膳場岳人 (港 岳彦)/PROFILE

1974年生。脚本家/フリーライター。

専修学校日本映画学校ドキュメンタリー演出コース卒。


98年『僕がこの街で死んだことなんかあの人は知らない』で大伴昌司賞受賞。
05年『ちゃんこ』(山田耕大さんと共同脚本)で脚本家デビュー。2008年、第4回ピンクシナリオコンクールに『イサク』で入選。『イサク』は、いまおかしんじ監督の手で映画化され、『獣の交わり 天使とやる』のタイトルで、2008年2月27日から全国成人映画館で順次公開予定。

ZINE『映画時代』(http://eiga-jidai.seesaa.net/)同人

他に、『映画芸術』(編集プロダクション映芸)、『spotted701』(SPOTTED PRODUCTIONS)に執筆。

また、膳場岳人名義で『Modern Freaks』(ワイレア出版)『パンドラ』(講談社BOX)『ロック画報』(ブルース・インター・アクションズ)『月刊宝島』(宝島社)『架空世界の悪党図鑑』(講談社)『女優 林由美香』(洋泉社)等に執筆。

INTROでの『港岳彦』名義の執筆記事一覧はこちらを参照。

ブログ『IDENTIFICATION

連絡先 : takehikominato+yahoo.co.jp ウィルス対策の為、+を半角@に変えてご利用下さい。


過去記事一覧

ランボー最後の戦場

『懐かしのランボー・ボーイ』/ 率直に言ってずいぶん物足りない映画だったし、ミャンマー政府軍に虐げられるカレン族にすっかり肩入れし、「ミャンマー政府軍最低だな! 殺せ! ぶっ殺せ!」と思ってしまう自分の単細胞ぶりにもうんざりだが、映画を見ている間の高揚感は得がたいものだった。無駄を省いたスピーディな展開が気持ち良かったし、人体が破壊されつくす残虐な戦闘場面にも昂りを覚えた。「天分」を巡る... 続きを読む

2008/05/30/16:12 | トラックバック (2)

R18LOVECINEMASHOWCASEVol.5~人のデビュー作を笑うな

人気の「R18 」シリーズ第五弾は、強烈な個性を持ったピンク映画監督たちのデビュー作を大特集! 野心と青臭さに満ちあふれた桃色饗宴に今こそ立ち会おう!2008年4月12日(土)~4月25日(金)、ポレポレ東中野にて連日20:30よりレイトショー 続きを読む

2008/04/07/20:12 | トラックバック (1)

靖国 YASUKUNI

『靖国は沈黙する』 / 先ごろ、自民党の稲田朋美衆院議員と、稲田氏が会長を務める「伝統と創造の会」等が、配給のアルゴ・ピクチャーズに対し、公開前に本作の試写を要請したというニュースがあった。アルゴ・ピクチャーズは「検閲ではないか」と反発したが、映画の試写を要求した議員だけでなく、全議員を対象とした試写会を行うことで対処する。... 続きを読む

2008/03/24/20:27 | トラックバック (1)

哀憑歌~CHI-MANAKO~

『ウサギたちの霊歌』 / 化粧品が開発される過程で、その安全性を確認するために動物実験を行う会社がある(そうでない会社もある)。商品成分の刺激性を調べるために実験用ウサギやモルモットの眼窩に点眼したり、炎症の有無を調べるために皮膚に試験薬を塗ってそのカブレ具合を診たりするわけだ。なんでも... 続きを読む

2008/03/19/07:31 | トラックバック (0)

R18 LOVE CINEMA SHOWCASE VOL.4~ピンクに映る、オンナのトキメキ

「ピンクに映る、オンナのトキメキ」――大好評の「R18 LOVE CINEMA SHOWCASE」シリーズ第四弾は、今を生きる等身大の女たちの物語を五本上映する。希望なき世(夜)に幸福な夢を!2008.3.1(土)~3.7(金)連日21:00~限定レイトショー@ポレポレ東中野 続きを読む

2008/02/24/00:46 | トラックバック (0)

いまおかしんじ監督インタビュー:映画『たそがれ』公開に寄せて

いくつになっても「男」と「女」――。いまおかしんじの最新作は、還暦を過ぎた男女の恋を描く愛と笑いの人情喜劇である。正攻法の演出で、味わい深い世界を作り上げた監督に話を伺った。 続きを読む

2008/02/15/10:21 | トラックバック (0)

フランチェスコ~ノーカット完全版

『その無垢を現実にこすり合わせよ』 / 89年の劇場公開版より約20分長い「ノーカット完全版」が、新宿K’sシネマで上映中である。尺が延びたぶん、フランチェスコの心理の変遷をじっくりと辿ることができるものの、説明に不足がないため、却っていささか平板な人物像に映ってしまっている。語り口も平坦で、緩急... 続きを読む

2008/02/05/02:26 | トラックバック (0)

幸福なる食卓

『淋しい女が作る家庭のカレーライス』 / 久々に溜飲の下がる日本映画を見た。俳優はほぼ無名、DV撮影、わずか50分の小さな作品だが、あれよあれよと引き込まれ、見終わったころにはすっかり頬が緩んでいた。大味なメジャー作品に辟易した映画ファンに、ぜひお勧めしておきたい。その語り出しはきわめて... 続きを読む

2008/01/28/21:17 | トラックバック (0)

ジェシー・ジェームズの暗殺

『卑怯者が卑怯者らしい死を遂げられた時代』 西部開拓時代――。兄のフランク・ジェームズと共に群盗を率いて銀行や鉄道を襲撃し、貧しい民衆にそのあがり(収益)を分配したとされる“義賊”、ジェシー・ジェームズ。本作は長年にわたる逃亡生活に疲れ果て、いささかパラノイアの症状を帯びてきたジェシーを、あろうことか背後から射殺した“卑怯者”ロバート・フォードの物語である。... 続きを読む

2008/01/21/14:56 | トラックバック (1)

~新春特別企画~2007年度マイ・ベストムービー【2/2】

~新春特別企画~2007年度マイ・ベストムービー【2/2】(膳場岳人・とくしん九郎・高野雲・村本天志・百恵紳之助) 続きを読む

2008/01/08/16:32 | トラックバック (0)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 次の10件 INTRO TOP

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO