試写会放浪記
(2005 / 日本 / 塩田明彦)

高野 雲

 この映画、観たかったんだよね。

 手許に試写招待状はあったんだけれども、結局仕事やスケジュールとの折り合いがつかず、気づいてみたら、試写は終わっていた…、残念、 と思っていたら、2月末の3日間にタワーレコードで買い物するとダブルポイントチャンスだということに加えて、 200円以上の商品を購入すると、10%か20%安くなるクーポン券が財布の中に大量に残っていたので、 なんだか主婦というかオバサンみたいだけどさ、タワーレコードでCDやら書籍やらを買い物して、 そのときにあの黄色い袋の中に入っていたのが、「カナリア」の試写招待の抽選プレゼント。

 おお、こりゃダメ元で応募するっきゃね~ってことで、速攻で応募したら、速攻で(2日後ぐらいかな)試写状が送られてきて、 この試写状1枚で2名までの鑑賞が可能って書いてあったからさ、だから、introの膳場岳人を誘ったわけ。

 場所は渋谷のタワーレコード、じゃなくて、この店のちょうど斜め後ろに位置する、ガードと宮下公園を越えたピカソビルの8F。
全館禁煙の素敵なビルです。

 で、ここで、雨が振りそうな夜7時半から、待望の『カナリア』の試写を野郎2人で観たわけです。

 カルト教団、教団テロ、信仰、信者の子供、少女の援助交際…。

 語られるべきキャッチーな対象やテーマがあまりのも多いゆえに見逃されがちなことなのかもしれないが、『カナリア』は音の綺麗な映画だ、 と思った。

 綺麗、と書くと「美しくうっとりする音」といった誤解を生みそうなので、「普通に正しくそれ以上でも以下でもないリアルな音が満載」 といったほうが良いのかな。
 このなにげない音をさり気なく主張させるのが巧いのだよ。技術的なことはよくわかんないけどさ、でも、見てから3日たっても思い出すのは、 ストーリーでも映像でもなく、音なんだから、やっぱり音に対してのこだわりは、もしかしたら我々の想像以上だったのかもしれない (想像以下だったりしてね)。

 たとえば、母親の甲田益也子演ずる道子がオウム真理教、… じゃなくてニルヴァーナというカルト教団に入団する際に読み上げる誓約書の紙のカサカサという音。
 読み上げた後に拇印を押す際の静かだが確実に「押した!」を強く感じさせるデリケートな音、盲目の老婆が手探りで折る鶴の紙の音、など。

 紙の音なんて、この音だけを強調して録るぞ!となると、結構耳に痛い高音がツンツンした「ガサッ!ガサッ!」って音になりそうだが、 「カナリア」では、これらの日常的にあまり意識しない音が、リアルにクリアに録音されている。
あまりに自然なぶん、違和感なく鑑賞できてしまうゆえ、余計に録音担当者のお仕事が多くの人には見過ごされてしまうんだろうなぁと思った。

 あと、声、だね。
 由希(谷村美月)の声。
 彼女の声は甲高い。
 しかし、キンキンとしていない。
 独特の丸みと柔らかさがある。
 だから、あの甲高い声でかなりの量のセリフをまくしたてていても、頭痛がするどころか、むしろそれが心地よいほどだった。

 由希とは、主人公と行動を共にする女の子。

 ストーリー紹介もかねて、もう少し詳しく説明しようか。
 石田法嗣演じる12歳の主役の少年、岩瀬光一は、母親の道子(甲田益也子)がカルト教団「ニルヴァーナ」に入信したため、 妹と共に強制的に出家させられ、母親とは別の教団施設で、他の子供たちと共に共同生活を営んでいた。
 教団が引き起こしたテロ事件。教団の幹部となりテロに関わっていた母親は他の幹部とともに全国指名手配され、 強制捜査のはいった施設に残されていた子供たちは、関西の児童相談所に預けられた。
彼と妹もそこに預けられたわけだがが、引き取りにきた祖父(母の父)は、反抗的な光一の引き取りを拒否し、妹だけを引き取る。

 光一は児童相談所を脱走し、妹を取り戻すため東京の祖父の家に向かうが、その途中で、 援助交際を持ちかけた男から逃げ出そうとした同い年の少女と偶然出会い(出会い方がすごいが・笑)、 結局物語の終盤まで行動を共にすることになる。

 無口な主人公とは対照的に、多感な由希はよく喋る。
 まあ役どころとしては主人公が無口なぶん、物語のナレーターと、一般的な社会通念をゲストに投げかけて、 相手の特異さを浮き彫りにするニュースキャスターやバラエティ番組の司会者的な役割も背負わされているわけだから、 多弁なことは仕方ないのだが、一般に、このような役柄の人って存在が鬱陶しく感じがちなものだ。

 しかし、由希を演じる谷村美月が京都弁で話す声は、12歳の少女の甲高いトーンではあるが、頭にキンキン響くことはまったくなく、 むしろ柔らかく心地よく空間を包むのだ。

 この2点が、非常に印象に残りましたね。

 もちろん、映画そのものも大変な力作で、ヘヴィな題材をきちんと消化して我々に突きつけてくれています。

 石田法嗣が柳楽優弥に似ている、ということもたしかにあるかもしれない。
しかし、もちろん、そういった理由からではなく、私は是枝監督の『誰も知らない』を強く思い出しながら観ていましたね。

 大人の勝手な都合で、絶望的な環境や状況に追い込まれても、それでもなおかつ強く生きようとする、 いや生きざるをえない子供たちが描かれているという点においては、両作品は共通している。

 あと、だんだん主人公の衣服が泥で汚れてゆくといったビジュアル的な面でも、なんだか『誰も知らない』を思い出してしまった。

 ヘヴィな気分になり過ぎずに、主人公たちの旅に意識を淡々とシンクロさせることが出来たのは、やはり静かにキチンと 「それ以上でも以下でもなく、音としてキチンと主張していた音」と、谷村美月の柔らかく甲高い声の力が大きい。
 音の心地よさが、陰ながらこの作品を支えているのだ。

 膳場岳人は谷村美月の細くて力強い脚にご執心のようだったが、ま、彼女の脚の魅力は認めるけどさ、それ以上に、チャームポイントは声だよね。 そして、その声を生かす演技力。いい女優さんになってください。

 あと、どうでも良いツッコミを一つ。
なんだかフォークダンスのような、りょうとつぐみのレズシーンはいまいちだったなぁ。
 レズビアンカップルのワケありっぽい旅ということが分かるまでは、ちょっと時間を要したし、それまでは、 ずっと劇団かなにかの練習風景だと思ってしまったほどだから。



 …えーと、第一回目なんで、ほんの少しだけ気合いを入れて長めに書いてみました。
 次回からは、きっとこんなに長くはないかもしれないので、もっと気楽に読める内容になるんじゃないかと思います。
 これからもよろしく。
 折にふれて、このコーナーを覗いてもらえると嬉しいです。

(2005.3.7)

監督:塩田明彦
出演:石田法嗣、谷村美月、西島秀俊、甲田益也子、
りょう、つぐみ、水橋研二、戸田昌宏、井上雪子ほか
配給:シネカノン
2005/03/12公開予定
公式サイト
2005/04/27/00:55 | BBS | トラックバック (15)
高野雲 ,試写会放浪記
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

    Tags
記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

まともな人間は誰なのか◆『カナリア』 A 日々の記録と、コラムみたいなもの

4月26日(火)TOHOシネマズ木曽川にて TOHOシネマズ木曽川では、レイト上映がないために諦めかけていた『カナリア』だったが、 定時後ダッシュで帰れ...

Tracked on 2005/04/28(木)00:01:17

まともな人間は誰なのか◆『カナリア』 A 日々の記録と、コラムみたいなもの

4月26日(火)TOHOシネマズ木曽川にて TOHOシネマズ木曽川では、レイト上映がないために諦めかけていた『カナリア』だったが、 定時後ダッシュで帰れ...

Tracked on 2005/04/28(木)00:01:17

カナリア A 日々徒然ゆ〜だけ

 オウム真理教事件を題材にした「加害者=教団側」からの物語。  色々思うところのある映画である。教団内の凄惨なリンチシーンや今時の援交少女由希の件とか,昨今の...

Tracked on 2005/04/28(木)23:02:17

歌えない「カナリア」は、誰が作った? A soramove

「カナリア」★★★☆ 塩田明彦監督、石田法嗣、谷村美月、西島秀俊出演 オウム教団を思わせる カルト教団で育った主人公。 他の人が現実を受け入れ 適...

Tracked on 2005/05/03(火)16:41:35

「カナリア」 を見てきました。 A Pico Pico Journal

2004年 日本 監督 塩田 明彦 某カルト教団が集団殺人テロを起こした後、主人公の12歳の少年とその妹は児童相談所に引き取られる。 少年の祖父は少年の引...

Tracked on 2005/05/03(火)17:37:38

カナリア A 逃源郷

「害虫」の塩田明彦監督最新作。千葉劇場のレイトショーで、観客は自分一人だけだった。作品はというと、少年少女の人を殺すことへの葛藤を描いているかと思いきや、そうで...

Tracked on 2005/05/11(水)21:55:06

カナリア A まつさんの映画伝道師

第99回 ★★★★★(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ) 「子供は親を選べないんだよ!」  由希(谷村美月)は理不尽な...

Tracked on 2005/05/21(土)17:11:33

カナリア A まつさんの映画伝道師

第99回 ★★★★★(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ) 「子供は親を選べないんだよ!」  由希(谷村美月)は理不尽な...

Tracked on 2005/05/21(土)17:14:14

「カナリア」 A るるる的雑記帳

「カナリア」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。 「お前は誰の子でもない、お前自身でしかないんだ」というよ...

Tracked on 2005/06/05(日)18:11:34

「カナリア」 A るるる的雑記帳

「カナリア」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。 「お前は誰の子でもない、お前自身でしかないんだ」というよ...

Tracked on 2005/06/05(日)18:12:36

「カナリア」 A NUMB

「カナリア」 ★★★ CANARY (2004年日本) 監督:塩田明彦 キャスト:石田法嗣、谷村美月、西島秀俊、りょう、つぐみ、甲田益也子、水橋研二、...

Tracked on 2005/11/20(日)20:41:29

映画感想>カナリア (2004) ★★★★☆ A Cut the Kids in Half

カナリア 出演者:石田法嗣 つぐみ りょう 甲田益也子 水橋研二 監督:塩田明彦 あらすじ: カルト教団「ニルヴァーナ」の無差別テロ事件後、...

Tracked on 2005/12/01(木)23:50:57

カナリア(DVD) A ひるめし。

奪われたから、取り戻す CAST:石田法嗣/谷村美月/西島秀俊/甲田益也子/りょう/つぐみ 他 ■日本産 132分 なにやらオウム真理教をテーマにした作品ら...

Tracked on 2006/01/08(日)21:33:20

カナリア A 39☆SMASH

『カナリア』 あらすじ 『カルト教団崩壊後、教団施設から児童相談所に預けられた少年。少年は引き離された妹と母を取り戻すため、児童相談所を抜け...

Tracked on 2006/01/30(月)10:40:36

「カナリア」 A 共通テーマ

母、妹と共にカルト教団に入信した少年。その後教団はテロを起こし、少年の運命が変わっていく・・・ カルト問題、ネグレクト。今もなお日本の社会に残る傷を抉り出すロ...

Tracked on 2006/05/24(水)22:16:48

NO.149「カナリア」(日本/塩田明彦監督) A サーカスな日々

ヘッドギアをつけたサティアンの子供たちは、 籠から解き放たれただろうか? 1995年、オウム真理教のたてこもるサティアンを、機動隊が鎮圧した。上空に飛び交うヘ...

Tracked on 2006/05/29(月)14:16:19

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO