新作情報

グリーン・デイ&ランシドが仕掛けた
驚愕のパンク・スプラッター・パペット・ミュージカルが遂に公開!!

リブ・フリーキー!ダイ・フリーキー!

リブ・フリーキー!ダイ・フリーキー!
LIVE FREAKY! DIE FREAKY!

ジョン・ウォーターズの「ピンク・ フラミンゴ」以来、もっともバッド・テイストな映画。
その味はとってもデリシャス!――ペーパーマガジン

アナ―キーとバッド・テイストの洪水が押し寄せるこの作品は正真正銘の最低な映画だ。
つまり、「ウォレスとグルミット」だと思って観に行くなってこと!
――ジェレミア・キップ/「ファンゴリア」誌

2006年7月8日よりシアターN渋谷にて公開決定!!
7/8(土)~8/4(金) 4週間限定レイトショー
連日 夜9:10より1回上映

INTRODUCTION

リブ・フリーキー!ダイ・フリーキー!1アメリカを代表するパンク・バンド、 ランシドとグリーン・デイが仕掛けた映画が遂に日本に上陸する、その映画は「リブ・フリーキー!ダイ・フリーキー!」 。1960年代後半のラブ&ピースで謳歌するアメリカを恐怖に陥れた"チャールズ・ マンソンと彼のファミリー" そして彼らが起したハリウッド史上最悪の血まみれ事件「シャロンテート殺人事件」を、 なんとパンク・スプラッター・パペット・ミュージカルとして映画化。  製作はランシドのティム・ アームストロングが務め、声優にグリーン・デイのビリー・ジョー・アムーストロングを始め、BLINK 182、 グッド・シャーロット、A.F.Iの人気バンドから、Go-Go's、ルナチックス、LAパンクの伝説的バンドX、 さらにアーシア・アルジェント、ケリー・オズボーンが参加。現在のオルタナ・ カルチャーが集結した21世紀最初のカルト・ムービーの誕生だ!!

MESSAGE

日本の皆さんコンニチハ!胸くそ悪くなる僕の映画「リブ・フリーキー!ダイ・ フリーキー!」を皆さんの元に届けることができて本当に嬉しいです!この映画が皆さんの心にも届くといいなぁと思います。 この映画のために、 かつてないほど素晴らしい出演者たちが集まってくれたのはお金もうけのためでないことは皆さんも同意してくれることと思います。 グリーン・デイやランシド、グッド・シャーロット、 A.F.I.といったミュージシャンたちが映画に協力してくれたことに感謝の気持ちでいっぱいです。この映画には「盲信するな、 臆病な羊のように言いなりになるな」という僕のメッセージが込められています。 頭は考えるためにあるんだから色々なことに疑問を持とうよ、ってことです。 だから席についたらリラックスして革命の始まりに備えましょう。 あなたの目の前で繰り広げられるのは芸術の起こすテロリズムなのです! そして映画を観終わった後はあなたたちが良い人間になって、「バス男(ナポレオン・ダイナマイト)」 のTシャツを燃やしてしまうくらい心を入れ替えてくれているといいなあと思っています!

監督 John Roecker

Story
リブ・フリーキー!ダイ・フリーキー!23069年、 オゾンの減少により地球は枯れ果て、傷ついていた。荒れ果てた土地を、 食料を求めて彷徨う流浪の民となった人類たち。そんな彼らの一人が見つけたのは1960年代後半ラブ& ピースにわく世間を恐怖に陥れたチャーリー・ハンソンの伝記「ヘルター・スケルター」。

1969年-チャーリー・ハンソンの狂信的な信者"ハンソン・ファミリー"の一人、ヘイディーは警察官の尋問に、ハンソン・ ファミリーの放蕩と死の使命の全貌を語り始める。それは砂漠の地<デス・ ヴァレー>から世界を革命しようとする"ヘルター・ スケルター"、最終戦争だった!!
ある日、チャーリー・ハンソンは、イギリスのリバプールのバンド「黙示録の四騎士」が作り出す素敵なポップ・チューンから、 殺人のお告げを受け取る。「ハリウッドのセクシー女優シャロン・ヘイトと豚どもを殺せ!!」   チャーリーとファミリーたちはビバリーヒルズにあるシャロンの館を襲撃、 乱交パーティーで盛り上がるシャロンとセレブな友人たちを血祭りにあげる・・・・
やがて刑務所に入れられたチャーリーだったが、この狂気の救世主は以前よりも力を増す。メディアの力を借り、 チャーリーの狂気のメッセージは世界中に広まっていく。ベストセラーとなったチャーリーの伝記「ヘルター・スケルター」 が出版された事によって、彼の脅威はますます強大なものとなっていく。

そして2000年後、まさにその本「ヘルター・スケルター」が流浪の民の人類にとって不可侵の原理となり、 世界は破滅へと向かっていくのだった…。
Staff Profile

監督:ジョン・ ロッカー
本業はDVDディレクター。グリーン・デイの2004年のアルバム「アメリカン・ イディオット」のメイキング風景を撮影したドキュメンタリーDVD「HEART LIKE A HAND GRENADE(手榴弾みたいなハート)」は来年発売予定。同じく監督作のザ・ネットワーク(※グリーン・ デイの覆面バンド)のライブDVD、「ディジーズ・イズ・パニッシュメント」はワーナーミュージック・ ジャパンより発売中。またドキュメンタリー作品「FORMING, THE EARLY DAYS Days of L.A. Punk」やエクシーン・セルヴェンカ、ストーン・フォックス、ザ・ ネットワークのビデオクリップも製作。

長い間、ロッカーはロサンゼルスのパンク界の顔馴染みだった。彼の職業はスタイリストやデザイナー、ライター、出版者、 またXやグリーン・デイ、ランシド、Go-Go'sなど数多くのバンドのプロモーター兼出演交渉者などであった。また、 Xのアンソロジー・アルバム「Beyond and Back」(エレクトラよりリリース)ではエグゼクティブ・ プロデューサーを務めている。また、シルバーレイク地区にパンク・ファッションを扱うショップ「You've Got Bad Taste」をエクシーン・セルヴェンカと共同経営している。また、 1999年にロサンゼルスのTrack16ギャラリーで催されたL.A.パンクシーンの一大展示、「FORMING, THE EARLY DAYS Days of L.A. Punk」展では、ヴィゴ・ モーテンセンと共同でキュレーターを務めたこともある。また、アメリカやイギリス、 メキシコの数多くの音楽雑誌に寄稿している。

プロデュース:ティム・ アームストロング
ランシドのリード・シンガー/ギタリスト。アームストロングはスカ・ パンクバンドのオペレーションアイビーでシーンに突然現れ、のちにランシドを結成する。ランシドはキャッチ― なリフと知的な歌詞で知られている。3rdアルバムの「アンド・アウト・カム・ジ・ウルブス」 でバンドの地位は揺るぎないものとなり、世界中から称賛を浴びた。ランシドの活動休止期間にはサイド・ プロジェクトのトランスプランツの活動に力を注いだ。またレコード・レーベル「ヘルキャット・レコード」を設立した。 「リブ・フリーキー!ダイ・フリーキー!」はティムが新たに立ち上げたヘルキャット・フィルムズのプロデュース作品第一弾。 ティムは映画のオリジナルスコアも作曲した。

Cast Profile

リブ・フリーキー!ダイ・フリーキー!3

ビリー・ジョー・ アームストロング/チャーリー
グリーン・デイのボーカル、ギター。彼らのアルバム「ドゥーキー」や「ニムロッド」 でパンク・ロックは再び脚光を集めた。グリーン・デイは世界中で5000万枚ものアルバム売上をたたきだし、最新アルバム 「アメリカン・イディオット」はグラミーにノミネートされ、ベスト・ロック・アルバムを受賞。このアルバムはビデオ・ ミュージック・アワード(MTV ビデオ・ミュージック・アワードで、最優秀ビデオ賞など7部門で受賞) で各賞を総なめにし、ビルボード・トップ20に54週間連続チャート・インし続けた。グリーン・ デイは現在アメリカをツアー中。2006年にはヨーロッパとオーストラリアツアーを予定している。

テオ・ コーガン/ヘイディー
伝説的バンド「ルナチックス」では世界中をツアーした。発表アルバムは 「Babysitters on Acid」、「Binge & Purge」など。テオは現在では、「 Theo And The Skyscrapers」のフロントを務め、2006年の初めにはニュー・ アルバムが発売される予定。女優としても活動しており、出演作品は「イン・ザ・カット」(監督/ジェーン・カンピオン)、 「Tadpole」(監督/ゲイリー・ウィニック)、「救命士」(監督/マーティン・スコセッシ)、「ズーランダー」 (監督/ベン・スティラー)。またカルバン・クラインやバーバリー の広告モデルも務めファッション・ ショーにも出演している。

ロブ・ アストン/警察官
バンド、トランスプランツのリード・ボーカル。ヒップホップ界のボブ・ ディランと呼ばれる。2度のマルチプラチナ(※アルバム100万枚を超えるごとにプラチナをダブル(200万枚)、 トリプル(300万枚)重ねること)アルバムをすでに獲得しているロブは年内にソロアルバムを発表する。

ジョン・ ドー/ヘックス
L.A.パンク・バンドの中で最重要バンドXのリード・ボーカル/ベーシスト。 ドーはソロでの活動やThe Knittersでリード・ボーカルも務める。The Knittersは先ごろアルバム 「The Modern Sounds of the Knitters」をリリースし、 アルバムには20年の活動期間中の初期作品が納められている。ドーは俳優としてもポール・トーマス・アンダーソン監督の 「ブギーナイツ」に出演、「ロードハウス/孤独の街」ではパトリック・スウェイジと共演も果たしている。

デビー・ ヘボック/ハイ
現在のロック・シーンの中でも重要なバンドのひとつ、A.F.I.のリード・ボーカル。何年間かのインディーズ活動ののち、 インタースコープからメジャーアルバムデビューを果たし、彼らのアルバムはビルボード誌のアルバム・ チャートで第2位を獲得、300万枚以上を売り上げた。現在はスタジオで次のアルバム制作に入っている。

ベンジー・マデン& ジョエル・マデン/尋問者
今日の新世代パンク・バンドブームの中で最も優れた双子のパンク・ロック兄弟。グッド・ シャーロットを結成。バンドのアルバム売り上げは世界中で1500万枚を越え、現在は2度目のワールド・ツアー中で、 彼らのジャパン・ツアーの様子はフィルムに収められる予定。

ジェーン・ ウィードリン/スクィーキー
Go-Go'sの創立者。自作の曲でナンバー1になった唯一のガールズ・ バンドとして今なおその名声は色褪せていない。Go-Go'sは世界中で1000万枚ものCD売り上げを記録し、 現在ロックの殿堂〈ロックンロール・ホール・オブ・フェイム〉入りが検討されている。ジェーンはまた 「ビルとテッドの大冒険」、「CLUE」などの映画作品にも出演している。

ジョン・ ドー/ヘックス
L.A.パンク・バンドの中で最重要バンドXのリード・ボーカル/ベーシスト。 ドーはソロでの活動やThe Knittersでリード・ボーカルも務める。TheKnittersは先ごろアルバム 「The Modern Sounds of the Knitters」をリリースし、 アルバムには20年の活動期間中の初期作品が納められている。ドーは俳優としてもポール・トーマス・アンダーソン監督の 「ブギーナイツ」に出演、「ロードハウス/孤独の街」ではパトリック・スウェイジと共演も果たしている。

C R E D I T

リブ・フリーキー!ダイ・フリーキー!
LIVE FREAKY! DIE FREAKY!

監督・脚本:ジョン・ロッカー
製作:ティム・アームストロング(ランシド)
音楽:ロディ・ボッタム(フェイス・ノー・モア)

声の出演 チャーリー役:ビリー・ジョー・アームストロング (グリーン・デイ)
尋問者:ベンジー・マデン(グッド・シャーロット)
ヘイディ-役:テオ・コーガン(ルナチックス)
スクィーキー役:ジェーン・ウィードリン(Go-Go'S)
シャロン・ヘイト役:ケリー・オズボーン
アバゲイル役:アーシア・アルジェント

2003年/アメリカ映画/カラー/スタンダード/75分/R- 15指定
日本語字幕:柳下毅一郎
配給:デックスエンタテインメント http://www.dex-et.jp/ 
宣伝:クルーズ/フロンティア・エンタープライズ
http://www.livefreaky.com/

2006年7月8日(土)より
シアターN渋谷にて公開決定!!
7/8(土)~8/4(金) 4週間限定レイトショー
連日 夜9:10より1回上映

2006/06/15/17:28 | BBS | トラックバック (0)
新作情報
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO