新作情報

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」「マネーボール」
「21 ジャンプストリート」のジョナ・ヒル初監督作品!

mid90s ミッドナインティーズ

『mid90s ミッドナインティーズ』画像 『mid90s ミッドナインティーズ』場面画像1

公式サイト 公式twitter

2020年9月4日(金)より、新宿ピカデリー、渋谷ホワイトシネクイント
グランドシネマサンシャインほか全国ロードショー

INTRODUCTION

『ミッドサマー』『レディ・バード』のA24が贈る
90 年代への愛と夢が詰まった、青春映画のマスターピース!

1990年代半ばのロサンゼルス。13歳のスティーヴィーは兄のイアン、母のダブニーと暮らしている。小柄なスティーヴィーは力の強い兄に全く歯が立たず、早く大きくなって彼を見返してやりたいと願っていた。そんなある日、街のスケートボード・ショップを訪れたスティーヴィーは、店に出入りする少年たちと知り合う。彼らは驚くほど自由でかっこよく、スティーヴィーは憧れのような気持ちで、そのグループに近付こうとするが……。

本作は 90 年代のロサンゼルスを舞台にシングルマザー家庭に育った 13 歳の少年スティーヴィー(サニー・スリッチ)が、スケートボードを通してかけがえのない仲間達と出会い、子供から大人への扉を開いていく、ジョナ・ヒル自身の半自伝的な10代の想い出をもとに作り上げられた珠玉の青春映画。タッグを組んだのは、日本での『ミッドサマー』の大ヒットも記憶に新しく、『レディ・バード』『ムーンライト』などアカデミー賞の候補作を続々と送り出すなど、世界中の映画好きから注目の的となっている気鋭の映画スタジオ A24。懐かしくて新しい 90 年代への愛情と夢をたっぷりに描いた 10 代の少年たちの成長物語はあらゆる世代の共感を呼び、ナショナル・ボード・オブ・レビューのトップ 10 インディペンデント映画にも選出、全米4館からスタートしたにも関わらず、1200 スクリーン超まで拡大するスマッシュヒットを記録した。

『40歳の童貞男』などのジャド・アパトー作品でキャリアを積み、アメリカを代表する大人気コメディ俳優となったジョナ・ヒル。『マネーボール』でブラッド・ピット演じる主人公の右腕を演じアカデミー賞助演男優賞にノミネート、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』ではレオナルド・ディカプリオとのコンビが高く評価され、いまや不動の実力派人気俳優となった彼の初監督作となる本作は、子供と大人の中間で悩む誰もが共感必至の青春。不安と希望を胸に未来に立ち向かっていく主人公スティーヴィーを演じるのは、『ルイスと不思議の時計』『聖なる鹿殺し』のサニー・スリッチ。母親ダブニー役に『ファンタスティック・ビースト』シリーズのキャサリン・ウォーターストン、兄のイアンに『ある少年の告白』『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のルーカス・ヘッジズと脇には人気・実力を兼ね備えた俳優陣が揃う。ライフスタイルがデジタル化される最後の時代――90 年代のあの頃を背景に、懐かしくて新しい青春映画のマスターピースがいよいよ日本に上陸する!

『mid90s ミッドナインティーズ』場面画像3 『mid90s ミッドナインティーズ』場面画像4
COMMENT
  • すごく面白かった!
    ガキの頃の日常や友達との関係性やら思い出してニヤニヤしたりツーンときたりした。 ――石野卓球(DJ・プロデューサー)
  • 90sには、音楽と人とカルチャーが交わる場があった。
    こんな豊かな“公園”映画は観たことない、大傑作! ――入江 悠(映画監督)
  • 何者でもないのに、どんな者にもなれる。
    そんな現実と夢の間で蜃気楼のように揺らめく、
    青春という名の時間に生きる若者たち。彼らの表情や息遣いのすべてが愛おしい。
    『mid 90s』は間違いなく最も美しい青春映画のひとつです。
    ――野宮真貴(歌手・エッセイスト)
  • 美しさと恥ずかしさと淋しさが同居する、青春のマジックアワーの様な瞬間が「mid90s」には封じ込められている。恐るべしA24。 ――伊賀大介(スタイリスト)
  • 監督の実体験的ストーリー、16ミリフィルムの質感、90's カルチャーの懐かしさに終始高揚した。 特にThe Pharcydeの"Passin' Me By"であの頃の空気や記憶が一気に蘇った。 ――SILENT POETS / 下田法晴(ミュージシャン)
『mid90s ミッドナインティーズ』場面画像5 『mid90s ミッドナインティーズ』場面画像6
関連情報

『mid90s ミッドナインティーズ』ムビフェス第二弾

『mid90s ミッドナインティーズ』ジョナ・ヒル オンライン登壇付き先行上映
日時:8月29日(土)PM12:00開演
オンラインゲスト:ジョナ・ヒル、入江悠(映画監督)
(オンライン登壇:PM12:00~12:30/本編上映:12:30~)
※登壇ゲストは予告なく変更の可能性がございます。
劇場:新宿ピカデリー
チケット発売:
1:劇場HPでは、8月24日(月)24:00時(=8月25日(火)0:00)より発売開始
2:劇場窓口 8月25日(火)オープン時間より発売開始
※いずれもムビチケ使用可、無料券不可

『mid90s ミッドナインティーズ』×DOMMUNE
日時:9月4日(金)19:00~
ゲスト:ジョナ・ヒル、入江悠(映画監督)、サイプレス上野(ラッパー)、宇川直宏他DJ:MOODMANほか 公式サイト

『mid90s ミッドナインティーズ』×POP BY JUN
展開期間:9月4日(金)~
POP BY JUN:東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷PARCO 1F
※詳細については「POP BY JUN」のインスタグラム(@pop_by_jun)をご確認ください。

『mid90s ミッドナインティーズ』×Gucchi's Free School
日時:8月27日(木)20:30~22:00予定
ゲスト:『mid90s ミッドナインティーズ』×『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』宣伝チーム

CREDIT
監督・脚本:ジョナ・ヒル『ウルフ・オブ・ウォールストリート』『マネーボール』(出演)
製作総指揮:スコット・ロバートソン『レヴェナント:蘇りし者』,アレックス G・スコット『レディ・バード』
製作:イーライ・ブッシュ『レディ・バード』 音楽:トレント・レズナー,アッティカス・ロス
出演:サニー・スリッチ『ルイスと不思議の時計』『聖なる鹿殺し』,
キャサリン・ウォーターストン『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』,
ルーカス・ヘッジズ『ある少年の告白』『ベン・イズ・バック』,ナケル・スミス
2018 年 / アメリカ / 英語 / 85 分 / スタンダード / カラー / 5.1ch / PG12 日本語字幕:岩辺いずみ
提供:トランスフォーマー,Filmarks 配給:トランスフォーマー
© 2018 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.

公式サイト 公式twitter

2020年9月4日(金)より、新宿ピカデリー、渋谷ホワイトシネクイント
グランドシネマサンシャインほか全国ロードショー

2020/08/24/17:47 | トラックバック (0)
新作情報 ,新作トレイラー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
記事内容で関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright © 2004-2020 INTRO