朱雀 しじま/PROFILE

これと言って語るべきこともない経歴の持ち主。
『年間に最高約1200本(劇場では40本程度)鑑賞したこともあるが、記憶力に偏りがあるので結末をよく忘れている。
趣味は読書。図書館に通っていた頃は2週間で40冊を読みあさったことも。
年間で300冊以上を読破していたが、最近は平均して月に10冊程度。
珈琲博士。

好きな映画: 『神に選ばれし無敵の男』『司祭』『髪結いの亭主』『クリクリのいた夏』『夜になるまえに』『暗い日曜日』『デビルズ・バックボーン』『レザボア・ドッグス』『パルプ・フィクション』『ピアノ・レッスン』『蝶の舌』『蜘蛛女のキス』『薔薇の名前』『メルシィ!人生』『ズーランダー』『アンダーカバー・ブラザー』『穴』『父よ』『フェノミナン』『イル・ポスティーノ』『ザ・ミッション非情の掟』『恋愛小説家』『海の上のピアニスト』『トーク・トゥ・ハー』『ニュー・ガイ』『恋するための3つのルール』『シティ・オブ・ゴッド』『クイルズ』『堕天使のパスポート』『ルートヴィヒ神々の黄昏』『愛のエチュード』『ギャラクシー・クエスト』『ガタカ』など多数。
ジャンルにこだわらずなんでも観るが、コメディ、ドキュメンタリー、シリアスドラマ、実話ものを好む傾向にある。グロには強いが犬とじいさんに弱い。
『ハチ公物語』は絶対にひとりで観ないと大変なことになる。
『アバウト・シュミット』は好きな作品ではないが、最後のジャック・ニコルソンには『ヤラレタ~』と思った。
好きな監督: アレハンドロ・アメナーバル、フェルナンド・メイレレス、ペドロ・アルモドヴァル、ファレリー兄弟など多数。
好きな男優: スティーヴ・ブシェミ、クリストファー・リー、ドナルド・サザーランド、マックス・フォン・シドー、ビル・ナイ、ジャン・ロシュフォール、ジャック・ガンブラン、ウィリアム・フィックナー、ジェームズ・ウッズ、ジョン・ハート、ジョン・タトゥーロ、ジョン・トラヴォルタ、ハビエル・バルデム、ヒュー・グラント、エディ・グリフィン、アラン・リックマン、ジェフリー・ラッシュ、クリス・クーパー、トム・グリーン、ビリー・ゼーン、ウィル・フェレル、フィリップ・シーモア・ホフマン、阿部サダヲ、古田新太、山崎努など多数。背の高いじいさんが好きらしい。
ウィレム・デフォー(『処刑人』最高!)やクリストファー・ウォーケン、マイケル・ウィンコットなどの曲者系は出演していると嬉しくなる。
脇役や悪役を偏愛する傾向にあるため、主演俳優に興味がなくても観る羽目になる。
好きな男優: モニカ・ベルッチ(キレイだから)、ニコール・キッドマン(キレイだから)、エリザベス・ハーレイ(声が低いから)、セルマ・ブレア(目がゾウリムシだから)、マギー・ギレンホール(おもしろいから)
好きな作家: 雫井脩介、伊坂幸太郎、石田衣良、天童荒太、帚木蓬生、京極夏彦など多数。

過去記事一覧

~新春特別企画~2006年度マイ・ベストムービー

~新春特別企画~2006年度マイ・ベストムービー(佐藤洋笑・佐野亨・鮫島サメ子・朱雀しじま・仙道勇人・膳場岳人・とくしん九郎・高野雲・村本天志・百恵紳之助) 続きを読む

2007/01/06/21:21 | トラックバック (0)

~年末特別企画~2005年度マイ・ベストムービー

~年末特別企画~2005年度マイ・ベストムービー(佐藤洋笑・鮫島サメ子・朱雀しじま・仙道勇人・膳場岳人・高野雲・中川泰典・針部ろっく・村本天志・百恵紳之助) 続きを読む

2005/12/31/12:06 | トラックバック (0)

Mr.&Mrs. スミス

スミス夫婦はお似合いのカップルなのか?/Text By 朱雀 しじま (ネタバレあり) ブラッド・ピットが一世を風靡したのは10年くらい前のことだったろうか?当時から特別な関心はなかったが、人気先行型のスターというイメージだけはずっと残っていた。汚 続きを読む

2005/12/16/11:27 | トラックバック (5)

ブラザーズ・グリム

夢の外は悪夢の森?/Text By 朱雀 しじま  19世紀初頭、ドイツの言語学者であり文学者でもあったグリム兄弟は、出版依頼を受けて各地の民間伝承を収集。これを童話集として編纂したものが、有名な「グリム童話」である。日本人にも馴染みの深い物語だ。 続きを読む

2005/11/20/17:12 | トラックバック (7)

1 INTRO TOP

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO