タグ『ジェイク・ギレンホール』 が指定されているエントリー

予告編:『ノクターナル・アニマルズ』/11月3日公開/トム・フォード監督最新作/20年前に別れた夫から送られてきた小説が浮かび上がらせる愛と復讐のミステリー Posted at 2017/10/27/22:09
トム・フォード監督最新作。エイミー・アダムス&ジェイク・ギレンホールを主演に迎えた本作は、20年前に別れた夫から送られてきた、暴力的で衝撃的な内容の小説を通して浮かび上がらせる、離婚した夫婦の内面に秘められた愛と復讐を描いた極上のミステリー。...

映画『サウスポー』日本感動協会 presents 感動コメントキャンペーン特別試写会にご招待!/6月3日公開/ジェイク・ギレンホール主演/転落した元世界チャンピオンの再生を描いた人間ドラマ Posted at 2016/04/09/21:02
愛する妻を失くしたことで人生を転落させたボクシングの元世界チャンピオンが、残された最愛の一人娘のため、過去の自分に別れを告げて再びリングに上る姿を描いた感動の人間ドラマ『サウスポー』の特別試写会に5組10名様をご招待します。...

ジェイク・ギレンホール公式インタビュー:映画「複製された男」(7月18日公開)について【1/3】 Posted at 2014/07/05/19:31
ポルトガルのノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの同名小説を映画化した『複製された男』で、 何もかもが自分と瓜二つな男と出会ってしまった主人公を、一人二役で演じたジェイク・ギレンホールの公式インタビューをお届けする。【Page1/3】 /2014年7月18日(土)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開...

『プリズナーズ』(5月3日公開)特別試写会にご招待!/ヒュー・ジャックマン×ジェイク・ギレンホール主演/子供失踪事件を題材にしたサスペンス・スリラー Posted at 2014/03/19/20:56
突然行方不明になった愛娘を捜す父親は、思うように進まぬ捜査に苛立ち、遂に娘を自力で救い出すためにある決断をする……。ヒュー・ジャックマン×ジェイク・ギレンホールで贈る注目のサスペンス『プリズナーズ』の特別試写会に5組10名様をご招待します。 応募締め切り:4月22日(火)/2014年G.W.5月3日(土)、新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー!...

ジェイク・ギレンホール公式インタビュー:映画『エンド・オブ・ウォッチ』について Posted at 2013/08/07/20:34
パトカーの車載カメラを用いた生々しい映像で、LAの犯罪現場を目撃しているような臨場感を演出し、全米で大ヒットを記録している話題作『エンド・オブ・ウォッチ』に主演したジェイク・ギレンホールの公式インタビューをお届けする。 2013年8月17日(土)より、丸の内TOEI他全国ロードショー...

11月19日公開『ラブ&ドラッグ』特製キッチンクリップをプレゼント! Posted at 2011/11/02/23:49
エドワード・ズウィック監督(『ラストサムライ』『ブラッド・ダイヤモンド』)最新作。ジェイク・ギレンホール×アン・ハサウェイ主演の型破りロマンティック・コメディ『ラブ&ドラッグ』公開を記念して特製キッチンクリップを3名様にプレゼントします。...

作品情報:『マイ・ブラザー』 Posted at 2010/04/28/23:39
『マイ・レフトフット』のジム・シェリダン監督の最新作は、スザンネ・ビアの傑作映画『ある愛の風景』をアメリカ風に翻案した衝撃の感動作だ。戦争で死んだはずの兄が別人になって帰ってきたことで、波乱が生じる家族の姿を通じて愛の本質を問う。トビー・マグワイア×ジェイク・ギレンホール×ナタリー・ポートマンの三人による入魂の演技も見どころとなっている。 6月4日(金)より、TOHOシネマズみゆき座他全国ロードショー...

ゾディアック Posted at 2007/06/19/06:38
パズルに魅せられた男たち /Text By 膳場岳人 デビッド・フィンチャー監督としては、『セブン』以来の快作ではなかろうか。60年代後半から70年代末期にかけてアメリカで起きた連続殺人事件をモチーフにしている。タイトルロールの"ゾディアック"は、映画ファンにとって... ...

購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、今後投稿されるエントリーでタグ「ジェイク・ギレンホール」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO