フミのビデオ日誌
9月10日「ドッグヴィル」(03、デンマーク、ラース・フォン・トリアー)を観る
「ドッグヴィル」よりも「サイン」!

足立 フミ

 メイキングの予告を見ていたら、出演者の皆さんが「こんな頭の狂った監督の映画には二度と出ない」 とか「もう家に帰りたい」とか素直な告白ばかりしていました。

 こんな告白ばかり受けてしまうラース・フォン・トリアー監督ってどんな顔だったっけ?と思い出そうとして、あ~、 あれだあれだと思っていたのが、調べてみたら実は、謎が謎を呼んで仕方ない、愛すべきM・ナイト・ シャマラン監督の顔だった事が判明しました。
 実際のトリアー監督の顔は普通で、ちょっとしたデザイナーっぽい感じに見えなくもない、ちっとも子供っぽくない顔でとても残念。

 なぜ勘違いしてたのか分かりませんが、この映画での監督の傲慢さにどこか子供っぽさを感じていたからかもしれません。
 それなら少々乱暴ですが、同じ子供っぽいって事で、シャマラン監督が「サイン」で見せた無邪気さの方が私は大好き。
 私もドッグヴィルの住人と同じで物事を受け入れにくくて、深く考えない性質です。

 分かんねぇなら「サイン」でも見てろって事でしょうか。

2005/04/30/08:21 | BBS | トラックバック (0)
足立文 ,フミのビデオ日誌
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO