新作情報

透明人間☆田村透

専門学校東京ビジュアルアーツの実習作品として制作され、
今年2月のトリウッドでのイベントで上映されるとすぐに
その場でロードショーが決定した、米山耕太監督による意欲作

『透明人間☆田村透』画像 『透明人間☆田村透』場面画像1

公式twitter 劇場サイト

2019年11月16日(土)より下北沢トリウッドにて2週間限定公開

INTRODUCTION

透明にされて、自分でなった、僕の物語。

現代のいじめや仲間外れは、相手を“空気”にする。あまり手を出したりはしないし、直接「キライ」と声にも出さず、「(キライ)」な雰囲気を作り出す。つまり、その人を“透明人間”にするのだ。
若者だけではなく、誰もに心当たりがある、透明人間にされてしまった、もしくは自らなってしまった田村透くんの物語。

『透明人間☆田村透』場面画像2

監督コメント

が見てきた、いじめや仲間はずれは、相手を透明にするものでした。
ドラマや映画でよく見るようないじめを見たことはない。嘘くさい。

学生時代、クラスメイトが“透明”になっていました。みんなや僕にとって都合の良いとき以外、存在が消されていました。
よく考えると、加害者意識の芽生えにくい酷い行為だったと、今になって思います。
僕自身も、誰からも話しかけられず、自分が存在していないような気持ちになったことがあります。

“透明”になったことがある人は、現代に溢れていると思います。
なのに、それを捉えている映画を見たことがない。
無視ともいじめとも少し違う、名前も付いていないこの現象は、僕にしか映像で表現できないと思い、制作するに至りました。

監督:米山耕太

STORY

取り柄のない高校生・田村透はクラスで“透明人間”にされている。本人も自分を透明人間だと思い込むことで、平穏な学校生活を送っていた。だが、大学に進むと、彼のことが“見える”女の子が現れる。
次第に彼女やクラスメイトと打ち解け、仲良くなり、「人間・田村透」として楽しく過ごせると思ったのだが……。

『透明人間☆田村透』場面画像3 『透明人間☆田村透』場面画像4
CREDIT
監督・脚本:米山耕太
出演:遠藤史人(「藍色少年少女」主演「情操家族」「レミングスの夏」出演),
河野宏紀(「スペシャルアクターズ」出演),石田奈々,野村一瑛,波子,ゆうと
撮影監督:田邊裕貴 照明:鈴木涼太 録音:宮澤健次郎 撮影技師:吉田寛大
助監督:橋本根大,菊池諒,本間弘也,上月理愛 撮影助手:後藤新,神代海央 照明助手:関塚勇斗,芳野希,佐藤天音
録音助手:北野愛有,倉繁かれん,飯島奈々,深見翔悟 制作:中村光希,鈴木彩音,金城季里
美術:ケイリーアンドマスキー,山根麻美 音楽:高雄飛
専門学校東京ビジュアルアーツ卒業制作作品

公式twitter 劇場サイト

2019年11月16日(土)より下北沢トリウッドにて2週間限定公開

2019/10/28/19:29 | トラックバック (0)
新作情報
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
記事内容で関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright © 2004-2019 INTRO