キーワード『風刺』が含まれているエントリー

対象エントリー数: 11件
  1. 『イタリア ネオ+クラッシコ映画祭2017』3月11日(土)~4月7日(金)、YEBISU GARDEN CINEMAにて開催 Posted at 2017/03/11/21:11
    イタリア映画が誇る名作群の中から、現代の古典(ネオクラッシコ)と永遠の古典(クラッシコ)と呼ぶべき作品全18作品を一挙上映する特集上映が、YEBISU GARDEN CINEMAでオープン2周年記念企画として開催されている。
  2. 予告編:『PK』/10月29日公開/超異例のロングランヒットを記録したインド映画『きっと、うまくいく』監督・主演タッグが贈る話題作 Posted at 2016/10/13/19:02
    インド映画としては超異例のロングランヒットを記録した青春映画『きっと、うまくいく』の監督と主演俳優が再びタッグを組んだ本作は、世間の常識を全く知らない男が純粋な心で様々な問題に疑問を投げかけ、周囲に影響を与えていくコメディ映画だ。
  3. ゴシップ番組の司会者が北朝鮮の金正恩氏暗殺を試みるというぶっ飛んだスパイアクションコメディ『The Interview』の日本版ソフトのリリースを求める会が署名活動を展開中! Posted at 2016/09/08/20:19
    北朝鮮の金正恩氏にインタビューを許されたゴシップ番組の司会者とプロデューサーが、CIAの依頼で同氏の暗殺を試みるスパイアクションコメディ『The Interview』。本国アメリカでは公開中止を発表されるも、劇場公開&ネット配信されるや異例の大ヒットを記録した本作の日本版ソフトの発売を求める署名活動が行われている。
  4. イスラーム映画祭2015:2015年12月12日(土)~18日(金)まで、渋谷ユーロスペースにて開催/国内初、イスラームの人々を描いた傑作・名作映画9本を一挙上映 Posted at 2015/11/21/17:18
    国内初となるイスラーム映画祭が開催される。今回上映されるのは、インドネシア、イラン、トルコ、マレーシア、パレスチナ、パキスタン、モロッコ、フランスなどで作られた、イスラームの人々の日常的な心情に寄り添った作品9本。日本では滅多に上映されることのない作品ばかりなので、この機会をお見逃しなく!
  5. アリ・フォルマン監督×山村浩二氏マスタークラス:映画『コングレス未来学会議』について【4/4】 Posted at 2015/04/06/19:24
    東京アニメアワードフェスティバル2014で長編コンペティションのグランプリを獲得した『コングレス未来学会議』のアリ・フォルマン監督が、今年開催の同フェスの短編コンペ部門の審査員として来日したのを受けて、アニメーション作家の山村浩二氏と同作に関する公開対談を行った。その模様をお届けする。【Page4/4】 2015年6月、新宿シネマカリテ他全国順次公開
  6. ラピュタ阿佐ヶ谷特集『久里洋二の全仕事』11月21日より開催/日本のアートアニメーションの元祖で、現役アニメーション作家の特集 Posted at 2012/10/16/15:47
    ラピュタ阿佐ヶ谷では、日本のアートアニメーションの元祖であり、84歳の今も現役アニメクリエイターとして活躍しているアニメーション作家・久里洋二の作品194本を一挙上映する特集上映を行う。 2012年11月21日(水)~12月9日(日)まで、ラピュタ阿佐ケ谷にて開催
  7. 地球はイデ隊員の星/連載第29回:放送第16話『科特隊宇宙へ』(中) Posted at 2012/04/19/21:45
    第16話は、「人類最初の金星探検」計画をめぐる「考え方の違い」という大人同士のドラマが用意されています。ここまでの『ウルトラマン』では、かなり珍しい。世の注目を集めるなか、宇宙開発研究所の毛利博士が、自ら発明した宇宙ロケット・おおとりに乗り込んで金星へと出発します。科学特捜隊にオブザーバーのかたちで協力している科学センター・岩本博士のフェニックス号は、おおとりの後塵を拝することになり、(久し振りに登場する)ホシノ少年...
  8. 地球はイデ隊員の星/連載第24回:放送第15話『恐怖の宇宙線』(前) Posted at 2012/01/07/13:18
    わー、びっくり。2話続けて、佐々木守脚本・実相寺昭雄演出コンビ作でした。しかも第15話はガマクジラの真珠騒動譚からさらに踏み込み、ヘンな言い方ですが、正面切っての変化球エピソードであるファンタジー。後追いの視点からすると、ものすごく攻めの姿勢を感じるシリーズ構成です。ムシバというあだ名の小学生が資材置場の土管に描いた、なんとも弱っちい怪獣ガヴァドン。これが特殊な宇宙線によって実...
  9. レビュー:『ブッシュ』 Posted at 2009/06/03/13:16
    『ブッシュにエクスキューズの機会を与えなかった、オリバー・ストーンの陰湿なイジメ』 / (結末に関する記述あり!)これはもしや、今人気の社会風刺コント集団〈ザ・ニュースペーパー〉の米国版か?とも思えるような光景が、映画の冒頭から繰り広げられる。2002年当時の米国の政治家のそっくりさん達――第43代大統領ジョージ・W・ブッシュを筆頭に、チェイニー副大統領、ラムズフェルド国防長官、パウエル国務長官、ライス大統領補佐官等――が...
  10. 「僕らのミライへ逆回転」試写会に10組20名様をご招待! Posted at 2008/08/30/13:07
    9月15日(月・祝)九段会館にて、ミシェル・ゴンドリー監督待望の最新作となる『僕らのミライへ逆回転』の試写会が行われます。監督ならではのユーモアとファンタジーがたっぷり詰め込まれた感動作を一足先にご鑑賞ください! 応募締め切り:2008年9月8日(月)12:00 応募受付分
  11. 『僕らのミライへ逆回転』 Posted at 2008/08/24/23:21
    「エターナル・サンシャイン」のミッシェル・ゴンドリーと「スクール・オブ・ロック」のジャック・ブラックによる本作は、名作・旧作映画を手づくりでリメイクしていくという映画好きには堪らない設定のコミカルファンタジーだ。ハリウッドへの風刺も盛り込みながら、ゴンドリーならではの映画愛と人間賛歌が溢れる作品に仕上がっている。 9月下旬、シネマライズ、シャンテシネ、新宿バルト9ほかにて全国ロードショー!
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO