのうた』/7月9日公開/音楽に救われ、輝く未来へ向かって走り出す少年の物語 Posted at 2016/07/02/20:54
    音楽映画の旗手として世界中で人気を集めるジョン・カーニー監督の最新作は、音楽に救われ、輝く未来へ向かって走り出す少年の姿を描いた自伝的な作品だ。
  15. 『第25回レインボー・リール東京~東京国際レズビアン&ゲイ映画祭~』開催/7月9日~シネマート新宿、7月15日〜青山・スパイラルホールにて Posted at 2016/06/28/21:34
    毎年、劇場公開される機会が限られているLGBT(セクシュアル・マイノリティ)を題材とする映画を紹介してきた東京国際レズビアン&ゲイ映画祭が今年も開催される。
  16. ラピュタ阿佐ヶ谷6月の特集上映は、6月12日より『脚本家 井手俊郎特集』、6月26日(日)より『浅丘 ルリ子 特集』 Posted at 2016/06/03/20:45
    ラピュタ阿佐ヶ谷では、社会問題を痛烈に批判しながらもユーモアと人情をたやさすことなく大衆に寄り添う脚本を書いた万能脚本家・井手俊郎の特集上映を開催するほか、名物モーニング『昭和の銀幕に輝くヒロイン』の第81弾では浅丘ルリ子を特集。
  17. 内藤瑛亮監督インタビュー:映画『ドロメ【男子篇】』『ドロメ【女子篇】』について【3/6】/3月26日(土)よりシネマート新宿ほかにて2作品同時公開 Posted at 2016/03/27/13:33
    男子高と女子高の演劇部員が山奥の合宿先で遭遇する怪異を描いた青春コミカルホラー『ドロメ【男子篇】【女子篇】』を撮った内藤瑛亮監督に、企画の経緯や撮影秘話、作品に込めた想いなど詳しいお話をうかがった。【Page3/6】
  18. 新作情報:「無伴奏」/3月26日(土)公開/小池真理子の半自叙伝的同名小説を矢崎仁司監督が成海璃子・池松壮亮・斎藤工で完全映画化。1970年前後を舞台に女子高生の秘密の恋を描く。 Posted at 2016/03/22/17:31
    学生運動が盛んだった1970年前後を舞台に、女子高生の秘密の恋を描いた小池真理子の半自叙伝的同名小説を、矢崎仁司監督が成海璃子・池松壮亮・斎藤工で完全映画化。斎藤工と遠藤新菜(non-noモデル)の濡れ場や、池松壮亮と斎藤工の男同士の濡れ場が大きな話題を呼んでいる。
  19. 若松孝二生誕80年祭!:3月26日(土)よりポレポレ東中野にて開催/故・若松孝二監督の未ソフト化作品を含む監督作とプロデュース作25作品を一挙に上映 Posted at 2016/03/19/20:56
    故若松孝二監督の生誕80年を記念して、未ソフト化作品を含む監督作とプロデュース作25作品を一挙に上映する特集上映が開催される。期間中は後期若松組の常連俳優である大西信満がホストを務めるトークイベントも行われる。/2016年3月26日(土)~4月8日(金)までポレポレ東中野にて開催
  20. 台湾巨匠傑作選2016:4月30日(土)より新宿K’s cinemaにて開催/台湾映画が海を超えて映像世界に革命を起こした…時代を映し取る企画第2弾 Posted at 2016/03/16/20:06
    世界の映画作家に影響を与え続ける台湾ニューシネマの世界を紹介する特集企画<台湾巨匠傑作選>の第2弾が開催される。ホウ・シャオシェン、エドワード・ヤン、ツァイ・ミンリャンなど全23本を上映。
  21. 自選シリーズ 現代日本の映画監督4 根岸吉太郎:3月15日(火)より、東京国立近代美術館フィルムセンターにて開催/根岸吉太郎監督初の本格的レトロスペクティブ Posted at 2016/03/02/22:34
    日活ロマンポルノの監督時代から、批評家からの高い評価を集め、初の一般映画『遠雷』(81)でブルーリボン賞監督賞などを獲得、その後も「男と女」の映画を中心に数々の秀作を発表してきた根岸吉太郎監督初の本格的レトロスペクティブが開催される。
  22. 『窪田将治監督特集上映~バージンを奪われた男たち~』3月11日(金)、渋谷CBGKシブゲキ!!にて開催 Posted at 2016/03/01/19:27
    モントリオール世界映画祭に常連出品している窪田将治監督の映画監督生活10周年を記念して、窪田監督の代表作三本「CRAZY-ISM クレイジズム」(10)、「僕の中のオトコの娘」(12)、「野良犬はダンスを踊る」(15)を、渋谷のCBGKシブゲキ!!で一挙上映する特集上映が開催される。
  23. 映画『太陽』完成披露試写会にご招待!/4月23日公開/劇団イキウメの同名舞台を入江悠監督が神木隆之介&門脇麦主演で映画化 Posted at 2016/01/30/17:35
    劇団イキウメの同名傑作舞台を入江悠監督(『SR サイタマノラッパー』シリーズなど)が、神木隆之介と門脇麦を主演に迎えて映画化。SFであり、青春ドラマであり、ラブストーリーであり、究極の家族愛の物語である本作の完成披露試写会に10組20名様をご招待します。 応募締め切り:2月27日(土)
  24. トーキョーノーザンライツフェスティバル 2016:2月6日(土)よりユーロスペースにて開催/北欧映画の一週間 Posted at 2016/01/24/15:36
    真冬の映画祭『トーキョーノーザンライツフェスティバル』が今年も開催される。北欧映画界を牽引する監督たちの新作や未公開作、ジャパンプレミア作、劇場未公開作など全15作品を上映。今年はフィンランドの映画作家ピルヨ・ホンカサロ監督を特集するほか、新旧の北欧映画を満喫できる熱い一週間をお見逃しなく!
  25. 宮藤官九郎監督最新作『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』/2016年2月6日(土) 全国ロードショー!! Posted at 2015/11/26/19:35
    藤官九郎監督の最新作『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』は、不慮の事故で地獄行きになってしまった高校生が、大好きな女子とキスするために生き返りを目指して奮闘する姿を描く。この度、主演の長瀬智也が熱唱する主題歌「TOO YOUNG TO DIE!」入り本予告映像が解禁された。
  26. 川崎市市民ミュージアム特集上映<ATG特集 役者の引力!>:11月1日(日)~11月29日(日)まで開催 Posted at 2015/10/30/20:02
    時代を象徴する青春映画の傑作群を送り出したATG(日本アート・シアター・ギルド)映画の世界を振り返る特集上映が開催される。今回は役者の魅力に注目した19本に加え、三宅唱監督の『PLAYBACK』が特別上映される。
  27. レビュー:『ぼくの桃色の夢』 (ハオ・ジエ監督)/第28回東京国際映画祭コンペティション部門出品作 Posted at 2015/10/28/20:40
    『甘く、ほろ苦い初恋の行方。』Text By 岸 豊 /あなたは初恋を覚えているだろうか。初めて異性を好きになり、彼・あるいは彼女のことしか考えられず、夜も眠れない日々が続く、あの感覚を。中国映画界の期待の星、ハオ・ジエ監督の最新作で、先日開催された東京国際映画祭の...
  28. フィンランド映画祭2015:11月1日(日)~11月5日(木)まで、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて開催 Posted at 2015/10/27/22:39
    フィンランド映画の新作を日本に紹介するフィンランド映画祭が今年も開催される。7年目となる今回は、今年のフィンランドアカデミー賞で最優秀映画賞や最優秀監督賞など4部門を受賞した『2人だけの世界』などの最新作全5作品を上映する。
  29. 作品情報:「若き詩人」/11月公開/2010年代の『大人は判ってくれない』とフランス映画界が注目する新鋭監督の処女長編作 Posted at 2015/10/15/21:51
    世界の映画祭で注目される新鋭ダミアン・マニヴェル監督の処女長編作となる本作は、自主製作ながらフランス全国20館で拡大公開され、2010年代の『大人は判ってくれない』と評判を呼んでいる注目作品だ。/2015年11月、シアター・イメージフォーラム、シネ・ヌーヴォ大阪にてロードショー!
  30. 第七回下北沢映画祭:10月10日(土)~12日(月・祝)まで、成徳ミモザホール、下北沢トリウッドにて開催 Posted at 2015/10/03/18:03
    下北沢という街全体を巻き込んで展開される地域密着型の映画祭『下北沢映画祭』が今年も開催される。7回目となる今年は「ボーダレスな映画体験のススメ。」をテーマに、バラエティに富んだ5つのプログラムが用意されている。
  31. 作品情報:「モーターズ」/11月14日(土)公開/PFFアワード2014 審査員特別賞受賞作/冴えない男たちと一組のカップルが織り成す、一瞬の出会いと別れの物語。 Posted at 2015/09/18/22:23
    俳優としても高い評価を得る渡辺大知の第1回監督作品で、PFFアワード2014 審査員特別賞を受賞した本作は、田舎の整備工場で働く冴えない男をとりまく人々と、彼らの前に現れた一組のカップルが織り成す、束の間の出会いと別れを描いた物語だ。/2015年11月14日(土)~11月27日(金)新宿武蔵野館レイトショー上映!
  32. 『女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。』完成披露試写会&記者会見イベントにご招待!/中学生アイドル総勢17名出演のソリッドシチュエーション・ガールズドラマ Posted at 2015/07/12/00:07
    とある女子中学校のトイレ(のみ)を舞台に、女子中学生の本音が炸裂しまくるソリッドシチュエーション・ガールズドラマ『女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。』劇場版完成を記念して行われる記者会見&トークショーつき完成披露試写会イベントに15組30名様をご招待します。 応募締め切り:7月15日(水) / 配信ドラマ版:GYAO!他絶賛配信中!/1話のみ常時無料配信 劇場版:2015年晩夏~秋公開予定
  33. ラピュタ阿佐ヶ谷特集『OIZUMI 東映現代劇の潮流』&モーニング特集『昭和の銀幕に輝くヒロイン第78弾 岡田 茉莉子』7月12日より開催 Posted at 2015/07/05/18:09
    ラピュタ阿佐ケ谷では、1950年代後半から1960年代全般にかけて、東映東京撮影所で製作されたバラエティ豊かな作品群の中から36作品を厳選して一挙上映する特集と、日本映画全盛期を代表する大女優・岡田茉莉子の到達点ともいうべき傑作『秋津温泉』を含む9作品を上映するモーニング特集が開催される。 / 2015年7月12日(日)~9月12日(土)まで、ラピュタ阿佐ケ谷にて開催
  34. 作品情報:「みちていく」/6月27日(土)公開/卒業制作ながら国内の映画祭で連続グランプリを受賞した注目作 Posted at 2015/06/22/23:18
    高校の陸上部を舞台に、10代の多感な少女たちの群像劇を描いた本作は、弱冠21歳の竹内里紗監督の卒業制作ながら国内の二つの映画祭で連続グランプリ受賞という快挙を成し遂げた注目作だ。 / 2015年6月27日(土)より渋谷ユーロスペースにてレイトショー公開
  35. 予告編:「ストレイヤーズ・クロニクル」/6月27日(土)公開/本多孝好の同名アクション巨編小説を瀬々敬久監督が映画化 Posted at 2015/05/24/16:07
    監督:瀬々敬久 原作:本多孝好 出演:岡田将生,染谷将太,成海璃子,松岡茉優,白石隼也,高月彩良 ほか / 2015年6月27日(土)全国ロードショー
  36. ラピュタ阿佐ヶ谷特集『春爛漫 歌と踊りの銀幕祭典/Dancing ,Singing!』3月15日より開催/ニッポンのミュージカル&歌謡映画特集 Posted at 2015/03/09/19:41
    ピュタ阿佐ヶ谷で、昭和の大スターたちがスクリーンで唄い、踊る魅惑のミュージカル&歌謡映画が特集上映される。老若男女、世代を越えて楽しめる、昭和のニッポンを元気にした傑作の数々をスクリーンで是非ご堪能いただきたい。 / 2015年3月15日(日)~5月16日(土)まで、ラピュタ阿佐ケ谷にて開催
  37. 映画『死んだ目をした少年』公開記念プレイベント『死んだ目をした大人たちの集い』2月8日(日)開催 Posted at 2015/02/03/21:39
    鬱屈した若者の衝動を赤裸々に描いて根強い人気をもつ漫画家・古泉智浩氏の同名漫画を、期待の若手監督・加納隼が映像化した映画『死んだ目をした少年』の劇場公開を記念したプレイベントが開催される。/ 2015年2月8日(日)、ネイキッドロフトにて開催
  38. 予告編:「きっと、星のせいじゃない。」/2月20日(土)公開/人気ベストセラー小説を『(500)日のサマー』の脚本コンビが映画化 Posted at 2015/01/24/22:36
    全米オープニング興行成績NO.1の大ヒット! ティーン・チョイス・アワード20...
  39. 『アゲイン 28年目の甲子園』一般試写会にご招待!/大森寿美男監督作品/2015年1月17日公開 Posted at 2014/12/10/23:35
    重松清の新作小説「アゲイン」を原作にした映画『アゲイン 28年目の甲子園』は、全国の元高校球児が世代を超えて出身校別にチームを作り、再び甲子園を目指す実在する大会「マスターズ甲子園」を舞台に、忘れようとした夢に再び挑戦する大人たちの姿を描いた感動作だ。本作の一般試写会に10組20名様をご招待します。応募締め切り:12月16日(火) / 2015年1月17日(土)より、全国ロードショー!
  40. 作品情報:セドリック・クラピッシュ監督“青春三部作”完結編「ニューヨークの巴里夫(パリジャン)」12月6日(土)、Bunkamura ル・シネマほか全国順次ロードショー Posted at 2014/11/25/21:29
    同世代の観客の心を射止めて大ヒット、共に成長してきたセドリック・クラピッシュ監督の人気シリーズの完結編が遂に完成。オドレイ・トトゥほか主要キャストが再登場し、1作目からの成長や変わりのなさで楽しませてくれるファン必見の一本だ。 / 2014年12月6日(土)、Bunkamura ル・シネマほか全国順次ロードショー
  41. 特集上映:「台湾巨匠傑作選 ホウ・シャオシェン/エドワード・ヤン/アン・リー/ウェイ・ダーションの世界」8月23日(土)~9月15日(月・祝)、新宿K's cinemaにて開催 Posted at 2014/08/15/22:12
    世界的に評価を受けるホウ・シャオシェン、エドワード・ヤン、アン・リー、ウェイ・ダーションの作品を通して、30余年の台湾映画の変化を見渡す特集上映が開催される。台湾旅行が当たるキャンペーンや初日来場者プレゼントの情報も掲載。/ 2014年8月23日(土)~9月15日(月・祝)、新宿K's cinemaにて開催
  42. ラピュタ阿佐ヶ谷モーニング特集『昭和の銀幕に輝くヒロイン第73弾・吉永小百合』6月8日より開催 Posted at 2014/05/20/19:17
    昭和銀幕女優をフィーチャーしたラピュタ阿佐ヶ谷恒例のモーニング特集第73弾は、国民的スター女優・吉永小百合取り上げる。今回は純愛&青春路線の名作「さようならの季節」「風と樹と空と」「花の恋人たち」など全9本を上映。/2014年6月8日(日)~8月9日(土)まで、ラピュタ阿佐ケ谷にて連日10:30より1回のみ上映
  43. 『関西クィア映画祭2013』9月14日(土)~16日(月・祝)まで大阪:ヘップホール、10月4日(金)~6日(日)まで京都:京大西部講堂にて開催 Posted at 2013/09/07/18:37
    クィア(queer)」をキーワードに「性」をテーマにした映像作品を集めて上映する関西クィア映画祭。今年は世界13ヶ国の地域から全20作品を上映、特に今回は女子系作品と中東作品が充実したプログラムとなっている。 2013年9月14日(土)~16日(月・祝)まで、大阪:ヘップホールにて/ 10月4日(金)~6日(日)まで、京都:京大西部講堂にて開催
  44. 「ナカメキノ」vol. 8、9月4日開催/今回は9月14日に公開される台湾映画『あの頃、君を追いかけた』を無料上映 Posted at 2013/09/03/23:49
    “中目黒の街”を舞台に月に1度、無料の映画&トークイベントを実施している「ナカメキノ」。第8回は、9月14日の公開に先駆けて台湾映画『あの頃、君を追いかけた』を上映。上映前・上映後にはトークイベントも開催。 2013年9月8日(日)、バンタンゲームアカデミーにて開催!
  45. 作品情報:『ストラッター』(9月14日公開)/突然、人生のどん底に突き落とされたロッカー青年を描いたクールでキュートなロックン・ロード・ムービー Posted at 2013/08/24/21:58
    本作は、最愛の恋人に捨てられ、バンドは解散の危機という人生のどん底に突き落とされたロッカー青年の憂鬱な日々と、失意の中で芽生える友情と人生の再生をスタイリッシュな映像でユーモラスに描き出したロック・ムービーだ。 2013年9月14日(土)より、 ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開!
  46. 第26回東京国際映画祭プレイベント上映会『未熟な犯罪者』にご招待!/昨年のコンペティション部門審査員特別賞・最優秀男優賞受賞作 Posted at 2013/08/23/21:33
    第26回東京国際映画祭に先立って開催される、東京国際映画祭プレイベント上映会で上映される『未熟な犯罪者』(昨年の東京国際映画祭コンペティション部門審査員特別賞・最優秀男優賞をW受賞)に5組10名様をご招待します。 応募締め切り:9月21日(土) 2013年9月28日(土)・29日(日)、赤坂区民センターホールにて開催
  47. 第66回カンヌ国際映画祭/深谷レポート【4/5】 Posted at 2013/07/27/14:44
    5月15日から11日間に渡って開催された第66回カンヌ国際映画祭。昨年に引き続きこの世界最大の映画の祭典に参加した深谷直子が、現地の模様をお届けする。【Page4/5】
  48. 『ジンジャーの朝 さよなら、わたしが愛した世界』(8月公開)一般試写会にご招待!/サリー・ポッター監督最新作/エル・ファニング主演 Posted at 2013/07/17/00:00
    サリー・ポッター監督の最新作となる本作は、1960年代のロンドンを舞台に、仲良し女の子二人の揺れ動く心情と関係の変化、成長を描いた青春ドラマだ。本作『ジンジャーの朝 さよなら、わたしが愛した世界』の一般試写会に10組20名様をご招待します。 応募締め切り:8月4日(日) 2013年8月、シアター・イメージフォーラムほか全国ロードショー
  49. 『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(8月31日公開)一般試写会にご招待! Posted at 2013/07/14/23:10
    事故死した幼馴染が幽霊となって戻ってきたことを契機に、彼女の友人達の葛藤と友情の再生を描き、大きな感動と熱狂的な支持を生んだオリジナルアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』本作『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の一般試写会に5組10名様をご招待します。 応募締め切り:8月8日(木) /2013年8月31日(土)より、新宿バルト9他にて全国ロードショー
  50. 『ペーパーボーイ 真夏の引力』(7月27日公開)一般試写会にご招待!/アカデミー賞Ⓡ受賞『プレシャス』のリー・ダニエルズ監督最新作 Posted at 2013/06/09/20:01
    1960年代末のフロリダを舞台に、ある殺人事件の真相調査に関わることになった孤独な青年が体験する、生涯忘れえぬひと夏の出来事を描いた衝撃作。本作『ペーパーボーイ 真夏の引力』の一般試写会に5組10名様をご招待します。 応募締め切り:7月10日(水)  2013年7月27日(土)より新宿武蔵野館、 ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー!
  51. 作品情報:『ウィ・アンド・アイ』4月27日公開/ミシェル・ゴンドリー監督作品/ティーンエイジャーの本音を赤裸々に描いた青春映画 Posted at 2013/04/10/21:48
    『エターナル・サンシャイン』などで知られるミシェル・ゴンドリー監督の新作となる本作は、ブロンクスのコミュニティ・センターに集まる実在の高校生たちが出演し、彼らの実体験や監督自身の高校生時代の体験をベースにティーンエイジャーの本音を赤裸々に描いた青春映画だ。 2013年4月27日(土)より、シアター・イメージフォーラム
  52. 『孤独な天使たち』(4月20日公開)一般試写会にご招待!/巨匠ベルナルド・ベルトルッチ完全復活&監督生活50周年記念作 Posted at 2013/03/23/16:43
    イタリアの巨匠・ベルナルド・ベルトルッチ監督の復帰作にして監督デビュー50周年を飾る本作は、腹違いの姉と地下室で再会した少年が体験する生涯忘れることのできない7日間を描いた青春映画だ。本作『孤独な天使たち』の一般試写会に10組20名様をご招待します。応募締め切り:4月4日(木)
  53. 『第13回ミューズ シネマ・セレクション 世界が注目する日本映画たち』3月22日より所沢市民文化センターにて開催 Posted at 2013/03/17/18:57
    国内のみならず海外でも注目を集めた日本映画の秀作8作品を一挙上映するイベントが所沢市民文化センターにて開催される。期間中は日本アカデミー賞で最優秀脚本賞を受賞した『鍵泥棒のメソッド』の内田けんじ監督をはじめ、7名のゲストが来場、トークイベントやサイン会が行われる予定。 2012年3月22日(金)~24日(日)、 所沢市民文化センター ミューズ マーキーホールにて開催!
  54. 作品情報:『八月の鯨』2月16日公開/映画史上の伝説的名作を初公開当時の字幕でニュープリント上映 Posted at 2013/01/29/22:40
    ハリウッド黄金時代を彩った大女優、リリアン・ギッシュ・ベティ・ディヴィス・アン・サザーンで贈る映画史上に残る珠玉の名作『八月の鯨』が、岩波ホール創立45周年記念として初公開当時の字幕でニュープリント上映される。 2013年2月16日(土)より岩波ホールほか全国順次公開
  55. 中央線沿線の街が登場する映画を特集『中央線映画祭』2月3日、シネマート六本木にて開催! Posted at 2013/01/21/22:48
    中野・高円寺・阿佐ヶ谷・荻窪・吉祥寺といった個性的で魅力的な街が並ぶ中央線沿線。ここから発信される若者文化は、いわゆる中央線カルチャーと呼ばれ、現在も多くの人を惹きつけている。そんな魅力のある街を舞台に描いた映画4本を上映する上映会が開催される。 2013年2月3日(日)、シネマート六本木にて開催
  56. ラピュタ阿佐ヶ谷モーニングショー『お姐ちゃんタイフーン』1月13日より開催 Posted at 2013/01/09/19:51
    ラピュタ阿佐ヶ谷では、パンチ・ピンチ・センチの現代っ子三人娘が珍騒動を繰り広げる、ドタバタ青春コメディ映画「お姐ちゃんシリーズ」全8本を一挙上映するモーニング特集を行う。 2013年1月13日(日)~3月9日(土)連日10:30よりラピュタ阿佐ケ谷にて開催
  57. インディーズ映画にこだわった映画祭『ちば映画祭VOL.5』1月25日より開催! Posted at 2012/12/23/19:38
    話題を呼んだインディーズ映画を上映する「ちば映画祭」が開催される。今年は日常ファンタジー映画の名手村松正浩監督の特集上映するほか、上映する日本映画は全作の監督がゲストで来場予定。どの作品もソフト化されていないので、この貴重な機会を見逃すな!  2012年1月25日(金)~27日(日)、千葉市民会館 小ホールにて開催
  58. ラピュタ阿佐ヶ谷特集『教室群像 映画の中の「学び」の風景』11月4日より開催 Posted at 2012/11/02/20:59
    ラピュタ阿佐ヶ谷では、「学び」を通じて描かれる昭和の学園ドラマを特集する。若き日の原節子、坂本九、石原裕次郎、吉永小百合、浅丘ルリ子らが学園を舞台に繰り広げる様々なドラマや、1955年の公開当時非常に高い評価を受けたドキュメンタリー映画など全29本を上映。2012年11月4日(日)~12月22日(土)まで、ラピュタ阿佐ケ谷にて開催
  59. 作品情報:『私の奴隷になりなさい』11月3日公開/シリーズ計40万部超ベストセラー、熱狂的支持を受け遂に映画化! Posted at 2012/10/20/23:30
    累計40万部を突破したサタミシュウの新官能小説シリーズを代表する「私の奴隷になりなさい」。調教の限りを尽くす奴隷ワールドが展開されるハード極まる描写から映像化が困難と云われてきたが、ついに待望の映画化。エロスだけでなく、「青春小説のような語り口」と評される原作を脚本の港岳彦がどう料理しているのかも注目して欲しい。2012年11月3日(祝)より、銀座シネパトスほかロードショー
  60. スティーブン・キング原作の傑作サイコ・サスペンスが、クロエ・グレース・モレッツ主演で再映画化! Posted at 2012/08/28/14:08
    ブライアン・デ・パルマ監督によって1976年に映画化されたスティーブン・キング原作の「キャリー」が、再映画化される。監督は『ボーイズ・ドント・クライ』のキンバリー・ピアース。ヒロインのキャリー役には、『キック・アス』『モールス』で注目を集めているクロエ・グレース・モレッツが抜擢された。
  61. 『桐島、部活やめるってよ』(8月11日公開)一般試写会にご招待! Posted at 2012/07/03/18:08
    第22回小説すばる新人賞受賞の同名ベストセラー小説を、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』で数々の賞を受賞した吉田大八監督が、神木隆之介×朝井リョウで映画化した注目の青春映画。本作『桐島、部活やめるってよ』の一般試写会に10組20名様をご招待します。 応募締め切り:2012年7月15日(日)
  62. 作品情報:『くそガキの告白』6月30日公開/ゆうばり国際ファンタスティック映画祭史上初の四冠受賞作 Posted at 2012/06/24/18:46
    ゆうばり映画祭史上初の四冠を獲得した本作は、映画監督を夢見るブサイクで幼稚な青年が、現実にぶち当たりながらも夢と恋に体当たりで挑んでいく姿をエモーショナルに描いた作品で、本作がデビュー作となる監督自身の半自伝的な青春映画だ。2012年6月30日(土)より、テアトル新宿にてレイトロードショー!
  63. 『桐島、部活やめるってよ』(8月11日公開)完成披露試写会にご招待! Posted at 2012/06/11/22:06
    第22回小説すばる新人賞受賞の同名ベストセラー小説を、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』で数々の賞を受賞した吉田大八監督が、神木隆之介×朝井リョウで映画化した注目の青春映画。本作『桐島、部活やめるってよ』の完成披露試写会に10組20名様をご招待します。 応募締め切り 6月18日(月)
  64. 作品情報:『ベルフラワー』6月16日公開/火炎放射器と改造車を大フィーチャーした青春映画の超絶問題作! Posted at 2012/06/10/19:20
    2011年のサンダンス映画祭で話題をさらった本作は、火炎放射器と改造車を大フィーチャーするアメリカ式厨二病的センスでダメな男の孤独と絶望、夢と挫折、怒りと悲哀をスクリーンに炸裂させた異色の青春映画だ。公開初日には前代未聞のビール飲み放題企画も開催!!
  65. 勝又悠監督インタビュー:映画「オードリー」「SeeYou」について Posted at 2012/06/08/00:03
    AKB48の小林香菜主演の映画「はい!もしもし、大塚薬局ですが」で注目されている若手の勝又悠監督。初長編作で第33回ぴあフィルムフェスティバルPFFアワード2011に入選した「オードリー」、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2012にてワールドプレミア上映された「SeeYou」が同時公開されるのに合わせ、お話を伺った。
  66. 作品情報:『からっぽ』6月16日公開/群馬発、新人監督が一から立ち上げた青春テレポートムービー!! Posted at 2012/06/06/21:59
    本作は、ひょんなことから「テレポート」能力に目覚めてしまった少年を主人公に、思春期特有の「孤独」を時にコミカルに時にセンシティブに描き出した青春映画だ。監督は本作が劇場デビュー作ながら、期待の若手から実力派のベテランまで豪華な出演陣が顔を揃えているのも注目したい。
  67. 作品情報:『孤島の王』4月28日公開/ノルウェーの歴史の闇に光をあてた衝撃の実録・極限サスペンス! Posted at 2012/04/18/00:29
    本作は、ノルウェーに実在した監獄島をめぐる真実を題材にしたの孤島サバイバル&脱出サスペンス・ドラマ。ルウェー国民にも殆ど知られていなかった歴史的事実と、そのショッキングな内容がノルウェーで大反響を呼んだ。
  68. 女性監督集団桃まつりpresents『すき』3月17日より開催! Posted at 2012/02/28/22:30
    女性監督集団“桃まつり”の新作上映会が開催される。5回目を迎える今年は“すき”をのテーマに、初恋や郷土愛、家族愛、男女関係など各監督が女性ならではの感性で思い思いの作品を完成させた。
  69. 特集:明日泣く Posted at 2011/11/11/00:12
    『「嘘と夢」のジャズ映画』/特別寄稿:荻原 魚雷 色川武大、またの名は阿佐田哲也――。色川名義では純文学(映画やジャズに関するエッセイ集もある)、阿佐田名義では『麻雀放浪記』をはじめ、数々のギャンブル小説を残した作家で、他にも別のペンネームで時代小説などを書いていた)。「明日泣く」は“アイル・クライ・トゥモロウ”という小唄曲からきている。キッコ(定岡菊子)という「好きなことをして一生完遂...
  70. 神保町シアター特集上映『一年遅れの生誕百年・映画監督千葉泰樹』開催! Posted at 2011/09/24/13:26
    森繁久彌主演“社長シリーズ”の生みの親であり、源氏鶏太原作『大番』シリーズでも有名な“東宝娯楽映画のヒットメーカー”千葉泰樹の生誕百年を記念した大回顧上映。おなじみサラリーマン映画はもちろんのこと、一世を風靡した香港スター・尤敏(ユー・ミン)と宝田明が共演した『香港の夜』など全28作品を上映します。 2011年10月1日(土)~28日(金)まで、神保町シアターにて開催!
  71. 『ソーローなんてくだらない』9月17日よりアンコール上映決定! Posted at 2011/09/09/17:51
    「ユリ子のアロマ」で独自の寸止めエロを見せた吉田浩太監督の最新作「ソーローなんてくだらない」のアンコール上映が決定した。都内での劇場公開はこれで最後になるかもしれないこの機会に、是非劇場に足を運んで欲しい。 2011年9月17日(土)~23日(金・祝)21:00~ ポレポレ東中野にてレイトショー
  72. 10月15日公開『アジアの純真』舞台挨拶付き完成披露試写会にご招待! Posted at 2011/08/21/20:52
    『挑戦的な白黒映像と過激なテーマにより、ロッテルダム映画祭で物議を醸した、韓英恵主演作『アジアの純真』(10月15日公開)の舞台挨拶付き完成披露試写会にご招待します。 応募締め切り 8月31日(水)
  73. 作品情報:『乱反射』/『スノーフレーク』 Posted at 2011/08/02/18:45
    『時をかける少女』(2010年版)の製作チームと、ティーン誌のモデルだけでなく映画やドラマなどでも活躍中の桐谷美玲がW主演で贈る、趣の全く異なる2つの青春ラブストーリーが公開される。 2011年8月6日(土)より、シネマート新宿ほかにて豪華2本立てロードショー!
  74. 70年代アメリカ映画伝説『ZIGGY FILMS ’70s vol.2』開催! Posted at 2011/07/09/16:25
    昨年の開催された「70年代アメリカ映画伝説」第2弾として、ロバート・アルトマン監督の『ナッシュビル』とテレンス・マリック監督の『天国の日々』が、字幕を新たにニュープリントで連続公開される。 2011年8月6日より『ナッシュビル』、8月27日より『天国の日々』新宿武蔵野館にて連続公開
  75. 6月24日公開『SUPER 8/スーパーエイト』試写会にご招待! Posted at 2011/05/26/23:03
    スティーブン・スピルバーグとJ.J.エイブラムスの夢のコラボで送る、衝撃と感動のSF超大作『SUPER 8/スーパーエイト』全国8888人限定特別試写会に5組10名様をご招待します。 応募締め切り 6月10日(金)
  76. 神保町シアター特集『可憐な娘たち 守ってあげたい〜芦川いづみ 胸がときめく〜司葉子』 Posted at 2011/05/14/06:29
    「可憐」という言葉がよく似合うふたりの女優――芦川いづみと司葉子。若き日の甘い記憶にふたりの笑顔が永遠に焼き付いてしまったかつての青年たちへ。そして、甦る名画で初めて出会う現代の若き映画ファンたちへ。初夏に吹く爽やかな風のようなふたりがスクリーンを可憐に彩ります。 2011年5月7日(土)~6月3日(金)まで、 神保町シアターにて上映!
  77. GalileoGalileiの楽曲から生まれた“映画”『管制塔』がいよいよ公開! Posted at 2011/03/30/18:02
    映画『ソラニン』で注目を集めた三木孝浩監督の最新作は、人気バンドGalileo Galileiの同名楽曲からインスピレーションを得た青春ストーリーだ。 2011年4月9日(土)~4月22日(金)まで、東京・新宿バルト9、大阪・梅田ブルク7にて2週間限定上映
  78. ラピュタ阿佐ヶ谷レイトショー特集『THE ある女子高校医の記録』開催 Posted at 2011/01/26/19:51
    センセイが覗く、女子高生のヒミツ♥ノーパン登校日に失神ごっこ、オンナノコはいつだって臨戦態勢!でもその実態は……?好奇心旺盛な女子高校生たちの姿を暴くドキュメンタリー風作品「ある女子高校医の記録」シリーズ。「妊娠」「初体験」といったテーマを題材にしながら、10代のみずみずしい感性を描いた珠玉の青春譚に仕上がっています。ゴーゴーや当時のファッションも楽しめる、とびきりキュートなシリーズ「ある女子高校医の記録」全4作を一挙上映いたします。 2011年2月5日(土)〜3月4日(金)レイトショー連日21:10より、ラピュタ阿佐ケ谷開催!
  79. 作品情報:『名前のない少年、脚のない少女』 Posted at 2011/01/12/23:47
    ブラジルのYouTubeに発表したビデオ作品が一千万回以上再生される等で注目を集めるエズミール・フィーリョ監督の初長編となる本作は、インターネット時代に「喪失と共に生きる」十代の少年少女を繊細なタッチで描いた作品だ。 2011年3月上旬より渋谷イメージ・フォーラムほか、全国順次公開決定!
  80. 『ポンヌフの恋人』製作20周年記念リバイバル公開決定! Posted at 2010/12/22/19:36
    レオス・カラックス監督の最高傑作との呼び声が高い『ポンヌフの恋人』が、製作20周年を記念してニュープリント・HDリマスター版で上映されることになった。 2011年1月29日(土)より、ヒューマントラスト有楽町でモーニングショー、新宿武蔵野館でレイトショーほか全国順次公開!
  81. 作品情報:『モンガに散る』 Posted at 2010/11/27/20:44
    台北市に古くからある繁華街を舞台に、そこで生きる若者たちの青春の疾走を描き出した本作は、公開と同時にジョン・ウー、ピーター・チャン、ホウ・シャオシェンらが絶賛、台湾映画界に旋風を巻き起こした衝撃作だ。 2010年12月18日(土)より、シネマスクエアとうきゅう他全国順次ロードショー!!
  82. 第23回東京国際映画祭レポート【4/4】
    男たちの愛と裏切りのドラマ――オープニングを飾った傑作娯楽映画
    Posted at 2010/11/27/00:15

    男たちの愛と裏切りのドラマ / そんなブルース・リー特集も編まれた今年、TIFFではアート系の秀作も数多く上映されたが、全体的にはエンターテインメント色の強い映画が目立っていたように思った。初日に立て続けに『モンガに散る』、『ソーシャル・ネットワーク』という超弩級ドラマを観てしまったことの印象も強いし、巨匠たちの新作にしても、スコリモフスキの『エッセンシャル・キリング』は極限状態での壮絶な逃亡アクションだし、ポランスキーの『ゴート...
  83. 8月29日より開催、ラピュタ阿佐ケ谷特集
    『孤高の名優 佐藤慶』招待券をプレゼント!
    Posted at 2010/08/14/21:02

    今年5月に惜しくも逝去した日本を代表する名バイプレーヤー・佐藤慶を偲ぶ特集上映が、8月29日(日)よりラピュタ阿佐ケ谷で開催される。今回のプログラムでは主演作を含む19本を上映、メジャー映画からインディペンデント系まで幅広く活躍した至高の名優・佐藤慶の軌跡を辿る。本特集上映の期間中利用可能な招待券を5組10名様にプレゼントします。 応募締切:8月26日(木)
  84. 7月11日より開催、ラピュタ阿佐ケ谷特集
    『旅する映画、映画の旅』特集上映招待券をプレゼント!
    Posted at 2010/06/27/13:09

    7月11日(日)から、ラピュタ阿佐ヶ谷で『旅する映画、映画の旅』と銘打った特集上映が開催される。今回の特集では、一人旅や逃避行、見知らぬ土地での出逢いと別れなど「旅」をモティーフにした邦画28作品を厳選。日本全国津々浦々の風景の中で、恋や事件が繰り広げられるロード・ムービーは勿論、青春映画やコメディ映画、アクション映画など多彩な作品が並ぶプログラムとなっている。本特集上映の期間中利用可能な招待券を5組10名様にプレゼントします。 応募締切:7月8日(木)
  85. 特集:SRサイタマノラッパー2~女子ラッパー☆傷だらけのライム~ Posted at 2010/06/25/17:58
    『インディーズ映画の出世頭、シネコンへ駆けのぼる』 / この週末、新宿のバルト9、横浜のブルク13、さいたま市のユナイテッド・シネマ浦和に足を運ぶ映画ファンのみなさんは、必ずや一度や二度は、『SRサイタマノラッパー2~女子ラッパー☆傷だらけのライム~』(『SR2』)なる長ったらしいタイトルを目にし、耳にすることだろう。前作に惚れ込んで、あるいは評判を聞きつけて公開を待ちわびていた老若男女はもちろんのこと、ほかの映画を目当てにや...
  86. 未DVD化の幻の傑作『バード★シット』『ハロルドとモード/少年は虹を渡る』2作品連続上映! Posted at 2010/06/12/17:13
    70年代のアメリカ映画を代表する作品として高く評価されていながらも、現在DVD化されていない幻の名作二作品――ロバート・アルトマン監督の『バード★シット』とハル・アシュビー監督の』『ハロルドとモード/少年は虹を渡る』 が40年ぶりにスクリーンに甦る。ファンならずともこの貴重な機会を見逃すな!  7月3日(土)より『バード★シット』、7月17日(土)より『ハロルドとモード/少年は虹を渡る』新宿武蔵野館にて2作品連続ロードショー!
  87. 6月26日公開『SRサイタマノラッパー2~女子ラッパー☆傷だらけのライム~』一般試写にご招待! Posted at 2010/05/26/20:52
    第19回「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」のオフシアター・コンペティション部門でグランプリを受賞し、全国各地で超ロングラン上映を実現させて大反響を呼んだ青春ヒップホップ映画『SRサイタマノラッパー』の第二弾、『SR サイタマノラッパー2~女子ラッパー☆傷だらけのライム~』の一般試写に5組10名様をご招待します。  応募締切:6月10日(木)
  88. 6月19日公開『ソフトボーイ』一般試写会&グッズプレゼント! Posted at 2010/05/15/19:04
    佐賀に実在する牛津高校の実話を元に、不純な動機からソフトボールに挑戦する男子高校生たちの姿を描いた映画『ソフトボーイ』の試写会招待状、また、特製「カルチャー焼きストラップ」をプレゼントいたします。 応募締切:5月27日(木)
  89. レビュー:17歳の肖像 Posted at 2010/04/17/10:57
    『「夢見る夢子ちゃん」が経験する、大人になるための“Education”』 / (ネタバレあり!)学校の勉強っていったい何の役に立つの?多くの人はこういう疑問を、一度くらいは抱いたことがあるだろう。10代の頃、両親など周りの大人は「勉強の大切さ」をこんこんと諭すが、それが煩わしい。勉強なんかよりもはるかに大切なものがあるような気がして、自己主張ばかりしていた。だが、大人になって振り返れば、その自己主張は若さゆえのただの傲慢さであっ...
  90. 「総力特集・監督神代辰巳」日本映画専門チャンネルにて一挙放送! Posted at 2010/03/26/19:14
    神代辰巳の初監督作から遺作まで、日活ロマンポルノ作品を含めた全34作品のうち33作品が一挙放映される。更に当時の関係者の証言を通して監督の人生を振り返るオリジナル番組も放送。ファン必見! 4月1日(木)~9日(金)、22時から連日2作品ずつ/4月12日(月)~20日(火)、平日14時ほか日本映画専門チャンネルにて放送
  91. 作品紹介:『17歳の肖像』 Posted at 2010/03/20/05:49
    未知の世界へ憧れ、自らの手で大人への道を切り拓いていく少女の姿を、『アバウト・ア・ボーイ』』『ハイ・フィデリティ』のニック・ホーンビィが描いた青春ドラマ。09年サンダンス映画祭観客賞を皮切りに、様々な映画賞を受賞している話題作だ。 4月17日(土)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国順次ロードショー
  92. 第20回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭レポート2/玉石混淆ごった煮カオスと溢れんばかりの映画愛 Posted at 2010/03/12/21:23
    開催20周年を数えるゆうばり国際ファンタスティック映画祭は、これまでファンタスティックという名の下に、数多ある映画祭でもなかなか見られない、刺激に富んだ名作・怪作を世に生み出してきた。これはやはり、ゆうばり映画祭の根幹ともいえるインディペンデント精神に溢れた映画愛が成せる所業というべきものであるが、そうしたフロンティアスピリットが、新進気鋭の映画作家たちを勇気づけてきたのである。ゆうばり映画祭の特徴として挙げられるのが...
  93. 佐向大監督&主演小林且弥氏インタビュー:映画「ランニング・オン・エンプティ」について Posted at 2010/02/28/05:39
    自主映画ながら劇場公開されたロードムービー『まだ楽園』で脚光を浴び、死刑に立ち会う刑務官の心の揺れを描いた『休暇』では脚本家としても注目を集めた佐向大監督の新作「ランニング・オン・エンプティ」が公開されている。新感覚の「青春失走ムービー」を撮り上げた監督と主演の小林且弥氏に話をうかがった。 2月20日より、池袋シネマ・ロサにてレイトショー公開中!
  94. 特集上映『70年代の青春:鬱屈と混沌と』 Posted at 2010/02/03/20:08
    赤軍派以降、学生運動が退潮していく中、若者の間にはシラケムードや刹那的な雰囲気が漂っていた。この頃作られた青春映画には、社会を浮遊する若者の痛ましさや切なさが描かれている。藤田敏八によって一躍時代のアイコンとなった秋吉久美子、単なるアイドル映画を超えて社会の底辺で苦悩する若者像を確立した郷ひろみ、原田芳雄や桃井かおりなど、時代を代表するスターも勢揃い。DVD化されていない作品も多い70年代青春映画を是非どうぞ! 2月9日(土)~2010年2月19日(金)まで開催@シネマヴェーラ渋谷
  95. 特集上映『ヌーヴェルヴァーグの50年』 Posted at 2009/11/28/00:11
    恒例、年末年始はシネマヴェーラ渋谷でヌーヴェルヴァーグ映画を観よう! 2009年12月12日(土)~2010年1月8日(金)まで開催@シネマヴェーラ渋谷
  96. レビュー:風が強く吹いている Posted at 2009/10/23/15:39
    『原作よりもフォーカスされた、「信じる」ことの素晴らしさ』(結末のネタバレあり!) / 箱根駅伝と言えば、お正月の風物詩である。かくいう筆者は自他ともに認める箱根駅伝の大ファンだ。筆者の年末年始は箱根駅伝を中心に回っていると言っても過言ではない。母校が箱根の常連校ということもあって、どうしても応援に力が入るのだけど、各校の戦力分析から選手のエントリー状況などを年末につぶさにチェックし、明けて正月2~3日のレース当日の朝...
  97. 特集上映『東宝青春映画の輝き』 Posted at 2009/09/26/19:16
    酒井和歌子、内藤洋子に代表される、あの懐かしの東宝青春映画に、アナタは今再びめぐり合う!また、初日に恩地日出夫監督と映画評論家の野村正昭氏によるトークショー、期間中にはヴェーラ古典クラブ第7回『悪魔をやっつけろ Beat the Devil』も上映。 2009年10月17日(土)~11月6日(金)まで開催@シネマヴェーラ渋谷
  98. 作品紹介:『風が強く吹いている』 Posted at 2009/09/07/18:58
    スポーツ青春小説の傑作との呼び声が高い、三浦しをんの同名小説が映画化。スクリーン上に再現された"箱根駅伝"に若手俳優達が体当たりで挑んだことでも話題になっている。 10月31日(土)より、全国ロードショー!
  99. 作品情報:『14才のハラワタ』 Posted at 2009/08/20/17:55
    トリウッドスタジオプロジェクト第4弾!若干19歳の佐山もえみが監督に挑んだ本作は、自身の中学生時代の体験を元に、マイペースな14歳少女の日常風景を瑞々しいタッチで描いてゆく。 10月17日(土)より、下北沢トリウッドにてロードショー決定!
  100. 『九月に降る風』 Posted at 2009/07/26/21:27
    台湾で過去10年のベスト映画と絶賛された、珠玉の青春映画が遂に日本に上陸。96~97年を背景に、9人の高校生達の青春群像を瑞々しい映像で描いたノスタルジックな映画だ。 8月29日より、ユーロスペース、シネマート新宿他にて全国順次公開!
  101. 『南の島のフリムン』 Posted at 2009/07/21/22:35
    日大芸術学部の映画学科出身で、ショートフィルムを何本か監督しているという意外な実績を持つガレッジセールのゴリ。長編監督デビュー作となる本作では、故郷沖縄を舞台にした独特なゴリ・ワールドを構築した。 8月29日(土)より、 角川シネマ新宿ほか全国ロードショー!
  102. 特集上映『神代辰巳レトロスペクティブ』 Posted at 2009/06/07/04:00
    神代監督のねちょねちょした魅力に、さあ、あなたもハマろう!久しく上映されなかった『もどり川』にも乞うご期待!『赫い髪の女』 『もどり川』『かぶりつき人生』 『濡れた唇』『一条さゆり 濡れた欲情』『恋人たちは濡れた』『四畳半襖の裏張り』『濡れた欲情 特出し21人』『青春の蹉跌』『赤線玉の井 ぬけられます』『宵待草』『櫛の火』『アフリカの光』『濡れた欲情 ひらけ! チューリップ』『地獄』『遠い明日』『少女娼婦 けものみち』『快楽学園 禁じられた遊び』『ミスター・ミセス・ミス・ロンリー』『嗚呼! おんなたち 猥歌』『美加マドカ 指を濡らす女』『離婚しない女』『噛む女』『棒の哀しみ』、期間中『ヴェーラ古典クラブ第3回 襤褸と宝石 - My Man Godfrey -』も上映。2009年6月13日(土)~7月10日(金)まで開催@シネマヴェーラ渋谷
  103. 『喧嘩高校軍団 特攻!國士義塾VS.朝高』 Posted at 2009/03/24/12:42
    時は70年代後半、ヤンキーではなく『硬派』『バンカラ』と呼ばれていた不良少年達による、血まみれの青春グラフィティー。漫画みたいな内容だが、意外にも実話をベースにしているという。いわば、ヤンキー漫画の源流がここにある! 2009年4月18日(土)~5月8日(金)、シネマート六本木にてレイトショー公開!!
  104. 『SRサイタマノラッパー』 Posted at 2009/02/21/01:11
    「埼玉」の「ラッパー」という存在自体が浮きまくりな、それでも結構マジメに必死に生きている若者の姿を描いたストレートな青春映画。『キッズ・リターン』以来の衝撃とも評される注目の一本だ。  3月14日(土)~3月27日(金)、池袋シネマ・ロサにてレイトショー!
  105. 『ジョージアの日記ゆーうつでキラキラな毎日』 Posted at 2008/10/21/21:36
    インド系イギリス人少女の葛藤というシリアスなテーマを、ポップ&キュートに描いて人気を呼んだ『ベッカムに恋して』のグリンダ・チャーダ監督の最新作。非モテ系少女の等身大の奮闘をユーモラスに描いた本作は、前作以上に元気印なガーリー・ムービーになっている。女子必見! 11月15日(土)、恵比寿ガーデンシネマ他ロードショー
  106. 作品紹介:『四畳半革命~白夜に死す~』 Posted at 2008/05/25/16:14
    『10分間、主演女優指定、撮影日数2日』の条件下で製作された短編映画が競い合う『おかしな監督映画祭』で、近年の常連出品監督として高く評価されている世志男監督が初の長編映画に挑んだ。08年6月14日~7月4日、連日20:30より シネマアートン下北沢にてレイトショー公開!!
  107. 地方出身者にとってのATG青春映画 Posted at 2007/10/31/16:11
    ATG映画初体験は、地方の煮詰まり高校生だった80年代の末、夜中にダラダラ付けてたテレビで観た『TATTOO<刺青>あり』だった。立て篭もった銀行の女子行員を裸踊りさせた揚げ句に耳まで削いでしまった梅川の事件は、子供心に大層衝撃だったから、「ニューシネマ+ソドムの市」的なハチャメチャに...
  108. 気球クラブ、その後 Posted at 2007/01/16/12:18
    青春は終わるが人生は続く /Text By 膳場 岳人  冒頭、「気球クラブ・うわの空」という集団の中心人物だった村上という男が事故死する。その情報が携帯を通してクラブの元メンバー全員に流布されてゆく。彼らの反応は意外に冷静だ。彼らにとって村上とは「五年前に...
  109. 園子温監督インタビュー/「HAZARD」について Posted at 2006/11/25/12:04
    今の日本では最も精力的に映画を撮っているとも言える園子温監督の4年前に撮影された幻の『HAZARD』がついに公開された。今から見ると、若さがはっきりと分かるオダギリジョーが眩しい、ニューヨークを舞台にした無軌道ながらも正統派の青春映画だ。誰もが通過する気持ちをヴィヴィッドに描いている。
  110. アオグラ Posted at 2006/10/31/09:59
    アオイ春の、賑やかなグラフティ― /Text By 膳場 岳人  地方都市で冴えない高校生活を送り、将来について悩んだ挙句、何らかの目標を見出して上京の意志を固める――。それが映画監督や小説家といった「ものつくり」の人種ならば、自分史におけるこのエポックを「作品」として描きたいものだろう...
  111. 百年恋歌 Posted at 2006/10/10/22:52
    誰にとっての「最好的時光」 /Text By 佐野 亨  邦題の『百年恋歌』、英題の『Three Times』は、ともに本作の意図を汲み取り損ねている。原題の『最好的時光』にこそ、そのテーマが明確に表されているというべきだろう。  本作は、1911年、1966年、2005年のそれぞれの時代に生きる...
  112. 青春☆金属バット Posted at 2006/08/23/18:19
    童貞パワーでぶっとばせ!/Text By 佐野亨 原作は、「ジンバルロック」「チェリーボーイズ」(ともに青林工藝舎)など童貞を主人公とした青春漫画の佳作で知られる古泉智浩が「ヤングチャンピオン」(秋田書店)誌上に連載していた同名漫画。若いプータロー男と
  113. 青春を返せ Posted at 2005/12/14/11:45
    グッドモーニング!ラピュタ阿佐ヶ谷/第十四回 (青春を返せ 1963年/日活) 兄・長門裕之の無実を証明するために妹・芦川いづみが孤軍奮闘する。かくもすさまじい人間の執念。かくも美しい兄妹愛。芦川が静謐のうちに映し出す。
  114. 69sixtynine Posted at 2005/05/01/12:24
    Text By 膳場 岳人  妻夫木聡の屈託のない笑顔、それがいささか品性とまとまりに欠けたこの映画に輝きを与えている。ホラ話で人を煙に巻いては笑い、ニタニタ笑いを浮かべながら米軍基地への侵入を試み、自分の通う高校をバリケード封鎖し...
  115. エレファント Posted at 2005/05/01/12:05
    「エレファント」評/青春に秘せられた喪失の予感 本作はコロンバイン高校銃乱射事件を直接的に扱ってはいるが、なぜあの事件が起きたのか、とかあの事件はなんだったのか、といった事件の真相や本質に迫ることを目的にした作品ではない。実際、事件を起こす少年達の実行直前の様子――...
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO