試写会放浪記
(2005 / 日本 / 鈴木清順)

高野 雲

私の鑑賞能力の低さゆえ、正直に告白すると、う~む、よーわからんかった。の一言。

和風サイケなテイストは嫌いではないし、チャン・ツィイーも可愛い。
なんとなく、全体的にボサーッとしているオダギリジョーもいい感じ。

和風サイケと書いたが、サイケはクスリが前提の世界とすれば、和風サイケはクスリではなく酒、それも日本酒なのだろう。

酩酊して、世界が七色にぐるぐると回りはじめたときに、現れたり現れなかったりする、脈絡ないけど豪華絢爛な楽しい世界。

御大鈴木清順監督の酔狂な世界にどこまでシンクロ出来るか。どこまで世界の住人になり、難しいこと考えずに楽しめるか。
ある意味、フリージャズのアルバート・アイラーが、なーんも考えずに奏でるテナーの音に、 こちらも難しいこと抜きにどこまで楽しめるのか浸れるのかに近いものがある。

あるいは、マイルス・デイヴィスが『オン・ザ・コーナー』で描いた、インドからファンクからジャズからブルースをごった煮にした、 頭がくらくらしそうな音世界の中でどこまで遊べるのか、ひたれるのかに近いものもあるかもしれない。

アイラーや『オン・ザ・コーナー』は楽しめる私だが、清順の贅を尽くした幻覚世界は楽しめなかったなぁ。
もっとも、アイラー、マイルス、清順を同列に並べるのも強引な話だが…。

あと、映画そのものから話がそれるが、パンフレットに印刷されたオダギリジョーのプロフィールを見ると、 彼のキャリアを形成する上での重要な要素、『仮面ライダークウガ』の五代雄介役がすっぽり抜けているのはどういうことか。
もはや、彼のキャリアにおいてはお荷物な過去なのか。
川島なお美のプロフィールにおいて「お笑いマンガ道場」(中京・日本テレビ系列バラエティ番組/1977~1994年) へのレギュラー出演の記述がタブーなように、事務所のプロモーション方針なのか。それとも本人の意思なのか。

だとしたら、ちょっと悲しい(そうでないことを祈りたいが)。
私は、クウガで彼を知り、クウガで彼を好きになった。
クウガがあったからこそ、彼を注目している。
きっと、そういう人も多いでしょう?

クウガは平成ライダーの中では一番の名作だと信じて疑わない私としては、もし、字数の都合でプロフィールから「クウガ」 がこぼれ落ちたのならともかく、彼自身が自分のキャリアからクウガを抹消しようとしているのであれば、「それは違う、アレがあるから、 今があるんですよ」と言いたい。

とくに、クウガを幼稚園や小学校時代に見ていた子供たちは、大きくなっても、ずっと彼のことを「クウガに変身していたお兄ちゃん、 今度は誰々の役をやっている」という視線でずっと彼のことを注目するはずだよ。

某ヒーロー俳優は、放映終了して10年以上たっても風俗店には恥ずかしくて入れなかったと語っているように、一度ヒーローを演じてしまうと、 本人の好む好まざるにかかわらず、視聴者に往時のイメージは拭い去れないほどにこびりついてしまうものなのだ。

それが本人にとっては重荷に感じることもあるだろう。
向上心のある俳優になればなるほど、もっと今の新しい自分を見てくれよという気持ちも芽生えるに違いない。
ヒーローのイメージを払拭し、様々な可能性にトライしたいという意気込みもあるだろう。

しかし、悲しいかな、先述したとおり、松田優作といえば、まずは彼のキャリアの初期のジーパン刑事や、 工藤探偵を思い浮かべるファンが圧倒的に多いように(刑事も探偵もある意味ヒーローだ)、 ヒーローのイメージというのは本人の意思や目論見とは無関係に、強烈に男の子の脳裏にはこびりつき、一生引きずるものなのだ。

もし、オダギリ本人がクウガ時代のキャリアを否定or抹消を狙っているのであれば、それはクウガ時代のファンの否定・ 抹消にも繋がるってことでもある。

昔は正義の味方に変身していたお兄ちゃんも、じつは今は「あずみ」では美女丸みたいな悪役もやるし、「イン・ザ・プール」 ではちんちん勃ちっぱなしのサラリーマンもやるし、大河ドラマやCMではお侍さんの役もやってまーす! いろいろな人を演じているオレって引き出し広いでしょう? のほうが潔い。
だって、かつてはモロボシダンの森次晃嗣が悪役をやっても、誰も、「え!?あの正義の味方のセブンが悪役に?ボクは悲しいぞ(泣)」 とはなってないでしょう?

文字数の関係で「クウガ」のキャリアが抜けていただけだと信じたい。

…オペレッタの話がオダギリ話になってしまった。

(2005.4.22)

『オペレッタ 狸御殿』
監督:鈴木清順
プロデューサー:小椋悟、片嶋一貴
脚本:遠谷信幸
出演: チャン・ツィイー、オダギリジョー、
薬師丸ひろ子、由紀さおり、山本太郎、
高橋元太郎、パパイヤ鈴木、篠井英介、
市川実和子、美空ひばり(デジタル出演)、
平幹二朗 ほか
http://www.tanuki-goten.com/
2005年5/28より、全国松竹・ 東急系にて全国ロードショー
2005/04/30/20:21 | BBS | トラックバック (13)
高野雲 ,試写会放浪記
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

■困った・・・途中経過報告 A ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY

ああ・・・困った! どーするか、ここは思案の為所。んんんん・・・・・困ってます。 ある映画アップしようか、困ってます。 TRAILER、予告があまりにも酷...

Tracked on 2005/04/29(金)02:44:23

■困った・・・途中経過報告 A ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY

ああ・・・困った! どーするか、ここは思案の為所。んんんん・・・・・困ってます。 ある映画アップしようか、困ってます。 TRAILER、予告があまりにも酷...

Tracked on 2005/04/29(金)02:44:23

■オペレッタ狸御殿 主演チャン・ツィイー オダギリジョー 監督:鈴木清順 A ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY

■映画『オペレッタ狸御殿』監督:鈴木清順 主演:チャン・ツィイー オダギリジョー  ●どうもどうも〜お騒がせのツボヤキです。 さて、それで...

Tracked on 2005/04/29(金)02:44:54

鈴木清順@御年82歳。待望プルプルの新作『オペレッタ狸御殿』は、永遠の進化形である……!? A 東京無重力アワー'05

★再発見再評価というより、広がり深まる「リスペクト」。 「清順美学」の集大成を、試写で観た。 このヒトにはまだ、死んでもらっちゃ困るのコトよ。 「おい...

Tracked on 2005/05/13(金)13:15:47

鈴木清順 『オペレッタ狸御殿』 A THE LAKE OF PHANTOM

さて、ここで今一度このBLOGでしつこいくらいにこの映画の紹介をしておきましょう。別にこの映画が、結果つまらなかったとしても構いません。というかつまらないはずが...

Tracked on 2005/05/15(日)18:36:19

解題 オペレッタ狸御殿 A Dalmatian Dot-matrix printer

レイトショーないし、行ける時に行っておこう、ということで 本日も行ってまいりました「狸御殿」 昨日は「難しい理屈いっさいなし!」なんて書いちゃいましたが...

Tracked on 2005/05/29(日)22:37:13

「オペレッタ狸御殿」私的に楽しむ A わたしの見た(モノ)

鈴木清順監督の「オペレッタ狸御殿」観ました。 すごく楽しい気持ちで劇場を出ることが出来ました。 監督に感謝。   清順監督の作品は、小難しくて、敷居が高...

Tracked on 2005/05/30(月)16:19:16

豪華なキャストの学芸会◆『オペレッタ狸御殿』 A 日々の記録と、コラムみたいなもの

5月28日(土)TOHOシネマズ名古屋ベイシティにて 最初に断っておくが、私はオダギリジョーのファンである。 いつから好きかと言われると2001年10月...

Tracked on 2005/05/31(火)05:04:06

オペレッタ狸御殿 A 秋日和のカロリー軒

バカにすること  誰しもが自らの尊敬対象を表明しなければ気がすまないという風土がとくに映画というジャンルにおいて顕著に見られるのは今に始まったことではご...

Tracked on 2005/06/02(木)02:41:42

オペレッタ狸御殿あるいは狸族の誕生 A カトラー:katolerのマーケティング言論

ツィゴイネルワイゼンや陽炎座など鈴木清順の代表作と呼ばれる映画はひととおり見て

Tracked on 2005/06/05(日)00:45:03

勝手に映画批評4 A sons and daughters -blog-

【オペレッタ狸御殿】 7点なんちゅう映画や…でもオモロイんちゃうのん?っていう映画。もう、何と言っていいのかわかりません。悪く言うと「無茶苦茶」、良く言うと「奇...

Tracked on 2005/06/09(木)00:25:31

「オペレッタ狸御殿」VS「天下無双」なら A nancix diary

 見て来ましたよ〜「オペレッタ狸御殿」!まさか「HERO 英雄」の撮影クランクアップ翌日に、北京で、チャン・ツーイーにこんな邦画の話が来ていたとは。で、どうして...

Tracked on 2005/06/09(木)11:55:43

オペレッタ狸御殿 A 秋日和のカロリー軒

バカにすること  誰しもが自らの尊敬対象を表明しなければ気がすまないという風土がとくに映画というジャンルにおいて顕著に見られるのは今に始まったことではご...

Tracked on 2005/06/09(木)15:00:48

「狸御殿」は失望だ A ジャーナリズム・歴史と現在・覚書

久しぶりに映画を観た。で、このブログも本当に久しぶりに書き込んでいる。どうもいろいろ忙しくて、こちらまで手が回らない。というような「言い訳」をしても、別に誰が読...

Tracked on 2005/06/20(月)20:33:04

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO