新作情報
『愛しき人生のつくりかた』

ミシェル・ブラン (俳優)
公式インタビュー
映画『愛しき人生のつくりかた』について

公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2016年1月23日(土)、Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー

パリに暮らす3世代家族の人生を時にコミカルに、時にリアルに描き出して、フランスで100万人を魅了したロングランヒット作『愛しき人生のつくりかた』で、定年ウツと夫婦の危機に頭を悩ます父親ミシェル役を演じたミシェル・ブランの公式インタビューをお届けする。
STORY パリの小さなアパルトマンに暮らすマドレーヌは、クリスマスを控えたある日、最愛の夫に先立たれた。3人の息子を育て上げ、ささやかだけど充実した人生を過ごしてきたマドレーヌは、ひとりになって初めてゆっくりと自分の人生を振り返り始める。そんなある日、マドレーヌはある夢を実現するため突然パリから姿を消した。親友のように仲の良い孫のロマンは彼女を探す旅に出る。手掛かりは祖母の想い出のどこかにあるはず……。
ミシェル・ブラン 1952年パリ郊外生まれ。高校時代の友人であったクリスチャン・クラヴィエやジェラール・ジュニョらと劇団Splendideを結成し、映画では『レ・ブロンゼ』シリーズで成功を収める。カンヌ映画祭で男優賞を受賞した『タキシード』や『仕立て屋の恋』『マルセイユの決着』など話題作に出演しながら、舞台やTVでも活動。『他人のそら似』他、4本の監督作品がある。
ミシェル・ブラン『愛しき人生のつくりかた』場面1 ミシェル・ブラン『愛しき人生のつくりかた』場面2
――この企画の何に魅了されたのでしょうか?

ミシェル・ブラン コメディと偽りのない感動が混ざり合っているからです。これは人生が持つ本来の姿を見せようとする作家の真の作品です。登場人物に対して暖かいアプローチをするジャン=ポールの技量のおかげで、この作品はまるで本物の人生の様になりました。例えば、彼が演ずる酒飲みで青年に愛情を抱くタガが外れたホテルの主人の役にはとても感動しました。そして、この作品にはオリジナリティがあります。警察署でのシーンのように可笑しな会話と、アニー・コルディにまつわる純粋な感動をもたらすシークエンスがとても特殊な形で混ざり合っています。

――いくつかの台詞を直しましたか?

ミシェル・ブラン 全くしていません。通常、私は他の人の仕事を尊敬しますが、台詞が嫌いで書き直しを頼むことも時にはあります。しかし今回は台詞をとても気に入りました。なので、できるだけ忠実にジャン=ポールの台詞を言うようにしました。「ピューマの母親」という台詞のように!
(フランスでかなりの年下の男性とつきあう女性のことを「クーガー(ピューマ)」といいます)

――あなたの役を説明していただけますか?

ミシェル・ブラン 早期退職をしたことが耐えられないと告白することも、自分のしたいことに打ち込むこともできない男です。自分が変わってしまったこと、我慢ならない男になったこと、妻の人生を台無しにしていることに気付かないのです!そこに母親の問題が加わり、強くならなくてはいけない時に弱ってしまうのです。この役を作り上げるにあたって、非常によく構成されていると思いました。(決断をして)テーブルを叩かなければいけない時にも、兄弟たちの言いなりになってしまいます:母親を老人ホームに入居させ、アパルトマンを売るという考えは彼のものではありません。私にとっての彼は、海がしけている時に船のマストを失ってしまう男なのです。

――どのようにジャン=ポールは俳優の演技を指導していましたか?

ミシェル・ブラン 素晴らしい俳優指導のディレクターを発見しました。まず非常に感受性が強く、完璧な正確さと十分な謙虚さを持っており、時には「違う、君が正しいよ。君が提案したようにした方がいい」と言うこともありました。たとえ99%は彼の直感が正しいとしてもです。彼は常に真実を、人生における現実を追っていました。それに何も諦めませんでした。自分の望んだものが得られないならば何度もシーンをやりなおし、自分の望むものをきちんと説明しました。監督業に進出した俳優は、演技の指導をしている俳優の頭の中にこびりついている問題を追い出す第六感があるとよくいいます。ジャン=ポールの場合はそうなのです。

――撮影現場の様子はいかがでしたか?

ミシェル・ブラン ジャン=ポールのカメラの配置は決して平凡なものではありませんでした。フレームと動きをきちんと研究し、無意味に映像を美化しようとしません。全てが脚本によって引き出されるのです。こんなに素早くいい仕事をする監督を見るのは初めてかもしれません。時には予定より1時間も早く撮影が終了する日もありました。それはジャン=ポールが録音も含めて素晴らしいスタッフに囲まれているからかもしれません。録音が複雑な路上や車の中、幾つかの外での撮影にも関わらず、今までにない程、ほんの少ししかアフレコをしませんでした。

本作の監督である、ジャン=ポール・ルーヴもミシェル・ブランについて、「(キャスティングにあたって)彼は役選びにとても慎重なのですが、2日後にすぐ返事をくれました!私はとても嬉しく、誇りに思いました。ミシェルは偉大な俳優であるだけでなく、類い稀な映画監督、脚本家、台詞作家なのです。」と称賛している。
愛しき人生のつくりかた
監督・脚本:ジャン=ポール・ルーヴ 原作・共同脚本:ダヴィド・フェンキノス『ナタリー』
出演:アニー・コルディ『雨の訪問者』、ミシェル・ブラン『仕立て屋の恋』、シャンタル・ロビー、マチュー・スピノジ、ジャン=ポール・ルーヴ『エディット・ピアフ~愛の賛歌~』
2015年/フランス映画/フランス語/93分/原題:Les Souvenirs
提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム
©2013 Nolita cinema – TF1 Droits Audiovisuels – UGC Images – Les films du Monsieur – Exodus – Nolita invest
公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2016年1月23日(土)、Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー

仕立て屋の恋 -デジタルリマスター版- [Blu-ray] 仕立て屋の恋 -デジタルリマスター版- [Blu-ray]
  • 監督:パトリス・ルコント
  • 出演:ミシェル・ブラン, サンドリーヌ・ボネール, リュック・テュイリエ
  • 発売日:2015/01/07
  • おすすめ度:おすすめ度3.5
  • Amazon で詳細を見る
マダム・マロリーと魔法のスパイス ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray] マダム・マロリーと魔法のスパイス ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
  • 監督:ラッセ・ハルストレム
  • 出演:ヘレン・ミレン, オム・プリ, マニッシュ・ダヤル, シャルロット・ルボン, ミシェル・ブラン
  • 発売日:2015/04/08
  • おすすめ度:おすすめ度4.5
  • Amazon で詳細を見る

2016/01/16/21:39 | BBS | トラックバック (0)
新作情報 ,インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2016 INTRO