インタビュー
川口 潤監督&伊藤雄和(ミュージシャン)/『オールディックフォギー/歯車にまどわされて』

川口 潤 (監督) & 伊藤雄和 (ミュージシャン)
映画『オールディックフォギー/歯車にまどわされて』について【4/7】

2016年8月11日(木・祝)よりシネマート新宿、8月20日(土)・21日(日)鹿児島ガーデンズシネマ、8月27日(土)より第七藝術劇場、名古屋シネマテーク、9月24日(土)ジョイランドシネマ沼津 以降、広島・横川シネマ他、全国順次公開!

公式サイト 公式twitter (取材:深谷直子)

TAKE/OLEDICKFOGGYTAKE/OLEDICKFOGGY yossuxi/OLEDICKFOGGYyossuxi/OLEDICKFOGGY 『オールディックフォギー/歯車にまどわされて』場面8 『オールディックフォギー/歯車にまどわされて』場面10
――ヴォーカルを録っているときはやっぱり表情が真剣でしたよね。

伊藤 ヴォーカルのレコーディング中もそうなんですけど、演奏を録っているときはまだ歌詞も歌メロもできていないんですよね、基本的に。全体を録り終って、それを聴いて書いているんですよ。

川口 並大抵のプレッシャーじゃないと思うんですよ、そういう意味では。ああいう感じでも真剣に考えていて、そこに魅力があるんだと思いますね。ネジを締め切らないで作業に入って、最後はネジが締まっていたら作品はいいわけですからね。そこは驚きましたね。

――そういうやり方ができるのは、メンバーの繋がりが強いというのもあるんでしょうね。地元の友達同士という関係が中心にあって。

伊藤 そうですね。だから最近入ったアコーディオンのyossuxiとかは引いてますよね、やっぱり。「何を言ってるか分からない」って言われます。

――それはきっとありますよね。バンドの中で言わなくても通じるものができあがってしまっているんだと思いますし、女の子1人だけというのもあるでしょうし。

川口 そうですね。僕は多分その次なので、「どうなっちゃうんだろう?」っていうところがあって。よっちゃん(yossuxi)も言っていましたもんね、映画の中で。「こんなレコーディング初めてです。これでいいんだ、っていうのが分かった」って(苦笑)。

――男性メンバー同士で連れ立ってパチンコに行くような場面もたくさんありましたが、仲がいいですよね。

伊藤 仲いいですね。金土日とツアーに行って、月曜は休んで朝からパチンコ行って、火曜日は同じバイトですからね。で、水曜日はスタジオで会う、みたいな。

――1週間毎日一緒みたいな。それはすごいですね。

川口 でもそんなにベタベタしていないんですよね。この関係がやっぱりいいんだろうなあと。

――メンバーがバンド以外の仕事をしている姿も出てきますが、川口監督は以前の『kocorono』(11)にも、契約のことで揉めたりするという生々しい場面を入れていましたよね。こういう生活の部分を入れたいっていうのが川口監督の想いとしてあるんですか?

川口 ドキュメンタリー映画として、そういうのはあったほうが絶対いいと僕は思っていて。でも入れさせてくれるバンドってそんなにいないと思うんですよね。僕もそんなにいろいろ撮っているわけじゃないけど、「そこはNG」っていうバンドは多いと思うんですよ。ブッチャーズに関しても、映画を完成させた後で見せていて、OKと言わざるを得ない状況になっていたからアリだったんだと思いますし。ただ、オールディックに関しては、伊藤くんは割と最初から「仕事の部分も撮ってくださいよ」みたいな感じだったので、レコーディングが落ち着いてきたころからそういうところも撮影しました。

――伊藤さんは元々エンターテインメント寄りの映画を撮ってほしいという想いがあったようですが、こういうカッコ悪いようなところを見せるのも全然OKだったんですか?

伊藤 見せたいと思いましたね。

川口 僕は逆にカッコイイと思いましたね。あの仕事。

伊藤 そう、ビルの窓拭きっていうあの仕事だから入れたいと。これがレジ打ちだったら入れないですけど。「打ち込みすごいなあ、だからマンドリン?」みたいに思われたら嫌だなって。

川口 ははははは! 指先でカシャカシャカシャカシャって(笑)?

伊藤 基本的に俺らのツアーって何も起きないんですよ。何か山場がほしいと思って、「あれがなるかな?」という考え方でした。

『オールディックフォギー/歯車にまどわされて』場面9

123 4 567

オールディックフォギー/歯車にまどわされて
監督・撮影・編集:川口潤
主演:OLEDICKFOGGY<伊藤雄和、スージー、TAKE、四條未来、yossuxi、大川順堂>
出演:渋川清彦、仲野茂(アナーキー)、増子直純(怒髪天)、NAOKI(SA)、Tezuka Takehito(LINK 13)、HAYATO(CROCODILE COX AND THE DISASTER)、中尊寺まい(ベッド・イン) 他
製作:「OLEDICKFOGGY」映画製作委員会(ディスクユニオン+日本出版販売)制作:アイランドフィルムズ
エグゼクティブプロデューサー:廣畑雅彦、小松賢志 プロデューサー:広中利彦、近藤順也
ビスタ|ステレオ|カラー|デジタル|99分|2016年|日本映画 宣伝:VALERIA 配給:日本出版販売
©2016 OLEDICKFOGGY Film Partners
公式サイト 公式twitter

2016年8月11日(木・祝)より、シネマート新宿
8月20日(土)・21日(日)鹿児島ガーデンズシネマ
8月27日(土)より第七藝術劇場、名古屋シネマテーク
9月24日(土)ジョイランドシネマ沼津
以降、広島・横川シネマ他、全国順次公開!

2016/08/11/15:44 | BBS | トラックバック (0)
インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2016 INTRO