インタビュー

風の音がやんだ時、物語が始まる」 (風音評 by 膳場)

「私の人生は輝いています」――『風音』主演、上間宗男さんインタビュー

上間宗男(うえまむねお)。1930年、沖縄県本部町具志堅生まれ。本部町具志堅区長。ロケ地の風葬場での撮影許可を申請した監督に見初められ、『風音』の主人公に抜擢される。

上間氏17月31日(土)。渋谷シネマスクエアで行われた『風音』初日舞台挨拶。壇上でマイクを渡された上間宗男さん(74)は開口一番、「この映画に出ることが出来て、私の人生は輝いています」と顔を輝かせた。魚が舞い踊る極彩色のシャツを羽織った上間さんは、主人公の一人、清吉を演じている。本部町具志堅区の現役区長である。清吉役のキャスティングに難航していた監督が、風葬場の撮影許可を申請したのが上間さんだった。一目見て(ああ、この人が清吉だ)と気付いた監督はさっそく出演を打診した。役柄は寡黙な海人(漁師)、村に響く「風音」の秘密を知る、最重要人物だ。

 

――出演を打診された時はどう思いましたか?

上間 区長という仕事もあるので、ちょっとできないかな、という風に思っていたんですけれども、村の活性化にもなるし、監督さんからも口説かれまして、それで出ることになりました。

 そう簡単に仰いましたけど、OKを頂くのに十日かかってます(笑)。

――ではけっこう熱心に口説いたんですか?

 熱心と言っても、沖縄では真面目に熱心に頼んでもダメなんですよ。こう、泡盛飲みながら、やんわりと世間話しながら(笑)。

――台本を読まれた感想は?

上間 「風音」というのは、亡くなられた特攻隊の方の魂が、「風」を通して、六十年間もの間ずっと「平和」を訴えつづけている、という感じがしました。

――清吉という役柄について、どう思われましたか?

上間 浜に漂着した特攻隊員の遺体を、少年時代の清吉と父親が村の風葬場に引き摺っていくシーンなんかは、僕が若い時によく見た光景と非常に似ていて、当時の自分のようでした。だからあの時代のことを思い出して、作品世界にすっと入っていけたんです。

――和江が夫を刺殺する場面に居合わせた清吉は、和江を逃がし、夫の死体を葬ってしまいます。清吉という役を演じる上で、あの行動をどう理解しましたか?

東監督&上間氏上間 あの場面に関しては、映画を見た皆さんから「アレはもう犯罪じゃないのか」とか(笑)、批評もだいぶ受けたんですけど。僕としてはこういう感じです。清吉が少年の頃、お父さんと一緒に風葬場へ特攻隊員の死体を葬ったこと、それから和江の夫の死体を埋めたこと、これはすべて清吉お爺が責任を持って承知している。だからそれでいいんだ。そういう感じではなかったかなあ、と思います。

 初めて聞きましたけど名言です。

――『風音』は霊的なムードが強い作品ですが、上間さんご自身は、人は死んだらどこへいく、ということを考えたことはありますか。

上間 昔から、沖縄のほうでは「死者の魂は火の玉になる」と言われています。 火の玉が飛んでいって落ちた場所、その周辺に必ず死者が出るという話もあります。光が強い火の玉だと、若い方が亡くなる。逆に弱い火玉であれば、ちょっと年食った人だという風に。去年、こういうことがありました。僕より一つ年下の友人がいて、十日くらい入院していたんですが、朝の五時頃、病院の近くに住んでいた人が、空を火の玉がいきよったのを見たと。するとその日のお昼頃、友人は亡くなりました。これはまあ、迷信と言われるかもしれないですけど、 今現在でもそういうものを見る方は見ているんです。

――お好きな映画はありますか?

上間 ごく若い頃、『暁の脱走』('50、谷口千吉監督)という映画を野外上映しておって、あの映画には非常にこだわりました。最後に、出演者の池部良さんと山口淑子さんが死んでいくシーンがあって、映画を見て初めてあんなに感動しました。長年、その映画のことが頭の中から離れなかったんですけれども、監督に会ってそういう話をしたら、さっそくビデオを送っていただいて(笑)。今でも、時間があれば飽きずにずっと見ています。他にはアメリカ映画の『誰のために鐘は鳴る』です。これは非常に『暁の脱走』とだぶっている感じがします。

――読者の方へひと言お願いします。

上間 沖縄には、僕を含めてまだまだ六十年前の戦争体験者がいます。僕が言いたいのは、これからもずっと平和な世の中が続いていければ、ということです。平和より尊いものはない――この映画で訴えたいことだと思っています。

――ありがとうございました。

取材/文:膳場岳人、撮影/百恵紳之助

2005/04/24/08:34 | BBS | トラックバック (0)
東陽一(映画監督) ,インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

記事内容で関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO