今週の一本
(2003 / アメリカ / ジョエル&イーサン・コーエン)
やや甘くも、三振の取れるスクリューボール

百恵 紳之助

 前作の「ディボース・ショウ」 はスクリューボールコメディという振れ込みだったが今作もスクリューボールコメディであると試写の前に作品紹介のアナウンスが流れた。 同じ球を二球続けて放ってくるとはやるじゃん、しかも前の球がションベンボールだったのにさ、 次もヘナチョコボールが来たらしばらくあんたが投げる時は打席に立たないぞってな気分で映画を見始めた。
 
 天才ドロボー教授のトム・ハンクスは四人の仲間と共に、ある老女の家の地下室を楽器演奏の名目で借りる。 彼らの本当の狙いはその地下室からトンネルを掘りカジノの金を頂くことだった。だが、 必死こいて金を手に入れたその瞬間ババアにバレテしまい・・・。

 筆者は子供の頃、親の金をくすねるなど悪事を犯しているとき、妹が陰からジトッとした、 実に腹立たしい目つきでその悪事の一部始終を見ていたなんてことが何度かある。筆者は妹の口封じに躍起になるのだが、 いくらあとで10万円あげるとかポテトチップス100袋あげると言っても、妹はうんともすんとも言わずに、 ただその腹立たしい目つきで無言のまま筆者を見つめるのみだ。そんなとき、いつも筆者はその目つきに追い詰められ、 最後には成すすべなく怒り狂って鉄拳制裁を振るい、口封じ工作を棒に振っていた。 この映画もそのように口封じ工作に失敗して全てを台無しにして行く、行かざるをえなくなるお話しだ。

 そのストーリー展開は、まさにスクリューボールと呼ぶにふさわしく、 後半の冒頭部分まではどこに行きつくものやらさっぱり分からずワクワクする。

 冒頭の人物紹介場面などストーリーなど忘れてしまうほどだ。と言うかストーリーそっちのけで人物を紹介していく。しかもかなりネチッこく。 ひょっとしたら物語がなかなか始まらないことに退屈だと感じる人もいるかも知れないが、そのコユイ人物たちは観ているだけでもかなり面白い。

 中盤、金を盗み出すのに成功するが、ババアにばれてしまい口封じのために殺そうとする。だが、一人目が失敗したあげく不慮の事故(かな?) で死ぬあたりまでの展開は、もうほんとに「どーなっちゃうの、これ?」モンでありゲラゲラ笑える。 ほとんどデタラメにシナリオを書いてるのではないかと思ってしまうくらいだ。だが、その後やや単調になってしまった感じがする。と言うのも、 ここまではその物語展開の意外性に笑えていたのだが、ここからは物語の展開がなくなり、順番に死んでいく悪党たちの失敗の仕方、 死に方だけを見るにとどまるからだ。やはりそれを順番に観ているだけではちょっと退屈だ。だからラストの方はやや駆け足になり、 そろそろ時間だから的に球を置きにいってしまった感じがしないこともない。まあ、そんな御託を並べてみてもかなり笑えることは確かであり、 それは役者陣の功績によるところもかなり大きい。

 まずはバアさん役のイルマ・P・ホールが素晴らしく良いのである。 見事に融通のきかない目つきを演じておりこちらの神経を逆なでさせるのだが、それだけでなく実にカーイーのである。 こういう役には愛くるしさも含まれていなければタダのムカツク人間になってしまい、ウチの妹のように鉄拳制裁で終わりになってしまうのだが、 その点このキャスティングは大成功だ。そしてそんな彼女に対処するトム・ハンクスもまた素晴らしい。冷静に冷静に対処しているのだが、 ことごとく自分の予想とは逆になってゆく。その心のうちのイライラさが微妙な感じで醸し出されていて大いに笑える。 下手な役者さんがやればきっとあの微妙なピクピクしたイラダチ感を分かりやすい形で出しすぎてしまうだろう。 もっともっとコメディに出て欲しいものである。そんな中で筆者が一番気に入ったのは潜入偵察係のマーロン・ウィアンズという役者さんだ。 とにかく笑わせてもらった。特にその顔芸。志村ケンのようによく動く顔というわけではないのだが、(志村の顔芸も筆者は大好き) メチャクチャ面白い顔をするのだ。語彙が足りず説明できないが、ホントそーとー笑えます。その驚いた顔など必見顔であり、 まさに金の取れる顔芸だと思った。

 総じてそんな魅力的な役者陣を迎え、近頃の「オー・ブラザー!」「ディボース・ショウ」 などの凡作には見られなかったコーエン兄弟のネチッこさに復活の兆しが大いに見られたことが大変嬉しい一作である。

(2004.5.16)

2005/04/30/18:57 | BBS | トラックバック (0)
百恵紳之助 ,今週の一本
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

    Tags
記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO