プレゼント

『第17回KAWASAKIしんゆり映画祭2011』で特別上映される、周防正行監督の『ダンシング・チャップリン』とチャールズ・チャップリン監督作品『黄金狂時代』の劇場鑑賞券をプレゼント!

10月8日(土)より開催される『KAWASAKIしんゆり映画祭2011』は、今年で17回目を迎える。本年度のテーマ“映画の現在(いま)と未来(あした)”に合わせて特別上映される、周防正行監督の『ダンシング・チャップリン』(2010)と映画の元になったチャールズ・チャップリン監督作品『黄金狂時代』(1928)の劇場鑑賞券を、各作品5組10名様にプレゼントします。

『ダンシング・チャップリン』『ダンシング・チャップリン』
©2011 フジテレビジョン/東宝/アルタミラピクチャーズ/電通/スオズ『黄金狂時代』『黄金狂時代』 ©Roy Export Company Establishment.

『ダンシング・チャップリン』 ( 2010/日本/136分 )

監督:周防正行 出演:ルイジ・ボニーノ、草刈民代
ローラン・プティの手によりバレエになったチャップリン。唯一無二のチャップリン・ダンサー、ルイジ・ボニーノが踊り、草刈民代が舞う!その舞台裏を描く第一部と、舞台を上演する第二部。バレエとチャップリンへの賛歌!

『黄金狂時代』 ( 1928/アメリカ/73分 )

監督:チャールズ・チャップリン 出演:チャールズ・チャップリン、ジョージア・ヘイル
ゴールド・ラッシュにわくアラスカを舞台に、人々の夢と欲望をブラックでシュールな笑いで描く、チャップリンの代表作のひとつ。茹でた靴を食べるシーンのほか、映画史に残る名シーンの数々はぜひスクリーンで!

◆日時:10月9日(日)  10:00~『黄金狂時代』/11:50~『ダンシング・チャップリン』
◆会場:ワーナー・マイカル・シネマズ新百合ヶ丘(川崎市麻生区上麻生1-19-1-6F)
◆希望作品タイトル『ダンシング・チャップリン鑑賞券』『黄金狂時代鑑賞券』(メールでご応募の場合は件名)と、「お名前・ご住所・電話番号 ・年齢」を明記の上、こちらのアドレスか、メールフォームからご応募下さい。
◆応募締め切り:2011年9月30日(金)応募受付分※応募者多数の場合は抽選となります。
◆公式サイト:http://www.siff.jp/
註)ご提供いただいた個人情報は、本プレゼント以外の目的では一切使用いたしません。また、個人情報そのものも招待状発送後一週間で破棄します。当選者の発表は、招待状の発送をもってかえさせていただきます。なお、当選に関するお問合せへの回答はいたしかねます。予めご了承下さい。

第17回KAWASAKIしんゆり映画祭2011

「KAWASAKIしんゆり映画祭」とは
1995年に川崎市の「芸術のまち構想」の一環としてスタートし、今年で17周年を迎えます。「市民(みんな)がつくる映画のお祭り」として、地域住民や地元企業のご支援ご協力を得ながら、ボランティア・スタッフが企画・運営の中心を担い、行政がバックアップする新しいスタイルの市民映像祭として定着・発展してきました。
2000年からは特別企画として、地元小学校の校庭を夏祭りの舞台にする、真夏の夜の風物詩「なつやすみ野外上映会」がスタート。また、日本初の中学生による「ジュニア映画制作ワークショップ」、「バリアフリー上映」(副音声ガイド・日本語字幕付き上映)や、親子で楽しめる「保育付き上映」など、数々の取り組みを積極的に行う市民映画祭として知られています。連日、監督や出演者を招いてのトークショーも開催し、ゲストとの距離を短く感じられるもの魅力のひとつです。

2011年10月8日(土)~10月16日(日)まで、
ワーナー・マイカル・シネマズ新百合ヶ丘でオープニング上映、
川崎市アートセンター・アルテリオ映像館 および 小劇場にて開催

INTRODUCTION

第17回KAWASAKIしんゆり映画祭2011の注目のプログラム

『ツレがうつになりまして。』
『ツレがうつになりまして。』
©2011「ツレがうつになりまして。」製作委員会

『独身男』
『独身男』
『人魚伝説』
『人魚伝説』 ©1984 ディレクターズカンパニー/ATG
『39窃盗団』
『39窃盗団』
10月8日(土) 『ツレがうつになりまして。』
(2011/日本/121分 監督:佐々部清 出演:宮﨑あおい、堺雅人)

オープニング特別企画!日本映画学校卒・佐々部清監督による舞台挨拶決定!

10月10日(月・祝)『独身男』(2010/ハオ・ジェ監督)
10月16日(日) 『ふゆの獣』(2010/内田伸輝監督)

昨年の『悲しみのミルク』に引き続き、世界中から独創的な作品を集めた国際映画祭“東京フィルメックス”とのコラボレーション企画。昨年度のコンペティション部門で審査員特別賞を受賞した中国の『独身男』を全国公開に先駆けて上映、また、最優秀作品賞に輝いた『ふゆの獣』は、監督によるワークショップも行います。

10月15日(土) 『歓待』(2010/深田晃司監督)&青年団特別公演『ヤルタ会談』
劇団青年団演出部所属の深田監督、団員たちも多く出演する『歓待』と、作・演出平田オリザによる痛快舞台『ヤルタ会談』を特別公演。映画と舞台を合わせて体験出来るのはしんゆり映画祭だけです。

10月15日(土) “白鳥あかねの映画人生50年”
『人魚伝説』(1984/池田敏春監督)

神代辰巳や新藤兼人などのスクリプターとして日本映画黄金期を支えた白鳥あかねが作品をセレクトする恒例企画。白鳥自身も参加し、昨年末に急逝された池田敏春監督の『人魚伝説』(1984)を上映し、特別トークショーも行われる。

10月16日(日)
『サンキュー窃盗団』(2011/押田興将監督)
新百合ヶ丘の日本映画学校(現・日本映画大学)卒で、本映画祭のスタッフとしても携わっていた押田興将監督によるハートフルコメディ!映画祭スタッフも撮影スタッフとして関わったまさに“映画のまちしんゆり”で生まれた作品を本邦初公開!

その他、上映作品ラインナップスケジュールは公式サイトでチェック

C R E D I T
●主 催:NPO法人KAWASAKIアーツ
●理事長:藤田 朝也 ●企画・運営:NPO法人KAWASAKIアーツ・映画祭事務局
●映画祭代表:白鳥 あかね ●プログラムディレクター:白鳥 あかね
●共催:川崎市、川崎市アートセンター(川崎市文化財団グループ)、川崎市教育委員会、日本映画大学 他
●映画祭概要:◇上映作品数:30作品程度(短編を含む) ◇ゲスト(昨年実績):23名+3団体 ◇予定入場者数:3000人
◇料金:前売り800円/当日1000円 ※一部プログラム特別料金 ※高校生以下、シニア、障がい者と介助者割引あり
http://www.siff.jp/

2011年10月8日(土)~10月16日(日)まで、
ワーナー・マイカル・シネマズ新百合ヶ丘でオープニング上映、
川崎市アートセンター・アルテリオ映像館 および 小劇場にて開催

ダンシング・チャップリン(Blu-ray)
ダンシング・チャップリン(Blu-ray)
  • 監督:周防正行
  • 出演:ルイジ・ボニーノ, 草刈民代
  • 発売日:2011-09-23
  • おすすめ度:おすすめ度4.0
  • Amazon で詳細を見る
池田敏春 監督作品DVD
    女囚さそり 殺人予告【DVD】
  • 出演:岡本夏生, 西川峰子, 宮下順子, 寺田農
  • 発売日:2011-12-09 Amazon で詳細を見る

    無頼 人斬り五郎【DVD】
  • 出演:北村一輝, 細川直美, 大和武士, 隆大介, 萩原流行
  • 発売日:2012-01-21 Amazon で詳細を見る

2011/09/18/17:21 | BBS | トラックバック (0)
プレゼント ,映画祭情報
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO