インタビュー
11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち/井浦新

井浦 新 (俳優・クリエイター)

映画「11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち」について【2/4】

公式

2012年6月2日(土)より全国ロードショー

先日閉幕となったカンヌ国際映画祭「ある視点」部門で上映され、話題を呼んだ若松孝二監督の新作『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』がいよいよ日本でも公開を迎える。晩年の三島由紀夫と、彼と行動を共にした「楯の会」の若者たちを、若松監督は連合赤軍の青年たちに寄り添ったように肉薄して映し、命懸けで変革を呼びかける男の姿は国境を越えて「美しい」と称賛された。新鮮な解釈での三島由紀夫を演じた井浦新さんに、カンヌ行きを控えお忙しい中、お話を伺う機会を得た。若松監督の熱い思いを受けての特別な演技体験や、監督の演出術について、そして筆者が前作『海燕ホテル・ブルー』公開時に若松組の「同志」とも言える大西信満さんを取材させていただいていたため、大西さんとのエピソードなども含めた魅力溢れる若松組の様子も語ってくださった。(取材:深谷直子

page1 page3 page4

井浦新/カンヌにて――『連合赤軍』に続いて60年代・70年代を描く『三島』の主役のお話をいただいたときは嬉しかったですか?

井浦 嬉しさというものが、これがまたなかなか味わえなかったですね。監督から電話をいただいて、「今度の三島由紀夫の役はお前に任せたぞ」と言われたとき、僕は病院のベッドの上で脚を吊られていたんですね。ちょうどその前日に仕事で脚を骨折してしまっていて。監督には「申し訳ないですがこういう状況なので……」と後ろ向きな言葉しか出てこなかったんです。なんせ折ったばかりなので治るまでに何週間・何ヵ月かかるのかもまったく分からない状況で、この身体で受けてしまったら、かけてしまう迷惑のことを考えると「やる」とは言えなくて。そうしたら監督から「それじゃあ困る。お前しか考えていないから何としてでも治せ」という檄をいただいて。そこからの会話の中で「俺は三島由紀夫の再現ドラマをやりたいわけでも物真似映画を撮りたいわけでもないんだよ。脚さえ治ったらお前の好きなように思うまま三島由紀夫という人物を表現してくれ」と言われて。若松監督からそんなことまで言っていただいて、監督がこの作品にどれほど想いを込めているかも知っていましたから、「俺が何とかしてやる!」というものすごいエネルギーが芽生えてしまったんですよね。

――とても悲壮ですが、それが映画のパワーに繋がっているんでしょうね。負のところから始まったというのが。

井浦 間違いなくそうです。マイナスからスタートしてどこまで行けるのかと。追い込まれ方も普通と違いました。『連合赤軍』から若松作品でずっと共演している大西(信満)くんからも、「今回は撮影中ものすごく新さんには声をかけづらかった」と言われました。大西くんがすごく細かく動いてくれていることは知ってはいたんですけど。俳優部とか、初めて若松組に入る人たちをまとめたり。それはやっぱり自分がピリピリしていたから……、自分ではピリつかないように、そんなのは絶対に人に感じさせないようにしようとしていたんですけど、やっぱり溢れちゃったんですよね。それぐらい意識を研ぎ澄ませていないと向き合える役ではなかったんだなあと後から思いました。監督に『三島』のお話をいただいてからクランクインするまでの2ヵ月間と撮影の12日間というのは記憶がぼんやりしていて、ものすごい集中していたんですよね。

――他のことは目に入らなくなるぐらいに。

井浦 そういうことだと思います。人間って集中力が高まると聖徳太子のようにいろんなことに対応できるのかと僕は思っていたんです。でもそうじゃなかった。何かに対して集中したらやっぱり、視界がすごく狭くなるんだなあと。だから本当に記憶も、若干覚えているけど、細かくあのとき何をしていたかというのは覚えていないですね。

『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』2――若松監督がインタビューで、新さんがあまりにも完璧に役になりきっているのでダメ出しは一切しなかったと語られていましたが、実際にそうだったんですか?

井浦 はい、まったくなかったので……、逆に怖かったです(笑)。

――でも現場は相当厳しかったようですね。私は『三島』のメイキング・ビデオを見ているんですよ。カンヌへの参加が決まった直後にロフト・プラスワンで若松監督のトーク・イベントがあって、その前日ぐらいに急いで作ったというものをそこで見せてくれたんです。その中に森田必勝役の満島真之介さんを監督がすごく怒っているところも収められていて。

井浦 ものすごく怒っていましたね。それは連合赤軍のときからそうでした。やっぱり監督のモチベーションは全て怒りなんですよ。役者もスタッフも怒りをもって追い込んで、その怒りで空気を演出するんです。空気を操る、空間自体を掌握するというのが若松監督の最大の演出方法。だからあのときは真之助がそれを受ける役としてそこにいたんですよね、羨ましいことに。でも『連合赤軍』のときと違ったのは、本当に真之介への監督の追い込み方というのが普通じゃないぐらいの追い込み方だったんです。監督も『三島』を撮っているときというのは体調が悪く、文字通り命懸けだった。それもあったので僕のほうでも挫けていられないですし、1ミリたりとも監督の元気がなくなる要素を現場で産みたくないですし、形にしたかった。三島由紀夫として若松組に立つということにはそういうのもありました。いろんなことがあって、それを背負わせてもらって。だからできたんだなあと。

――本当に大変な現場だったんですね。三島由紀夫の役作りは具体的にはどうされたんですか?

井浦 今回三島由紀夫を演じるにあたって、三島由紀夫さんの知識や情報をかき集めて勉強することってあまりしていないんです。どちらかと言ったら自分の中にある三島由紀夫さんの情報をクランクインまでにどれだけなくしていくかということで。自分にとって三島由紀夫という一人の男の生き方の中から感じることができるものは「純粋さ」だったんです。監督が言ってくれた「物真似は必要じゃない」ということ、何を大切に自分が三島由紀夫としてそこに立てるのかって思ったときに大切にしたいものは「純粋さ」だけだったんですよね。そこをどう自分なりに表現できるかという1点だけに集中して自分の気持ちを高めて心を整えて。

page1 page3 page4

11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち
監督・製作・企画:若松孝二
企画協力:鈴木邦男 プロデューサー:尾崎宗子 脚本:掛川正幸、若松孝二 音楽:板橋文夫 ラインプロデューサー:大友麻子、大日方教史 撮影:辻智彦、満若勇咲 照明:大久保礼司 録音:宋晋瑞 音楽プロデューサー:高護 編集:坂本久美子 衣裳:宮本まさ江 キャスティング:小林良二 スティール:岡田喜秀
出演:井浦新,満島真之介,岩間天嗣,永岡佑,鈴之助,渋川清彦,大西信満,地曵豪,タモト清嵐,寺島しのぶ
若松プロダクション/スコーレ株式会社/2011年/日本/カラー/120分 ©2011 若松プロダクション
公式

2012年6月2日(土)より全国ロードショー

2012/06/01/20:48 | BBS | トラックバック (0)
深谷直子 ,インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO